05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成】湘南監督日記・3 

FM2010プレー日記・短期集中連載

~Jリーグで遊ぼう!~


データベースサイズ:最大

追加リーグおよびデータ:Jつく(※ベータ版・改)

※Jつくのベータ版を“いじった”データを仕様。具体的には、入力ミスを修正した上で、各クラブの経営状況をなるべく現実に即した。

リーグ選択:イングランド1~2部、フランス1~2部、ドイツ1~2部、イタリア1~2部、オランダ1~2部、ポルトガル1~2部、ブラジル1~2部、アルゼンチン1~2部、日本全リーグ(リーグエディットはtype4を使用)、韓国1~2部

※10.2パッチを適用済み

※フェイスパック、ロゴはFM-Base経由で「メガパック」を導入

※スキンはFM-BaseのNew Default Dark Skinv2を使用



---------- キリトリ -----------

(゚Д゚)ノ 引き続き番外編だ。

(*゚∋゚) 休んでいる間にJつくのVer2も10.3パッチも出ちゃったね。

(´(・)`) 時代から取り残されつつありますから、もう少し急ぎましょうか。

(゚Д゚) 正直、中だるみしてきているからな。

(*゚∋゚) 僕達はやる気満々なんだけどね。

(´(・)`) 中の人のモチベーションが落ちてきていますね。

(-∀―#) 今更PSGにかかりきりとはな。ま、どうやらあちらの方が人気があるらしいから、仕方ないんだがな。

(*゚∋゚) 嫉妬してんの?

(´(・)`) リーダー・・・。

(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻ うるせー!

(-ω-#)y-~~~~ ふん・・・。始めるぞ。まずはW杯予選後の年内の結果だな。


nennai_20100305231823.jpg

(´(・)`) ガーナ戦は、フルメンバー相手に互角の展開でしたが、決定力の差で惜しくも敗れました。

(*゚∋゚) 日本のゴールは試合終盤に得たPKだよ。ガーナは、ギャンの見事なループとムンタリの強烈なミドル。

(゚Д゚) ちなみにオランダ戦は現実と異なり行われなかった。

(´(・)`) スコットランドはフルメンバーで来日してくれました。この辺はゲームならではですね。フレッチャーやマクファデンらの姿がありした。逆に日本は主力を怪我で欠いたため、若手主体で臨みました。

(*゚∋゚) そして、ホームにもかかわらずスコットランドに試合を支配され、0-2で完敗。71分には、中村憲が二枚目のイエローで退場しちゃった。

(゚Д゚) 続いては、同じくフルメンバーで来たトーゴ戦だ。アデバイヨールもいたぞ。ところが、全くやる気が窺えない。

(´(・)`) 前半終えた時点で日本の支配率が61%、シュート8本を打ち込みましたからね。

(*゚∋゚) 日本は日本で「らしさ」全開で、ゴールは奪えなかったけどね。

(゚Д゚) それでも、後半に2点(岡崎、松井)を決めて面目は保った。トーゴはシュート4本、枠内1本という結果で、まさに観光目的の来日だったな。やれやれ。

(´(・)`) 残りはアジア杯予選ですね。イエメン戦は乱打戦を制し、バーレーン戦は危なげない勝利でした。

(*゚∋゚) 年内の日程が終了したところで、僕らの日本代表でのゴールランキングを発表!


<4ゴール>

岡崎、遠藤(うちPK1)

<3ゴール>

森本、本田(うちPK2)

<2ゴール>

長谷部、巻、松井

<1ゴール>

香川、中澤

(゚Д゚) 岡崎は現実世界同様に決めているな。遠藤も3ゴール(PK除く)と気を吐いている。

(´(・)`) 重用している選手が順当に上位を占めましたね。


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【W杯組み合わせ抽選会】

(゚Д゚)ノ  早いもので、抽選会だ。

(*゚∋゚) 現実世界ほど厳しい組み合わせにならないといいね~。

(´(・)`) では、一気に結果です。











chile.png

チリ!

続いて・・・















southafrica.png

南アフリカ!

そして最後は・・・




















england.png

イングランド!


Σ(゚Д゚) うおっ!!

Σ(´(・)`;) あらっ!!

Σ(゚∈゚*;)  うわっ!!

