09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSG日記・6-1 

【ここまでのあらすじ】

ひょんなことからフランスの片田舎のポンコツクラブ・AS Newsoakで監督を務めることになったやる夫は、盟友やらない夫と共に奮闘し、リーグ・ドゥ昇格を成し遂げた。

その過程で起こした“奇跡”に目を付けたのが、リヨンのリーグ・アン8連覇阻止に執念を燃やすPSGのオーナー。AS Newsoakの経営難に付け入り、やる夫の“強奪”を企てる。

愛するクラブを救うため、新天地へと旅立ったやる夫は、周囲の懐疑的な目を跳ね除け、すぐさまチームを掌握。補強と新戦術で甦った昨季16位の“ボンクラ達”は、「冬の王者」を狙えるまでになった。

しかし、最後に立ちはだかるのは、最強王者リヨン。

そして、そのベンチには彼の姿がある。

新人監督同士の、そして“身内”同士の戦い。

PSG、15試合で11勝3分1敗

リヨン、16試合で11勝2分3敗

期待に違わぬ結果を携えて、竜虎の邂逅。

交錯する想いはどこへ行き着くのか。

前半戦最高最大のピークがやってくる。

まずは、友を、愛するクラブを想う、彼の葛藤を覗いてみよう――。

【PSG戦が目前に迫った、ある日の夜。やらない夫の自宅にて――】


     _____________
    / / ↑ \.
    |  |   └→| 
    \ \__/
      | ( -Д-) < 大~きな のっぽの 古時計ー♪
      |(ノi  |⊃
      |  i  i
      |_i_ i
        U" U



            __ __,.
      「`ヽ´ ̄`フ.::::::::/´  ,. -‐'′{::::し'.:::::::イ
    . ィ⌒ヽ  /.::::::::::/       ハ:::::::::::::!::::)
    { イゝ   /.::::::::::,′. . . ..x  く`ーヘ.:.:.::::し'
    Y.::::::::ノ '.::::::::::::|.:: . ---xノハノ    ヽ:::)
   ( ̄  . :.|:::::::::::::「´ _、  )⌒Y     レ′
    i 7ゝ.:::∠!:::::::::::::|.:.:.:.:j「 Y    !    }
    | i::ハて...」::::::_.:::::! ノ」ハ '.  ,ハL /  ′
    | L! | 丁Yr刈:::|ィハハ「ゝVイムイ//ハノ
    |     |\ゞイ::::ト弋)ソ   ヒケj小
    l  /   !  `トゝ:!ハ´     ' .イ j |    まだ起きてたのかしら?
   ノ. /  |i  ゝ'' | 仆. .  ´ イ 」 ;i |
  / :/     |小./ゝ.|ヽ\下`ヽ 丁jハ
イ  , ′    ヽ:/ィ  ハ. ヽ\ハ.:.:.:jり__」!
 /       ,ノ.:/ /.:::: ` ー 、ーヘ〈ゝ--=ァ
    /⌒Y .::::/  (::::::.     下不厂゙ぐく
   r '   ノ.:::::/ .イ )::::i    | ̄j ) `ヽソ
.   \:::`ヽ//.::/.::::::i    `ヽヽヽ (




     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫
    |     `⌒´ノ ∬    ああ。今更じたばたしたところで何か変わるわけじゃないんだが・・・
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|





   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |   いよいよなのね。でも不思議だわ。
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |    あなたが、ずっと傍にいた、やる夫と敵同士だなんて。
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ




       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ         一緒にライセンスを取得し、一緒のクラブで片や監督、片やアシマネ、
     |     ( ●) (●)         今度はお互い監督として再会か。これぞ腐れ縁ってヤツだろ。
     |       (__人__) , -―ーっ   
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




