04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1860ミュンヘン日記・1 

FM2010連載~皆で1860ミュンヘンに栄光を取り戻そう~


データベースサイズ:最大

追加データ:Jつく

リーグ選択:イングランド1~3部、フランス1~2部、ドイツ1~3部、イタリア1~2部、オランダ1~2部、ポルトガル1~2部、ブラジル1~2部、アルゼンチン1~2部、日本1~2部、韓国1~2部、ベルギー1~2部、ギリシャ1部、トルコ1部

※いずれも就任可能





「読者参加型」のみを“旗印”に、1860ミュンヘン編を展開していきます。

どうぞ、宜しくお願い致します。

m( __ __ )m

 

それでは、まずはクラブの情報から。

 

「クラブ情報」

 

information_20100324174945.jpg

 

1860ミュンヘンの歴史などはこちらから。ブンデスリーガを1965-66シーズンに1回、DFBポカール(国内カップ戦)を41-42、63-64シーズンに制覇し、64-65には今は亡きUEFAカップウイナーズカップで準優勝している。


なお、メディア予想は10位で、借金が2.45Bある。

 


「キャプテン&副キャプテン」

 

予め設定されているのは、キャプテンがBenjamin Lauthで、副キャプテンがDaniel Bierofka。2人ともドイツ代表歴があり、筆者は2人が1860ミュンヘンにいることに驚いた。

 


「資金」

 

補強費は0円、給与枠の余りは約3700万円。既存選手の売却を見据えつつ、フリーで年俸の安い選手を狙って戦力値を高めたい。


 

「主力選手」

 

Gabor Kiraly


Kiraly.jpg

 

幾つものクラブを渡り歩いている、ハンガリー人GK。国際的な知名度は“そこそこ”だが、確かな実力を誇る。

 

Radhouane Felhi

 

 Felhi.jpg


ローンでやってきている、優秀なセンターバック。

 

Mate Ghvinianidze

 

 Ghvinianidze.jpg


将来有望なセンターバック。

 

Antonio Rukavina

 

 Rukavina.jpg


右サイドバックのファーストチョイスか。

 

Mathieu Beda

 

 Beda.jpg


守備技術には定評のあるMF。センターバックとしても使える。

 

Florin Lovin

 

 Lovin.jpg


セントラルMFのレギュラー候補筆頭。パスもさばけるし、守備や空中戦でも使える。

 

Eke Uzoma

 

 Uzoma.jpg


フライブルクからレンタル中の将来有望な守備的MF。ただ、2~3カ月の離脱中。

 

Alexander Ludwig

 

 Ludwig.jpg


それなりの質を有するウイング。左右をできるため、重宝はしそう。


・Daniel Bierofka

 

Bierofka.jpg


ドイツ代表歴を有する、チームの顔の一人。両利きなのもポイント高し。ただ、怪我のため復帰は3カ月程度かかる見通し。

 

Djordje Rakic

 

 Rakic.jpg


オフ・ザ・ボールは心もとないが、決定力はそれなりにある。まずまず前線で頼れるFW

 

・Benjamin Lauth

Lauth.jpg

 

元ドイツ代表で、チームのエースとして期待がかかる。両利きのため、左右どこからでもシュートを狙える。空中戦は彼の仕事ではなさそうだ。

 

○現状分析○


左サイドバックが物足りない。中盤の両サイドも質が低いが、元々の戦力を生かすならば、システムは3枚の守備的MFに1人のトップ下を置く形の4-3-1-2がいいかもしれない。レンタル枠を使い切っているのは痛手。

 


 【選手獲得】

 

フリーに焦点を絞り、3人を獲得しました。

 

1人目は、アンケートで最も高い支持を得た彼。


Vratislav Gresko

 

 Gresko_20100323232918.jpg


経験豊富な元スロバキア代表は、左サイドならばどこでも、さらには守備的MFやセントラルMFにも対応できる。その老練なプレーはまだまだ通用するはず。


他の2人は、Lauthがプレシーズンの練習中に全治3~5週間の怪我を負ってしまったため、FWにしました。


1人目は、元ブラジル代表で、過去には日本の鹿島アントラーズでもプレーした彼


Fabio Junior

 

 FabioJunior.jpg


そして、同じく元ブラジル代表で、日本では浦和レッズに黄金期をもたらした彼


Washington

 

