05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナポリ日記・7 

第6回は8月21日。まだ暑い季節だった。

それから3カ月余。

深秋から冬への移行期に、フィナーレが轟く。


FM2009日記 レジェンドリーグでGo!!

最終回


---------- キリトリ -----------

(´(・)`) もう秋を通り越して冬ですよ。

(*゚∋゚) 冨樫萩原よりはマシだけど、打ち切り確定レベルだよ。人気だってないのに・・・。

(-∀ー#) 未だかつて人気があったシリーズなんかないんだからいいんだよ。

Σ(´(・)`;) どういう開き直りですか・・・。

(*゚∋゚) せめて完結だけはさせようというのは偉いけど・・・何か嫌な予感がするんだよね。

(^∀^;) さーて、まずはこれまでをざっと振り返るぞ。

(´(・)`) 「ディエゴ・マラドーナには好きなようにプレーさせる」というコンセプトを貫きながらも、我々のナポリはリーグ戦で暫定2位、UEFA杯でも決勝トーナメント1回戦を突破するなど、快走を続けています。

(*゚∋゚) 今回は、その続きからだね。

(゚Д゚) ただ、セリエAについては2順目に入ったこともあり、簡単な試合回顧と結果だけを載せていく。

(*゚∋゚) あれ、前回は「1順目に紹介できなかったレジェンドを扱いながらの2順m

○(#゚Д゚)=(  #)≡○)*∋゚)・∴'.

(-∀ー#) おっと、手が滑っちまった。

(´(・)`) “お約束”が繰り広げられている間に、セリエAでの2試合を回顧します。



<セリエA>

VSトリノ(A)

(´(・)`) メンティのFKで先制されるましたが、ジオダのCKからのヘッドで同点。勝ち越されてから再びジオダのCKからのヘッドで追い付きましたが、最後はロリークに30メートル強の距離から見事なミドルシュートを決められて敗戦です。

しかも、カレカが怪我で全治2週間、カペッロが次節出場停止。順位もトリノに抜かれて3位に落ちました。


vsTorino-a-r.jpg

(´(・)`) 続いてキエーボとのホームゲームです。

VSキエーボ(H)

(´(・)`) 前半を1点ビハインドで終える最悪の展開となりましたが、このピンチを救ったのは千両役者のマラドーナでした。個人技で2得点を挙げ、逆転勝利。2位に浮上しました。

vsChievo-h.jpg

(*´∀`) さすがはディエゴ様。この調子でUEFA杯のタイトルはいただきだ!!

---------- キリトリ -----------

Aston Villa(英) VS Napoli(伊):UEFA杯決勝トーナメント2回戦第1節

(´(・)`) アストン・ヴィラとの対戦です。このチームは1980‐81シーズンにリーグ優勝し、翌年にヨーロッパリーグを制したチームが元になっています。ハイレベルな陣容で、厳しい試合になりそうです。

(゚Д゚)ノ 2戦目をホームで戦える分、うちが有利とされているが、スカッドを眺めた限り、総合力では互角か若干うちの分が悪いぞ。もっとも、ディエゴ様が今の調子であれば負ける気はしないがな。

(*゚∋゚) 他のFWが頼りないのは気がかりだけどね・・・。



【要注目選手】

・Allan Evans
AllanEvans.jpg

(*゚∋゚) アラン・エバンスは、1977年から89年までアストン・ヴィラに在籍した、スコットランド代表DFだよ。84年から89年まではキャプテンも務め、スコットランド代表としては1982年のW杯メンバーにも入ってるね。現在はプリマスでコーチをしているみたい。

・Dennis Mortimer

DennisMortimer.jpg

(*゚∋゚) アストン・ビラで317試合に出場、31ゴールを挙げたMF。クラブ史上最も偉大な選手の1人として讃えられているよ。ただ、どういうわけかイングランド代表に選ばれたことはなく(U-23やB代表経験はあり)、「ベストの選手が代表に選ばれるとは限らない」という格言の代表として挙げられることもあるみたい。

・David Platt

DavidPlatt.jpg

(*゚∋゚) アストン・ビラでは121試合で50ゴール、イングランド代表では62試合で27ゴールを挙げている攻撃的MF。現代でいうと、フランク・ランパードみたいなタイプかな。1990年のW杯にも弱冠23歳で登録され、準々決勝のカメルーン戦では先制点を挙げてるね。アストン・ビラを退団後はイタリアに渡ってバリ、ユベントス、サンプドリアなどで活躍。国外での実績も豊富な、まさしくワールドクラスだよ。

Charlie Aitken

CharlieAitken.jpg

(*゚∋゚) 1959年から76年までアストン・ビラに在籍し、659試合出場19ゴールという偉大なる記録を有するスコットランド人DFだよ。

Eric Houghton

EricHoughton.jpg

(*゚∋゚) 17歳から20年に亘りアストン・ビラでゴールを決め続けたFW。392試合で170ゴールは凄いね。現役引退後は監督としてビラを率いてFA杯を優勝しているよ。