       , ′       .:: /::.    / /  /  l   `、 `、
.      /    , '    .:: /::.    / /  ,'l:.::  ト、   l  ハ
     /    /      .:: /:.:.  ,.::〃 l|   / |:. .: |l::  | / ハ
.    /  ..:/     .:: /:.:.   |:.:∟」_|:l | |:.:.. j l|::.:  |:.     l
   /  ..:/    ..:.; /::.:..   |/l | } l≧x 」:.. / |::.:. ハ  、 |
.  /  ..:/     . : ://::.::.  |斗与=ミ`ヽ|:: /  ,':.: /リ::.:l:.. l| |
  /,   ..:/    . .:://7::.:.  l l ヽ {斥ぅ癶 l|/  /::.:// }:: |::. l| |
. //  .:; ′  .: ..:/人!:.:..  l| | `ヾン′    厶メヽ ハ::.j::.:/リ l
´/ /  ..: .::.:.//ヽl::..  ハ l             fi仇イ/リ: / ,' /
 /  . .: .:.:/ ,'::.::}|:.:.. | | |           〉V /N厶イ 彡′
  .: .:.:.:.:::/ .:/ ::;イ|:.:.  l| | |     _ __ ´  ,小      やる夫、怒っていたわ。
. ..:.:.::.::.:/ ::/ .:.::川:.:.  | | |     `_┘  / ,' |      本当に何も話してないのね。
_: _: .:; ′, '´ .:.::/_/_|:.:  l   ヽ \      , ィ /l| |
..:.::.::.::/ .:.:.::∠_//:.:.:|:.  ト、   ハ ヽ  , '´/ l / ! |
.:.:.;イ二ニ≦_/ ^ヽ、|:.. |::.:.:`ヽ、|  l ̄   ,イ // ||
//: .: .::.:.::.:.:.:`ヾミト、::|:. {::.::.:.:.:. ∧ !  /} l l   | ト、
/: .:.::.::.:;': :.:.:.:.::.::.::V!:|:. |::.::.:.:.r衣} 厂 //| |   | l |
: : ::.::.:::./: .:.:.:.:.::.:::.::.:}ヘ!:.. |: .:.:.:.:゙='^仁彡'´| |   |川




     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)      あいつの会見のことか。
    |      (__人__)  ∫
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|





~~~~~~~数日前~~~~~~~




          ____   
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\      
    /   ⌒(__人__)⌒ \    「PSGが首位とか、まぐれにもほどがあるだろ」
    |      |r┬-|    |     「うちが化けの皮を剥がせば、あとは急降下していくだけだ」
     \     `ー'´   /      「やる夫監督の考えは手に取るように分かる」
    ノ            \      「スコア?最低でも2点差だね」
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //  だっておwwwwwww3位の分際で何様だおwwwwwwww
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /     バ
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バ  ン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、    ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\      その言葉、そっくりそのまま返してやるお。
     /    (__人__)   \     あんなマッチ棒みたいなヤツは、火だるまにしてやるお。
     |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl





~~~~~~~回想、ここまで~~~~~~~



      /        /:   / /  ;:  l  ヽ  \
    /       : ./:   :/ /  /::  l、  ',   ',
.   /  .:/     : /::  .;イ イ: / !::: l ',   |    l
   /  .:/     .: ,::::  /l l:/_|:l , |:::: l l:  l:    l
.  /′ .:/    .::: l:::   ! l |  l`ヽ.l::::: / |::: ,:::  l |
 〃 .:/    .::://l:::  l l 、=ァュ、|` !`/  /::://l::l :. l. |
.// :/    .::::::// l:::  l|: l  、トう/` j/  イ/く/ l:::l ::/! !
:/ .:/   .:::::::://ヽ!::  l l: l   `^     ,、ヽ >!::.l:/ .l/     散々な言われようだったわね。
 /   .::::::::::/ /::| l::: .l: l: l         、lン'//// /
/ ..:::::::::/./::::l !::: l. l: l        '′,'::T′
::::::::::/.:/.:::::::/!l:::: l  .l: l.     `.丶  /l:: l    
- ' ´:/ .::::::/// !:::: !   !:l      / l.l::.!
::::/ .::::::∠〃:::l:::: ト.、 /!:l_   ,.ィ:´!: l !:l
//二ニ =彳:\!:::: .l::::::::\l:l  ̄::: /イ: ! l::l
/:::::::::::/::::::::ヽヽ:::!::: .l:、:::::::::|:l:!::::..//:l:: .!  l:: !
::::::::::::;:::::::::::::::::ヽ::l:::: l:::ヽ7fュTl ´//!: l  l:: l





     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)      たきつけたのは俺だからな。
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ      
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ          
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ





.       /    /   .'    / /        |
       i l   l  l     / ′          .′|
       | |   |  | ‐、/| !        /   l
       | |   ト . |  |`ト、| .      〃  / /
       ヽ.|\ l ヽト .xィ士.j ト.| /    //  / /,′
        / / ヽ/ ハ.|ヽト辻}小∨j//./_/__,//_/__    「あいつは叩けば叩くだけ伸びていく」でしょ。
     //   // /ヽi|  ^冖^      ‐テ士</-‐ ´      
.     〃   // /|!  |     ,       ト辻}小>‐ /        きっと、本気であなたを倒すつもりよ。
    /′ // / |l ハ    ′      ^冖^ / /
.   /   // /  _!ヽ   \  r__,        / /|         さすがは参謀。見事な“アシスト”ね。
   '   / | i  /'| ',  | i\        / 厶イ|
  l l   |,-l |‐厶-ヘ  }  V  >‐z――…/ /'   !
  | l  / N´ ,. -‐ヽハ  |-く^Y´       ' /\  |!
  | l<⌒ ‐-'---‐'_丿 小丕}|      |/   \.|l
-‐┴'´  \_ ̄  ̄ _/,小辻リ       l ! -――/.'
       | ̄ ̄/ / ヽ{__ソ\   /!l,. -―//





