06 | 2017/07 | 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のイメージは、やはり「侍」 

スポーツ専門チャンネルのESPNは、W杯に出場する32カ国のポスターを独自に作成し、ニューヨークの街中に貼っている。各国の歴史や有名人、特徴を踏まえたユニークなポスターの数々は必見だ。その中から、筆者の目を惹いたポスターを、幾つか紹介する。

まずは大会そのものを表した、32カ国勢揃いのポスター。

All-32-Nations.jpg

そして、我らが日本。

Japan.jpg

同組の3カ国のユニフォームを刀で貫く姿は凛々しい。

カッコイイのもあれば、吹き出してしまうようなオモシロ系もあります。

オーストラリアは、確かに「サッカールー」の愛称通りですが・・・

Australia.jpg

ポルトガルも、何故こんな風にしてしまったのか・・・

Portugal.jpg

その他にも奇妙奇天烈なポスターが多数揃っています。

もっとご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。

また、ネタとして扱っている働くモノニュースさんもお楽しみ下さい。

なお、このポスターを“いじる”放送を本日18時以降にします。ニコ生をお聞きの方、宜しければお付き合い下さいませ。
スポンサーサイト

コメント

Re: 日本のイメージは、やはり「侍」

いろいろなポスターがありますね。
どれも何らかの皮肉が入っている感じで^^;
日本のは一見、格好良さそうですが、違う見方をすると顔的存在がいないってこと!?

韓国のやつも2002年のところだけ檻を壊してあるのは、あの時だけグループリーグを突破したともとれるし、あの時は大会をぶち壊しにしたともとれますね(苦笑)

日本は

>どらぐら様

選手の顔がないのが皮肉られてますよね。とても残念です。長谷部か本田か森本の顔にして欲しかった・・・。

デザインは、デザイナー1番のお気に入りらしいですが、もっと選手に焦点を当ててもらえるようにならないといけませんね。

韓国のポスターは色々な見方があるようですw

フランスのアンリの手が光っていたり、ただのポスターではないところが面白いなと。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。