FC2ブログ

07 | 2021/08 | 09

注目のニューフェイス~セリエA編~ 

イングランド・プレミアリーグやリーガ・エスパニョーラとのマネー・ゲームで劣勢を強いられ、近年は超大物の“輸入”に乏しいセリエA。中規模以下のクラブであれば、なおさらビッグネームには手が届かない。しかしそれだけに、中小クラブは世界各国に張り巡らせたスカウト網をフル活用し、将来有望なヤングタレントの青田買いを急いでいる。以前にも1度特集したが、今回はワールドサッカーダイジェスト11月5日号にて「ブレイク必至のニューフェイス」として取り上げられた選手を、Football Manager 2010内の能力値とともに紹介する。登場するのは、イタリアの未来を切り開く2人の若手。高齢化し、先行きに乏しいドイツW杯に見切りをつけ、彼らの可能性に賭けてはどうだろうか。


Antonio Candreva(アントニオ・カンドレーバ) リボルノ所属

1987年2月28日生まれ 180cm 72kg

103275.jpg


candreva.jpg

中盤ならどこでもこなす万能型のMFだ。イタリアでは早くから知られた存在で、22歳になるまで台頭できなかったのは寡黙で内気な性格の影響が少なくない。年齢相応の経験を積み、自信と落ち着きを手にした現在は、傑出したテクニックとサッカーセンスをコンスタントに発揮。2年目のリボルノではトップ下でレギュラーの座を掴み、開幕直前に引き抜かれたディアマンティ(ウェストハムへ)の穴を完璧に埋めている。

現在の調子を維持できれば、あるいは今冬のマーケットで保有権を持つウディネーぜに戻ることになってもおかしくない。とはいえ、他クラブからの引き合いも少なくなく、条件次第でビッグクラブへの栄転も考えられる。

U-18以降の各年代で選出され、北京五輪も経験しているイタリア代表では「南アフリカ後」を担う希望の星。来年のW杯を境として世代交代が進められるはずの中盤で、定位置確保も狙えるだろう。タイプの似ているモントリーボがポジション争いのライバルとなりそうだ。


Andrea Poli(アンドレア・ポーリ) サンプドリア所属

1989年9月29日生まれ 181cm 70kg

103811.jpg


poli.jpg

イタリア国内に対象を限れば、デ・ロッシやピルロが目標ということになるだろう。ポーリ自身が崇拝しているのは、リバプールのジェラード。「彼こそが世界一のMF」と、強い憧れを隠さない。

将来性は抜群だ。エレガントな身のこなし、水準以上のテクニック、タイミングのいい前線への走り込み、そして高精度のミドルシュート。やや華奢だが、当たり負けはしない。

17歳でセリエBにデビュー(所属はトレビーゾ)すると、マンチェスター・ユナイテッド、ミラン、インテルなどが興味を示す。先手を打って争奪戦を制したサンプドリアはこの逸材を大事に育て、レンタル先から復帰させた今シーズンは、デル・ネーリ新監督の愛弟子でもあるティッソーネからレギュラーの座を奪おうかという勢いだ。ピッチの上ではカッサーノですら叱責するパーソナリティーも、大器ぶりを物語る。

U-17から常連のアズーリでは、現U-21代表の中盤の要。守備の局面では戦術的になお未熟だが、数年後にはA代表で活躍していてもおかしくない。

---------- キリトリ -----------

ちなみに、現在確認できるFM2010での主な日本人選手は以下の通り。

nakamura.jpg

inamoto.jpg

matsui_20091015215034.jpg

morimoto_20091015214308.jpg

soma.jpg

ドイツとオランダのリーグが収録されていないため、長谷部や本田は不在。ボルフスブルクやVVVは存在しているが、データベースが小さいせいで長谷部も本田もいない。他には、伊藤翔や指宿を確認した。それにしても、相変わらず存在しない小林大悟と松井の弱体化が泣けてくる。

選手の能力値ばかり貼っていてもどうかと思うので、ゲームの感想を。

もっとも、まだ全然プレーしていませんが。とりあえず、てっとり早くバルセロナやマドリーの強さを体感しようとエスパニョールで始めました。某掲示板にも書かれていましたが、新しいインターフェイスになかなか馴染めないでいます。
(;・∀・)

決して面倒なわけではないんですけどね~。これは馴れの問題でしょう。

では、明日は5時半起きで大阪出張なので、この辺で。1泊2日なので、明日の更新はお休みさせて頂きます。
スポンサーサイト



コメント

No title.