     / ̄ ̄\
      _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
    .( ●)( ●)  ..| / |    だからって、あいつに白星をプレゼントする気はないだろ。
    (__人__)     .|./   /     監督として、本気のあいつと戦ってみたかったからさ。
     i⌒ ´ .r-、  |/  /
     {     ヽ, ',. .,/ :/',
     .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
      .ヽ . |   / , --'i|
      /   {  V , --ヘ
      |   ヽ  L| r= |





                   _,-─-、_
.              _r'´:. :. :. :. :. ヽ
            ノ:. :. :. :. :. :. :. :. }
.            f:./ ̄ ̄`丶:. :.ノ
          へ_ノイ i| i| i| |! |! く_r┐   やる夫を気遣っていられる環境でもないのに?
          7j::r'イ レiト!  |r'T j} k'´
.        /イ::{ ル'┯┯リレ'┯┯lリヘ
       //{::f !|  l:::/    |::/ |!::イ '.
.      // 7|i人     _   ノff┤ :,
       f {  | |i | >-- -イ|  リ Vハ
.     /レ{  | K´  }:::::::::::::::Y くヽ 川
.      i/イ r'_≦ /:. 孑::::了}   〉 〉 イ|
.       { l{   ̄ヾV:. :. :.  ̄:. :.i < く  !j
      V|   ___ノ 〉:. :. :. :. :. :. 〉 _)ノ イ





      (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)   お前も俺に似て意地が悪いな(苦笑)。
     |     (__人__)   確かに、俺の立場は危ういだろ。
     |     ` ⌒´ノ    魅力的なフットボールと8連覇の両立を義務付けられながら、3位だ。   
       |         } \     不信感を抱きつつある選手もいるかもしれない。
     /ヽ       }  \     オーナーからは、お小言・・・だか警告だか分からんが、もらったしな。
   /   ヽ、____ノ     )   
  /        .   | _/     つくづく、監督ってのは面倒な仕事だと思い知らされただろ。
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)




          /                `ヽ
            /  ,.. :'" ``  ̄`: : 、   j_
          __,′ 〃           \   )
        (  |  ノ //      '.     ヽ.く
    .xr'´ ̄ ..イ (_// /      i i 、    ∨
 r.::f´::」    !:::!  Y ! !i:  ! !   ハ| :Y    i
 Lン7て   |:::| ( | iハ. i i !   i i ! ノ! .! ii! !
   /! ハ.__ !:::! `YVハ_ヽN」!、 i i,ィ=く「 リル′
.  i::| !  )ヽ::.、_,ノヘ ィナハ! `ヽノイノ 刈イ{      そのストレスを楽しめるのが監督ではなくって?
.   ゝ!. |   ゝ-、{r刈 「 ゝ- '   , `  jハi ハ
.    i !     ゞイ| |、     c   .小}  ヽ、
   ノi ::!       /' | |介ト ..x‐.、   .イ⌒Y  ハ
  /:/ .::!    / |!.:': : : : : : :r千,: : : : jハ / ノ
. /:/ j.:::|     /  .イ i!: : : : : .イ^Y´ ̄`ヽ! ノ イ
/:/ .! .:|    \/ノ ノ、:.:.:/: : : : | : : : : : ゝニ=‐‐‐ァ
:/  ノ .::!      ゝイ.:.:.:./.:.: : : : :ノヘ: : : : 「. .-‐r‐/



    / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)      どうやら、そういう「器」ではないらしい。
    |      (__人__)  ∫
    |     `⌒´ノ ∬     あいつと違ってな。
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|




