05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテル、6分間でCSKAの希望を打ち砕き、ベスト4に一番乗り 

CSKA Moskow 0-1 Internazionale

Wesley Sneijder(6)



インテル (CL vs CSKA(A))
 ミリート 
エトーパンデフ
 スナイデル 
カンビアッソスタンコビッチ
サネッティマイコン
サムエルルシオ
 J・セザール 



欧州CL 09-10 準々決勝
@ルジニキ・スタジアム
CSKAモスクワ00-00インテル
0-0
得点者時間
6分
得点者
スナイデル



長く閉ざされていた扉を、モスクワの地でこじ開けた。UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝第2節、初戦を1-0で制したインテルはCSKAを再び1-0で下して2戦合計2-0とし、ベスト4に一番乗り。決勝へのチケットを懸け、バルセロナ対アーセナルの勝者を待ち受ける。

試合の決着は6分でほぼついた。ペナルティーエリアのやや右、約30メートルの距離でフリーキックのチャンスを得たインテルは、スナイデルがこれを直接決めて先制。ジャンプした壁の下――本田圭佑の足下だった――を通ったボールに意表を突かれたGKアキンフェエフは、ほぼ正面に飛んできたにもかかわらず、弾き返せなかった。

値千金のアウェイゴールを加えて2-0としたインテルは、落ち着いて試合をコントロール。きちんと守備ブロックをつくり、自陣の危険な位置では大きく蹴って逃れるなど、慎重な立ち回りでCSKAの攻撃を封じ込める。最低でも3点が必要となったCSKAは、早くも14分にセンターバックのベレズツキに代えてオディアを右サイドバックに投入。前傾姿勢を強めたが、ネチドとジャゴエフのミドルシュートがゴールマウスを捉えかけた程度で、得点には至らず。インテルの1点リードで後半に突入する。

早い時間に追い付きたいCSKAだが、しかし後半開始直後に待ち受けていたのはアクシデントだった。エトーに危険なタックルを見舞ったオディアが、この日2枚目のイエローカードを受けて退場。10人での戦いを余儀なくされる。数的優位となったインテルは、リスクを冒さず、ゆったりとボールを回して逃げ切り態勢へ。選手交代とフォーメーション変更を巧みに差し込んで試合を締め、2002-03シーズン以来、7シーズンぶりとなる準決勝進出を果たした。

---------- キリトリ -----------

これで気持ち良く寝られる。余裕たっぷりの、大人の勝ち方で、恐らく大味な展開を期待した人には物足りなかったかもしれませんが、この1-0はスコア以上の完勝。準決勝の相手がバルセロナでもアーセナルでも、互角の勝負を展開できると思います。

では、お休みなさい。
スポンサーサイト

コメント

Re: インテル、6分間でCSKAの希望を打ち砕き、ベスト4に一番乗り

順当に勝ち上がりましたね。
1-0で迎えたアウェーでのセカンドレグ、序盤で先制したら、インテルクラスのチームなら楽でしょう。
奇策で自滅したセビージャとは違いましたね。

Re: インテル、6分間でCSKAの希望を打ち砕き、ベスト4に一番乗り

順調に昇ってますね。
今シーズンは、頂点つかみそうな気がします。

昨日は、帰りが遅かったのでご飯食べながら聞いてたので、
鬼は大丈夫でしたよ(笑)

やや退屈な80分余でした

>どらぐら様

どうもどうも。
(*´∀`)

あっさりと先制した上、CSKAの攻撃に迫力が全くなかったため、特に後半からは退屈でしたw

もっとも、鋭いミドルシュートでゴールを脅かされたシーンは前後半で3度くらいあったんですけどね。
(;^ω^)

次はバルセロナとですが、正直な話、勝率は3割くらいかなと思っています。グループステージでも実力の差を痛感しましたし。ただ、今のインテルの完成度は当時より遥かに上ですし、全くのノーチャンスではないと見ています。

そう言って頂けると嬉しいですが

>PIKO様

次はバルセロナですからね・・・。グループステージでは防戦一方でしたし、メッシが手の付けられない状態の今、勝ち目は薄いのかなと思ってしまいます。とはいえ、「今のインテルなら」と思う部分もあり、対戦を心待ちにしています。

昨夜は突然放送にいらっしゃって驚きましたがw、また思い出した時、あるいはどうしても暇な時にでもいらして下さいませ(卑屈)。

遅くまで仕事だったとのことで、お疲れ様でした。お互い、鬼を降臨させないように気をつけたいものですねw

Re: インテル、6分間でCSKAの希望を打ち砕き、ベスト4に一番乗り

インテリスタの目からすれば完全に手のひらの上で遊ばせてたって感じがしたんですが贔屓目に見すぎですかね~w

それにしても次はバルサですか。あのメッシを止められるか・・・
アルゼンチン軍団で封じ込みをはかり、カウンター一閃なんて感じにいかないかなぁ・・・

その通りだと思います

>HHH様

真綿で首を締め上げるかのように、時間を削り取っていきましたね。先制した後は安心して観ていられました。ミドルシュートの精度の高さには驚かされましたが、崩されるシーンは皆無でしたしね。

メッシの確変モードがそろそろ終わってくれるといいんですが、どうでしょうか。
(;^ω^)

ただ、ベンゲルと違ってモウリーニョは徹底的に相手のストロングポイントを消すタイプ。メッシにマンマークを付けるなどの対応をするかもしれません。それで抑えられるかどうかは別問題ですがw

楽しみなようであり、心配なようであり・・・試合が待ち遠しいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。