04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成】湘南監督日記・1 

FM2010プレー日記・短期集中連載

~Jリーグで遊ぼう!~


データベースサイズ:最大

追加リーグおよびデータ:Jつく(※ベータ版・改)

※Jつくのベータ版を“いじった”データを仕様。具体的には、入力ミスを修正した上で、各クラブの経営状況をなるべく現実に即した。

リーグ選択:イングランド1~2部、フランス1~2部、ドイツ1~2部、イタリア1~2部、オランダ1~2部、ポルトガル1~2部、ブラジル1~2部、アルゼンチン1~2部、日本全リーグ(リーグエディットはtype4を使用)、韓国1~2部

※10.2パッチを適用済み


※フェイスパック、ロゴはFM-Base経由で「メガパック」を導入

※スキンはFM-BaseのNew Default Dark Skinv2を使用
―――――――――― キリトリ ―――――――――――

(´(・)`) 都合21リーグ相当とは、随分と巨大なボリュームでスタートしましたね。

(゚Д゚) Jリーガーたちが、どれほど世界へ旅立ち、そして活躍するかを追いたいからな。

(*゚∋゚) Jつくのデータといえば、色々なところで「2シーズンも過ぎると、各クラブのエース級がほとんど海外に行ってしまって、空洞化する」、「能力が高過ぎる」なんて苦情が来てるけど?

(-∀―#) そういう発言しづらいことを聞くな。

(゚Д゚) ただ、「能力が高過ぎる」という批判には、「公式リサーチャーが能力を設定した、元々ゲーム内に存在する日本人選手との比較では、十分に整合性がある」と反論しておく。Kリーグの韓国人選手ともほぼ同等だしな。

(゚Д゚) それに、中の人が前にした実験では、イングランド・プレミアリーグに組み込んだG大阪が残留争いに巻き込まれていた。これは、以前に海外の著名ジャーナリストがワールドサッカーダイジェストで記述した「Jリーグのトップクラブの実力は、セリエAの中堅クラス」という分析とも符合する。もちろん、個人的に「ちょっと高過ぎるかな」と思う選手もいるにはいるが、さりとて全体感としては現実とそれほど乖離していないはずだ。

(゚Д゚) そもそも、「世界の中の日本を冷静に見つめた上での適切な能力値の設定」というのは最も重要視したところであり、幾度となく会議で意見を摺り合わせた末に出された結論だ。第一、プロジェクトメンバーの大半はJリーグと世界のトップリーグの両方を愛している人間であり、かつ客観的な“物差し”を携えていると思っている。贔屓目など全くない。

(´(・)`) 価値観は様々ですし、日本人の実力を低く見積もり過ぎる人間は国内外でまだまだ少なくありませんから、全ての人に受け入れられるのは難しいですね。

(*゚∋゚) あとは、各自の好みで修正してもらうしかないよね。

(゚Д゚) プレー日記とは関係ないが、こういう時でもないとなかなか私見を披露できないため、差し込ませてもらった。

(*゚∋゚) 某所に直接書き込んで、火に油を注げばいいのにw

そんなことするか!! ○(#゚Д゚)=(  #)≡○)∋゚)・∴’.

Σ(´(・)`;) いつもより吹き飛ぶ距離が長かったですね・・・。

(゚Д゚)ノ よし、気を取り直してプレー日記を始めるぞ。

(´(・)`) アイルランド代表監督日記の最終回で予告した通り、「湘南ベルマーレを率い、幾つかのノルマをクリアしながら頂点に立つ」という連載になります。

::)∋*) ノルマは、1年目が「10年ぶりのJ1昇格」、2年目が「残留」、5年以内に「ACL出場」だっけ?最初のはクリアできそうだけど、残りの2つは難しそうだね。

(´(・)`) 以前に我々が担当した「ボロカッスル再生日記」のイメージですね。

(゚Д゚) それぐらいのノルマがないと、ぬるいからな。では早速、湘南の現状を把握しよう。

(´(・)`) 資金についてですが、「昇格」という目標で約5000万円を補強費として頂きました。しかしながら、給与枠が2000万円ほどはみ出している上、収支バランスは約5億円のマイナスで、どこまで使えるかは不明です。