       , ′       .:: /::.    / /  /  l   `、 `、
.      /    , '    .:: /::.    / /  ,'l:.::  ト、   l  ハ
     /    /      .:: /:.:.  ,.::〃 l|   / |:. .: |l::  | / ハ
.    /  ..:/     .:: /:.:.   |:.:∟」_|:l | |:.:.. j l|::.:  |:.     l
   /  ..:/    ..:.; /::.:..   |/l | } l≧x 」:.. / |::.:. ハ  、 |
.  /  ..:/     . : ://::.::.  |斗与=ミ`ヽ|:: /  ,':.: /リ::.:l:.. l| |
  /,   ..:/    . .:://7::.:.  l l ヽ {斥ぅ癶 l|/  /::.:// }:: |::. l| |
. //  .:; ′  .: ..:/人!:.:..  l| | `ヾン′    厶メヽ ハ::.j::.:/リ l
´/ /  ..: .::.:.//ヽl::..  ハ l             fi仇イ/リ: / ,' /   随分と買っているのね。
 /  . .: .:.:/ ,'::.::}|:.:.. | | |           〉V /N厶イ 彡′
  .: .:.:.:.:::/ .:/ ::;イ|:.:.  l| | |     _ __ ´  ,小
. ..:.:.::.::.:/ ::/ .:.::川:.:.  | | |     `_┘  / ,' |
_: _: .:; ′, '´ .:.::/_/_|:.:  l   ヽ \      , ィ /l| |
..:.::.::.::/ .:.:.::∠_//:.:.:|:.  ト、   ハ ヽ  , '´/ l / ! |
.:.:.;イ二ニ≦_/ ^ヽ、|:.. |::.:.:`ヽ、|  l ̄   ,イ // ||
//: .: .::.:.::.:.:.:`ヾミト、::|:. {::.::.:.:.:. ∧ !  /} l l   | ト、
/: .:.::.::.:;': :.:.:.:.::.::.::V!:|:. |::.::.:.:.r衣} 厂 //| |   | l |
: : ::.::.:::./: .:.:.:.:.::.:::.::.:}ヘ!:.. |: .:.:.:.:゙='^仁彡'´| |   |川




      / ̄ ̄\
      _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
    .( ●)( ●)  ..| / |    あいつには、不思議な魅力があるんだよ。
    (__人__)     .|./   /     “おつむ”は決して優秀じゃないが、フットボールへの愛情や情熱は人一倍。
     i⌒ ´ .r-、  |/  /      よく、真面目さのバロメーターとして「誰より早く来て、誰より遅く帰る」
     {     ヽ, ',. .,/ :/',       なんて言われるが、あいつの場合は住んじまうからなw   
     .ヽ   .|  l_/_, -‐、',   
      .ヽ . |   / , --'i|       そんなヤツだから、選手もついていくんだ。結果に限らずな。
      /   {  V , --ヘ         俺にはそこまではできないだろ。
      |   ヽ  L| r= |





          , -─- 、
        /      \
      /            ヾ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
    /     _,, --─-、|i、,,_    \
    .!    ./   ,. '    |ヽ\\     l
    |    /  / /   、 |.  | l     |r==-、
   {,|   /// / / /l  i. | l、   |,、|_   lヾi_ //   でも、愛情や情熱だけで良い成績が残せるなら、
    />、i l l |,,/,/l |  | _l,,,,l|_ヽ、{fjゞ,),  /:|\V/    松木toto太郎さん・・・でしたっけ?
   ヾニ||! | | |/l/lソ |  l /|/ |j | iヾソイ7 /i:|、ヽ|´      彼は名将中の名将じゃない。
     /:/l | | |伐ゞ l、!//ィ升'芍l |`l´ /=|::| ヽ\       いつも、テレビで一ファンのように熱狂しているわ。
     /:/i |:|川 込ソ    辻少| | |/ /:/  l\:ヽ
    <;イ |:| .||、''''' ____ '''' | |/  ./:/  /   }::|
     /|  | (|!ニ、l´    〉_/| |゙ヽ /:/|  l   ヾ'
   //|  |,ノ {(|      /、-‐| | / ` |  |
   // l  |{|゙ゝ、7ヽ,,__,,/ヽ、__| | /    |  |
  _l/_/ r''〉'、_!ノ´, , 、 i /彡''゙´、\ rニ|l |ヽ
  }_ ゙̄〈   〉/、j |_〉 |{∠ニシ/{ヽ-゙{ニ二ニ/
  _/ニ,-ゝ、_〉l 、~__´/ (´/ノ`ヽ,,_ _//
  )_`f´/   _ \_ / _,, -ニ、` |l l゙ニ三二>
  <{/ l      ̄  ̄`ヽヽ`ヽ  j ( r <
    {  ヽ            `  _,,    }ヽ`ヽ\
   ヽ、   ̄ ─ _    -‐''´    ノ   ̄ ソ
     `''ー'''- 、,,__     _,, -‐''´
            `''ー‐''´




