03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワークプレーダイジェスト・6 

※この記事は、10月24日に開催されたFMネットワークプレー・セカンドシーズンでの私のプレーを記したレポートです。

※一部、過剰な脚色もありますが、基本的にはノンフィクションです。また、各クラブの詳細については参加各位のブログを参照下さい。


~参加者およびクラブ名~

REUSUさん フィオレンティーナ ホスト
暁空也 ミラン
あかななさん バルセロナ
Yatusさん ローマ
マケレッテーさん レアル・マドリー
ヒロさん アトレティコ・マドリード
liberoさん セビージャ
justinさん インテル
HYDEさん マンチェスター・ユナイテッド
J.キッドさん ブレーメン
カズッチーニさん リバプール
YKさん ポルト
towaさん マンチェスター・シティ
誠さん アーセナル
reyreyさん バレンシア
Ichiさん ユベントス
Souliveさん ビジャレアル
ジャッキーさん ラツィオ
Zoraさん チェルシー
shiinaさん バイエルン





---------- キリトリ -----------

○おバカトリオがネットワークプレー・セカンドシーズンに挑むようです・第4回


(*゚∋゚) 移籍にまつわる“狂乱”もひとまず収束へ向かい、火花散る“生存競争”が幕を開けたよ。

(゚Д゚) いつになく情緒的だが、どうかしたか?ちなみに、中の人間の相方の持ちギャグには「同化してどうかした」というのがあるらしいが、それは全くもってどうでもいい話だから割愛する。

(´(・)`) そうしましょう。さて、現時点で開幕戦を含め3試合ほど終わっていますが、それらを振り返ると大変憂鬱になりますから、まずは選手補強に関して。前回に交渉が始まったロナウジーニョの移籍に決着が付きました。

(゚Д゚)ノ 40億円でラツィオへ放出した。ミラノでの華麗なるナイトライフからオサラバするのは辛いだろうが、選手としてもう一花咲かせるためには、比較的落ち着いた都市であるローマは最適。大金を投じたジャッキー監督の、そして多くのファンの期待に応えて欲しいものだな。

(*゚∋゚) “計算通り”にロナウジーニョを売って、やっと“恋人”を手に入れられたね。

(´(・)`) 幾度となく“親”から門前払いにされていましたが、その許しを得ることができました。本人とはすんなりと同意し、晴れて結ばれました。21億円でウディネーゼから獲得した、スロベニア代表GKのハンダノビッチです。

・Samir Handanovic

handanovic.jpg

(゚Д゚) 上の画像で一目瞭然だが、鋭い反応と長身を生かした空中戦の強さには定評がある。セミプロのGKとして活躍した(?)中の人が、リアルの試合で観て惚れ込んだそうだ。FM内でも、度々「神化」するぞ。能力値以上の活躍が期待できる。

(*゚∋゚) そうなんだ~。とりあえず、アッビアーティーやヂダよりは確実に上だし、ゴールマウスを安心して預けられるね。

(´(・)`) 後ほど改めて言及しますが、リーグ戦2節は彼のおかげで勝ち点を取れたようなものです。至近距離からのシュートに対する反応は素晴らしいものがありますね。

(゚Д゚) 守護神を手に入れたことで、次に層の薄いFWの補強へ乗り出した。

(*゚∋゚) フロッカーリをトリ逃がしたのは残念だったね。

(´(・)`) 「上手いことを言ってやった」みたいな顔をしていますが、誰も笑ってくれてませんよ。それにしても、まさかニューカッスルを選ぶとは思いませんでした。

(-∀ー#) レウス監督のヴィオラか、うちかの二択だと見ていたが・・・どういう頭をしてるんだ、こやつは。全ての要求を呑んだというのに。

(*゚∋゚) トップでも攻撃的なミッドフィルダーとしても使えるから、本気で狙ってたんだけどね。

(´(・)`) 次善策として獲得したのがアリスメンディでした。

・Javier Arizmendi Zaragozaから9億7500万円で獲得

arizmendi.jpg

arizmendi_20091026122706.jpg

(゚Д゚) グルキュフが故障したこともあり、右サイドとトップをこなせる彼に照準を定めた。若干、高くついたが、合流直後に出場したフィオレンティーナ戦では鋭い突破を見せていたし、結果的には良い買い物だったと思っている。

(´(・)`) GK、FWと概ね計画通りに強化し、あとはセントラルミッドフィルダーですね。

(*゚∋゚) ただ、これが難航してるよ。とあるクラブ(監督はAI)から売り込みがあった選手と交渉しているけど、競合が多くて確実に入ってもらえるか分からないし、その他の候補はクラブを納得させられる金額に届いてない。

