09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クディチーニが交通事故で重傷 

ロベルト・エンケの悲報による涙も乾かぬうちに、またもや悲しいニュースが入ってきました。トッテナムのGKカルロ・クディチーニがバイクの運転中に車と衝突し、「人生を左右する」怪我を負ったそうです。

42558_news.jpg

ピッチへの復帰どころか日常生活にも支障をきたす重傷のj可能性があるとのことですが、とにかくクディチーニも車を運転していた女性と子供も命が助かってよかった。それだけは救いです。

※以下、AFPより

イングランド・プレミアリーグのトッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)に所属するゴールキーパー(GK)カルロ・クディチーニ(Carlo Cudicini)が、バイクの運転中に車と衝突事故を起こして病院に搬送され、救急スタッフは「人生を左右するけが」を負ったことを明らかにした。

クディチーニは現地時間12日の午前10時半ごろ、ウォルサムストー(Walthamstow)で車と衝突事故を起こした。その後トッテナムは、同選手が手首と骨盤を負傷したことを明らかにしている。

ロンドン警視庁(London Metropolitan Police)の広報は「ロンドン救急サービス(London Ambulance Service、LAS)、HEMS(Helicopter Emergency Medical Service、救急ヘリコプター医療サービス)、警察が現場に駆けつけ、LASの表現では人生を左右する恐れがあるけがを負った36歳の男性を発見した。彼はさらなる診察と治療のため、東ロンドンの病院に搬送された」と発表している。

トッテナムは声明で「カルロ・クディチーニは今朝(12日朝)交通事故に巻き込まれ、手首を骨折し骨盤を損傷した。36歳のイタリア人ゴールキーパーは病院に収容され、クラブのメディカルスタッフの立ち会いの下、精密検査を受けた。詳しい情報が入り次第、クラブはカルロに関する最新情報を発表する」としている。

なお、車を運転していた女性と同乗の子どもに怪我はなかった。

---------- キリトリ -----------

ここ数年は「第2GK」暮らしが続いていますが、チェフが来る前のチェルシー時代に見せていた彼のパフォーマンスはとても素晴らしいものでした。よく抜群の反応を賞賛されますが、それにも増して軽率なミスを犯さないのが凄い。あの安定感はイタリア人ならではでしょうか。過去に幾度となく「イングランド代表に」という声が上がっていたのも頷けます(イングランド人GKが“不作”続きということもありますが)。クディチーニの勇姿をもう1度ピッチで見たいですが、まずは元気になって欲しいと願っています。

最後に個人的な意見を。プロのフットボーラーは、危険から身を守るためにも、なるべく車やバイクを自分で運転しないようにした方がいいのではないでしょうかね。車やバイクが好きなフットボーラーは多数いますし、ある意味でステータスですから、規制するのは難しいでしょうが。以前にクリスティアーノ・ロナウドがフェラーリを大破させたことがありますが、あれも一歩間違えたら大怪我だったわけで。もう少し、自重して欲しいと思うのは私だけでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

今度は事故ですか

悪いことは続きますね。
しかもかなりの重傷とは・・・。

>プロのフットボーラーは、危険から身を守るためにも、なるべく車やバイクを自分で運転しないようにした方がいいのでは

先日引退した元中日・立浪和義氏が運転手を雇っているのは知っています。
そうは言っても、ここまでできる選手は限られてくるのでしょうが・・・。

嫌なニュースばかりです

>どらぐら様

もっと良い話題を紹介したいんですけどね・・・。

クディチーニについてですが、個人的には、Jリーガーとは異なり、超高級取りのプレミアリーガーで運転手は十分に雇えるし、そもそもプロのスポーツ選手や芸能人って、バイクは禁止されてることが多いわけで、ちょっと軽率だったかなとは思ってしまいます。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。