10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Ver2】コートジボワール、本命のヒディンクを射止める?! 

オランダの公共放送であるオランダ放送協会は10日、ロシア代表監督のフース・ヒディンク氏が、コートジボワール代表監督に就任すると報じた。同協会によると、3月15日から7月15日の短期契約だという。当初から“本命”と見られていたヒディンク氏だが、ロシアとの契約が6月まで残っている上、満了後にはトルコ代表監督への就任が決まっており、交渉は難航。コートジボワールのフットボール協会は、元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏にオファーを出すなど、他の選択肢も探っていた。ただ、Goal.comの取材に応じたコートジボワールのフットボール協会長は、報道を否定しており、後任監督の正式発表までには、なお時間がかかりそうだ。

---------- キリトリ -----------

ドイツ・ブンデスリーガのヴォルフスブルクに所属する日本代表MF長谷部誠が、W杯終了後に移籍するのではないかと現地で報じられている。

※以下、スポニチより。

セリエAの強豪ローマが今夏の移籍市場でボルフスブルクの日本代表MF長谷部誠(26)の獲得を目指していることが分かった。地元のコリエレ・デロ・スポルト紙が報じたもので、今季好調で来季の欧州CL出場権獲得も決定的なローマが、新たな即戦力MFとして長谷部に興味を示しているという。

長谷部のイタリア人代理人のシモーネ・カノーヴィ氏は「現在、ボルフスブルク側と契約延長についての話し合いはしていない。走力、戦術のインテリジェンスがあり、ACミラン、フィオレンティーナを除くクラブは皆、彼を追っている」と説明。かつてMF中田英寿氏も在籍したローマへの適応性もあるとしている。ボルフスブルク側は昨年12月、契約延長をオファーしたが、その後の交渉に進展はなし。長谷部自身も移籍を視野に入れているという。

---------- キリトリ -----------

フェー監督解任後、ベンチスタートが多くなってきた長谷部。ただ、直近のリーグ戦では途中出場で決勝点をアシストし、現地11日のヨーロッパリーグ、ルビン・カザン戦では先発フル出場するなど、“居場所”を失ったわけではない。むしろ、指揮官の信頼を得つつある。フィジカルの強さ、フットボールIQの高さなどはセリエAでも通用するレベルにあるとは思うが、細かい戦術的な縛りの多いイタリアで結果を残すためには、まずその戦術面での指示を解し、全うできる言語力が不可欠。ドイツ語にすんなりと適応した長谷部なら、あるいは容易かもしれないが、リスクは少なくない。外国人選手にとって、最も厳しい環境とされるセリエA。選手にさらなる成長を促す“虎の穴”だが、安易に踏み入れるべき場所でないことも事実なだけに、セリエAを10年以上見てきた筆者的にはオススメできない。

---------- キリトリ -----------

○独り言

PSG監督日記も、あとは書くだけとなったため、本格的にFM2010で遊び始めました。とはいえ、あまり時間を取れない今、最下層からの成り上がりプレーは困難。そんなわけで、「古豪の復興」という自己満足も得られる、1860ミュンヘンの監督に就任しました。

過去にブンデスリーガを制した経歴を有しながら、2003-04シーズンに降格し、以降はブンデスリーガ2部でも中位以下を彷徨ってばかりの“没落貴族”的なクラブですが、地元からの支持は根強く、スベンとラースのベンダー兄弟に代表されるようにユース組織の質にも定評があります。ラウトやビーロフカといった元ドイツ代表選手もいますし。「中位以上」の最低目標だと補強費0円、給与枠の余りも500万円くらいと、なかなかシブチンな条件ですが(もっとも、2部のクラブで選手の給料に14億円もはらっている点で、かなり裕福なのですが)、「ミュンヘン・ダービー」の復活を目指して、采配を揮ってみます。

プレー日記は・・・たぶん書きません。当初は、1860ミュンヘン編を「やる夫」物語にしようと考えていたのですが(「復興」は物語をつくる上で非常に楽なテーマですし)、この案は「終わらせるまでにFM2011が出てしまいそう」という判断で却下。久々に誰も登場しない普通のプレー日記を書こうかなとも思ったんですが、読み物として面白くできるかに自信を持てませんでした。とりあえず、面白い発見や自分なりの考察(戦術論を中心に)がまとまれば、その時に書くつもりです。

そういえば、最近はFM日記の数が減りましたね。現在進行形は、恐らく片手で収まる。往時を知る者としては、寂しさを禁じ得ません。

あとは、最近、「ニコ生」(ニコニコ動画を使った、いわゆるラジオ的なもの)に興味を持っています。話題を発信者と受信者が共有し、それについてリアルタイムで「ああでもないこうでもない」と騒げるのは、とても面白い。ウェブカメラを持っていなくても、PCの画面を取り込めるツールがあるようですし、いつか挑戦してみたいなと構想を練る日々です。ちなみに、よく聴いているのは「Jリーグを1.5倍楽しむ放送」、「脚サポのまったりgdgd雑談」、「部屋とYシャツとカレーと私」。川崎サポなのに、なぜかG大阪のサポーターさんの放送を聞いてたりするw

※以下、幾つかの話題を追加予定。
スポンサーサイト

コメント

Re: 【Ver2】コートジボワール、本命のヒディンクを射止める?!

ヒディンクが本命らしいですが、正式決定までにはまだ時間がかかりそうですね。
長谷部はヴォルフスブルクでの立場が微妙なので、移籍するかどうか悩みどころでしょう。
ローマに目をつけられたことは嬉しいことですが、リスクもありますよね。

1860ミュンヘンは私もFM2008でプレーしようと考えていたクラブです。
でも、土壇場でグラッドバッハに変えました(笑)
マリンやポランスキといった知っている選手がいたので。

Re: 【Ver2】コートジボワール、本命のヒディンクを射止める?!

ニコ生で試してみたけど、ニコ生の解像度とフレームレートだとカクカクになっちゃってちょっと試合はなにやってるのかわからないって感じで、きついなあって感想でしたね。

依然として正式発表されませんね

>どらぐら様

ヒディンクが濃厚と出てから、また数日経ちましたけど、まだ出ませんね。もう、トルシエでいいのにw

長谷部は、ここにきて信頼を得つつあるようですが、セリエAという環境は特殊ですからね・・・。しかも、ローマはいつオーナーが代わってもおかしくない状態ですから、なるべく避けた方がいいと思われます。

伝統という意味では、グラッドバッハか1860ミュンヘンになってしまいますよね。私も、どらぐらさんが監督をしていなければグラッドバッハを選んでましたw

おお!!

>あゆ様

ミクシィのコミュニティでお名前を拝見する、あゆさんでしょうか?

コメントありがとうございます。

そして、ニコ生でFMの試合放映を試されたのですね。リアルタイムではキツイとのことで、FMを扱うならプレー動画を作らないとダメということですか。そんな技術は全くないですが・・・。

とりあえず、まずは普通に国内外のフットボールの話題をする生放送でもできたらなと思っている次第です。

Re: 【Ver2】コートジボワール、本命のヒディンクを射止める?!

たまに足跡の踏みあいしてるようですいませんw

SCFHよりは、ニコ生デスクトップキャプチャー(通称、NDC)のほうがいいと思いますよ。

http://com.nicovideo.jp/community/co34571

アドバイス、ありがとうございます!

>あゆ様

いえいえ、こちらこそ足跡だけ残していてすみません。
m( __ __ )m

また、貴重なアドバイスありがとうございます♪

使いこなせるよう、試してみますね!!

FMのプレー放送なんかもできたらなと思っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。