(´(・)`) 1996年5月1日に亡くなっています。

Billy Walker

BillyWalker.jpg

(*゚∋゚) 上のエリックよりもさらに昔のレジェンドで、1919年から34年にかけて活躍したイングランド人FW。478試合に出場して214ゴールを決めているよ。1919年といえば、ベルサイユ条約だよね。その頃の選手か~。



【両者のフォーメーション】

vsAstonBilla-a.jpg

(*゚∋゚) 紹介はしてないけど、センターバックでエバンスの相棒を務めているのは、元イングランド代表のガレス・サウスゲイトだよ。

(´(・)`) 右サイドハーフには、リー・ヘンドリーの名前もありますね。

(゚Д゚) うちは、ほぼベストメンバーだ。4-4-2同士でミラー・ゲームになりやすく、地力が問われることになる。アウェイの分、やや不利かもしれないが、今の勢いを落とさないためにも守らず前へ出るぞ。


【試合結果】

(*゚∋゚) マラドーナのゴールで早々に先制したよ!!

(´(・)`) しかし、77分のフェラーラの退場で全てが一変してしまいました。

(-∀ー#) まさか、そこから3点取られるとはな。

(´(・)`) Bagniの怪我で3人目の交代をしており、DFを投入できなかったのが響きました。

ヽ(`Д´)ノ バスラーを左サイドバックにしたのも無理があったな。

(*゚∋゚) 4-3-1-1にしたけど、中盤のプレスがかからなくて、単にズルズル引くだけになっちゃった。

(-ω-#)y-~~~~ せめて1-2で終わりたかったが・・・残念だ。まぁ、気落ちしても仕方ない。ホームで2-0で勝てばいい。次だ次!


vsAstonVilla-a-r_20091130114306.jpg

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Napoli(伊) VS Aston Villa(英):UEFA杯決勝トーナメント2回戦第2節

(*゚∋゚) 目指せ、大逆転勝利だね!

(´(・)`) ホームで強い我々であれば、2-0以上の結果は残せるはずです。

(゚Д゚)ノ 俺、この試合に勝ったらナポリの監督を続けるんだ・・・。

Σ(´(・)`;) Σ(゚∈゚*;) (死亡フラグ?!)


【要注目選手】

Bruce Rioch

BruceRioch.jpg

(*゚∋゚) ブルース・リホは、選手よりも監督として有名だよ。直近では、デンマークのオールボーをチャンピオンズリーグ出場に導いているし、過去にはアーセナルを率いていたこともある。選手としても、アストン・ビラで154試合に出場して34ゴールを挙げるなど、プロフットボーラーとして608試合に出場し、133ゴールを記録した名MFだったんだよ。

Johnny Dixon

JohnnyDixon.jpg

(*゚∋゚) 1945年から61年にかけてアストン・ビラで活躍したストライカーで、430試合で144ゴールを挙げているよ。57年にFA杯を獲った時にはキャプテンだった。

Steve Staunton

Staunton.jpg

(*゚∋゚) 1991年から98年にかけてアストン・ビラに在籍した、アイルランド代表DFだよ。左サイドバック、センターバックとして一級品の輝きを放ったね。特に2002年のW杯では、開幕直前に帰国したロイ・キーンの代わりにキャプテンを務め、チームをまとめ上げて見事にグループステージを突破したんだ。

(´(・)`) “若い”選手ですし、有名ですから、詳しくはここを参照下さい。


【両者のフォーメーション】

vsAstonvilla-h.jpg

(゚Д゚)ノ  ビラは怪我人やコンディションの問題で若干メンバーを入れ替えてきたな。

(*゚∋゚) でも、戦力的には殆ど変わってない。2-0以上というのは簡単じゃないよ。

(´(・)`) うちはフェラーラが出場停止で守備に不安がありますしね。失点を許さないように気を付けつつ、まずは1点取って精神的に優位に立ちたいところです。1-0にされれば、相手も精神的にキツくなるでしょうから。

【試合結果】

(゚Д゚)ノ プラン通りに慎重に試合を進めると、前半ロスタイムにディエゴ様が芸術的なミドルシュートを突き刺して1点差!!絶好の形でハーフタイムを迎えたぞ。

(*゚∋゚) 控え室に帰ってくる選手達は、かなりハイテンションだったろうね。

(´(・)`) しかし、56分でした。Hitchensにゴール正面からのFKを鮮やかに決められて1-1とされます。

(*゚∋゚) 飛び道具でやられて、うちがキツくなっちゃったね。高さと強さを生かした“引きこもり”を前に、なかなか決定打を放てなかった。

(-∀ー#) 左右のサイドバックを1列上げ、さらに両サイドハーフをFWの位置に置く、2-2-2-4のような形に変えて総攻撃を仕掛けたんだが・・・

(´(・)`) 上手くしのがれてしまい、スコアは1-1から動きませんでした。UEFA杯はベスト8で敗退です。

vsAstonVilla-h-r_20091130114330.jpg

(-ω-#)y-~~~~ もう、止めだ。

(´(・)`) 気持ちが切れてしまいましたか?

