09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成】LFPが「ファン保険」を開始 

遅くなりましたが、表題の記事を紹介します。スペインで世界初、保険証券になる観戦チケットが発売されました。プロリーグ協会と冠スポンサーであるBBVAが共同で展開するサービスで、1部および2部の試合を訪れた全ての観客、さらにはボールボーイまでが保険の対象となります。これまでスタジアム内外では数々の悲劇が起きてきましたが、せめてきちんと補償をしようという精神は大いに評価すべきでしょう。

※以下、フットボリスタ2月24日号内、工藤拓氏のコラムより。

スペインのプロリーグ協会(LFP)が9日、前代未聞の「ファン保険」を発表した。冠スポンサーであるBBVAグループの保険会社「BBVAセグロス」が主導したこの傷害保険は、1部、2部リーグの試合に訪れた全ての観客、VIP席のクラブ会長からピッチ横のボールボーイまでもが、無料かつ自動的に被保険者となる。対象期間は試合開始1時間前から試合後2時間まで。対象地域は試合会場とその周辺2km以内で、リーガ公認のペーニャ会員は遠征ツアー(12席以上の車両による)道中も対象に。補償額は死亡、後遺障害で約350万円(14歳未満は約70万円)、スタンド倒壊などの自然災害?(LFPはそう発表)に対しては最高約3500万円が支払われるという。

記名のない観戦チケットが保険証券となるフットボール界初の試みは、13~15日に行われた1部の第22節より実施されている。

---------- キリトリ -----------

それにしても、川崎フロンターレはどうしたことか。明らかなオフサイドによる失点で動揺し、ミスのオンパレード。アタッキングサードでのプレー精度が著しく低く、相手のベタ引きを崩せずにカウンターで追加点を浴びて0-2完敗。ジュニーニョ不在でチャンスが回ってきた黒津の低調ぶりは目を覆うほどで、レナチーニョも無理やり仕掛けては奪われて“ピンチの起点”になってしまう始末。左サイドで躍動した新加入の小宮山、良い突破を見せた森、1カ月にも及ぶトルコ合宿で身体をつくってきたチョン・テセらの好パフォーマンスだけが救いです。

毎年、エンジンのかかりが悪いチームですが、今季もスタートダッシュは難しいかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

Re: 【完成】LFPが「ファン保険」を開始

画期的な試みですね。
Jリーグではスタジアム内の観戦で危険を感じたことはありませんが(スタジアム外は何が起こるかわからない、これはサッカー観戦に限らず・・・)、
海外ではそうはいかないところもありますからなぁ。

ちなみにこの記事を見たとき、真っ先に「これを野球観戦にも使えないかな」と思いました。
ファウルボールが観客に当たって訴訟になったことがありましたしね・・・。

川崎は残念でした。
代表組が合流して間もないこと、ジュニーニョの不在、さらには不可解な判定(!?)と悪いことが重なりましたね。

陳謝

>どらぐら様

まず、お詫びをさせて下さい。

スパムコメントを削除しようとして、誤ってどらぐらさんのコメントを消してしまいました。せっかく頂戴したにも関わらず、申し訳ありません。きちんと読んで、レスしようと思っていたところだったのは不幸中の幸いですが・・・以後、気を付けます。

さて、チケットが保険になる新しい取り組みについてですが、これは画期的ですよね。スタジアム内外が安全な日本には不要かもしれませんが、イングランドやドイツでも一部のカードでは未だに危ない雰囲気になりますからね。スペインで上手く機能すれば、各国で検討してみてもいいかもしれません。

野球も、ありましたよね。ファールボールが当たって怪我した方の訴訟が。楽天でしたっけ?何でもかんでも保護するのはどうかと思いますが、不運にも怪我をされた方のためには、良い“予防接種”になるはずです。

川崎は・・・ひ弱というかなんというか。判定の怪しさに左右されないよう、立ち上がりで一気に決めておくべきでした。残念です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。