07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まず1冠 インテル、コッパ・イタリアを制す 

3冠制覇を目指すインテルは5日、ローマとのコッパ・イタリア決勝を1-0で制し、まず1冠を手中に収めた。インテルは前半40分、ディエゴ・ミリートがドリブルで駆け上がると、ペナルティエリア内から正確なシュートをゴール左に突き刺す。先手を奪った後はバルセロナを封じ込めた堅守でローマの攻撃をシャットアウト。4年ぶり7回目の優勝を飾り、“トレブル”へと弾みを付けた。

130198-500.jpg


o0580038510528744220.jpg


なお、試合のハイライト動画はこちら

一つ目のタイトルを獲得したものの、後味には苦みも広がった。

まずは、スナイデルが負傷退場したこと。強行出場したものの、僅か5分で途中交代。モウリーニョ監督は「スナイデルのことを心配している。今季は3試合が残っているが、彼がいつ復帰するかは分からない。非常に難しい状況だ」と語っており、今季絶望の可能性もあるようだ。

また、トッティの退場に関するバロテッリの行為も、残念でならない。トッティは「侮辱を受けた場合、それを必ずしも無視できるわけではない。ローマの街や人々を侮辱することは許せない。バロテッリは、昨年サン・シーロでも僕を2度も侮辱している。だから蹴ったんだ。僕は決して忘れない」と、退場劇の裏側を暴露。バロテッリを非難した。もちろん、“報復行為”に正当性などないが、日頃から心ないファンからの誹謗中傷に苦しんでいるバロテッリが、他人に同じ行動をしたことを悲しく思う。

さらに、マテラッツィも試合中に揉めたメクセスを皮肉るコメントを出した。前半のセットプレー時に接触した両者は、メクセスがマテラッツィの脇腹を殴り、マテラッツィがゴールライン上に倒れるという事態を招き、両チームの揉み合いにまで発展。試合も一時中断した。そのことについてマテラッツィは「メクセスは俺を2回も殴った。ただ、アイツは俺達の決勝点を助けてくれた。それは感謝している」と挑発的。勝者には勝者の、敗者には敗者の立ち振る舞いがあるはずだが、お互いに遺恨を残す発言に終始しており、コッパ・イタリアの歴史に泥が塗られてしまった。
スポンサーサイト

コメント

Re: まず1冠 インテル、コッパ・イタリアを制す

まず1冠め~!イヤッッホォォォオオォオウ!

ハイライトを見る限りではだいぶ荒れた試合になりましたね~。
スナイデルの怪我が気になります・・・

それにしてもトッティのあのローキックはいけませんなぁ。
マリオも悪いところがあったんだろうけど「あれは報復だ!」なんて。
あれを許してサッカーはスポーツとして成り立つのか?
まぁマリオもトッティを反面教師として成長してくれるといいんですけどね・・・
そして我々にはサネッティという偉大なカピターノがいるんだから是非見習ってもらいたいもんですね。

ワッホーーイ♪

>HHH様

あと2つですね!
(゚Д゚)ノ

これでコッパだけだったらと考えてしまう自分もいますがw
(;^ω^)

スナイデルは心配ですね。本人が楽観的なのが唯一の救いですが・・・。

ローマとの試合は、荒れてしまいましたね。トッティの報復行為は言語道断の酷さですが、それを引き起こしたバロテッリの侮辱も見過ごしてはならないと思います。選手としても、人間としても素晴らしいカピタンに倣い、早く大人になって欲しいものです。

Re: まず1冠 インテル、コッパ・イタリアを制す

少し遅れましたが、まずは1冠獲得おめでとうございます!
リーグ戦のタイトルを争うライバルを下したということで、2冠にも良い影響が出そうですね。
しかし3冠となると、スナイデルの負傷は気になるところ・・・。

わざわざありがとうございます!

>どらぐら様

このタイトルで、3冠の夢は繋がりました。リーグ戦も何とかなりそうですし、あとはチャンピオンズリーグですね。スナイデルは、続報がないので心配です。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。