( ; ゚Д゚) イングランドには勝てそうにないが・・・チリと南アフリカは悪くない。

(´(・)`) チリも南アフリカも強敵ですが、戦い方次第では勝機はありますね。

(*゚∋゚) 定番だけど、1勝1分1敗で2位通過ってのが現実的かな~。

(´(・)`) なお、他の組み合わせは以下の通りです。


a-c.jpg

d-f.jpg

g-h.jpg

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【W杯までの親善試合】

hontaikaityokuzen.jpg

(゚Д゚) 実は、面倒で香港戦とスリランカ戦以外はアシマネに任せてしまった。

(*゚∋゚) W杯直前の試合を放り投げるなんて、現実では有り得ないけどね。

(´(・)`;) 試合結果はさておき、最悪な事態が発生しました。スリランカ戦で中澤が負傷退場し、全治4~5週間。本大会には出場できません。

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

Σ(゚∈゚*;)  

(´(・)`) まさに、クマッタ・・・。

Σ(゚д゚lll)おいおいおい

Σ(゚∈゚*;) え~~~


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【W杯に挑む23人の精鋭達】

(゚Д゚) 怪我人も多く、悩みに悩んだが、23人を決めたぞ。

(´(・)`) 以下の選手達と南アフリカへと向かいます。

23ninn.jpg

(*゚∋゚) GK西川、右サイドバック内田は怪我で無念の不参加だよ。

(´(・)`) また、W杯の優勝オッズが発表されました。

wcodds.jpg

(゚Д゚) ブラジルが本命で、アルゼンチンとフランスが次位、さらにオランダとスペインが続く。

(*゚∋゚) 日本は21倍か~。なかなかの人気銘柄だね。


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【対チリ】

(゚Д゚) 日本代表、南アフリカに立つ。

(*゚∋゚) 「ガン●ム大地に立つ」のパクリね、それ。

(´(・)`) 前日練習で本田が負傷し、検査の結果6~7週間の離脱と判明しました。遠藤も体調不良で間に合いません。

(*゚∋゚) やりくりが難しい中で選んだのが、この11人だね。


vsChile-f.jpg

(゚Д゚) GKは楢崎、DFは右から長友、吉田麻、闘莉王、阿部翔、MFは中盤の底に長谷部と中村憲、右に中村俊、左に松井、FWは前田遼と森本だ。

(´(・)`) チリはビエルサお得意の3バック3トップですね。ウイングの2人はスピードとテクニックに優れ、突破力があるので気を付けましょう。逆に、3バックはフィジカルこそ強いものの、機動力に欠けます。我々のスピードであれば、比較的簡単に崩せるでしょう。


○試合開始

開始早々にPKを奪取すると、中村俊が決めて先制する。

しかし、ペースはチリ。鋭いサイドアタックで攻め寄せ、パレデスのゴールで追いつく。

チリはその後もチャンスを山のようにつくったが、日本の守護神・楢崎が再三の好セーブに防がれ、得点には至らない。

結局、1-1のドローで終わった。


vsChile-r.jpg

( ; ゚Д゚) 引き分けで恩の字という内容だったな。

(´(・)`) ボールはキープでき、狙い通りサイドからも崩せたのですが、スタッツを見ても分かるようにクロスの精度が低く、FWに合いませんでした。

(*゚∋゚) チリは、カウンターの完成度が高かったよね。シュートも枠内にきちんと収めてくるし。

(゚Д゚) さすがに昨年のテストマッチの時とは違ったな。


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【対南アフリカ】

(゚Д゚)ノ ここを勝たないと、恐らく突破の芽がなくなってしまう。

(*゚∋゚) 次の試合で勝ち点3を望むのは、無理があるもんね。

(´(・)`) 遠藤もコンディションが整い、現有戦力におけるベストメンバーを組めました。

vsSouthAfrica-f.jpg

(゚Д゚) 南アフリカは、どう見ても低い位置にブロックをつくってのカウンターだな。恐らく、チリ戦に引き続き主導権を握れるだろうが、嵩にかかって攻め過ぎないよう注意しよう。


○試合開始

どれほど実力的に劣っていようと、開催国は要注意。これはW杯における鉄則だ。そして歴史は証明される。南アフリカは7分、CKから先制点を挙げる。

しかし日本は26分、CKの流れから遠藤のクロスに森本がニアで合わせて同点。さらに30分、遠藤の糸を引くようなスルーパスで前田がディフェンスラインを突破し、逆転弾を叩き込む。

前半ロスタイムには、センターサークル付近で相手からボールを奪った松井が自ら突進。独走し、最後はGKの脇を抜いて3-1。リードを2点に広げる。

後半はきっちりと相手を抑え込み、逆転勝利。決勝トーナメント進出の望みを繋いだ。


vsSouthAfrica-r.jpg

キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

キタ━━━━ヽ(´(・)` )ノ━━━━!!!!

