07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャルケ、新エース候補を獲得し、来季の戴冠を誓う 

シャルケは先ごろ、ドイツ・ツヴァイテリーガ(2部)のカイザースラウテルンに所属するスロバキア代表FWエリック・イェンドリゼク(23)の獲得を発表した。イェンドリゼクとカイザースラウテルンとの契約は今季までのため、違約金は発生しない。今季終了後に合流する。イェンドリゼクは今季、リーグ戦で14得点を挙げ、チームの昇格に貢献した。シャルケには、チーム内得点王の元ドイツ代表FWケビン・クラニィ(28)が契約満了を迎える今季限りで退団するという噂が流れており、イェンドリゼクは新エース候補として迎えられる見通しだ。

jendrisek (1)

イェンドリゼクは、スロバキアリーグのMFK Ružomberokで2002-03シーズンにデビューした。06シーズンまでに56試合に出場し、30ゴールを記録。05-06シーズンには21ゴールを挙げて得点王に輝き、チームのリーグ戦とカップ戦の“ダブル”達成に大きく貢献した。

2006年の夏には、レンタル移籍でドイツ・ブンデスリーガのハノーファーに加入。しかし、ポジション争いに敗れ、9試合の出場、ノーゴールに終わった。

07年5月30日には、カイザースラウテルンと3年契約を結ぶ。すぐにレギュラーをつかむと、前半戦で16試合出場6ゴール、3アシストとまずまずの結果を出した。だが、シーズン後半は10試合出場1アシストと失速。問題行動を起こし、リザーブチームに落とされるといった“憂き目”にも遭った。それでも、リザーブリーグの最終節でハットトリックを成し遂げ、トップチームに復帰。2008-09シーズンの活躍は、上に記した通りである。

すでにスロバキア代表でも中核メンバーとなっており、13試合に出場し、2ゴールを記録している。W杯でも得点源として期待される、気鋭のFWだ。

なお、「Football Manager 2010」の10.2パッチでの能力は以下の通り。

Jendrisek.jpg

豊かなスピードとドリブル、水準以上の決定力とオフ・ザ・ボールを有している。過去の規律違反からメンタル面は低く設定されているが、そこが改善されれば、ブンデスリーガでも得点ランキングの上位に名を連ねるかもしれない。

---------- キリトリ -----------

連休中につき、更新が滞りがちですみません。
m( __ __ )m

明日からは地獄の締め切りラッシュが待っており、この2週間ほどは更新がマチマチになるかもしれません。ご了承くださいませ。

それにしても、本日のG大阪対川崎は心臓が痛くなる展開でした。

まさに楠神様さま。名字の「神」は伊達じゃないですね。

常に先手を取られる厳しい展開で勝ち点1をもぎ取れたのは、彼の神がかったパフォーマンスのお陰に他なりません。

G大阪の宇佐美にも負けない(とまでは言い過ぎですが)、素晴らしい若手が育ってきていますね。
スポンサーサイト

コメント

Re: シャルケ、新エース候補を獲得し、来季の戴冠を誓う

スロバキアと言えばハムシクかシュクルテルが有名ですが、イェンドリゼク(言い難い・・・)ですか。
そういえば、こんな選手名をFMで見たことあるかもという印象しかありません(苦笑)

スピードが魅力のFWということで、スーパーサブとして起用されるのでしょうか!?

スロバキアは良い選手が育っていますね

>どらぐら様

以前に国内リーグの衰退について書きましたが、各国に散った若き逸材達は順調に育っているようです。イェンドリゼクの名前も、きっと来季には広くしられることでしょう。今から、読み方に慣れておかないといけませんねw

起用法については何とも言えませんが、2部での実績からすれば即戦力。2トップの一角での先発起用もあり得るのではないでしょうか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。