(;´Д`) タイムリミット直前だし、冬に持ち越しかもしれんな。


(´(・)`) 以上が選手補強についてです。続いて、リーグ戦の回顧をお願いします。

(゚д゚)  ・・・・・・

(゚∈゚*) ・・・どうしたの?そうやって黙ってても終わりにならないよ。

(-∀ー#) 傷口に塩を塗り込むような“自虐”になるが、逃げるわけにもいかない。順に振り返るとしよう。

(´(・)`) 開幕戦はセビージャとのアウェイゲームでした。両チームのスターティングイレブンは以下の通りです。

kaimakusen.jpg

(*゚∋゚) うちは4-2-3-1で、GKはアッビアーティ、DFが右からラフィーニャ、カブラル、コルドバ、ルコビッチ、中盤の底にフラミニとボドメル、2列目は右からグルキュフ、カカ、バ、1トップにパトだね。

(´(・)`) ピッチ上の11人のうち、6人が新戦力です。しかも、リーダーにしては珍しい4-2-3-1。開幕戦で、しかも敵地で大胆な手に出ましたね。

(゚Д゚)ノ 今オフで、ほとんどの選手を入れ替えたからな。ハンダノビッチの獲得が間に合っていて、かつチアゴ・シウバが怪我をしていなければ、恐らく11人中8人を新規獲得選手で揃えていただろう。フォーメーションを4-2-3-1にしたのは、FWの枚数が足りないため、怪我のリスクを考えると2トップにしづらかったからだ。FM2009では試合中の怪我が非常に多いからな。それに、うちの中盤はどこと比べても見劣りしない自慢のセクション。ストロングポイントを生かすための4-2-3-1でもある。

(´(・)`) 一方、対戦相手のセビージャは、なんとゼロ・トップでした。

(*゚∋゚) セビージャの監督さんは、独創的なフォーメーションをよく使うね。昨季も、左右を非対称にしたフォーメーションだったような。

(゚Д゚) 2列目の飛び出しを警戒し、うちの2列目を張り付かせ、3列目にはうちの3列目を当てた。これだとアンカーを余らせてしまうが、1トップのパトにベン・アルファを見させるわけにはいかない。逆に、パトを高い位置に置いて、アンカーを翻弄させようと考えたんだが・・・

(´(・)`) 連携不足からか中盤でパスミスが相次ぎ、主導権を握れずにいると、全体が後退したところをミドルシュートで狙われ、あっと言う間に先制されてしまいました。

(-∀ー#) 敵地ということもあり、低めのラインで網を張り、受け止めてから逆襲に出ようとしたんだが、悪い方に出てしまったな。

(*゚∋゚) さらに、CKを直接決められるという滅多に見られない形で追加点を許すと、そのダメージから立ち直れずにいる間に3点目を献上。前半の30分にも満たない時間で0-3にされては、勝ち目はないよ。

(#゚Д゚) 後半は、相手が多少緩んだことで多少盛り返したが、1点も取れずに完敗。挙げ句に相手の選手を削りまくって迷惑をかける始末だ。何とも情けない開幕戦だったな。

kaimakusen-r.jpg

(´(・)`) 「クラッシャー」の称号を頂戴してしまいましたしね。

(*゚∋゚) 肉弾派の選手が増えたからかな~。

m( __ __ )m 謹んでお詫び申し上げる。また、監督としては、何の破壊工作も指示していないことを誓う。

(´(・)`) 開幕戦の完敗の後、ホームに戻ってポルトと戦いました。

2senme.jpg

(*゚∋゚) 4-4-2にして、GKには新加入のハンダノビッチ、カカを2トップの1角に据えてジニャックとのコンビだね。

(´(・)`) パトはセビージャ戦で負傷(全治4~5週間)したため欠場です。スタメン11人のうち8人が新加入選手となりました。

(゚Д゚) このフォーメーションは、「マラドーナのナポリ」で使っているものだ。マラドーナ、ミランではカカの力を最大限に引き出すことに主眼を置いている。

(´(・)`) しかしながら、コンビネーションに欠ける新造チームは1点も取れず、スコアレスドローに終わりました。

2senme-r.jpg

(-∀ー#) しかも、ハンダノビッチのスーパーセーブに助けられて何とか手にした勝ち点1だ。枠内シュートは僅かに1本、ボールポゼッションでも劣勢と、酷い内容だった。

(*゚∋゚) ホーム開幕戦としては最悪の結果だよね。

(´(・)`) セビージャ戦もですが、とにかくパスミスが多いです。折角、良い形でボールを持っても、あっさりと相手に渡してしまっては意味がありません。味方のサポートの動きも少なく、ボールホルダーが簡単に潰されてしまうシーンを何度となく見ました。

(-ω-#)y-~~~~ 頼みのカカも沈黙してるしな~。3戦目もCKからの1点に終わったし、“貧打”を早く解消しないと上位進出なんて画餅になってしまうぞ。

(*゚∋゚) その3戦目だけど、何で4-2-3-1に戻したの?