キタ━━━━ヽ(゚∈゚*)ノ━━━━!!!!
 

(´(・)`) やりましたね!

(゚Д゚)ノ 先制された時は目の前が真っ暗になったが、よく盛り返してくれた。

(*゚∋゚) 大きな1勝だね。これで次戦が引き分け以上なら決勝トーナメント進出だよ。

2shiaioete.jpg

(´(・)`) 負けたとしても、得失点差でチリを3点リードしているため、チリ対南アフリカの結果次第では突破できます。


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【対イングランド】

(゚Д゚)ノ  守るか、攻めるか。それが問題だ。

(*゚∋゚) ただ、長友が出場停止、楢崎が踵の怪我でいないよ。イングランドはルーニーが出場停止な以外は万全なのに。

(´(・)`) ただ、イングランドは2連勝で決勝トーナメント進出を決めており、多少の“お情け”を期待できるかもしれませんよ。


vsEngland-f.jpg

(*゚∋゚) 望みは叶わず、ほぼフルメンバーの鬼畜戦士イングランド代表さんです。

(゚Д゚) つけ入る隙があるとすれば、ウォルコットのワントップか。どう考えても適正があるとは思えないぞ。

(´(・)`) 戦い方の指示をお願いします。

(゚Д゚)ノ 通常よりもディフェンスラインを下げ、カウンターを狙う。1トップをはじめ、2列目の3人も厳しくマークしておけ。3列目は凶悪なミドルを備えているが、そこまでは面倒見きれんぞ。


○試合開始

日本は14分、松井のクロスに森本が合わせるが、GKフォスターが神がかった反応でセーブ。目の前から放ったシュートを止められ、日本サポーターは声を失った。

イングランドは17分、ウォルコットがディフェンスラインの裏を取り、正確なシュートでゴールネットを揺らす。

しかし、これはオフサイド。命拾いする。

さらに、テリーとウォルコットを負傷させ、0-0で前半を折り返す。

気になるチリ対南アフリカは、前半44分にチリが先制。得失点差の貯金は残り2。

負けなければいい日本は75分、疲労の目立つ遠藤に代えて明神を投入。長谷部とともにBall Winning Playerに指定し、中盤の守備を固める。

そして76分、試合の均衡が崩れる。

ジェラードのスルーパスに抜け出したヤングが強烈なシュート。これまで好守を見せていた川島の手をすり抜けてゴールに飛び込んだ。

得失点差の貯金がついに1となり、追加点の献上だけは避けたい日本は、耐えに耐える。ロスタイムには決定的なチャンスを与えたが、ジョー・コールのボレーは川島が辛くも防ぐ。試合は0-1で終了し、チリ対南アフリカの結果を見守ることになった。

vsEngland-r_20100305232855.jpg




そして――




チリ対南アフリカは1-0で終了。

得失点差で日本代表が2位を死守し、決勝トーナメント進出を決めた。


toppa.jpg

なお、イングランド戦のMOMは川島。レイティングは何と9.1をたたき出した。彼の奮戦なしに、決勝トーナメント進出はなかったはず。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

次なる対戦相手は・・・












Scrn132.png

パラグアイ!

