07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンチェスター・ユナイテッド、メキシコの俊英を獲得 

ダウンロード

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドは8日、メキシコ1部リーグのチーバス・グアダラハラから、メキシコ代表FWハビエル・エルナンデス・バルカサール(21)を獲得した。ゴールの匂いを嗅ぎ付ける優れた察知能力と高精度なフィニッシュワークが持ち味。父親は1986年のW杯にメキシコ代表として出場したハビエル・エルナンデスで、父親が「チーチャロ」と呼ばれていたことから、「チチャリート」(「リート」は「~ちゃん」の意)という愛称が付けられている。すでにメディカルチェックをパスしており、労働許可が下りれば7月1日付で正式加入となる。違約金額や契約年数は非公開だが、契約書にはチーバス・グアダラハラの新スタジアム「チーバス・スタジアム」のこけら落とし(7月予定)にマンチェスター・ユナイテッドが出場することが盛り込まれているという。

マンチェスター・ユナイテッドののアレックス・ファーガソン監督はクラブの公式ウェブサイト上で「クラブと代表で目覚しい活躍をしている若いストライカーと契約できて光栄だ。彼は、チームに素晴らしい力をもたらしてくれるだろう。 初めてメキシコ人選手が加入することを歓迎するとともに、今夏を楽しみにしている」とコメント。期待感をあらわにした。また、グアダラハラの新スタジアムでの試合についても「(エルナンデスを獲得できたのと)同じくらい興奮している」と述べた。

なお、マンチェスター・ユナイテッドの公式サイトには、エルナンデスと記者の一問一答が掲載されている。

---------- キリトリ -----------

Youtubeに上がっているプレー動画はこちら

メキシコ人らしい、柔らかいボールタッチと高度なテクニックが随所に窺える。ディフェンスラインの裏を盗るタイミングも上手い。スピードもありそうだ。ヘディングでのゴールもある。

まだ21歳、将来性を見込んでの獲得だろうが、昨年9月にデビューしたメキシコ代表では4試合で4ゴールと結果を残しており、即戦力にもなり得る。マンチェスター・ユナイテッドは今季、エースであるルーニーの離脱時にFWの得点力不足で苦しんできただけに、大きな補強となりそうだ。

下は、Football Manager 2010の10.3パッチにおけるチチャリート。

JavierHernandez.jpg

荒削りだが、底のありそうな能力が付けられている。
スポンサーサイト

コメント

Re: マンチェスター・ユナイテッド、メキシコの俊英を獲得

ユナイテッドがメキシコの若手FWを獲得ですか。
ルーニー、ベルバトフ以外のFWが計算できないだけに、この選手がブレイクしてくれたらユナイテッドも大助かりでしょうね。

イングランドではあまりお目にかかりませんが

>どらぐら様

メキシコ人というと、ドス・サントスくらいですか。しかも、今の所は失敗に終わっていますし・・・。上手く馴染めるといいのですが。

ルーニーの離脱で、いきなりブラックバーンに引き分けてしまいましたし、得点源の確保は急務。来季の武器となるか、期待は大きいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。