07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金の左足、なお健在 

開幕から2連勝で好スタートを切ったアルゼンチン代表。メッシをはじめ、ベロン、アグエロ、イグアイン、ディ・マリアら卓越したテクニックを持った選手を多数抱えているが、最も巧いのは監督かもしれない。フットボールの神に愛された天才、ディエゴ・マラドーナの左足は、齢49を超えてもなお健在だ。

※以下、スポーツニッポンより。

アルゼンチンのマラドーナ監督が、かつて「黄金の左足」と呼ばれた高い技術を披露した。

19日の練習中に行われたクロスバーを狙うFKゲームで、FWメッシら選手を差し置いて最初のキックを当てて優勝。控えGKのFK練習では自らキッカーを買って出ると、次々とネットを揺らし「どこに入ったか見たか?」と得意顔だった。

---------- キリトリ -----------

リラックスさせるために開催した、いわゆる「バー当て」で真っ先に蹴って優勝するとは、さすがディエゴ・マラドーナ。こういうところが、彼がどれほどの異端児であろうと愛される所以だろう。

和やかなアルゼンチン代表に比べ、選手が練習をボイコットしたフランス代表は、目も当てられない。詳細は割愛するが、まず間違いなくグループリーグで敗退する。ドメニク監督の器を見誤った協会は、無能のそしりを免れないだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。