07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パト、離婚へ 

人の心は移ろいやすく変わりやすい。それは、永遠の愛を誓った2人といえども例外ではないのだろう。昨年7月、祝福を一身に集めて結婚式を挙げたACミラン所属のアレシャンドレ・パト(20)と女優のステファニー・ブリット(22)。しかし、あれから9カ月余。2人は別れを選んだ――。

478a637d5cf00f1d770fa13c76161846.jpg

※以下、超ワールドサッカーより。

ACミランFWアレシャンドレ・パトが昨年7月に結婚した女優ステファニー・ブリットさんと離婚することが決定的となった。24日付のイタリア紙コリエレ・デロ・スポルトが伝えた。パトはすでにミラノの自宅を出て、ホテルで生活中。ステファニーさんはブラジルへ帰国準備中だ。原因は同僚のMFロナウジーニョらとの度重なる夜遊びと、在宅中もインターネットに熱中して2人で過ごす時間をつくらなかったことだという。ブラジル紙エクストラは事実上の離婚と伝え、ステファニーさんの友人の「『フットボーラーはそんなもの』と慰めたが、彼女は我慢できなかったようだ」という発言を掲載した。

---------- キリトリ -----------

人様の家庭について、ああだこうだと言うのはどうかと思うので、一言だけ。

私もそうならないように気を付けますw

さて、今宵はちょっと色々と忙しいため、これにて終わらせて頂きます。出張は終わったものの、取材ラッシュは続いており、なかなか自分の時間がないもので・・・。

最近はニュースを紹介してばかりですが、一応、近日中に1860ミュンヘン日記の続きを公開する予定ではいます。

とりあえず、この土日は川崎とインテルが勝って良かった♪
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

追伸:いつも遅くなってすみませんが、皆様から頂いたコメントへのレスは明日の日中にきちんとさせて頂きます。
スポンサーサイト

コメント

Re: パト、離婚へ

ご出張お疲れ様でした。

パトはあっけなく離婚ですか・・・。
インターネットに熱中して二人の時間を作らなかった、というのが現代らしい理由ですね。
暁さんもご注意を^^;

Re: パト、離婚へ

ロナウジーニョさんに夜遊びでも教えてもらったのでしょうかw

しかしまぁ・・・パトさんは、なんでもやることが早いですね

Re: パト、離婚へ

バルサ時代もロニーの夜遊び癖は、何かと物議を醸し出しましたからね。パトも巻き込まれちゃったんですね。
ロニーから弟のようにかわいがられ、その成長を助けてもらったメッシも、当時の年齢が年齢なら違った影響を受けることも有り得たのかと思うと、人が人と出会うタイミングというのは大事なもんだと思います。
さて、運命のカンプノウ決戦直前ですが、インテルは首位奪回でいよいよ上げ潮、一方バルサは最下位相手のカーサゲームで、勝つには勝ったがリズムは低調という対照的なムードで迎えることになります。
当然ながら、インテルはがっちり大人のゲームを展開するでしょうから、非常に厳しい状況だろうと思ってます。前線からのプレスも第1戦以上に厳しく行ってくるでしょうし(こういうときのエトオは正直神です)、昨年のチェルシー戦以上の困難を感じています。
バルサにとっては、勝利のためにどこまでも攻め続けるメンタリティにすべてをゆだねるしかありません。ただ、それはクラブに脈々と受け継がれる哲学でもあって、その旗を振り続けることができれば、勝利の女神が微笑んでくれるかもしれません。歴史に残るすばらしい勝負になることを期待してやみません。お互いに力の限り応援しましょう!

ありがとうございます♪

>どらぐら様

出張は無事に終わりました。あとは、その結果を記事にするだけです・・・とは言うものの、ここからが大変ですw
(;^ω^)

パトの件は、私とも無縁ではありませんし、実際に「PCばっかり」とお小言を頂戴することも多いので、気を付けたいと思います。
(;´∀`)

パトも汚れてしまったのでしょうか・・・

>しいな様

ロナウジーニョの夜遊び癖は、うつると言われてますからね・・・。ピッチ外の行動まで真似て欲しくはなかったのですが。

ピッチでのスピードに定評のあるパトですが、ピッチ外でもスピード離婚になってしまいましたね・・・。残念です。

好ゲームを

>ごり様

バルセロナ時代、さらに遡ることPSG時代も、夜遊びに耽っていたようですからね。その習慣を止める日は来ないのでしょうか。パトはそんなタイプに見えないのですが、先輩の影響力はどんな世界でも大きいですね・・・。その点、メッシはきちんとしてそうですし、アルゼンチン人はイタリア系で真面目な印象がありますから(愛妻家が多いですよね)、この手の失敗とは無縁でいられる気はします。

さて、いよいよ準決勝セカンドレグが近付いてきましたね。幸い、ホームでは2点のリードを獲得し、良いムードで“後半”に臨めます(スナイデルの状態は心配ですが)。グループステージで完敗した以上、モウリーニョは専守防衛からチェルシー戦で見せたプレッシングまで色々な策を考えているでしょうが、難攻不落のカンプノウで最後までやり遂げられるか不安は尽きません。

バルセロナのスタイルは、DNAレベルの伝統ですし、どんな敵をも破壊する無限の可能性とパワーを持っていると思います。その源泉とも言える場所で、戦術とフィジカルを駆使した青黒軍団が、どんなパフォーマンスを見せられるのか。結果以上に注目しています。

最高のゲームを見たいですね!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。