FC2ブログ

07 | 2019/08 | 09

【加筆】チャンピオンズリーグ09-10 第1節予想 

日付上では今日から、チャンピオンズリーグが始まります。年々、平日の早起きがきつくなっているため、今季も観戦数は減ること間違いなしですが(苦笑)、せめて全試合の予想はしてみたいなと考えています。第1回は、9月15日および16日のスコア予想と、グループステージの展望です。スコア予想では、各組1試合ずつ簡易分析を行います。

9月15日(火)

<グループA>

ユベントス 1-0 ボルドー

開幕3連勝で6得点1失点の白黒と、開幕から5試合で4勝1分、12得点3失点のボルドー。ともに絶好の開幕ダッシュを見せているが、欧州カップ戦での白黒の“ホーム力”は高い。堅守からの一撃で白黒が勝利か。

マッカビ・ハイファ 1-2 バイエルン

<グループB>

ボルフスブルク 1-1 CSKAモスクワ

チャンピオンズリーグの開幕戦ではここ数年、こぞって波乱が巻き起こっている。開幕から5試合を終えて2勝3敗の10位と苦しむドイツ王者が、その“犠牲”になるか。ジーコ監督を解任し、心機一転のCSKAにチャンス到来だ。

ベジクタシュ 0-2 マンチェスター・ユナイテッド

<グループC>

チューリヒ 0-2 レアル・マドリー

マルセイユ 1-0 ミラン

大量補強で戦力値を大幅に上げたマルセイユに対し、経営難に苦しむミランは青息吐息。リーグ戦でも、マルセイユが5試合で3勝2分の無敗に対し、ミランはミラノ・ダービーで0-4の惨敗を喫するなど、3試合で1勝1分1敗と振るわない。ホームの利を生かし、マルセイユが勝利を手繰り寄せる。

<グループD>

チェルシー 1-0 ポルト

ベスト16の常連となっているポルトだが、今夏は主力の流出が相次ぎ、厳しい戦いを強いられそうだ。国内リーグでは4戦3勝1分で負けなしも、相手はアンチェロッティの監督就任で開幕から5連勝と波に乗るチェルシー。分が悪い。

アトレティコ・マドリー 2-0 ニコシア

9月16日(水)

<グループE>

リバプール 2-0 デブレツェン

リヨン 2-1 フィオレンティーナ

ベンゼマとジュニーニョを失ったリヨンだが、ベンゼマの移籍金で的確な補強を実現。チャンピオンズリーグのプレーオフで、アンデルレヒトを2試合合計8-2で一蹴した実力は本物だ。リーグ戦も4勝1分と無敗をキープ。今季は勝ち味に遅い――セリエAでは3試合で1-1、1-0、1-0――ヴィオラには負けられない。

<グループF>

インテル 1-1 バルセロナ

エトー対イブラヒモビッチばかりがピックアップされているが、この試合は新生インテルの試金石として価値が大きい。ポゼッションスタイルへの転換が、それをDNAレベルで有する“本家”に通じるか否か。ただ、まだまだ試行錯誤の最中ということもあり、ジュゼッペ・メアッツァの援護を得てのドローが最低任務になる。

ディナモ・キエフ 1-0 ルビン・カザン

<グループG>

シュツットガルト 1-1 レンジャーズ

経営難で多くの主力を手放す破目になったレンジャーズだが、リーグ戦では開幕から3勝1分と気を吐いている。シュツットガルトは国内リーグの相手とはレベルが違うが、彼らはリーグ戦で12位(1勝2分2敗)に沈んでおり、叩くには絶好の機会。フィジカルの強さを生かして敵地で勝ち点1を持ち帰るか。

セビージャ 3-1 ウニレア

<グループH>

スタンダール・リエージュ 0-2 アーセナル

オリンピアコス 2-0 AZ

オリンピアコスをはじめとするギリシャ勢のホームでの強さは、ある意味で神がかっている。多くのメガクラブが手痛い敗戦を味わっており、昨季の勢いがないAZには前例に倣いそうな気配が漂う。

---------- キリトリ -----------

<グループステージ勝ち上がりクラブ予想>

※左から1位、2位

A:ユベントス、バイエルン

B:マンチェスター・ユナイテッド、ボルフスブルク

C:レアル・マドリー、マルセイユ

D:チェルシー、アトレティコ・マドリー

E:リバプール、リヨン

F:バルセロナ、インテル

G:セビージャ、シュツットガルト

H:アーセナル、オリンピアコス

我ながら、つまらないほどの手堅い予想w
(;^ω^)

唯一、グループCでミランを“落とした”のが穴狙いですね。「今季のマルセイユは良い」と聞きますからね。中継で観て、「これはかなり厳しいのでは?」と思ったミランよりは可能性があるかなと。他のグループは、奇を衒わずに順当な結果を予想しています。インテルはいつもグループステージでは苦戦しますし、この段階でバルセロナを上回れるとは思えないので、2位に入れました。日曜日のパルマ戦はフルタイムで観ましたが、まだまだ前線のコンビネーションが確立されていないので。

今季はプレミアリーグの強豪(主にアーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー)とインテルの試合しか観ていませんが、明らかにプレミアリーグの方がエリア内に入ってくる人数が多いんですよね。攻守の切り替え、連動性といった部分でも、インテルはプレミアリーグのメガクラブに劣っていると思います。この差をどう詰めていくかに注目していますが、グループステージの時点では完成しそうにありません。