      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
    .| U   (__人__) /⌒l   toto太郎じゃなくて、安太郎な。「やべっちFC」の見すぎだろ。
     |   u. |r┬-|  |`'''|   確かに、飲み屋の酔っぱらいに見えるし、監督としての評価は極めて低い。
    / ⌒ヽ  `ー'´}  |  |    だが、たとえ「他を圧倒する戦力のお陰」と言われようと、1993年と94年に 
   /  へ  \   }__/ /     Jリーグを連覇しているのは事実だろ。
 / / |      ノ   ノ  
( _ ノ    |      |




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \       話が逸れたが、あいつは「おつむが優秀」ではなくても、
   |    ( ー)(ー)    戦略や戦術といった部分は侮れないんだよ。
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ    的確に補強しているし、今の戦術もPSG用にアレンジしている。
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }     
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ   




          /                `ヽ
            /  ,.. :'" ``  ̄`: : 、   j_
          __,′ 〃           \   )
        (  |  ノ //      '.     ヽ.く
    .xr'´ ̄ ..イ (_// /      i i 、    ∨
 r.::f´::」    !:::!  Y ! !i:  ! !   ハ| :Y    i
 Lン7て   |:::| ( | iハ. i i !   i i ! ノ! .! ii! !
   /! ハ.__ !:::! `YVハ_ヽN」!、 i i,ィ=く「 リル′
.  i::| !  )ヽ::.、_,ノヘ ィナハ! `ヽノイノ 刈イ{           アレンジ?
.   ゝ!. |   ゝ-、{r刈 「 ゝ- '   , `  jハi ハ
.    i !     ゞイ| |、     c   .小}  ヽ、
   ノi ::!       /' | |介ト ..x‐.、   .イ⌒Y  ハ
  /:/ .::!    / |!.:': : : : : : :r千,: : : : jハ / ノ
. /:/ j.:::|     /  .イ i!: : : : : .イ^Y´ ̄`ヽ! ノ イ
/:/ .! .:|    \/ノ ノ、:.:.:/: : : : | : : : : : ゝニ=‐‐‐ァ
:/  ノ .::!      ゝイ.:.:.:./.:.: : : : :ノヘ: : : : 「. .-‐r‐/





            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\   ああ。Newsoakの時は、全体を高い位置に構え、
          |  (●)(●) |
          |   (__人/,〉.|   激しいプレスでボールを奪ってショートカウンターに繋げるという手法だった。
          {   ´フ´ ./._ }
          ヽ  ./,二ニソ}    テクニックはないが、フィジカルに優れたNewsoakには、ぴったりなんだ。
          _ヽ/  ,-― 、}ノ
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ      実際、これでジャイアントキリングを成し遂げたんだからな。
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\   一方、今は同じ4-3-3だが、ラインは低く、攻めもショートパス主体だ。
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、    「足は遅いが高くて強いCB」を抱え、「テクニックに優れたMC」を
           ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj
             /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:\~   生かしたいPSGにとっては理に適っている。
         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|ヾ:;:;:;/




      / ̄ ̄\
      _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
    .( ●)( ●)  ..| / |    現有戦力に応じて戦術をカスタマイズできる――
    (__人__)     .|./   /    
     i⌒ ´ .r-、  |/  /       名将と呼ばれる人間が、すべからく持ち合わせている要素を
     {     ヽ, ',. .,/ :/',
     .ヽ   .|  l_/_, -‐、',        やる夫も持っている。
      .ヽ . |   / , --'i|
      /   {  V , --ヘ
      |   ヽ  L| r= |




   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |      戦術の話はよく分からないけど、
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |       言いたいことは分かるのだわ。
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ





       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ       それに、監督を務めてみて、やはり「参謀役」が天職だと思った。
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ  あいつにとって監督が天職なようにな。
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
.      ン         } ゙| ̄'|      俺は、練習メニューや戦術の組み立てに没頭していたいんだ。
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫       理由があってリヨンの監督を引き受けたがな。
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