3senme.jpg

(゚Д゚)ノ 色々と悩んだが、今季のアウェイは基本的に4-2-3-1で戦うことに決めた。チームの勝敗も大事だが、対人戦は自らの戦術の幅を広げるためにはうってつけだ。今まで、どのシリーズでも4-4-2か4-3-3を使ってきたが、ミランでの試行錯誤を通じて1トップシステムをモノにしたいと考えている。ちなみに、4-3-2-1もいずれ採用するつもりだ。

(´(・)`) そういうことですか。さて、この試合ではフィオレンティーナが変則的な3-4-1-2を用いてきました。

(*゚∋゚) あまり見ない形だよね。配置的には、後方の7人でゴール前にブロックをつくって、前の3人でカウンターという感じかな。中盤に空いたスペースを上手く使えるといいけど。

(゚Д゚) 2トップを警戒しつつ、トップ下のエマナにはアンブロジーニをマンマーク気味に付けた。

(´(・)`) 中盤では数的優位ですし、我々がゲームをコントロールできると思いましたが・・・。

(*゚∋゚) ポゼッションは大差なく、シュート数でも下回り、完璧に相手のプラン通りに進んじゃったね。ガゴに深い位置へ侵入された上、エマナにもゴールを決められちゃったし。

(-∀ー#) 途中から大きく戦術を変更してアグレッシヴに前へと出るようにしたのと、相手が守備的にシフトしたことが奏功し、終盤は我々の時間になったが・・・決定的なシーンをフレイに止められるなどもあり、CKから1点を返すにとどまった。獲得して直ぐに起用したアリスメンディが見せ場をつくっていたのは数少ない収穫だ。

3senme-r.jpg

(´(・)`) 依然として流れの中からの得点がありません。それから、立ち上がりの動きが悪過ぎます。開幕戦と3戦目はいずれも前半の早いうちにゴールを重ねられ、苦しくなりました。もう少し、序盤の活動量を増やさないと今季も残留争いを強いられることになりますよ。

(*゚∋゚) カカの覚醒も必要だよね。マークが厳しいのは分かるけど、それでも結果を出さないと。世界で3本の指に入る選手なんだから。

(゚Д゚) FWがいいのか、トップ下がいいのか、我々も最適な居場所をつくってやらないとな。

(´(・)`) まだ序盤戦とはいえ、あまり離されると挽回が難しくなります。悠長に構えている暇はありませんよ。組織の成熟を急ぎましょう。

(*゚∋゚) 以下が3節を終えた時点での順位表だよ。チェルシーは試合数が少ないから、実質的にはうちが最下位かもね。

3senshuuryouji.jpg

(-∀ー#) だまらっしゃい!それにしても、昨季は苦しんだリバプールが3連勝で首位に立ち、逆に上位だったチェルシーやバルセロナが未勝利とは、相変わらずこのリーグは大混戦だな。

(´(・)`) 今季も二転三転しそうですね。我々も頑張りましょう。

(*゚∋゚) あと、今季も「CKから何点取るか」が勝敗を分けそうだね。得点ランクの上位に屈強なディフェンダーが名を連ねるのは変わっていないし。このFM2009の最大の欠陥をいかに攻略するか、そのせめぎ合いは今季も白熱しそうだね。

(゚Д゚)ノ  と、まとめっぽい発言が出たところで終わりにしよう。

(゚Д゚)ノ  (´(・)`)ノ (* ゚∋゚)ノ  ばいば~い!


次回へ続く!!

