05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯全試合プレビュー・3 

スコア予想

アルジェリア 1-1 スロベニア

セルビア 1-1 ガーナ

ドイツ 1-0 オーストラリア


※以下、メモを置いておきます。汚くてすみません。


<スカイスポーツ、英「テレグラフ」&「ガーディアン」紙を用いたプレビュー>


1)アルジェリア対スロベニア

主審:パブロ・ポゾ(チリ)

Pablo-Pozo.png

37歳。国際審判歴は11年。英語と西語を操る。

主な経歴は09年コンフェデ、08年五輪男子など。普段は会計検査官


○アルジェリア

マンスーリ、ジェブール、ヤヒアが怪我を抱えている。

ベルハジが1試合、シャウシが2試合の出場停止処分を受けている。

注目の選手は、ジアニ。

Ziani.jpg


○スロベニア

ベストメンバー。

注目の選手は、ノバコビッチ。

Novakovic.jpg


☆テレグラフの予想フォーメーション

Algeria (4-4-1-1): Gaouaoui; Halliche, Yahia, Bougherra, Belhadj,Guedioura,
Yebda, Matmour, Lacen; Ziani; Saifi

Slovenia (4-4-2): S Handanovic; Ilic, Cesar, Brecko, Suler;
Koren, Krhin, Radosavljevic, Birsa, Novakovic, Dedic


☆ガーディアン紙の“トリビア”

Odds Algeria 13-5(3.6倍) Slovenia 5-4(2.25) Draw 23-10(3.3)

・アルジェリアは過去に出場したW杯(1982、86)で、初戦を1度も負けていない。

・スロベニアは国際大会で1度も勝っていない。6試合戦って2分4敗。

・スロベニアのノバコビッチは、W杯予選でスロベニアが奪った19ゴールのうち10ゴールに絡んでいる。
5ゴール、5アシスト。

・アルジェリアのジアニとベルハジは、それぞれ41回と40回のクロスをアフリカ選手権で上げた。
これは1位と2位。

・スロベニアは直近の7試合で6勝。負けたのはイングランドのみ。


2)セルビア対ガーナ


主審:エクトル・バルダッシ(アルゼンチン)

Baldassi.jpg

44歳。国際審判歴は10年。英語、西語を操る。

主な経歴は、04年コパ・アメリカ、08年五輪男子など。普段は実業家。

アルゼンチン最高のレフェリーとされる。なるべく試合を止めず、カードも最小限に抑えるスタイルは、

絶賛されている。ボールを近くで見るために、タッチライン側まで駆け寄ることもしばしば。


○セルビア

ビディッチが体調不良だが、怪我人はなし。

注目の選手はヨバノビッチ。

Jovanovic.jpg


○ガーナ

怪我人なし。

注目の選手はアイェウ。

Ayew_20100613183529.jpg


☆テレグラフの予想フォーメーション

Serbia: (4-4-2): Stojkovic; Subotic, Ivanovic, Vidic, Kolarov;
 Krasic, Stankovic, Milijas, Jovanovic, Zigic, Pantelic.

Ghana (4-2-3-1): Kingson; Inkoom, Mensah, Vorsah, Sarpei;
 Annan, Appiah, Boateng, Asamoah, Muntari; Gyan.


☆ガーディアン紙の“トリビア”

Odds Serbia 6-5(2.2倍) Ghana 3-1(4倍) Draw 12-5(3.4倍)

・ガーナのアモアはW杯予選7試合で5得点を挙げている。

・一方、セルビアではヨバノビッチがW杯予選で8試合5ゴール。

・セルビアはW杯予選でCKから7得点を挙げている。

・ガーナのアフリカ選手権は、勝った3試合とも1-0の勝利。また敗北も0-1で、接戦に強い。


3)ドイツ対オーストラリア

主審:マルコ・ロドリゲス(メキシコ)

marco-rodriguez.jpg

36歳。国際審判歴は11年。英語、スペイン語を操る。

主な経歴は、06年W杯、04年コパ・アメリカなど。普段は体育教師。

ドイツ大会では2試合を裁いた。


○ドイツ

怪我人なし。

注目の選手はケディラ。

Khedira.jpg


○オーストラリア

怪我人なし。

注目の選手はケイヒル。

Cahill_20100613183528.jpg


☆テレグラフの予想フォーメーション

Germany (4-2-3-1): Neuer; Friedrich, Mertesacker, Badstuber, Lahm;
Khedira, Schweinsteiger, Muller, Ozil, Podolski; Cacau

Australia (4-2-3-1): Schwarzer; Wilkshire, Neill, Moore, Chipperfield;
Grella, Culina; Emerton, Cahill, Bresciano; Kewell


☆ガーディアン紙の“トリビア”

Odds Germany 8-15(1.5倍) Australia 7-1(8倍) Draw 10-3(4.3倍)

・ドイツは直近のW杯の17試合でヨーロッパあるいは南米以外には1度しか負けていない。

・ドイツはW杯予選(欧州)で最もヘディングによるゴールを決めている。35点。

・オーストラリアは、直近のW杯7試合で1勝のみ。うち5試合が無得点。

・東西ドイツ統合後、ドイツはグループステージ12試合で無敗。9勝3分。

・オーストラリアの前回大会の5ゴールのうち4点は、79分以降。
スポンサーサイト

コメント

Re: W杯全試合プレビュー・3

スロベニアがW杯で初めて勝ちましたね。
高く評価している人もいましたが、意外と(!?)苦戦し、これは勝ちはなしかと思ったら、思わぬ展開に・・・。
これだから、サッカーはわかりませんね。

テレグラフは、ケネディを先発から外していますね。
でも、きっと先発で出てくれるはず。
でも、その試合を観ることができない・・・。
(地上波は放送なし)

予想外のプレー

>どらぐら様

スロベニア対アルジェリアは、ドローの気配が高まってきた時に、あのポカが起きてしまいましたね。アフリカ系のGKらしいといえばらしいのですが(苦笑)。

私のイチオシ、セルビアもガーナに負けてしまいましたし(ガーナは強かった)、ドイツは圧勝でしたし、予想はダメダメですな。
(;^ω^)

ケネディは、フットボリスタなどでは先発に名を連ねていましたが、残念ながら出番をもらえませんでしたね。残念です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。