            __ __,.
      「`ヽ´ ̄`フ.::::::::/´  ,. -‐'′{::::し'.:::::::イ
    . ィ⌒ヽ  /.::::::::::/       ハ:::::::::::::!::::)
    { イゝ   /.::::::::::,′. . . ..x  く`ーヘ.:.:.::::し'
    Y.::::::::ノ '.::::::::::::|.:: . ---xノハノ    ヽ:::)
   ( ̄  . :.|:::::::::::::「´ _、  )⌒Y     レ′
    i 7ゝ.:::∠!:::::::::::::|.:.:.:.:j「 Y    !    }
    | i::ハて...」::::::_.:::::! ノ」ハ '.  ,ハL /  ′
    | L! | 丁Yr刈:::|ィハハ「ゝVイムイ//ハノ
    |     |\ゞイ::::ト弋)ソ   ヒケj小
    l  /   !  `トゝ:!ハ´     ' .イ j |    やる夫を鍛えるため、愛するクラブを生きながらえさせるため・・・ね。
   ノ. /  |i  ゝ'' | 仆. .  ´ イ 」 ;i |
  / :/     |小./ゝ.|ヽ\下`ヽ 丁jハ
イ  , ′    ヽ:/ィ  ハ. ヽ\ハ.:.:.:jり__」!
 /       ,ノ.:/ /.:::: ` ー 、ーヘ〈ゝ--=ァ
    /⌒Y .::::/  (::::::.     下不厂゙ぐく
   r '   ノ.:::::/ .イ )::::i    | ̄j ) `ヽソ
.   \:::`ヽ//.::/.::::::i    `ヽヽヽ (




        / ̄ ̄\ 
      /       \
      |::::::        |      あの契約書のトリックは、オーナーやあいつには見破れないだろ・・・
     . |:::::::::::     |      お人好し的に考えて・・・
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .  
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´




          /                `ヽ
            /  ,.. :'" ``  ̄`: : 、   j_
          __,′ 〃           \   )
        (  |  ノ //      '.     ヽ.く
    .xr'´ ̄ ..イ (_// /      i i 、    ∨
 r.::f´::」    !:::!  Y ! !i:  ! !   ハ| :Y    i
 Lン7て   |:::| ( | iハ. i i !   i i ! ノ! .! ii! !
   /! ハ.__ !:::! `YVハ_ヽN」!、 i i,ィ=く「 リル′      悲劇の連鎖を避けるための人身御供。
.  i::| !  )ヽ::.、_,ノヘ ィナハ! `ヽノイノ 刈イ{
.   ゝ!. |   ゝ-、{r刈 「 ゝ- '   , `  jハi ハ        されど、その真意を誰にも知らせず。
.    i !     ゞイ| |、     c   .小}  ヽ、
   ノi ::!       /' | |介ト ..x‐.、   .イ⌒Y  ハ      全くもって損な役回りね。
  /:/ .::!    / |!.:': : : : : : :r千,: : : : jハ / ノ  
. /:/ j.:::|     /  .イ i!: : : : : .イ^Y´ ̄`ヽ! ノ イ
/:/ .! .:|    \/ノ ノ、:.:.:/: : : : | : : : : : ゝニ=‐‐‐ァ
:/  ノ .::!      ゝイ.:.:.:./.:.: : : : :ノヘ: : : : 「. .-‐r‐/




        / ̄ ̄\ 
      /       \
      |::::::        |      笑うか?
     . |:::::::::::     |     
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .  
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´




      /        /:   / /  ;:  l  ヽ  \
    /       : ./:   :/ /  /::  l、  ',   ',
.   /  .:/     : /::  .;イ イ: / !::: l ',   |    l
   /  .:/     .: ,::::  /l l:/_|:l , |:::: l l:  l:    l
.  /′ .:/    .::: l:::   ! l |  l`ヽ.l::::: / |::: ,:::  l |
 〃 .:/    .::://l:::  l l 、=ァュ、|` !`/  /::://l::l :. l. |
.// :/    .::::::// l:::  l|: l  、トう/` j/  イ/く/ l:::l ::/! !
:/ .:/   .:::::::://ヽ!::  l l: l   `^     ,、ヽ >!::.l:/ .l/   笑わないわ。
 /   .::::::::::/ /::| l::: .l: l: l         、lン'//// /
/ ..:::::::::/./::::l !::: l. l: l        '′,'::T′       あなたらしいもの。
::::::::::/.:/.:::::::/!l:::: l  .l: l.     `.丶  /l:: l
- ' ´:/ .::::::/// !:::: !   !:l      / l.l::.!
::::/ .::::::∠〃:::l:::: ト.、 /!:l_   ,.ィ:´!: l !:l
//二ニ =彳:\!:::: .l::::::::\l:l  ̄::: /イ: ! l::l
/:::::::::::/::::::::ヽヽ:::!::: .l:、:::::::::|:l:!::::..//:l:: .!  l:: !
::::::::::::;:::::::::::::::::ヽ::l:::: l:::ヽ7fュTl ´//!: l  l:: l




        / ̄ ̄\ 
      /       \
      |::::::        |      ありがとな。
     . |:::::::::::     |      それに、全てが上手くいけば、大団円だろ。あとはアイツら次第だ。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .  
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´