(*゚∋゚) レンタルで上手く補強するのが理想だね。

(゚Д゚) とりあえず、補強費を半分にして給与枠に余りをつくるぞ。給与枠が空いていないと、満足な条件提示ができないからな。

(*゚∋゚) 次に戦力だけど、現実世界でJ1昇格を果たしたように、J2では上位の戦力を有しているよ。ただ、左サイドバックと本格派のストライカーは欲しいかな。

(´(・)`) 他のポジションは、それなりに層が厚いです。

(*゚∋゚) そうそう、ユースに15歳の怪物GKを発見したよ。


・Yoshito Suganuma

Suganuma.jpg

(゚Д゚) 高さ以外は既にJリーガーレベルだな。

(´(・)`) 成長が楽しみです。

(*゚∋゚) メディアによるタイトルオッズは5番人気だって。

odds_20100119154530.jpg

(´(・)`) 現実世界では、開幕前の下馬評は決して高くありませんでした。札幌や鳥栖、甲府、福岡と同列かそれ以下という見方が大勢を占めていたはずです。予算はJ2でも真ん中くらい(2008年度決算などを参照)ですから。

(*゚∋゚) 反町監督の腕が良かったのかな。北京五輪代表監督としては散々だったけど。

(゚Д゚) 辛酸を舐めて得たモノ、浪人生活中に海外各国を訪れて得たモノが、「監督力」を引き上げたのかもしれんな。本人もインタビューで言っていたが。そもそも、新潟の監督時代にはJ2で優勝させるなど実績を残していたし、有能なのは間違いない。

(´(・)`) 我々も負けていられませんね。

(゚Д゚) 本当の意味で反町監督と腕を競うなら「補強なし」でプレーすべきだろうが、それだと俺がツマラナイため、数人を補強した。

(*゚∋゚) ずっるぅ~

(´(・)`) まぁまぁ。補強はこのゲームの醍醐味の一つですし。

(-∀―#) 文句言ってないで、とっとと紹介しろよ。

(*゚∋゚) はいはい。以下、4人の選手を獲得しました。大半がWikipediaに存在しているから、どんな選手か知りたい人は名前をクリックして飛んでね。


佐野克彦 清水からローン移籍 

sano.jpg

※現実世界では、残念ながら2009年12月9日に戦力外通告を受け、現役を引退しました。

吉田勇樹 川崎からローン移籍 

Yoshida.jpg

長沢駿 清水からローン移籍 

Nagasawa.jpg

佐々木竜太 鹿島からローン移籍 

sasaki.jpg

(゚Д゚) いずれも給料の3割を支払うことで合意した。他にも何人か借り受けようかと考えたが、すでに給与枠をオーバーしているため、やめておく。

(*゚∋゚) 無料でも借りられたんじゃない?他のクラブとも競合してなかったし。

(# ゚Д゚) 全額でも半額でもなく、3割に抑えたんだからいいだろ!獲り逃した時のリスクを考えて、タダという交渉はできんかった。

(´(・)`) サイドバックと前線に2人ずつを加え、怪我人が出ても耐えうる陣容となりました。

(*゚∋゚) 改めて選手のWikipediaを読むと、佐野選手なんて現実では引退しちゃってるんだね。2010年版ではデータからいなくなっちゃうのか・・・。

(´ヘ`;) ・・・。

ヽ(`Д´)ノ って、しんみりさせんな!面白い逸話だけ引っ張ってこいよ!!「長沢駿は191センチもあるくせにヘディングが苦手」とか。敢えて、悲しい現実に触れるな!

(´(・)`) そうそう、1月29日には合同トライアウトがあります。もし時間があれば、そちらに顔を出してもいいかもしれません。

(*゚∋゚) 12月と1月の2回、開催されるヤツだね。詳しくは、こちら


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【合同トライアウト】

(゚Д゚)ノ トライアウトは収穫なしだ。初年度だから仕方ないな。

(*゚∋゚) ねえねえ、嘘は良くないよ。

(゚Д゚;) ん?なんのことだ?

