07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深秋の絶景、京に煌く 

第34回エリザベス女王杯


◎ブエナビスタ
○ブロードストリート
▲リトルアマポーラ
×カワカミプリンセス
△メイショウベルーガ





<データ的考察>

※過去10年間参照

○サンスポ編

・連対20頭の前走を見ると、4着以下に負けていた馬が7頭いる。しかし、この7頭は全て前走がGⅠか牡馬混合戦だった。牝馬限定のGⅢや、それ以外のレースで大敗しているようでは大幅な割り引きが必要となる。また、連対20頭は全て前走で重賞に出走。条件戦やオープン特別からの参戦では苦戦は必至だ。

・前2戦続けて4着以下の不振から巻き返して連対したのは3頭いるが、このうち2頭は前2戦とも牡馬相手のGⅡ以上だった。残る1頭リトルアマポーラは、前2戦がオークスと秋華賞。よほどハイレベルなレースに出ていない限り、前2戦とも4着以下は減点。

・連対20頭の全てが満たしていたのは、重賞勝ちまたはGⅠ2着の実績。どんな上がり馬でも、実績がなければ通用しない。

6歳以上は、9頭が挑戦してGⅠを3勝していたスイープトウショウの3着が最高。

・連対20頭の通算成績を見ると、19頭は40%以上の連対率を誇っていた。安定感も重要なポイントとなる。

・外国馬は過去6頭出走しているが、いずれもGⅠ未勝利。オペラ賞勝ちのシャラナヤは明らかに格上で、減点の必要はない。ただし、経験した最長距離が2100メートルで、距離には多少の不安が残る。

結論→ブエナビスタとブロードストリートの人気2頭は死角がないが、GⅠ3勝の前者が上位。他の日本馬はほとんどが複数の項目で減点となり、シャラナヤが侮れない。


○1年遅れのバカ当たり編 競馬総合チャンネル内、井崎脩五郎氏のコラムより

・前走、秋華賞以外の牝馬限定戦で4着以下だった日本馬は0-0-2-33

該当馬→ウェディングフジコ、チェレブリタ、リトルアマポーラ、ピエナビーナス、カワカミプリンセス、ブラボーデイジー、サンレイジャスパー、ニシノブルームーン、レインダンス

・前走で重賞以外に出走していた日本馬は0-0-0-22

該当馬→メイショウベルーガ

・外国人騎手の騎乗馬を除く、前走秋華賞6着以下馬は0-0-0-24

該当馬→ジェルミナル

・前走で札幌記念、毎日王冠以外の牡馬混合GⅡに出走していた馬は0-0-1-2

該当馬→クイーンスプマンテ、テイエムプリキュア

・外国馬は0-0-1-5

該当馬→シャラナヤ

結論→ブロードストリート、ミクロコスモス、ブエナビスタ、ムードインディゴ


<調教的考察>

S=ブエナビスタ

---------- キリトリ -----------

前走は窮屈なレースを強いられ、3冠を逃したばかりか3着に降格となったブエナビスタ。京都の内回りの“罠”にはまってしまった格好だが、広い外回りコースならば実力をフルに発揮できる。2戦続けての“失態”はないはずだ。

相手筆頭は、そのブエナビスタから不利を受けながら、猛追して繰り上がり2着に入ったブロードストリート。この3歳の2頭は斤量の恩恵も大きく、まず3着以内は外さないと見ている。

3番手は、データ的には圧倒的に不利ながら、資質的にはナンバーワンと言っても過言ではないカワカミプリンセス。大活躍のスミヨン騎手が駆る前年度覇者リトルアマポーラの連覇にもチャンスあり。

最後の印は、ムードインディゴとジェルミナルの2頭と迷いつつ、メイショウベルーガに。前走はハンデ戦とはいえ好内容で、京都成績【2003】、牝馬を扱わせたら屈指の池添騎手というのも妙味がある。ヒモに押さえておく。

天皇賞の“恩恵”で、今秋冬は存分に競馬を楽しめそうだが、相変わらず手堅い予想で、地道に増やすw
スポンサーサイト

コメント

No title.

びっくりどっきりでしたねw

でもブエナは1頭脚が違いましたね。
上がり3F32.9とは鬼脚でしたね。
しかし、見てて面白いレースでしたねーw

おはようございます

ブエナビスタはまた展開にやられた感じですね。末脚は凄かったですが、あれだけ前と縮まらないと厳しいです。
前回の秋華賞の時も思いましたが、多少前の方にいけないとまた同じ展開が待ってそうです。

それにしても、大逃げのレースは見ていて面白いですね。今回は平均ペースでしたが、サイレンススズカやセイウンスカイの逃げを思い出しました。

びっくりしました

>かまぼこ様

競馬歴は14年ほどですが、あれほどの逃走劇は初めてです。まさか、両方が残るとは。競馬界の重鎮も「見たことない」と言ってましたが、たまげました。

そんな中、ブエナの末脚は目立ちましたね。次は有馬記念を目指すとのことで、どんなレースをするのか楽しみです。

追伸:掲示板に質問して欲しい内容を詳しく書いておきました。分からないことがあれば、またコメント下さい。

2頭のいったいったは珍しい

>ジャッキー様

こんにちは♪

1頭が差をつけて逃げて、そのまま押し切るレースはよくありますが、2頭がそのまま残ってしまうのは、GⅠでは滅多に見ないですよね~。歴史的なレースとなりました。馬券がどうこうよりも、「面白いレースだったな」と思えましたし。

ブエナビスタは「さすが」というところを見せましたが、さすがにあの位置からは厳しいですよね。あれでも早めに仕掛けていますが、ちょっと前を楽に逃げさせ過ぎました。次走は有馬記念とされていますが、さてさてどうでしょうか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。