(-∀ー#) ああ・・・。


(*゚∋゚) こんな感じ?



          ,;r'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
         ,r'";;;;:::::;彡-=―-=:、;;;;;;ヽ、
        /;;ィ''"´  _,,,,....ニ、 ,.,_ `ヾ;;;;〉
         `i!:: ,rニ彡三=、' ゙''ニ≧=、!´  屋上へ行こうぜ・・・・・・
        r'ニヽ,   ( ・ソ,; (、・')  i'
         ll' '゙ ,;:'''"´~~,f_,,j  ヾ~`''ヾ.  久しぶりに・・・・・・
        ヽ) , :    ''" `ー''^ヘ   i!
        ll`7´    _,r''二ニヽ.     l  キレちまったよ・・・・・・
        !:::     ^''"''ー-=゙ゝ    リ
        l;:::      ヾ゙゙`^''フ    /
        人、      `゙’゙::.   イ


Σ(´(・)`;) また、マニアックなネタを(苦笑)。

(-∀ー) とにかく、このままセリエAだけを戦うのは、さすがにモチベーションが湧かない。ジャ●プの不人気漫画のように、「セリエA&欧州制覇へ、俺達の戦いはこれからだ!」という感じで終えようじゃないか。

(*゚∋゚) もうFM2010が出てるしね。

(´(・)`) 志半ばでの終了となりますが、当初の目的だった「過去の英雄達を学ぶ」は多少なりとも果たせましたし、頃合かもしれません。

(´ヘ`;) 本当は、もっともっと沢山の英雄を紹介したかったんだがな。モチベーションを早々と失ってしまい、読者の方には申し訳ない。

(*゚∋゚) それでも、僕らの企画としては最長記録だし、それなりにケリもつけられたから、次に繋がるんじゃない?

(´(・)`) そうですね。次に出番を頂けた時には、長期連載を目指しましょう。

(゚Д゚)ノ おし!その気合でFM2010に乗り込むぞ!

オー━━━━ヽ(´(・)` )ノ━━━━!!!!

オー━━━━ヽ(゚∈゚*)ノ━━━━!!!! 



ナポリでの戦いを通じ、一回り大きくなった…かもしれない、おバカトリオ。

新天地では、進化の証明を見せてくれる…かもしれない。


---------- キリトリ -----------

<編集後記>

もはや忘れ去られていたであろう、この連載。自分の中では、ずっとモヤモヤとした感情が残っていました。とっとと片を付ければよかったんですが、「Jつく」が始まり、FM2010が発売する中で、なかなか“決着”は付けられず。しかし、Jつくの作業が一段落したことで(最終目標からすれば一段落とは程遠いですが)、ようやく一区切りを付けられました。かなり無理矢理ではありますがね(苦笑)。

実は、8月21日に第6回を公開した時には、既にアストン・ビラ戦(H)の直前でした。そこでセーブしたまま、ずっと放置していたようですw
(;^ω^)

本当は、きちんとセリエAの最終節までプレーして、2順目の対戦でも1順目に紹介しきれなかった英雄達を取り上げて・・・という画を描いていたのですが、最終的にはジャン●の打ち切り漫画のようなエンディングになりました。おバカトリオらしいといえばらしいかなとw

この3人を使ってアンジェ編を進めるかは未定ですが、もはや凝ったプレー日記を作成する時間がない身としては(実家暮らしから同棲に変化したのが一番大きい)、彼らのグダグダトークで展開していくのが最もスピーディーかつ楽かなとは考えています。

Jつくのベータ版公開が12月6日に決定し、これから追い込みに入ります。私も含め、メンバーは自分の子供を世に出す気分ではないでしょうか?楽しみであり、不安でもありますが、このプロジェクトが日本のFMプレイヤーにとって、さらには世界のFMプレイヤーにとって、価値ある存在になれば幸いです。
スポンサーサイト