 Washington.jpg


Fabio Juniorは、給料を当初の要求額から2000万円くらい減らしてもらえたため獲得。ちなみにワシントンの給料は730万円と格安です。

そういえば、アンケートで2番人気だったFayeさんは5500万円もの給料を要求してきたため、彼を獲っていたら1人の補強で終わっていた可能性があります。やはり、要求された給料は書かないといけませんね。今後は。

3人の補強と、スタッフの充実化で給与の合計が予算から3600万円ほどはみ出たため、ひとまず補強は終了。


---------- キリトリ -----------

【ブンデスリーガ2部とは】


Wikipediaによれば、

  • シーズン最終順位の上位2クラブは自動的にブンデスリーガ(1部)に昇格する。3位のクラブは1部16位のクラブとホーム・アンド・アウェー方式のプレイオフを行う。
  • シーズン最終順位の下位2クラブは3. リーガ(3部)に自動降格する。16位のクラブは3部3位のクラブとホーム・アンド・アウェー方式のプレイオフを行う。
  • 2007-08シーズンの平均観客数は1万7995人であり、世界でもっとも人気のある2部リーグのひとつである。月曜日の夜に行われる1試合はスポーツチャンネルで放送され、多くの視聴者が2部リーグに触れる機会を作っている。

とのこと。

外国人枠も特にありません。

ちなみに「ツヴァイテリーガ」と呼ぶとツウっぽいですw


---------- キリトリ -----------

【タイトルオッズ】

odds_20100324193732.jpg


昇格に関するオッズが発表されています。

ビーレフェルト、コットブス、カールスルーエが6倍で1番人気、デュイスブルクとアーヘンが2番人気で、3番人気がうちとロストックです。

混戦模様であり、上手くいけば昇格争いに絡めるのではないでしょうか。

目指すは、プレーオフ進出!!

---------- キリトリ -----------

さて、現在は厳しい練習を課しながら、プレシーズンマッチをこなす日々です。

その中で、様々な選手やフォーメーション、戦術を試していますが、ここで再び投票を行います!

以下に、私のFM日記では初となる選手一覧を設けました(ミスが多発している可能性があるので、その際はお叱りのコメントを下さいませ)。

この面子を踏まえ、シーズンを戦う上で最も大切な要素の一つである、フォーメーションと戦術を決めて下さい。

なお、幾千、幾万にも及ぶ戦術をアンケート項目にするのは無理なため、選択肢はフォーメーションのみとし、戦術のプランは投票時のコメントやプレー日記のコメントにて受け付けます。

アンケートは、選択肢の追加もできるので、必要な際はご利用下さい。

投票の締め切りは、26日です。

ちなみに、私は現在、サイドハーフを1列前に上げた4-4-2を使用し、サイドを起点に中盤の底から1人が飛び出してゴールを狙うスタイルを試しているところです。もっとも、まだBチームとしかプレシーズンマッチもしていませんがw

では、第1回はここまで。次回は、決定したフォーメーションと戦術を基に、いよいよシーズンインです!



PositionNameValueAgeEtcMemo
GKMichael Hofmann52.5M36  
GKGabor Kiraly210M33  主力
GKPhilipp Tschauner140M23  有望
D RCMate Ghvinianidze82.5M22  主力
D RC,DM,MCRadhouane Felhi240M25loan 主力
DCTorben Hoffmann30M34  控え
DC,DM,MCMathieu Beda87.5M27  主力
D/WB RAntonio Rukavina150M25  主力
D/WB LBenjamin Schwarz35M22  控え
D/WB L,AM/FCJose Holebas90M25  控え
D/WB/MLVratislav Gresko30M31New 主力
D/MRSandro Kaiser190M19  有望
DM,M RCAleksandar Ignjovski210M18loan 控え
DM,MCFlorin Lovin150M27  主力
DM,MCEke Uzome440M19loan 主力
DM,AM CTarik Camdal130M18  有望
DM,AM/FCSascha Rosler32.5M31  控え
M LCMarcos Antonio14M21loan 主力
AM RLStefan Aigner110M21  控え
AM RLDaniel Bierofka240M30  主力
AM RLCAlexander Ludwig90M25  主力
AM/FCDjordje Rakic250M23loan 控え
FCBenjamin Lauth350M27  主力
STFabio Junior140M31New 主力
STWashington6.5M37New 控え
1860ミュンヘン09-10
スポンサーサイト

