05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【加筆】「マチカネ」の細川益男氏、死去 

また一人、偉大なる馬主が世を去った。5日、「マチカネ」の冠名で知られる細川益男氏が肺炎のため3月31日に亡くなっていたことが、明らかになった。享年85。

※以下、共同通信より。

細川 益男氏(ほそかわ・ますお=ホソカワミクロン会長、元社長) 3月31日午後7時20分、肺炎のため大阪市内の病院で死去、85歳。大阪府出身。近親者で密葬を営んだ。喪主は長男悦男(よしお)氏。ホソカワミクロンが5月中旬、お別れの会を開く予定。

京大卒。武田薬品工業を経て51年、細川鉄工所(現ホソカワミクロン)入社。父の故永一氏を継ぎ61~95年と03~08年に社長を務め、同社を粉体関連装置で業界トップに育てた。

75年紫綬褒章、95年勲四等旭日小綬章。競走馬オーナーでも知られ、菊花賞馬マチカネフクキタルなどを所有していた。

---------- キリトリ -----------

競馬を覚えたての頃、マチカネタンホイザが走っていた。菊花賞で、それまでの“血統的常識”を破って優勝したマチカネフクキタルに痛い目に遭ったのも今では良い思い出。そういえば当時、マチカネワラウカドも走っていて、まずまずの成績を残していた。まさに、ワラウカドにはフクキタル。

マチカネには超一流馬こそ少なかったものの、個性的で和風な馬名は、競馬界にとって欠かせないものでした。ファンから馬名の公募もしてたっけ。謹んで、哀悼の意を表します。

それにしても、この一年弱で「ナリタ」の山路氏、アローエクスプレスやプリモディーネの伊達氏、そして細川氏と、競馬史に燦然と名を輝かせる馬主が次々に黄泉路へと旅立ってしまった。悲しくてならない。
スポンサーサイト

コメント

マチカネ軍団

うわぁ~。
マチカネ軍団なつかしいすね~

ダビスタの初期無料配合馬マチカネイワシミズを思い出してしまいましたwww

最近の馬は冠名が少なくて寂しいですね。
偉大な馬主さんでしたな~・・・

マチカネ細川氏

本当に残念です
ここ最近だけで、山路氏、伊達氏と有名馬主が亡くなってますねぇ・・・
山路氏や細川氏辺りがいなくなると、本格的に冠名を付ける馬主が減っていきますね。 
フサイチもいなくなりますしw

マチカネタンホイザといえば蜘蛛で蕁麻疹でしたっけ?
最近ではマチカネニホンバレが重賞を制覇して、いざG1へ!という流れだけだっただけに残念です。
書いてから気がついたけど、マチカネニホンバレって最近名前聞かないなぁ・・・

ダビスタをやった人間なら

>HHH様

イワシミズも偉大な存在ですよねw

イワシミズと相性の良い初期牝馬を目指してリセットを繰り返したこともありました。
(*´∀`)

最近は「冠名=ダサい」という考え方が多くなっているようですね。個人的には、すぐオーナーが分かりますし、好きなんですが。私もいつか馬主になって、付けたい冠名があります。ゲームでは中学時代から付けてますwww

最近は名物オーナーが続々とこの世を去っていって、悲しいです。

相次いでますね

>Bucur様

エイシンは息子がエーシンとして走らせていますが、高齢の馬主は後継者をどうするのでしょうか。それによっては、どんどん減っていってしまうかもしれませんね。

冠名の有名どころでは、まだメジロ、マイネル、エア、アドマイヤ、サクラ、シチーなんかは健在ですが、フサイチの関口房朗は破産してしまいましたね。

マチカネタンホイザの蕁麻疹は色々と騒がれましたな。彼もまた、「ミスターGⅡ」という存在でしたが。

ニホンバレは今年まだ走っていませんが、一昨年末から昨年にかけての連勝中は凄かったですね。ダート路線は高齢までいけますし、今後が楽しみです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。