---------- キリトリ -----------

<編集後記>

メンバーの皆様、土曜日はお疲れ様でした。
(゚Д゚)ノ

散々、「甘く見てもらっては困る」的な発言を繰り返しておいて、3試合を終えた時点でほぼ最下位の赤黒監督です。
(;´∀`)

ハイライトをキーでしか見られないので、あとはスタッツなどから判断するしかないんですが、新戦力の多いチームにありがちなズレが多々出ているのかなと。また、戦術的な修正ポイントも徐々に分かってきましたので、それを次の試合から改善していくつもりです。なかなかゴールを奪えないのは・・・例えばホームでは4-1-2-2-1なんぞを使いますかね~。いずれにせよ、FW陣には奮起してもらわないと。毎回、怪我で途中交代している場合じゃない。レイティングが6点台の中盤で燻っているカカも、そろそろ着火して欲しいところ。

まぁ、まだ序盤戦ですし、試行錯誤しながらやっていきます。尻に火が点いたら、四の五の言わずに現実策へと舵を切りますけどね。

※通常の更新は夜にでも。ただ、体調不良のため予定は未定。
スポンサーサイト

コメント

No title.

こんばんは!
お互い大変ですねぇ。
うちは、CKの呪縛に取り付かれてるうちに選手の士気が下がらないか心配です(笑)

お疲れ様です!

暁さんこんばんは~^^

>(´(・)`) 以上が選手補強についてです。続いて、リーグ戦の回顧をお願いします。
>(゚д゚)  ・・・・・・

吹きましたwww

ACミランはセビージャやフィオレンティーナなど、変わったフォーメーションのチームと当たってるんですね。
自分もACミランと当たるときは驚くようなフォーメーションにしようかなw

No title.

ども~^^
序盤戦ってこともあり、リバポ以外は団子なんで
新戦力のフィット次第で順位はめまぐるしく変わりそうですな。

日程的にも次回は暁さんとこのミランとの対戦まで進みそうです^^
うちも基本変則的なフォメなんで、
HOMEですし勝ち点3目指して戦いますよ~(・∀・)

次回はいよいよ対戦ですね!

やはり、新規獲得選手をスタメンで多数起用すると簡単には機能しないですよねぇ。

うちは運良く3試合で勝ち点4得ることができましたが、新規DF3人を起用すると守備面が非常に不安定になり、まだまだ安心できません。

次回はいよいよ対戦できそうですがお互い負けられない試合になりますねw

No title.

新戦力が多いとこはなかなか厳しいですね。
リバプールは比較的メンバーが同じですから
スタートダッシュできたのかもしれませんね。

ただうちはDFラインの補強がフランス語圏の選手が多くて
既存の選手であるアルビオールとパロップの安定感がないとゆう不思議な感じがしますw

ミランとの対戦は12月なんでまだまだですが
それまでには調子が上がってそうで怖いですw

コメントありがとうございます♪

>ZOLA様

まぁ、まだまだ序盤ですし、深く考えない方がいいですよ!
(゚Д゚)ノ

焦るのは中盤からで十分ですw

お互い下の方にいますが、次回はジャンプアップしちゃいましょう!

リーグ戦の結果は書きたくなかったですw

>ジャッキー様

変わったフォーメーションに惑わされたというわけではないんですが、やっぱり驚きはしますよねw
(;^ω^)

さらに、現状ではチームが全く未成熟ですし。。。

もっとも、地力は高いですし、ボチボチ上がっていきます♪

中盤以降に巻き返します

>HYDE様

このリーグで優勝するには、はっきり言って実力だけでなく運も大事ですよね。GKが神化するとか、ミスで点が転がり込んでくるとか。

あとは、新規加入選手のフィット具合。これで劣るチームは、序盤戦に躓きがちです。うちもまたしかりですが(苦笑)。
(;´∀`)

次回は対戦できそうですね~。うちは変則でこそないものの、フォーメーションをコロコロと変えているので、お互いに腹の探りあいになりそうです。好勝負になるといいですね~。

次節のしょっぱなでしたよね

>Yatus様

チームの成熟度が低いので、パスミスやら連携ミスが多くて困ります。
(;つД`)

とはいえ、このまま上から離されるわけにはいきませんし、うちはホームですから、勝たせてもらいますよ!
m9(・∀・)ビシッ!!

そうそう、ネットワークプレーとは無関係ですが、「Jつく」でG大阪を担当したいという方がいらっしゃいました。もし宜しければ、掲示板でやり取りしてみて下さいね。連絡をお待ちのようです。

バレンシアは好ダッシュですね!

>reyrey様

見事なスタートダッシュ、おめでとうございます!
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

補強といい、戦術といい、巧みですね~!!

ディフェンスラインは言語が通じないと連携に乱れが出ますし、本来はじっくりと組まないといけないですが、とにかく世代交代をしたくて私は一気に刷新してしまいました。失点が多いのは、そのせいもあります。

対戦時期的に、お互いの真の力量が問われそうですね。楽しみにしてます!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。