07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暁の紙屑馬券増産計画~菊の舞台で無敵、高らかに~ 

第70回菊花賞


◎アンライバルド
○リーチザクラウン
▲ブレイクランアウト
×イコピコ
△ナカヤマフェスタ





<データ的考察>

※過去10年間参照

○サンスポ編

02、04、07、08年と過去に4回ダービー馬不出走年があるが、うち07年以外の3回で春のクラシック不出走馬がV。2着もダービー8着以下だった。07年はダービー2着のアサクサキングスが勝ったが、2着はクラシック不出走のアルナスライン。今年は春のクラシック不出走組に注目した。

・皐月賞組は7頭出走して3頭連対。99年2着テイエムオペラオー、00年1着エアシャカール、05年1着ディープインパクトはダービー3着以内。前哨戦もオペラオーが古馬混合GⅡ京都大賞典3着、残る2頭も神戸新聞杯で3、1着。ダービー大敗、前哨戦も馬券対象になれなかったアンライバルドは厳しい。

・01年2着マイネルでスポット以外の19頭に重賞出走歴があり、重賞初挑戦馬も割り引き。

・連対18頭に芝2000メートル以上でV歴。残る2頭、07年1着アサクサキングスと08年2着フローテーションはダービーと神戸新聞杯の2レースで2400メートルを経験している。この2頭を含む18頭に2400メートル以上の出走歴があったため、実績だけでなく経験も必要。2200メートル以上で2勝していたマイネルデスポットと04年1着デルタブルースが条件戦から連対している点も注目。

神戸新聞杯組が7勝2着4回、特に最近は4連勝と活躍が顕著。

結論→イコピコがトップ評価。神戸新聞杯でアンライバルド、リーチザクラウン以下を一蹴。春のクラシック不出走で、距離実績も十分と傾向に当てはまる。次位がダービー2着のリーチザクラウン。皐月賞馬アンライバルドはその後の成績が不満だ。

○1年遅れのバカ当たり編 競馬総合チャンネル内、井崎脩五郎氏のコラムより

・前2走ともに2番人気以内に推されていないオープン未勝利馬は0-0-0-39

該当馬→スリーロールス、フォゲッタブル、トライアンフマーチ、キタサンチーフ

・前走で重賞以外に出走していた、2400メートル以上で勝ち鞍がない馬は0-0-0-37

該当馬→スリーロールス、ヤマニンウイスカー、キングバンブー、キタサンチーフ

・騎手が乗り替わりとなる、前走4番人気以下馬は0-1-1-29

該当馬→イグゼキュティヴ、キングバンブー

・5~8枠に入った、前走が4角7番手以下かつ4着以下だった馬は0-0-1-22

該当馬→アドマイヤメジャー

・前走が5番人気以内かつ6着以下だった馬は0-0-2-15

該当馬→ヤマニンウイスカー、アントニオバローズ、キタサンチーフ

・前走で2番人気以下だった、ロベルト系種牡馬の産駒は0-0-1-17

該当馬→セイクリッドバレー、セイウンワンダー

結論→シェーンヴァルト、アンライバルド、リーチザクラウン、イコピコ、ポルカマズルカ、ナカヤマフェスタ、ブレイクランアウト


<調教的考察>

S=イコピコ


---------- キリトリ -----------

先週はまさかの結果となり、誰にとっても後味が良いとは言えないものの、自分の予想的には当たっており、まずは幸先良いスタートを切った。秋のGⅠ戦線第2戦は菊花賞。連勝といきたいところだが、非常に難解なレースだ。

以前は「1番強い馬が勝つ」とされ、ここを勝って大成する馬が多かったが、近年は3000メートルの距離を嫌って有力馬が天皇賞(秋)やジャパンカップへと照準を定めるケースが多く、その価値を下げつつある。実際、後にGⅠで良績を残す菊花賞馬の数が減ってきているのは間違いないだろう。そういった意味では、「特殊なGⅠ」としての特徴が強まってきているのかもしれない。

つまり、予想をする際にも「誰が1番強いか」の前に「誰が京都の3000メートルに適しているか」を考えるべきであり、「長く速い脚を使える」、「逃げ馬が残りやすい」といった“菊ならでは”の傾向も踏まえる必要がある。

などと偉そうな御託を並べておいて、その結論である印は平凡だが(苦笑)、京都コース3戦2勝のアンライバルドの“復活”に期待する。前走はあくまで叩き台で、ダービーは馬場の悪化が全て。今の京都ならば実力をフルに発揮できるはずだ。相手筆頭は逃げ粘りが狙えるリーチザクラウン。休み明けの前走は脚を図った感もあり、過去のマイネルデスポット、アドマイヤジャパンらの再現は十分に可能と見る。3番手は前走をレコードタイムで快勝したイコピコ。関係者からは「マチカネフクキタルに似ている」と評価されており、切れ味は世代屈指。血統的な裏付けもあり、勢いそのままに頂点に立つか。あとは、休み明けの前走で復活の兆しが表れたブレイクランアウト、晩成の血が騒ぐナカヤマフェスタまで。
スポンサーサイト