(*゚∋゚) トライアウト、行ってないじゃん。直前でセーブしたまま暫く日にちが経って、プレーを再開した時にはすっかり忘れてて、スルーしてプレーを進めちゃったでしょ。

(´(・)`) ・・・

(゚Д゚;) ・・・

m( __ __ )m 本当は出席していません。ごめんなさい。

(*゚∋゚) 人間、正直が一番だよ~。

(´(・)`) 我々が人間かどうかは極めて怪しいですが。

(-∀―#) 来年こそは参加するから許せ!


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【プレシーズンマッチの結果】

testmatch.jpg

(゚Д゚) 途中からアシマネに丸投げしてしまったが、ホームとはいえJ1でも上位に入る力を持つ川崎、新潟、清水と引き分けられたのは自信になった。

(*゚∋゚) リーグ戦もアシマネに任せちゃえば?

(-∀―#) 俺らの存在意義はどこへ行ってしまうんだ?ああん?

(´(・)`) 「Jリーグで遊ぼう」でなく、「Jリーグの推移を眺めよう」になってしまいますね。それはそれで楽しそうですが、アシスタントマネージャーさんには管理業務に戻って頂き、我々の手で開幕戦に臨みましょう。


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【開幕戦:VS熊本(A)】

(゚Д゚)ノ 「36分の1に過ぎない」という輩もいるが、やはり開幕戦は特別だ。

(´(・)`) 新規加入選手が期待通りに働いてくれるか、チームの成熟度はどこまで高まっているか、サポーター達の熱量は・・・等々、開幕戦ならではの“未知との遭遇”がありますからね。

(*゚∋゚) 相手はロアッソ熊本か。僕はJリーグに詳しくないから、改名騒動と元日本代表の藤田俊哉がいるってことくらいしか知らないや。

(´(・)`) 改名の件も含め、ロアッソ熊本の歴史はこちらから。

(*゚∋゚) マスコットは「ロアッソくん」だって。

dcbc577d38ce625a6d65-LL.jpg

(゚Д゚) そういえば、海外のクラブにはマスコットっていないよな。W杯は開催国がマスコットをつくるが・・・。Jリーグのクラブにマスコットがいるのは、プロ野球に由来するのだろうな。愛嬌があり、マスコットならではの楽しませ方も持っているし、世界に誇るべき文化だと思っている。

(´(・)`) 癒されますよね。

(゚Д゚) おっと、余計な話はこれくらいにして、以下がスターティングイレブンだ。



GK:金永基

Kim.jpg

DR:臼井幸平

Usui.jpg

DL:鈴木伸貴

SuzukiNobutaka.jpg

DC:ジャーン

Jean_20100119154859.jpg

DC:村松大輔

Muramatsu_20100119154859.jpg

MC:坂本紘司

Sakamoto_20100119155312.jpg

MC:寺川能人

Terakawa.jpg

AMR:中村祐也

Nakamura_20100119155312.jpg

AML:アジエル

Adiel_20100119155312.jpg

ST:佐々木竜太

sasaki.jpg

ST:田原豊

Tahara_20100119155311.jpg

(゚Д゚) 注目は、寺川とアジエルだ。前者は練習試合の8試合で5ゴール2アシスト、後者も11試合で5ゴール4アシスト。寺川は年齢的な衰えとの競走になるが、豊富な経験でカバーしてくれるだろう。アジエルも、ここまで10番に相応しい結果を残している。他の選手については、おいおい活躍した時にでも紹介する。