コメント

Re: 1860ミュンヘン日記・1

遂に始まりましたね~、新企画。
前回アンケートを行った左SBは、やはりGreskoでしたか。
記事では明確にコメントしていませんでしたが、私も一票入れていたので、彼が採用されて良かったです^^;

現在のドイツは、昇格プレイオフがあるんですね。
少なくともFM2008では、1部なら下位3チームが自動降格になっていました。

システムは4-4-2に一票。
戦術面までは考えていません(苦笑)

Re: 1860ミュンヘン日記・1

ワシントンを真ん中に置いた4-3-3を見てみたいですが、選手のバランスをみると4-4-2が現実的な気もします。

ということで4-4-2に一票。

1860ミュンヘンはチームロゴがカッコいい!

Re: 1860ミュンヘン日記・1

こちらでは初めまして。
mixiではレスコメント、ありがとうございました!

そしてプレイ日記が始まったんですね~。
楽しみにしてます。

さて、フォーメーションですが、
個人的には4-3-3も見てみたいですね。
ワントップやスリートップでうまく言ったためしが自分にはないので(ぉぃ

でも4-4-2で司令塔なしのCHがダイナモ的に動くのも好きなスタイルですね。
プレミアみたいですけど、ブンデスもスタイル的にはあるんでしょうか?
勉強不足で分からないですが(汗

Re: 1860ミュンヘン日記・1

すいません、やはり選手は架空のままです。。

やり方がまちがってるのでしょうかね??


どこかいい説明がのってるサイトはあるでしょうか? 
いろいろ探してはいるんですけど・・


最後に私は4-3-3に一票!!

Re: 1860ミュンヘン日記・1

3-4-3に1票

4の部分は両サイドがWBとして配置し、
試合展開や怪我人などの状況によっては片方だけを
SBとして運用することを想定するため、
状況によっては、アシンメトリーな4-3-3となる

攻撃の形は前線にターゲットマンが居るので、
基本的に放り込みw

7人の守備ブロックから攻撃時はどちらかの
サイドだけ前に出て速めにクロスを入れるだけと言う
超シンプルな戦術設計っすw

長らく放置していてすみません

落ち着いてからレスをしようとしていたら、かなり遅くになっていました。申し訳ないです。


>どらぐら様

何の工夫もない、普通極まりないプレー日記ですが、宜しくお願い致します。
m( __ __ )m

どらぐらさんもグレシコに入れていたのですね!票数や意見でも彼を推す声が多かったので、すんなりと決めました。ただ、私の第一希望は別でしたw 彼とも合意したのですが、給料の問題があって止めました。

ブンデスリーガも少しずつ手を入れているようです。全ては盛り上げるためでしょうが、ルールの変更をきちんと把握しないといけないのは面倒だったりもしますw

4-4-2への投票、ありがとうございます♪


>Yatus様

1860のロゴ、いいですよね!ユニフォームもスタイリッシュで、気に入りました♪
(*´∀`)

4-3-3も考えているのですが、センターハーフとして信頼できるのが1人しかいないので、悩んでいます。はまった時の破壊力は高いのですが・・・。


>mukade様

初めまして!
(゚Д゚)ノ

実はmukadeさんのブログも密かに読んでましたよ。リーズでは残念な結果になってしまいましたが、トリノ編を楽しみにしてます♪

4-3-3の破壊力は、10.3パッチによるブーストも相俟って、かなり高いようです。個人的にも試してみたいと思っていましたし、こうして投票を頂いたこともあり、練習試合では導入してみました。詳しくは、また次回に書きます。

ちなみに、4-4-2で中盤のセンターに“水を運ぶ人”を置くというのは、私がリアルで好む形ですよ!テクニシャンの少ないドイツでは依然としてそうした4-4-2が多いですし、選択肢としては当然ありかと思います。


>パパイヤ様

その後、当ブログで試して欲しい方法を紹介しましたが、いかがでしょうか?FM検証記録さんやフォーラムの利用をお願い致します。
m( __ __ )m

フォーメーションについての投票、ありがとうございます!!


>libero様

まさかの3バック!!
( ゚Д゚)

しかしてその実体は、変則的な4-3-3とは!

さすが、ネットワークプレー時に変幻自在の用兵を披露したliberoさんですね。そういう発想は、とても勉強になります。

どこまで具現化できるか分かりませんが、とても面白そうなので試してみますね!

あとは頼りになるセンターバックが少ない点をどうカバーするかですな・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。