FC2ブログ

06 | 2021/07 | 08

いざ希望の都市へ 

第10回ジャパンカップダート


◎エスポワールシチー
○ワンダーアキュート
▲メイショウトウコン
×ヴァーミリアン
△マコトスバルビエロ





<データ的考察>


○サンスポ編

※過去9年間参照

1)日本馬

・連対17頭中重賞未勝利は2頭のみだが、06年1着アロンダイトはダート負けなしの4連勝、07年2着フィールドルージュは前走3着の実績があった。また、優勝馬8頭のうち6頭がGⅠウイナーだったことから、GⅠ実績は重視したい。

・過去1年間に勝ち星がなかったのは08年1着カネヒキリのみ。しかし、同馬は2年4カ月の休養明け2戦目での挑戦で、それまでにGⅠ4勝と実績が抜けていた。

・JBCクラシック組が最多8連対。次いで武蔵野S組が5連対で、前走1600メートル未満からの連対はなし。2ケタ着順からの巻き返しもない。

・年齢では、5歳が4勝含む8連対と最も活躍。他の世代も6歳までは問題ないが、7歳以上は3着1回のみ。ヴァーミリアンは割り引き。

2)外国馬

・米国馬は実績がなくても侮れない。

結論→エスポワールシチーが全項目をクリア。GⅠ実績のないワンダーアキュートだが、3歳で重賞2勝を含め3連勝中の勢いはアロンダイトを彷彿とさせる。米国馬ティズウェイは人気になりそうにないだけに、妙味たっぷり。

○1年遅れのバカ当たり編 競馬総合チャンネル内、井崎脩五郎氏のコラムより

※昨年の阪神初開催のデータを参照

・前走でJBCスプリントに出走していた馬は0-0-0-2

該当馬→アドマイヤスバル、スーニ

・ミスタープロスペクター系を除く海外馬は0-0-0-3

該当馬→ティズウェイ

・前走、東京競馬場・地方競馬場・海外以外で出走していた日本馬は0-0-0-1

該当馬→シルクメビウス

・前走10着以下の日本馬は0-0-0-2

該当馬→サクセスブロッケン、ボンネビルレコード

・前走10番人気以下の日本馬は0-0-0-1

該当馬→ダイショウジェット

・前走で重賞以外に出走していた日本馬は0-0-0-0

該当馬→ゴールデンチケット、シルクメビウス

・連闘~中2週のローテで出走する日本馬は0-0-0-0

該当馬→シルクメビウス、マルブツリード

・ダートG1勝ち馬を除く、前走武蔵野Sで4着以下だった馬は0-0-0-0

該当馬→ラヴェリータ

結論→エスポワールシチー、ヴァーミリアン、マコトスバルビエロ、メイショウトウコン、ワンダースピード、ワンダーアキュート


<調教的考察>

※サンスポより

S=サクセスブロッケン

---------- キリトリ -----------

ジャパンカップの前日、東京競馬場から、ジャパンカップの翌週、阪神競馬場になって2回目のジャパンカップダートを迎える。まだ2回目ということもあり、傾向を捉えにくい部分は否めないが、ダートは格や勢いが結果に結びつきやすいレース。格ならばヴァーミリアンやサクセスブロッケンだが、前者は年齢、後者は前走の不甲斐なさが気になったため、今回は連勝馬と阪神実績馬に重きを置いて印を打った。

本命は最内枠の絶好位を引いたエスポワールシチー。脚質的に願ったりで、連勝中の勢いに乗って押し切る。対抗は前々走の内容が光るワンダーアキュート。阪神ダートも【3001】と得意で、1キロ軽い斤量も魅力だ。3番手は、年齢面以外には隙のないヴァーミリアンで、そのヴァーミリアンに迫ったマコトスバルビエロも注目。穴はメイショウトウコン。前走は出遅れが響いたが、昨年に続く連対は十分にありえる。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)