(゚Д゚) なお、今回の連載では、なるべく試合のレポートは割愛する方向で進めていく。

(´(・)`) 速度重視ですね。

(*゚∋゚) 了解。



○両者のフォーメーション

vsRoasso-a-f.jpg

(゚Д゚)ノ うちはアイルランド代表監督時代に採用していた4-4-2だ。アウェイだが、総合力では湘南が上。攻撃的に入り、勝ち点3を奪い取るぞ。

(´(・)`) 高い位置にせり出した攻撃的MFの突破が、攻撃の鍵を握ります。

(*゚∋゚) LawrenceとMcGeadyのコンビには遠く及ばないけど、中村もアジエルもJ2ではトップクラスのタレントだから、彼らを中心に組み立てるのは定石だね。

(゚Д゚) 熊本はオーソドックスな4-4-2。藤田俊哉の卓越したゲームメイク力には気を付けたい。



○要注意選手

藤田俊哉

Fujita.jpg

宇留野純

Uruno.jpg

中山悟志

Nakayama.jpg

※現実世界では、契約満了につき退団。


(*゚∋゚) 「ナニワのゴン」と呼ばれて、ブレイクしかけた中山悟志だ!

(´(・)`) そういうのは知っているのですね。

(;゚Д゚) 相変わらずよく分からんヤツだ。



○試合開始

湘南は17分、ディフェンスラインの裏へのロングボールに抜け出したアジエルが強烈なシュートを放つと、GKに防がれたところに田原が詰めて先制する。さらに25分、スルーパスに反応したアジエルが豪快にゴールネットを揺らして2-0。そのまま押し切って就任後初戦を白星で飾った。

vsRoasso-a-r.jpg

(゚Д゚)ノ 初陣を勝利!

(´(・)`) 熊本にアウェイで勝つのは、楽なタスクでないですからね。

(*゚∋゚) 内容も伴っていたし、今後に期待が持てるね。


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【国内の移籍動向】

transfer0910-1.jpg

(´(・)`) 最初に、J2絡みの移籍をまとめました。

(*゚∋゚) 乾が鹿島に行ったのはいいとして、香川はフローニンヘンか~。知将ロン・ヤンスの手で伸びてきたクラブだね。

(゚Д゚) ロン・ヤンスには、日本でのプレー経験があるぞ。1987-88シーズンにマツダSC(サンフレッチェ広島の前身)に在籍し、16試合で1ゴール。監督がハンス・オフトだったというのも面白いな。

(´(・)`) その他、ロン・ヤンスに関する情報はこちらを。

(*゚∋゚) あとは、無所属のブラジル人選手が多数入ってきているのが目立つね。あれ?J1の移籍情報は?

(;゚Д゚) 撮り忘れた・・・。

(´(・)`) これは後ほどですね。


~数時間後~

(゚Д゚)ノ 下が、J1の移籍情報だ。

transfer0910-J1.jpg

(´(・)`) これまた見事なまでに海外移籍が多発していますね。

(*゚∋゚) 駒野、本山、徳永、ジュニーニョ、マギヌン、寺田・・・かなり多いよ。

( ; ゚Д゚) ここまで多いと、ちょっと不味いな・・・。World Reputationを下げるなど、色々と手は打っているんだが、上手くコントロールできていない。なるべく能力設定に手を付けずに解決できる妙案が何かあればいいんだが・・・。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【開幕戦後、4試合を消化】

4shiaishouka.jpg

v( ̄Д ̄)v 全勝で、開幕から5連勝!!

キタ━━━━ヽ(´(・)` )ノ━━━━!!!!

キタ━━━━ヽ(゚∈゚*)ノ━━━━!!!!

(゚Д゚)ノ 簡単に振り返ると、鳥栖戦と東京V戦は阿部が2ゴールずつを挙げて勝利の立役者に。東京V戦は3つの交代枠を全て怪我人で埋めさせられて激怒したが、勝てて救われた。富山戦は相手GKの堅守に苦戦しつつも、88分に田原が決勝ゴール。まさに難所、小瀬(よく間違われるらしいが、尾瀬ではない)での甲府戦は、カウンター戦法が奏功したか、まさかの3-0。シュート数は甲府の17に対して6ながら、全てを枠内に収め、相手のオウンゴールもあって3点を奪って逃げ切った。

