07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく落ち着きました 

長らくブログの更新および皆様のところへの訪問を疎かにしておりましたが、ようやく年内の仕事にケリをつけ、年末年始の予定に頭を使えるようになりました。また今夜から、年内は31日まで、新年は4日からという流れで“通常業務”に戻ります。皆様のところへも、これから足を運ばせて頂きます。

さて、昨日の有馬記念では、一足早く“お年玉”をもらいました。購入金額が1番高かったブエナビスタとドリームジャーニーの馬連はそれほどつきませんでしたが、本命のエアシェイディを軸にした3連複が結構な配当だったので、十分な金額になりました。ちなみに、相方もドリームジャーニーから買って、的中。お互いにとって幸せな有馬記念でした。

ちなみに、ブエナビスタとドリームジャーニーが完全に抜け出し、1、2着がどちらかに決まった時点で、「差せ!差せ!差せ!」とエアシェイディに声援を送っていました。その声に応えてくれたのかは分かりませんが、最後はグイッと伸びてフォゲッタブルを制し、3着でフィニッシュ。思わずガッツポーツが出ました。それくらいイレ込んでいたため、決着直後はブエナとドリームのどちらが勝ったのか分かりませんでしたw

相方も、私が何故に「差せ!」と絶叫しているのか分からず、ポカーンとしていましたwww

馬券が的中したから言うわけではありませんが、レース内容も2009年の競馬のフィナーレに相応しい内容でしたね。ウオッカから「最強女王」を引き継ぐ存在とされながら、秋は煮え切らない走りを続けてきたブエナビスタが改めて真価を証明すれば、それを春のグランプリホースが「先輩の意地」でねじ伏せる。3着には、豊かな素質を開花させようとしている良家の“お坊ちゃん”に、厳しさを教えた老雄。一足先にターフを去った“同期生”へのはなむけでした。来年も、また素敵な物語が紡がれることでしょう。その主役候補として、鞍上が驚くほどの手応えで新馬戦を圧勝したルーラーシップをお忘れなく。フォゲッタブルの弟です。

では、また夜に。昨夜のアーセナル対アストン・ビラの熱戦についても少しだけ触れられればと思います。各国のリーグ戦が冬休みの中、イングランド・プレミアリーグの熱気は変わりません。

スポンサーサイト

コメント

Re: ようやく落ち着きました

こんにちは、ドリジャ大好きなのでうれしいです。ブエナビスタはやっぱり強いですねー。
伝説の新馬戦の残り3頭は残念な結果でしたね。特にスリーロールスは引退ということなので。
伝説の新馬戦の着順どおり来る!って夢を持った発言してたら完全にだめでしたw

私のブログもようやくFM10を手に入れたので、久しぶりにプレイ日記でも始めようかと思います。

スリーロールスは残念でした

>かまぼこ様

かなりの重傷で、このまま引退のようですね。折角、「これから」という時の悲劇。可哀想でなりません。

ドリームジャーニーは、自身の能力に加え、池添の手綱捌きも光りました。デュランダルやスイープトウショウといい、彼は追い込ませたら巧いですね。

ブエナビスタは、あの厳しい流れで踏ん張ったのですから、素晴らしい素質を持っています。やはり世界的に「牝馬が強い時代」なのでしょう。松田調教師は「今日に限って言えば、アンカツなら勝っていた」とほざいていてガッカリしましたが、馬に罪はありませんし、来季も応援したいと思います。

FM2010の日記、楽しみにしてますよ~!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。