09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レアル・マドリーとミランのOBが親善試合 

本日は日帰りの出張で、しかも歩き回って疲労困憊のため、2つのニュースを紹介して終わりとさせて頂きます。

幸いにして、明日から人並みにお休みになったので、きちんとした更新や皆様から頂いたコメントへのレスは、改めてさせて頂きます。

まずは、レアル・マドリーとミランのOBが激突する、とても興味深い親善試合について。

レアル・マドリーとミランは29日、レアル・マドリーの本拠地サンチャゴ・ベルナベウで5月30日、親善試合を開催すると発表した。スポーツ選手の突然死に関する研究をサポートする目的で行われ、試合には両クラブのOBが参加する。レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は「欧州のビッグクラブを相手に、偉大な選手達がチャリティマッチを開催するというのは非常に名誉なことだ」とコメント。ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長も「人が突然死ぬということは、何が起きたのか説明できないほど辛いものだ。だからこそ、こうしたことに率先して参加できるのは、とても光栄だと思っている」と話した。

※超ワールドサッカーの情報を基に執筆しました。

近年、続出する突然死に関する研究を、欧州のメガクラブが率先して後押ししようという試みには好感が持てる。悲劇の数を少しでも減らせるよう、フットボール界全体でバックアップする必要があるだろう。

続いては、リーグ戦で低空飛行が続き、ヨーロッパリーグでも敗退が決まったリバプールに明るい“未来”をもたらすかもしれない新星について。

article-0-0316784A000005DC-753_468x639.jpg

※以下、超ワールドサッカーより。

リバプールは28日、リーグ1(3部)所属のチャールトンからイングランド人MFジョンジョ・シェルヴェイ(18)を獲得したことを発表した。移籍金は約2億4000万円となっている。シェルヴェイの獲得について、リバプールのマネージングディレクターを務めるクリスティアン・パースロー氏は「ジョンジョは将来有望な若手選手だ。彼は我々の長期的な戦略に基づいて新たに獲得した選手であり、彼をメルウッドに迎える日をみんな楽しみにしている」とクラブ公式サイトに喜びのコメントを発表した。シェルヴェイは2008年にプロデビュー。U-17イングランド代表としても実績を残している。

---------- キリトリ -----------

Football Manager 2010の10.3パッチでは、以下のような能力になっているシェルヴェイ。

Shelvey.jpg

海外のWikipediaによれば、チャールトンでは42試合に出場して7ゴール、U-17代表(2007-08)では7試合で3ゴールを決めている。得点感覚とパスセンスに優れた攻撃的MFで、186センチの長身を生かしたダイナミックなプレーも期待できそうだ。
スポンサーサイト

コメント

Re: レアル・マドリーとミランのOBが親善試合

ご出張お疲れ様でした。

スポーツ選手の突然死に関する研究をサポートすることは大切ですね。
もう二度と、あんな悲しいことが起きて欲しくないですし。

リバプールは早々と有望な若手選手を獲得ですか。
ジェラード二世になれるかな!?

ちなみにチャールトンですが、チャンピオンシップ復帰に向け、し烈な争いをしているようですね(現在5位、プレーオフ圏内)。

ありがとうございます

>どらぐら様

GWだというのに、原稿と向き合う時間も多く、憂鬱ですw
(;´∀`)

出張も、取材ですからね・・・。

スポーツ選手の競技中の死亡が少しでも減るよう、きちんとした研究が進むといいですね。そのために各クラブが援助するというのは素晴らしいことだと思います。

チャールトンは、プレーオフ圏内を確定させたようですね!まさか3部まで落ちるとは思ってもみなかっただけに、早く上がってきて欲しいものです。好きなクラブなので。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。