07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲願成就の夢、木枯らしとともに去りぬ 

2009ナビスコカップ決勝

FC東京 2-0 川崎フロンターレ


2009ナビスコカップ決勝
@国立競技場
FC東京21-00川崎フロンターレ
1-0
米本(22分)
平山(59分)
得点



2年前に掌からこぼれ落ちた“初タイトル”は、またもや眼前で逃げていった。

調整が上手くいったことを感じさせる出足の良さ、戴冠の予感を強くさせた序盤の決定機。

しかし、決められない。

そして、前日にニューヒーロー賞に輝いていた米本に、セルフプロデュースの“セレブレーション”を許して失点。FC東京は、虎の子の1点を守るべく、8人で4×2の2ブロックを築き、早くも籠城作戦へと転じる。

追う川崎フロンターレは、サイド攻撃を幾度となく繰り返して堅牢の打通を狙うが、GK権田の好パフォーマンスやゴールポスト、ゴールバーに阻まれ、得点には至らない。

すると59分、絵に描いたようなカウンターを浴びて追加点を献上。その後の集中攻撃も実らず、初タイトルはまたもやお預けとなった。

---------- キリトリ -----------

今日は、これだけで勘弁下さい。さすがにショックが大きすぎる。。。
スポンサーサイト

コメント

残念でした・・・。

ショックが大きいとの事なので、あまり書きませんが、
この敗戦がリーグ戦に響かなければ良いですね・・・。

1日経って

嫌な負け方で、かつ色々と怒られて、散々な試合になってしまいました。リーグ戦も終盤で、大事な試合ばかりなので、正直な話、心配です。結局は無冠という画が頭の中に何度となく出てきてています。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。