イタリアもそろそろ次代を担う若手が出てこないと、南アフリカ以降が心配ですよね。

FM2010はインターフェイスが新しくなってますなぁ。
俊輔や森本はなかなかの高評価ですが、松井は・・・。
相馬にいたっては、スキル系が全然評価されてませんね。

No title.

イタリアは下の世代はそれなりにタレント揃ってるけど、
06、10W杯の主力組との間の世代が谷間な気がしますな;
南アフリカ後の世代交代は苦労しそうだ;;
よくイタリアは若手にチャンスを与えないとか、ブレイクが遅いとか言われるけど
本当にワールドクラスな選手はジジ、ネスタ、トッティ、アレ辺り然り…
みんな若い頃から頭角を現してますからね。
スターの出現を期待したいところですな。

森本は生粋の点取り屋って感じの能力で面白そうですね。
やはり2部とはいえあれだけ結果を出した本田さんがどんなもんか気になるw

今作は買うつもりなんで、Jつくの企画の方は影ながら応援してますよw
Jの知識皆無なんで力にはなれませんけど;

現地では

>どらぐら様

2010年のW杯後から世代交代に着手するようですが、今のメンバーではとても優勝候補には押せないです。アイルランド戦も酷かったですし。

インターフェイスはかなり変わりましたね。最初はとまどいましたが、意外と馴染むような気もしてます。

日本人は相変わらず評価が低いですね。。。指宿とかもガッカリするほどでした。
(;つД`)

そうだね~

>Lたん

中堅が独り立ちしてないんだよね、イタリアは。若手はそれなりに結果出してるけど、U-20W杯もハンガリーに負けちゃったからな~。評価が難しいところ。でも、最近はセリエAの中堅クラブから続々と若手が出てきているし、数年後は楽しみかなと。もっとも、ブッフォン、ネスタ、トッティ、デルピエロといったレベルの選手は滅多に出てこないよね。。。

森本は、前作の高評価を裏切らない結果をリアルで残したからね。どれくらい育つか楽しみだよ。もちろん、本田さんも。

Jつくに関してだけど、進度はやや鈍ったものの順調に来ている気はする。大所帯な分、なかなか難しい面もあるけどね。これも良い経験になるかなと。

Jリーグは俺も見始めて3年くらいだからね。でも、やっぱり本当のフットボールマニアは自国のリーグも観るもんだと思うし、それなくして大言は吐けないというのが俺のポリシー。だから見始めたんだよね。

質問なんですが…

いつも楽しく拝見させていただいてます&初カキコです。
現在、低スペックPC(セレロン2.6Gシングルコア/オンボードグラフィックなど)で、CPU100%状態で2009をプレイしています。当然、3Dなど見たことは無く、2Dでもカクカク動いております。しかしながら、このドMな環境でも、楽しくやれるFMはすばらしいし、そう思える自分はイッてるなぁと思っております。
最近、2010の体験版vanillaをDLしたんですが、3Dは見ることができないにしても、一般的な処理がぐんと軽くなった気がしています。「進む」更新も早いですし、何より2Dマッチが滑らかで、自身の前作2007くらいは動いてるのではと思います。
偶数年版は、プログラムの最適化などが施されており、奇数年版より軽くなる、というような話も聞いたことがあるのですが、その恩恵かなと思ったりもします。
暁さんの感想として、2010はいかがですが?私のような低スペックでプレイされている方はいないと思いますが、FM上級者さんたちの感じとして声を聞かせていただければと思います。

コメント、ありがとうございます

>ごり様

はじめまして!初カキコ、心から感謝致します。ブロガーにとってコメントは最高の栄養素ですからね♪
(*´∀`*)

PCのスペックに関してですが、私も今のPCの前はメモリが512Mしかなく、2009はカクカクで大変でした(苦笑)。全然日程が進みませんし。。。

それでもプレーしてしまうのが、FMの魔力ですよね~。本当に素晴らしいゲームだと思います。

さて、2010についてですが、各所で「軽い」との声が出てますね。ごりさんもお書きですが、ここ数年は「偶数シリーズで軽くなる」というのが確かにありますね。私自身の感触としても、デモ版のレスや軽さは09のデモより遙かに上だと思います。ただ、データサイズが小で、リーグが1つだからというのあるでしょうが・・・。

これでお答えになったかは分かりませんが、何かの参考になれば幸いです。そうそう、PCの購入は難しくても、メモリを増設するとかなり変わりますよね。もし可能であれば、検討する価値はあるかもしれません。最近はかなり安くなりましたし。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)