      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´㍉ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |         あいつ「ら」?
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
            /'   ノl j/ ㍉ト(  ノ l (   \  |  |
           ヽヽ/ヽ j!    > ´ / /     ハ |  |





     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)      そう、アイツ「ら」・・・さ。
    |      (__人__)  ∫
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|





      「`ヽ´ ̄`フ.::::::::/´  ,. -‐'′{::::し'.:::::::イ
    . ィ⌒ヽ  /.::::::::::/       ハ:::::::::::::!::::)
    { イゝ   /.::::::::::,′. . . ..x  く`ーヘ.:.:.::::し'
    Y.::::::::ノ '.::::::::::::|.:: . ---xノハノ    ヽ:::)
   ( ̄  . :.|:::::::::::::「´ _、  )⌒Y     レ′
    i 7ゝ.:::∠!:::::::::::::|.:.:.:.:j「 Y    !    }
    | i::ハて...」::::::_.:::::! ノ」ハ '.  ,ハL /  ′
    | L! | 丁Yr刈:::|ィハハ「ゝVイムイ//ハノ         何かアテがあるみたいね。
    |     |\ゞイ::::ト弋)ソ   ヒケj小
    l  /   !  `トゝ:!ハ´     ' .イ j |           天運を祈っているわ。
   ノ. /  |i  ゝ'' | 仆. .  ´ イ 」 ;i |
  / :/     |小./ゝ.|ヽ\下`ヽ 丁jハ
イ  , ′    ヽ:/ィ  ハ. ヽ\ハ.:.:.:jり__」!
 /       ,ノ.:/ /.:::: ` ー 、ーヘ〈ゝ--=ァ
    /⌒Y .::::/  (::::::.     下不厂゙ぐく
   r '   ノ.:::::/ .イ )::::i    | ̄j ) `ヽソ
.   \:::`ヽ//.::/.::::::i    `ヽヽヽ (






        / ̄ ̄\ 
      /       \
      |::::::        |      ありがとう。
     . |:::::::::::     |     変な話に付き合わせて、すまんかっただろ。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .  
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´





      /        /:   / /  ;:  l  ヽ  \
    /       : ./:   :/ /  /::  l、  ',   ',
.   /  .:/     : /::  .;イ イ: / !::: l ',   |    l
   /  .:/     .: ,::::  /l l:/_|:l , |:::: l l:  l:    l
.  /′ .:/    .::: l:::   ! l |  l`ヽ.l::::: / |::: ,:::  l |
 〃 .:/    .::://l:::  l l 、=ァュ、|` !`/  /::://l::l :. l. |
.// :/    .::::::// l:::  l|: l  、トう/` j/  イ/く/ l:::l ::/! !
:/ .:/   .:::::::://ヽ!::  l l: l   `^     ,、ヽ >!::.l:/ .l/
 /   .::::::::::/ /::| l::: .l: l: l         、lン'//// /
/ ..:::::::::/./::::l !::: l. l: l        '′,'::T′        いいのよ。
::::::::::/.:/.:::::::/!l:::: l  .l: l.     `.丶  /l:: l
- ' ´:/ .::::::/// !:::: !   !:l      / l.l::.!        私はあなたの妻だもの。
::::/ .::::::∠〃:::l:::: ト.、 /!:l_   ,.ィ:´!: l !:l
//二ニ =彳:\!:::: .l::::::::\l:l  ̄::: /イ: ! l::l           いつでも味方よ。
/:::::::::::/::::::::ヽヽ:::!::: .l:、:::::::::|:l:!::::..//:l:: .!  l:: !
::::::::::::;:::::::::::::::::ヽ::l:::: l:::ヽ7fュTl ´//!: l  l:: l






      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )    照れるだろ。
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)     俺は良い妻を持って幸せだろ、常識的に考えて。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |





        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !    ふふ。
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |    
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |    
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i





                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l     ・・・
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./





