09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際競争力の回復に必死のセリエA、金曜開催を決断 

国際競争力回復の切り札は、金曜開催にあり――。セリエAの主催者であるレガ・カルチョは13日、リーグ戦を試験的に金曜日に開催することを決めた。欧州のカップ戦に参加するクラブからの提案に応えた。2月16日にチャンピオンズリーグ(以下、CL)決勝トーナメント1回戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦するミランは、直前のウディネーゼとのリーグ戦を金曜日に行う。近年、CLやヨーロッパ・リーグ(旧UEFA杯)でイングランド・プレミアリーグやリーガ・エスパニョーラの後塵を拝しているセリエAは、休養期間の拡大という“特効薬”で復権を目指す。

ピッチ上のクオリティの劣化に加え、老朽化した設備、スタジアム内外に蔓延する暴力行為や人種差別などの問題が噴出し、吸引力を急速に下げているセリエA。イングランド・プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラの“背中”は遥か彼方に遠ざかり、ドイツ・ブンデスリーガの“足音”が刻一刻と近付きつつある。そうした中での改革。試合間隔を延ばすことが好結果を生むかどうかは未知数だが、2月には出る“回答”に熱視線が注がれるのは間違いない。

---------- キリトリ -----------

マンチェスター・シティは先ごろ、08年9月にUAEのシャイフ・マンスール・オーナーに買収されてから初となる財務リポートを発表した。09年5月31日までの1年間で、売上高は前年比6%増となる約130億5000蔓延を計上。しかし、大型補強などによる人件費増が足かせとなり、赤字は約3倍の約138億9000万円まで増えた。また、クラブが抱えていた約457億3500万円の負債を同オーナーが肩代わりする形で帳消しにしたことも明らかになった。現地報道によると、サポーターはこれが長期的に経営にかかわる意思表示として歓迎しているという。

※日刊スポーツの記事を参照に執筆

---------- キリトリ -----------

今宵は、2つのニュースを紹介しました。これまで週末は土曜日・日曜日のみに試合を開催してきたセリエAが金曜日開催に踏み切れば、マンチェスター・シティのオーナーはポケットマネーで460億円の赤字を帳消しに。どちらもスケールの大きな話ですが、とりわけ実力的にも人気的にも正念場のセリエAの決断に注目しています。試合間隔の増加によって選手のパフォーマンスがどれだけ上向くかはもちろん、金曜日にどれだけのサポーターが集まるのかというのも看過できない重要事項。吉と出るか凶とでるか。2月半ばには分かります。

さて、話は変わりますが、本日は稲本潤一の川崎フロンターレ入団会見がありました。

8629_1.jpg

3年契約で背番号は20に決定。早速、ユニフォームを着て、定番のリフティングショーを披露してくれました。あんまり上手くなさそうな写真ですがw

中村憲剛の負担を軽減するとともに、その豊富な経験でチームに「勝者のメンタリティ」を注入してくれことでしょう。
スポンサーサイト

コメント

Re: 国際競争力の回復に必死のセリエA、金曜開催を決断

金曜開催は確かブンデスリーガでも行われていますが、どのような結果になりますかね。
確かにCLに向けて準備は万全となりますが、集客の面でどうなるのか注目です。
仮にウディネーゼのホームで行われる試合だったら、ウディネーゼはどう対応したのでしょうか?

稲本の加入で川崎の中盤はより強力なものになりますな。

Re: 国際競争力の回復に必死のセリエA、金曜開催を決断

セリエは金曜開催を行うならばやはりスタジアムの治安等ももっと改善していかなければならないと思いますね~。
ぼろぼろの芝、荒れるサポーター、あれではスタジアムから足が遠のくのも当然てかんじですよね。
まぁ、とにかく何でもいいからとにかくやってみようという気概だけは感じられるのでよしとするべきかw

シティーのオーナーはパネェっすねw
いったいいくらもってんだか・・・

あと遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますね~。

Re: 国際競争力の回復に必死のセリエA、金曜開催を決断

はじめましてm(__)m 
ブログ楽しく読ませていただいています。
私もブログを作成したので、これを機会に自分もコメントしてみようと思い、コメントしてみました。

しかしセリエAも、色々新しいことに挑戦していかなければいけない時期なんですね・・・ セリエAにも色々問題点はありますが、頑張ってほしいですね。
コメントに何か問題あったら削除してくださいm(__)m

必死さは伝わってきますが

>どらぐら様

フランスやオランダも一部、金曜日開催をしていたように思います。もっとも、CLやELで「(ドイツ、フランス、オランダ勢の)日程面での優越が好結果に繋がった」的なレポートは読んだことがありませんし、あまり関係ないような気はしますが、試して損はないですからね。金曜日の試合は、土曜日が休みな分、日曜日よりは集客力がありそうですが、どうでしょうか。これは私も気になってます。きちんと調べれば、ドイツなどの例が出てくるのでしょうが、すみません。

川崎サポの中には稲本の獲得に否定的なコメントもありますが、それも費用対効果についての言及が大半です。実力は誰もが認めるだけに、「獲ってよかった」と全てのサポーターに言わせるような活躍を祈ります。

スタジアム問題

>HHH様

本年もどうぞ宜しくお願い致します。
m( __ __ )m

定期的にコメントを頂き、感謝しております。

スペイン旅行記の2も読みましたが、明日改めてコメントします!

それにしても、イタリアのスタジアムは自治体所有のため、酷い有様ですよね。ようやく、幾つかのクラブが自前のスタジアムを建設すべく動き出していますが、その完成までにはまだかなりの時間がかかるようです。それまでに国際競争力を落とさないよう、まずは日程から変えていこうという。危機感を感じられるだけいいとしますかね。。。

シティのシュガーダディは他のオーナーとはレベルが違いますよね。
(;^ω^)

羨ましい限りです。

はじめまして!!

>Bucur様

コメント、ありがとうございます♪
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

初めての方にコメントを頂くのは、とても嬉しいです。
(*´∀`)

今後とも、宜しくお願い致します。

ブログも拝見させて頂きました!コメントは明日改めてさせて頂きますね♪

また、例のFM関連サイト紹介の時には、早速取り上げさせて頂きます。
(゚Д゚)ノ

イタリアは、これまで改革をほとんどせずに過ごしてきてしまいました。それが、ここにきて入場客数減、売上げ減、視聴率減という形で顕在化。ようやく危機感を抱き、色々と手を講じていくようです。手遅れにならないといいんですけどね。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。