(´ヘ`;) ベスト8を狙える相手だが・・・イングランドとの試合中の負傷で松井も消えた・・・。ちなみに、怪我を負わせたイングランドのテリーは、3~4日の軽傷で済みやがった。

(゚∈゚*;) 折角、対戦相手に恵まれたのに残念だね。

(´(・)`) 悲観的になっても仕方ありませんし、今いる選手達に期待しましょう。なお、ベスト16の組み合わせはこうなりました。


secondround.jpg

(゚Д゚) アジアでは日本とオーストラリアがベスト16に入ったな。韓国は1分2敗でグループステージ敗退だ。ギリシャには引き分けたが、アルゼンチンとメキシコに敗れた。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【対パラグアイ】

vsParaguay-f.jpg

(゚Д゚)ノ 小細工できるほど手持ちの戦力に余裕はない。ガチンコ勝負だ。松井の左サイドには右から中村俊を回し、空いた右には中村憲を入れる。それから、南アフリカ戦以外はさっぱりの前田に代わって岡崎を起用するぞ。吉田のコンディションが戻り切っていないセンターバックは槙野な。

(´(・)`) 岡崎ですか。ラッキーボーイになってくれるといいのですが。

(*゚∋゚) 元々、現代表では1番ゴールを決めているからね。もっと早く出番をあげても良かったのに。


○試合開始

すると、その岡崎が大仕事を成し遂げる。左サイドに開いた森本からの横パスに反応すると、ゴール右隅に精確なシュートを放って日本代表が先制する。

しかし前半ロスタイム。槙野が相手を倒してPKを献上。カルドソに決められて追い付かれてしまう。

そしてこれは、壮絶なドラマの序章だった。

まず、前半のロスタイムを2分過ぎた頃、カバニャス(現実世界での快癒をお祈り致します)が2枚目のイエローで退場。日本に“神風”が吹いた。

それでも、パラグアイは止まらない。62分、先制のPKを沈めたカルドソがカウンターで抜け出して、鮮やかな逆転ゴール。数的不利を跳ね返し、パラグアイがリードを奪う。

だが日本も負けてはいない。

69分、長谷部のゴールで試合を振り出しに戻す。

これで息を吹き返した日本は、1人少ないパラグアイを攻め立てる。

84分、中村俊のアーリークロスに飛び込んだのは途中出場の前田。

ヘディングシュートでゴールネットを揺らす。

しかし、オフサイド。

さらに89分、岡崎が放った強烈なミドルはGKのスーパーセーブに防がれる。

その後も再三再四の波状攻撃を仕掛けるが、ことごとくGKに止められてしまい、ついに延長戦へと突入する。

前半は静かな内に終了し、迎えた後半。

精根尽き果て、気力勝負となる中、意地を見せたのは、決勝トーナメントに入ってスタメンを奪われた前田だった。

いつ試合が終わってもおかしくなかった123分、中村俊のクロスに渾身のジャンプ。

GKとDFの間から頭一つ抜け出し、放ったヘディングはゆっくりとゴールに吸い込まれていった。

キタ━━━━━━\(T▽T)/━━━━━━ !!!!!

キタ━━━━ヽ(´(・)` )ノ━━━━!!!!

キタ━━━━ヽ(゚∈゚*)ノ━━━━!!!! 

劇的な展開で日本がベスト8進出!!!


vsParaguay-r.jpg

(*゚∋゚) やったね~!!!

(´(・)`) 素晴らしい勝利です。

(゚Д゚) 久々に快心の試合だった。

(*゚∋゚) 槙野の起用だけだね、ミソが付いたのは。

(-∀―#) 今、言うか、そういうことを。

(´(・)`) まあまあ。とにかく、これでベスト8ですよ。岡田武史監督が掲げたベスト4まで、あと1勝です。

(゚Д゚) ただ、決勝ゴールの直前に負傷でピッチの外へ出されていた闘莉王が全治2週間、負傷退場していた槙野が全治5~6週間だ。23人中5人が負傷中で、センターバックは吉田麻也のみとなっては、もはやここまでか・・・。

(*゚∋゚) それに、次の相手はカメルーン対アルゼンチンの勝者だから・・・











flag.png

アルゼンチン!!

(´(・)`) ですよね~。

(゚Д゚) 負けて当然、やれるだけやってやろうじゃないか。

(*゚∋゚) だね!














と、その時、衝撃的な事件は起きた。

なんと、停電!!!!!!!!!

