07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテル、38年ぶりの決勝へ“後半”に挑む 

渇望すること45年。目前で逃してから38年。長い長い時を経て、インテルがビッグイヤーへ手をかけようとしている。決勝の舞台、サンチャゴ・ベルナベウまで残り90分強。2点のリードを携え、カンプノウへと乗り込む。

ホームでの“前半”は、望外の好結果を収めた。先制され、7割近いボール支配率を許しながら、相手の高いディフェンスラインとサイドバックが攻め上がった裏を突く“急所攻撃”で逆転勝利。出鼻にアウェイゴールこそ奪われたが、それ以降は世界最高の呼び声高いバルセロナのアタッカー陣にチャンスらしいチャンスを与えず、完勝と言える内容だった。

“後半”も、インテルのやるべき仕事は変わらない。攻撃はカウンター。ホームの大観衆を味方に、嵩にかかって攻め寄せるであろうバルセロナの背後を徹底して突く。早い時間に1点を返して優位に立ちたいバルセロナは、リスクを承知で前掛かりに来るはず。プジョールの不在でディフェンスラインのコントロールにも齟齬が出るかもしれない。得点のチャンスは十分にある。インテルが1点を取れば、バルセロナは4点が必要になる。これは「ミッションインポッシブル」に近いだけに、インテルは守備に重点を置きながらも、精度の高いカウンターでバルセロナのゴールネットを揺らしたい。

守備では、4人のディフェンダーと3人の守備的MFとでペナルティエリア周辺にブロックをつくって待ち受け、スペースを完全に埋める。質の高いパス交換とフリーランニングでディフェンスラインにギャップをつくるバルセロナだが、そのスペースを与えなければ、攻め手は限られる。イブラヒモビッチへの放り込みも、ドログバを封じたルシオとサムエルには通じないことは、“前半”で証明済みだ。ただ、このところ立ち上がりに失点するケースが多く、ゲームの入り方に課題がある。カンプノウの独特の雰囲気に呑まれないためにも、準々決勝のチェルシー戦で見せた緊迫感と集中力を取り戻さなければならない。

グループステージでは、カンプノウで0-2の完敗を喫したインテル。同じ徹を踏めば、逆転敗退を味わうことになる。しかし、“前半”の結果からは、進化の片鱗が垣間見えた。怪我で出場が危ぶまれた司令塔が戻り、ベストメンバーで挑む“後半”。「スペシャル・ワン」の手で生まれ変わったネロアズーリが、チャンピオンズリーグで紡いできた敗北の歴史に終止符を打つ。

---------- キリトリ -----------

「予想スターティングイレブン」


インテル (CL vs Barcelona(A))
エトーミリート
 スナイデル 
モッタサネッティ
 カンビアッソ 
キブマイコン
サムエルルシオ
 J・セーザル 


会見でモウリーニョ監督は「スナイデルは出るだろう。トップの状態になるか、90分間やれるかどうかは、試合中に見極めることになる」とコメント。スナイデルの先発出場は間違いない。ただ、布陣については「我々があまりメンバーの変更をしないことは、簡単に想像できるだろう。ジュリオ・セーザル、マイコン、ルシオ、サネッティ、カンビアッソ、チアゴ・モッタ、スナイデル、エトー、ミリートが出場するよ。パンデフ?全部知りたいのかい?」と上手く交わした。上手く交わしたというのは、指揮官が名前を挙げた選手だけでは布陣を予想できないからだ。

例えば、サネッティは左サイドバックなのか中盤なのか。左サイドバックで起用するならばパンデフが入って4-3-3、中盤ならば左サイドバックにキブを起用しての4-3-1-2となる。記者がパンデフが先発するか否かを尋ねたこと、そしてモウリーニョが答えなかったことの“裏”からは、様々な意図が読み取れるのである。

※以下、加筆予定。


スポンサーサイト

コメント

Re: インテル、38年ぶりの決勝へ“後半”に挑む

今のインテルが本気で守備を固めてカウンター狙いに徹したら、いかにバルセロナと言えど、なかなか2点を挙げるのは難しいかもしれませんね。
なおかつ無失点、最悪でも1失点(その場合は最低でも3点が必要)に抑えるとなると・・・。

「イニエスタがいればなぁ」という展開にならないことを期待しています(笑)

大変遅くなりましてすみません。

>どらぐら様

かなりの遅レスで、今更になってしまい、申し訳ございません。
m( __ __ )m

誰もが予想した通り、“後半”はバルセロナの攻撃をインテルがいかに受け止めるかという図式になりましたね。その中で、インテルは10人になってしまい、最終的には10人での専守防衛を強いられました。それを1点で抑えきったのは評価できますが、ギリギリの綱渡りだっただけに、決勝戦であっさり負けてしまうかもしれません。
(;^ω^)

バルセロナはイニエスタがいれば、あるいは崩していたかもしれませんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。