(*゚∋゚) 甲府戦は、選手達の集中力と運に助けられたね。佐々木に初ゴールが生まれたのも良かった。

(´(・)`) ホームで圧倒的な好成績を誇る甲府を下しての5連勝で首位。上々の発進ですね。

( ̄― ̄) 順風満帆だな。

(゚Д゚) とはいえ、まだまだ先は長い。C大阪や仙台とは未対戦だし、田村をはじめ、主力に怪我人が相次いでいるのも気掛かりだ。慎重に舵を取っていきたい。

(*゚∋゚) 今回は、ここまで。最後に、詳細を省いた4試合から、手強かった選手を紹介するよ。

(´(・)`) おっ、新企画ですね。

┐(´∀`)┌ 単に「要注意選手」を一括で紹介するだけだろうが・・・。



○手強かった相手選手

秋本倫孝(甲府) 

akimoto.jpg

ガウボン(甲府) 

Galvao.jpg

山瀬幸宏(鳥栖) 

YamaseYukihiro.jpg

ハーフナー・マイク(鳥栖) 

Havenaar.jpg

(*゚∋゚) いずれもJ1級の能力を持っているよ。ちなみに、ハーフナー・マイクは渋谷のハチ公前でギャルに「でかい外人さんの近く」と待ち合わせの目印にされたことがあるんだって。

(゚Д゚) デカいからな・・・。よし、今回は以上だな。



(゚Д゚)ノ (´(・)`)ノ (* ゚∋゚)ノ  次回へ続く!!


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

<編集後記>

Jリーグに興味のない方を完全に置き去りにしてしまう、湘南編がスタートしました。

Jつくのデータの具合を確認するためというのが第一義ですが、これを機にJリーグに興味を持ってもらえないかなという裏の願いもあります。日本国籍を有し、日本に住まうフットボール好きが、自国のリーグを蔑ろにしがちな現状を憂うからです。もちろん、“海外”に憧憬を抱き、その高い競技レベルを愛すのは自由ですし、実際に私も――縁もゆかりもない――インテルに耽溺しています。1週間で観る3~5試合のうち大半が海外の試合なのも事実です。

ただ、言い方を悪くすれば、所詮は「TVの中の世界」に過ぎないんですよね。現実感や熱量に乏しい、知識の堆積が進ませる世界。拭い切れない乖離が存在します。だからと言って、無意味・無価値とは全く思いませんし、私の視座は今後も「欧州基準」に依り続けるわけですが、どこかで“遠い”という感覚は燻る。そういった消化不良を解消してくれるのが、国内リーグではないでしょうか。気軽に生観戦ができ、接点を持ちやすい。ピッチ上で繰り広げられるフットボールの質は低いかもしれませんが、生のフットボールがそこにはあります。

フットボールを愛するというのは、国内外、プロ・アマを問わず、全てのフットボールを認め、楽しむことです。「興味を持て」と押し付けるつもりはありません。しかし、世界的な指導者や評論家の多くが「フットボールを論じるためには、スタジアムで実際に試合を観戦し続け、自分の眼でフットボールの在り方を見分けなければならない」と指摘していることも肝に銘じておくべきでしょう。画面から見えるフットボールは、膨大な全容の一部に過ぎないのですから。

ちょっと饒舌に過ぎました。では、また次回に。J2ってベンチ枠が5つなので大変です。
スポンサーサイト

コメント

Re: 湘南監督日記・1

ついに湘南日記がはじまりましたねー、期待して待ってますw
アシマネにナビスコとか丸投げしちゃってるので逆にフルでやるのが新鮮(>_<)

Re: 湘南監督日記・1

遂に始まりましたね、湘南日記!
開幕5連勝と絶好のスタートを切ったようで。
さすがですね♪

細かい話ですが、ロアッソだけ表記が「Roasso Kumamoto」と地名まで入っていますが、
次のバージョンでは改めた方が良いかもしれませんね。
細かい話ついでに言えば、ブンデスリーガのクラブにもマスコットがいるそうです(全てのクラブにいるかどうかは不明)。
着ぐるみもいれば、本物のヤギまでいるそうです!
(ケルンのマスコットのヘンネス8世)

