09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成】暁の紙屑馬券増産計画~初秋に飛ぶ、世界の果てからの使者~ 

第43回スプリンターズS


◎アルティマトゥーレ
○ビービーガルダン
▲アーバニティ
×キンシャサノキセキ
△プレミアムボックス




---------- キリトリ -----------

<データ的考察>

○サンスポ編

※過去10年間参照

・連対20頭中17頭が重賞を2勝以上しており、うち16頭はスプリント重賞だった。残る3頭のうち1頭も1勝しており、重賞実績は必須。GⅠ実績についてはあれば強みだが、なくても問題はない。

・18頭に前2走のどちらかで重賞連対歴があるが、GⅠ以外での2桁大敗はマイナス。前走に絞ると15頭が3着以内だったことから、凡走も割り引き対象とする。ローテは前走がGⅠなら不問。

・極限のスピードを争うスプリント戦だけに、持ち時計は重要だ。千二初挑戦だった99年1着ブラックホーク以外の19頭のうち16頭が1分7秒台をマークした実績があった。最も持ち時計が遅かったのは05年1着の外国馬サイレントウィットネスで1分8秒4。日本馬では06年2着メイショウボーラーの1分8秒3で、少なくともこれ以上は欲しい。

・ここ2年連続で牝馬が優勝しているが、連対6頭はいずれも3番人気以内で、実績不足や近走不振の牝馬は軽視しても構わない。

・18頭が該当する4~6歳世代を中心にみるのが妥当。3歳のアストンマーチャン(07年1着)は重賞3勝でレコードV実績があり、7歳のテイクオーバーターゲットは豪GⅠ3勝と実績が抜けていた。

結論→ビービーガルダンがトップ評価。久々ながら前走のキーンランドCを快勝と勢いも十分。シーニックブラストは速い決着に不安が残る分、減点。面白いのはプレミアムボックス。昨年のGⅢオーシャンS、2走前のGⅢ・CBC賞とスプリント重賞2勝の実績があり、要注意だ。


○1年遅れのバカ当たり編 競馬総合チャンネル内、井崎脩五郎氏のコラムより

・GⅠ勝ち馬を除く、前走10着以下だった馬は0-0-0-17

該当馬→キンシャサノキセキ、アイルラヴァゲイン、ソルジャーズソング、アーバニティ

・GⅠ勝ち馬を除く、前走4着以下の関東馬は0-0-1-18

該当馬→キンシャサノキセキ、アイルラヴァゲイン、プレミアムボックス、アーバニティ、アポロドルチェ

・7歳以上の日本馬は0-0-1-17

該当馬→アイルラヴァゲイン、ソルジャーズソング

・前走が阪神・小倉以外でのレースだった、4歳以下馬は0-0-1-18

該当馬→グランプリエンゼル

・前走4着以下だった、サンデー系種牡馬の産駒は0-1-2-15

該当馬→キンシャサノキセキ、マルカフェニックス、ソルジャーズソング、プレミアムボックス、アーバニティ

・前走2着以下だった、ノーザンダンサー系の日本馬は0-0-2-18

該当馬→ヤマニンエマイユ、ローレルゲレイロ


結論=アルティマトゥーレ、トレノジュビリー、シーニックブラスト、ビービーガルダン、カノヤザクラ、サンダルフォン


<調教的考察>

S=ビービーガルダン

---------- キリトリ -----------

このコーナーは春の宝塚記念以来ですね。今秋冬も全てのGⅠレースを予想していきますので、興味がある方はお付き合い下さい。

さて、秋の最初のGⅠはスプリンターズS。昨年の覇者スリープレスナイトが直前に怪我で引退し、一気に混戦模様になりましたが、セントウルSでスリープレスナイトを破った同じ牝馬のアルティマトゥーレには、十分に新女王就任の資格がありそうです。母エアトゥーレは欧州屈指の短距離馬だったスキーパラダイスの子で重賞1勝(阪神牝馬S)、弟は昨年の皐月賞馬キャプテントゥーレという、優秀な血統背景も魅力。若い頃は体質が弱く、満足にレースを使えませんでしたが、パンとしてからはグングン成長しており、前走の内容も見事でした。奥平調教師は「前走後、型どおりに良化した」と自信を見せていますし、1番人気に応えられるのではないでしょうか。

相手筆頭は2番人気のビービーガルダン。GⅠになると途端に崩れるのが心配ですが、坂のあるコースに強いのは魅力です。中山の芝も【1110】と良績を残していますからね。調教も完璧な内容で、前走も強かったとくれば、さすがに切れません。

穴を狙うとすれば、アーバニティでしょうか。中山の芝は2戦して2勝。春には韓国馬事会杯(1600万)、オーシャンS(GⅢ)を連勝していますし、鞍上が好調の横山典騎手ということもあり、チャンスはあるはずです。

あとは、昨年2着のキンシャサノキセキ、中山の芝が【2024】で前々走のCBC賞勝ちを評価してプレミアムボックスまで。カクガイのシーニックブラストは、近年世界の短距離界を賑わしている豪州馬ですが、持ち時計が貧弱で上位争いまではどうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。