コメント

チキンwの言い訳

想像以上の波乱決着(結果だけ。配当的に??)でビックリしましたね(苦笑

私は「リーチーアンライ」の馬単と以前から周囲に言い続けていた訳ですが…
昨日車で出かけていたところ、信号という信号に悉く引っかかる。それも先頭でw
これはマイオカルトなんですけど、こういう日に勝負しても一切勝てることがないんですね(笑 
故に昨日は勝負から降りてしまいました(苦笑

勝負事は押し引きが全てですからね…(ニヤリ

降りるのも度胸が要ります

>放生月毛様

カイジやアカギでも、時にはギャンブルから降りることの大切さを説いていますし、そうした“予知”がギャンブルで勝つ秘訣なのではないでしょうか。私は、大きく張らない代わりにダラダラとちょっとずつやっては傷口を広げていますw

さて、菊花賞についてですが、正直なところ私も予想だけして買っていません。なにせ、当たる気がさっぱりしませんでしたから。新聞を深く読めば読むほど迷ってしまい、夢を乗せたくなるような馬も不在。途中で「や~めた!」となったのは久々です(苦笑)。

それくらい、今年の3歳牡馬には魅力がない。そうした中で、フレッシュなジョッキーが雄たけびを上げる姿は、少なくない刺激になりました。もっとも、直線でのあの騎乗は頂けないですが。

天皇賞は、私が愛して止まないエアシェイディとカンパニーが出ます。GⅠではいつも掲示板止まりの彼ら、そして東京コースで抜群に強いシンゲンを相手に、ウオッカから勝負といきます!

秋天のキーワード

なけなしの勝負弾を口座に入れておきながらの「オリ」ですからね…(苦笑)そんな大袈裟なものじゃなく「チキン」だと思いますよw
「1はヤバい」と周囲に漏らしていたため、レース終了後にオメのメールがたくさん来た時は少しやるせない気分になりました(笑

今年は牡牝とも不作だったんですかね(苦笑
軸不在もしくは抜けすぎてると盛り上がりに欠けるのは事実ですけど。古馬になっていくこれからがホントの勝負ですね。

秋天はウオですか…話すと長いのですが私の中で「速い」と「強い」は別軸でイメージしています。ウオは前者の典型だったのですが、昨年のこの時期から後者が勝ってくるようになりました。
政権交代の予兆は秋天に顕れる事が多く、またそれを起こすのが「速い」馬、下剋上されてしまうのが「強い」馬であった事を考え併せると…(ニヤリ

ふむぅ

>放生月毛様

レース終了後に祝福のメールが来るのは切ないですね・・・。私も、過去に何度かあります。周りに薦めておいて、自分が迷った挙げ句に切ったり、ヒモを外して呆然としたり、まさに競馬ならではの“討ち死に”ですw

今年についてですが、牝馬はハイレベルだと思います。秋華賞のタイムも優秀でしたしね。ただ、ブエナやレッドディザイアが牡馬と戦えるかどうかは・・・疑問符も付きます。ウオッカ級には見えないんですよね~。

一方の牡馬は、はっきり言って小粒ではないでしょうか。菊花賞のタイムは歴代3位ですが、ちょっと大物感に乏しいというか。もちろん、古馬になって一皮剥ける可能性もありますし、断言はできませんが。

秋天は、そういう捉え方ですか。確かに、速いと強いは違いますし、秋天では速い馬が勝つ時がありますよね。ネーハイシーザーやヤマニンゼファー、サクラチトセオーといった辺りはまさにそうだと思います。

その一方で、あくまで個人的な感想ですが、近年はより底力や総合力が求められるようになってきているのかなと。それほど合わなそうな中長距離馬が器の違いで勝つみたいな。もっとも、ダイワメジャーやヘヴンリーロマンスなんかは例外な気もしますが。

ウオッカについては、私もスピード優先の馬だと見ていました。しかし、昨年の天皇賞(秋)、ジャパンカップの内容を見て、考えを改めました。彼女もまた、女傑なのだと。毎日王冠での負け方は昨年と似ていますし、まだまだ東京の1600~2000なら彼女が1番強いのではないでしょうか。そういうわけで、ウオッカからいこうと決めました。2400メートルのJCになると、オペラオーがジャングルポケットに敗れたように、次世代が台頭するかもしれませんが・・・。

放生月毛さんは「下克上」および「政権交代」を見据えていらっしゃるのですね。となると、下の世代を軸にするのでしょうか。オウケンなんかは父がジャングルポケットですし、京都大賞典の勝ちっぷりが鮮やかだったので、食指は動きますが・・・。

ガラリ変わった馬場傾向

私がウォッカはじめ、シンゲン、カンパニーあたりが厳しそうだと考えた根拠の一つに「今開催の馬場状態」がありました。あからさま過ぎるくらいスタミナ傾向が強かったんですね。

それがコース替わりと芝刈でガラリと一変してしまいました。前は止まらないしスピード傾向がハッキリと出ている馬場状態です。こうなると死角がなくなった訳ですから、もちろん名前が挙がった馬たちは人気どおりの答えを出してくれると思います。

私が「キーワード」に挙げたものは起こりそうにもありません(苦笑


…私の本命 : キャプテントゥーレw

確かに

>放生月毛様

昨日の1600万下の1マイルで1分32秒5という時計が出てますし、時計は速いですよね。スピード型の方が向いているのは間違いないかもしれません。

ちなみに、うちのボスもキャプテントゥーレからいくそうですよ!

結構、馬券上手な方なので、これはいよいよ注目かも。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。