                  ∧
                   i:;ィ1.-‐ァ…‐- .     ,.:、
           r=≠≠=ァ≦ ィ´‐- .―-  ._㍉:、 ,ィ彡く:::{
           ヾ:::[.ィ´,ィ /  i    `ヽ=‐-{::r=く>:x. キヾ:、
            レ"/ /    !  i   ヘ ヾ∨爪ヾ:iⅣ:ノ
               ,:′′ ,イ     i!  i!  i! .ハハ:::{ |:| キ:「1
.            ,′ハ / i!    ハ   |!  i! い,イⅥ.!:! i:|八
           {  i i! ハ   リ_ヾ__リ!___}! j} リ" |ヾ::{ l:| 、 ヽ
              !  ! ├卅_大  厂リノ-}i`リ イ从イキ:大 !|  .ハ
.           人 ヽヾtィ≠ミxノ  ィ≠リァ'イノリ`Y }:〈 iヾi:!    !    ・・・
             /ヘハリ㍉:.乂リ     乂歹fイ/{z ノ∧::Iキ..|:|  i |
          /′ `/,イ } .:::. '   .:::/// ,{彡'  }::} Ⅵ:! j |
           ,く⌒ゝくr-i、> .  ー  〃イ /´    く:ノ }ヾ〉,′|
        ,ィZソ、.:.:ヾ.:.:.:.:ヽゝヘ≧=r{/ ,! {ャx.       !ハ   八
        /Xヾ.:.:.ヽ.:.:ヽ.:.ヽ.:.:.:.:.〉yイ孑彡八.:.:>ァ―-、 || ヽ.   ヽ
.       // ).:`ー辷:_:_ゞ.:.\.:{`:.1r=㍉廴、∨:/.:.:.:.:.:.:.i !!  丶   \
      /′ 厂 ̄三三三ニュx人.:.|:ゞ'">=彡ヲ.:.:.:.:.:.:.:.:! !!   \   ヽ、
      ,′ィ.: ̄フ¨¨7…-:、:::{`ーぇx 、く//≦フ.:.:.:.:.:.:.} ||     ヽ.   ヽ
    ,.イ.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.`.ヽニ、、 1`ニフ"  Z,.:.:.:.:.:.:j ヾ:、    人   リ
   ,ィ" .:.:.:.:.:〃.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ}   |∠ニニ7/.:.:.:.:.:.:{  } }    /    /
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(:_.:ヽ く.:.:ヾ:.:/ィ.:.:.:.:.:.:.:.:i! 八ヽ  .′   〈






「疲れているのではなくて?」



「疲れているからこそ、さ」



「もぅ」






















img129c56c2zik2zj.jpeg



こうして、夜は更けていく。


決戦まで、あと1日――。


---------- 終了 -----------

<編集後記>

なんだこれwww

自分で書いてて、頭が沸いたかと心配するw

しかも、FMの画像も話題もないという。
(;^ω^)

物語に寄り過ぎると単なる自己満足になりかねず、されどFMの画像ばかりになると物語としての質が失われる。

筆者にも、葛藤は尽きませんw

ちなみに、本当はやる夫サイド→やらない夫サイドの順で決戦に臨む両陣営を描こうと考えていたのですが、ちょっと前に「PSG編を再開するかも」と書いた時、「まずは、やらない夫の心情からかな~」と漠然と思い浮かんだため、こうなりました。

もし、次回があるとすれば、やる夫サイドの話(やる夫を怒らせたやらない夫の会見、やる夫の会見、決戦に向けたスタッフ会議)から始めて、試合終了まで進みます。

ゲーム自体は、折り返し地点までプレーしてあるので、その後はまた加速していくことでしょう。最終的には、PSGが優勝して、幾つかの伏線を回収して、大団円となるのが理想ですが、リセットプレーをするわけにもいかないので、緊張しながらプレーすることになりそうです。

ダメだったら、バッドエンドかノーマルエンドになりますw

というわけで、このPSG日記を続けて欲しいという奇特な方がいらっしゃれば、コメントか拍手コメントを送って下さい。10通・・・いや、5通くらい来れば、湘南編と同時進行で頑張りますw
スポンサーサイト

コメント

Re: PSG日記・6-1

久しぶりのPSG日記ですね。
因縁対決の直前で休止状態だったので、どうなるのかなと気になっていたのですが^^;

久しぶりだけに、いきなり試合から入るよりも、今回のようにやる夫とやらない夫の試合前の様子から入ったほうが良いのかもしれませんね。

今のところ「5拍手」ですが、果たして次回はあるのでしょうか!?
(私も微力ながら、拍手させていただきました)

わざわざすみません

>どらぐら様

久しぶりに書いて、しかもFMの画像が全くないというw
(;^ω^)

この日記の最中に引っ越すことになり、しかもPCを買い換えたため、ずっと休載していました。しかし、データを移し、さらに前に紹介したサカつくを用いての物語に触発され、再開を決心した次第です。

ありがたいことに、多くの続行希望を頂きましたので、なるべく早くに次をお届けできればと思っております。

コメントも「1」と数えるつもりでしたが、わざわざ拍手までありがとうございます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。