ガ━━━(゚Д゚;)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

Σ(´(・)`;)

Σ(゚∈゚*;) 

(´ヘ`;) イングランド戦直前に戻ってしまった・・・。

(*゚∋゚) これはちょっと・・・。

(´(・)`) 残念ですが、番外編は打ち切りですね。

(-ω-#)y-~~~~ だな・・・。ちなみに、停電の原因は中の人の相方にあるらしいぞ。「怒るに怒れない」と嘆いていたな。

(*゚∋゚) こたつ、ハロゲンヒーター、ドライヤーでブレーカーが落ちるとはね。

(´(・)`) 借家では、こういうことが起きるんですね・・・。

(゚Д゚)ノ というわけで、番外編はここまで!そして、公式パッチもJつくのVer2も出て、プレーを続ける理由を見出せなくなってしまったし、湘南編は打ち切りだ!

(´(・)`) それがいいかもしれませんね。

(*゚∋゚) 僕らの出番がなくなるのは悲しいけど。

(゚Д゚) またいつか、チャンスはあるだろう。それまで、暫しのお別れだ!


(゚Д゚)ノ  (´(・)`)ノ (* ゚∋゚)ノ ばいば~い

---------- キリトリ -----------

<編集後記>

相変わらず展開にだけは恵まれる私のプレー日記ですが、湘南編はこれにて完結です。作中にも書きましたが、すでに能力値の修正されたJつくVer2が出ていますし、新しい公式パッチもリリースされましたからね。

ちなみに湘南は、中断後も順当に勝ち続け、2位にかなりの大差を付けています。昇格は、ほぼ確実です。2009でも思ったのですが、最近のAI監督は下手過ぎ。ゲームの難易度はシリーズを追うごとに下がってきているのではないでしょうか。もっとも、最近は最下層のディヴィジョンで指揮を執っていませんし、「単に楽なクラブでやっているだけだろ!」と言われればそれまでなのですが。
(;^ω^)

さて、次回作の構想も固まりつつありますが、まずはPSG日記を終わらせます。ここ最近、時間を見付けてゲームを進めたり、物語部分を書いているので、3月中に1~2回分は投下できるはず。風呂敷を広げすぎて、収拾がつかなくなりつつあるのは気がかりですが(苦笑)、果たしてどのエンディングを迎えるのでしょうか。それは私の采配力次第ですw

久しぶりにFM2008をプレーして、この作品における4-3-3の強さを再確認しました。以前に発表した戦術は、PSGの躍進と無縁ではありません。もちろん、チート級のCK設定も沢山の勝ち星をくれていますがw

“おはじき”が動く2D画面もどこか懐かしく、楽しんでプレーしています。6-2のリリースを、今暫くお待ち頂けると幸いです。
スポンサーサイト

コメント

Re: 湘南監督日記・3

まさかの結末((*´∀`))ケラケラ

しかし、ベスト8まで勝ち残れるとは・・・。
現実では考えられませんね(苦笑)

メンバーを見ると、何と麻也が代表に入っているではありませんか!
レギュラーである中澤が怪我したとは言え。
やっぱり、能力高めに設定しちゃったかな(苦笑)
FMの最新パッチで麻也がどう評価されているか、興味ありますね。
(恐らくランダムばっかりだろうけど・・・)

Re: 湘南監督日記・3

現実の世界に引き戻される終わり方でしたね

お久しぶりです。私も同じことをやってるので、コメントさせていただきます!

私もベスト16まで勝ち進んでますよ!
ちなみに1次リーグでアルゼンチンと戦って0-2で負けてますw
2位通過で次ロシアという段階です。

1回だけ日記書こうかな…

事実は小説よりも奇なり

>どらぐら様

( ゚д゚)ポカーン

となりました。

若干、イライラして喧嘩になりかけましたがw

吉田麻也は、ポテンシャルの高さをいかんなく発揮してくれたように思います。まだ10.3パッチの中身は覗いてませんし、私はCAやPAを知りたくない派なので、細かいところまでは分かりませんが、ゲームプレー時に見られる能力は、ちょっとチェックしてみますね。小林大悟と一緒に。

お久しぶりです!

>かまぼこ様

というか、Jつくのフォーラムに顔出さな過ぎです(苦笑)。

外国人の協力者を募った件とか、どうなったんですか?
(;^ω^)

Ver2も出てますよ!!

それはさておき、代表プレーをされているようで。ロシアなら勝ち目はありそうですが、どうなったのでしょうか。

まさかの停電が起きないよう、祈ってますw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。