コメント

2010日記も楽しみにしてます

レジェンドリーグ日記、お疲れ様でした!
過去の名選手の知識もホント凄いですね~脱帽&勉強させてもらいました。また面蓮と続くフットボールの歴史の奥深さを改めて感じておりました。
ディエゴ様の伝説は、次のワールドカップでも「いろんな意味」で続くでしょうしw、ともかくも脱稿おめでとうございましたw
2010日記も楽しみにしてます。やること満載で大変とは思いますが、体調に気をつけてがんばってください。
私は、未だ2009ライフで、カナリア諸島のtenerifeをやっております。4年かけてようやく1部の9位になったところ。
来シーズンは育ててきた選手がいよいよ主戦となり、また、他クラブからのオファーに「移籍したい病」も大流行と、止めるには惜しい楽しいところで、未だ2010のラッピングも解いておりません。いつになったら10をやるのかwww
今早朝は、わがバルサがクラシコにて魂の勝利(内容が圧勝では無かったことの前向きな表現です)!ちょっとテンション高めで長文になってしまい失礼しました。

お疲れ様でした。

ごりさんと同じく、往年の名選手について勉強させてもらいました。
これからはお家の事情もありますし、暁さんのやりやすいスタイルで日記を続けられれば良いのではないでしょうか。
「彼ら」のトークも面白いですし^^;

いよいよ今週はベータ版の公開ですか。
FM2010を持たない私はどのようなものか確認することができませんが(涙)、楽しみにしております。

御無沙汰しておりました。

ようやく戻ってきました。突然失踪の件、何卒ご容赦のほどを。

Jつく、永らく参加出来ず、申し訳ありませんでした。今更の感はありますが、何かお役に立てることがありましたらお声掛け下さいませ。

色々とありがとうございます

>ごり様

長文は個人的にとても嬉しいです♪
(*´∀`)

熱意溢れる文章、ありがとうございます。

さて、過去のレジェンドの件ですが、私も海外のWikipediaとの睨めっこですよw
(;^ω^)

有名どころはともかく、古い時代の英雄や微妙にマイナーな英雄は、まず詳しく書いてある日本語サイトがないので。。。その手間暇を惜しんだ結果が、打ち切りとなってしまいました。

私も、まだ20代後半でフットボールの歴史を語る上ではヒヨッコに過ぎません。自分の勉強という意味で、とても充実した日々ではありました。

ごりさんのFM2009の箱庭は、まさに一番面白い時期ですよね!手塩にかけたクラブが少しずつ順位表を駆け上がっていく。これこそがFMの醍醐味だと思います。そういうお話を聞くと、私もプレーしたくなって・・・「いや、いかんJつくがある」と自重する日々ですw

とりあえず、ごりさんもいつの日かFM日記を書いて下さい!

そして、リアルではクラシコの勝利、おめでとうございます!うちから移籍したイブラが活躍したようで、何よりです。頂いたエトーさんも、もう少し頑張ってくれるとありがたいのですがw

ごりさんもお体にはお気をつけて、素敵なFMライフをお送り下さい!!

ありがとうございます

>どらぐら様

労いの言葉、感謝致します。私も、この連載を通じて海外のレジェンド達を少しだけ知ることができました。本当は、もっともっと触れたかったんですけどね・・・。甲斐性がなくてすみません。

私の生活スタイルもかなり変化し、じっくりとゲームをすることもできなくなりつつあります。FM2009も、これまでにないくらい、研究できずに終えてしまいました。ちょっと悲しいですが、これも大人の階段を上るということでしょうかw

「彼ら」を使った日記は、肩肘張らずに書けるので、とても楽なんですよね。くだらないこともガンガン入れられますしw

なので、困ったら彼らを頼るとしますwww

Jつくは相変わらず色々とバタバタしていますが、まずは世に出すことが先決。最後の追い込みを頑張ります。

どらぐら様のように、FM2010を購入されない方のために、Jリーグを使った日記も考えておきますね。

お久しぶりです

>ヒロ様

サイトも覗かせて頂きました。詮索は致しませんし、とにかく戻られて何よりです。

ご存知かもしれませんが、鹿島はサポーターの方が見付かり、お任せしました。よって、ギラヴァンツ北九州の担当か、他の作業をお願いしたいと考えております。ベータ版の公開が迫り、色々とバタバタしているだけに、お力添えを頂けると嬉しいです。

おつかれさまでした~

上の皆様もおっしゃってますがまずはレジェンドリーグお疲れ様でした~。

出てくる人物がまさにレジェンドのオンパレードでとっても楽しくそしてためになる日記でしたね。その中でもやっぱりマラドーナはひとつもふたつも上ですねぇ~、いろんな意味でw

わたしも2010を目の前にしてなかなか2009の日記が終えられないでいます・・・が、がんばらねばw

ありがとうございます

>HHH様

労いの言葉、ありがとうございます。

かなり中途半端になってしまいましたが、そう言って頂けると救われます。

マラドーナの活躍ぶりは、「さすが」でした。これだけハイレベルなリーグでも、常に結果を出してくれましたから。ただ、ペレとの対決を見られなかったのは心残りです。ブラジルを出ませんでしたからね・・・。

HHHさんの2009も、いよいよ佳境ですよね~。結末を楽しみにしてます♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。