全体的な能力設定については(人によって異論反論はあるでしょうが)妥当ではないでしょうか。
もちろん意見を無視するつもりではないですし、細かい修正は必要ですが、幾度も議論を重ねてますし、大幅に変える必要はないでしょう。
お気に召さなければ、各々で勝手にいじってもらえれば良いだけの話ですし(苦笑)

Re: 湘南監督日記・1

ついにきた湘南日記!これでかつる!

湘南は現在比較的近所なチームなんですが、まだ生で試合を見たことはないんで、その分暁さんのプレー日記で楽しむ&勉強させていただきますw

そしていきなりロアッソ君が紹介されて吹きましたw
我が故郷のチームで、地元に住んでいれば毎試合観戦に行くことは確実なんですが、今は関東に住んでいるのでなかなか・・・
ロアッソ観戦祭りは老後の楽しみになりそうです(;^ω^)

Jつくの件は・・・
個人的には気にしなくていいんじゃないかなと思っております。

レス、大変遅れてすみません

>Bucur様

私が使っているのは2回戦制のなので、リーグ戦の試合数自体は少なめですが、親善試合とかは丸投げしたくなりますよね。本当は、新戦力や戦術の確認のために、きちんと見て試すべきなんですが。J2では戦力上位なので、かなり適当にプレーしていますw

日記の開始、楽しみに待ってますね!

レス、大変遅れてすみません

>どらぐら様

自分で設定しておいて何ですが、リアルで昇格したため、湘南の強さはJ2上位なんですよね(苦笑)。しかも、レンタルで佐々木という優秀なFWを補強しているわけで、あっさりと昇格を決めないと。序盤の序盤ですし、怪我人も続出するので、まだまだ分かりませんけどね。

ロアッソについては、ご指摘頂いて気付きました!確かに、1チームだけ長いw

これは要修正ですね。

そして、ブンデスリーガにもマスコットいるんですか!

雑誌などでも取り上げられる機会がありませんし、全く知りませんでした。
(;´∀`)

まだまだ知らないことが沢山あります。まさか本物のヤギがマスコットとは・・・。

全体的な能力値については、一部の高過ぎる選手達を対象に、見直すことになりましたね。もっとも、大人数ではありませんし、何でもかんでも低くすればいいってもんでもないので、その辺は「適当」に加減できればと思っています。

レス、大変遅れてすみません

>REUSU様

リアルの具合はいかがですか?色々と大変なご様子で、心配しております。何卒、心身ともご養生下さいませ。

さて、湘南編の始まりでございます。湘南は現在のお住まいからは近いとのことで、ぜひ、1度は生観戦を堪能下され。私も、エルゴラで読み、テレビで試合を観て、知っているに過ぎないですが、反町監督らしい、手堅いチームだと思います。新シーズンは10年ぶりのJ1で、きっと地域も盛り上がっていることでしょう。

熊本は、ここ数年で一気に伸びましたよね。資金もJ2にしては豊富なようですし、戦力は年々整ってきていますから、数年後には昇格争いをするのではないでしょうか。藤田俊哉が働けるうちに、そこまでもっていきたいところですし。

私のような歴史好きには、ロアッソとは別に興味のある県ですし、いつか訪れようと思っているので、その際は色々と教えて下さいね。

Jつくの件は、予想以上に議論が白熱し、メンバーの中でも見直しが必要と思う方が多かったこともあり、少々ですが直すことにしました。もちろん、我々の意志を貫くべきところは貫きますが。

リーグエディットの件も含めて、引き続き宜しくお願い致します。

また、REUSUさんのところで頂いたレスに、ここでレスをするのも何ですが、私も毎回コメントを残すわけではありませんし、「コメントしなければ」とは思わないで下さいませ。読んでいただけているだけで十分にありがたいので!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。