---------- キリトリ -----------

本日は会社のイベントがあり、その後に打ち上げらしきものが用意されているらしいので、これ以上の更新ができるかは微妙です。とりあえず、鹿島対川崎の扱いについて理事会から発表があれば、直ぐに取り上げたいんですが・・・。明日は会社を休むので、またその時にでもゆっくり書きますかね~。





---------- キリトリ -----------

○豪雨中止のJ1鹿島-川崎戦、10月7日に1-3の後半29分から再開

Jリーグは15日、東京都内で理事会を開き、 大雨によるピッチコンディション不良のため後半29分で中止になった12日の鹿島―川崎(カシマスタジアム)の扱いを協議し、10月7日(開始時間は未定)に同スタジアムで中断した後半29分、川崎が3―1でリードの状況から再開することに決めた。出場選手などは中止時点と原則同等にする。首位鹿島と2位川崎の直接対決は、鄭大世の2ゴールなどで優位に立った川崎が3―1とリードした後半29分、審判団が試合途中からの激しい雨で選手の安全を確保できないと判断して試合を中断。その後、試合を管理するマッチコミッショナーらと協議して中止を決定した。

~報知より~

続行、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

まさかの“大岡裁き”!!(*゚∀゚)=3

杓子定規の日本で、このように柔軟な判断がなされるなんて・・・ ・゚・(つД`)・゚・

残り15分強、きっちりと試合を制御して勝ち点3をゲットだぜ!!!
スポンサーサイト

コメント

グループCは

グループCは最終節までもつれそうな気がしますね。
理想はマドリーに一位通過してもらってミランとマルセイユで二位を争ってもらいたいですがここ数年のマドリーのCLの成績を考えると・・・(苦笑)
一節の最大の注目であるインテル対バルセロナは大型トレードのエトーとイブラがそれぞれ古巣に恩返しを出来るのかが楽しみです。

今年も寝不足・・・

とうとう、始まりますね~
また寝不足の日々が始まりますw

個人的に注目してるのはグループGですね

特にウニレアというチームです

ルーマニアのチームですが、1部昇格後間もないチームで、人口17,000人、スタジアムの収容数は8,000人という小さなチームがどこまでやってくれるのか・・・

下克上が好きな私としては、ウニレアが1勝してくれると嬉しいです^^

イタリアの今後

イタリアの今後のことを考えるとミランにもがんばってもらいたいところなんですがね~・・・
いかんせん今のミランは運動量が無さすぎな気が(;´Д`)

それ以外の予想は手堅いところですね~。
我等がインテルはそろそろ内弁慶を打開してほしいところですね。エトーの一撃を期待してます!

No title.

お疲れ様です。

ミラン・・・ブックメーカーのオッズを見てもマルセイユよりです^^;
今期開幕前の練習試合やセリエAの結果を見る限りグループステージで敗退しても不思議ではなさそうですね。
↑にも書いてあるように運動量少なすぎです。何試合も見たわけではないので個人批判はやめておきますが。^^;

鹿島-川崎は大多数の人の意見同様になり良かったです。
これに伴いtotoの鹿島-川崎の結果がどれでもOKになったみたいで、鹿島の勝ちを選んで当たった人は羨ましい限りです。

ヴォルフスブルク

監督が代わったからか、スタートダッシュに失敗してますよね。
怪我で出遅れていた長谷部もようやく復帰しましたが・・・。
なんとかベスト16に残って欲しいですね。

鹿島vs川崎については、かなり反響が大きかったので、このような判断となったのでしょうね。
お互い納得のいく形で良かったです。

と思ったら、同じ日にベスメン規定違反で広島に制裁金って・・・。
この規定もとっとと止めてしまえよ(´・ω・`)

ミランはしぶとい

>誠様

グループCの初戦の結果を見る限り、2位はすんなり決まりそうにないですね。1位はまずマドリーでしょうが。
(;^ω^)

いよいよ明日の朝にはジュゼッペ・メアッツァでインテル対バルセロナです。エトーとイブラだけでなく、モッタ、クアレスマ、マクスウェルと沢山の縁が絡み合っていますから、要注目でしょう!!

社会人には辛い時間ですよね

>towa様

早く寝て起きて、試合終了後にまた寝るという戦術を採用していますがw、やはり眠いです。
(つ∀-)

よほど観たいカードがなければ、断念するケースも毎年増えていますから、いよいよ私もぬるくなってまいりましたw

そして、注目はウニレアですか~。WSDでの知識しかありませんが、監督がペトレスクなんですよね!ハジを中心に、ポペスク、ラドチョウ、ムンテアヌなどが輝いた1994年のルーマニアは記憶に深く残っていますし(その頃から、フットボールを本格的に始めました)、私も注目しています。
(゚Д゚)ノ

イタリアのために

>HHH様

ドイツに抜かれそうなんですよね、ポイントで。CLでは日頃のライバル心をぐっと抑えて、全チームの決勝トーナメント進出を祈るばかりです。ただ、白黒が早速やらかしてくれましたが。。。
┐(´∀`)┌

それにしても、お隣はしぶといですね。本当に勝負強い。恐れ入りました。

うちもバルセロナと同組になりましたが、ホームで引き分け以上、アウェイで引き分けを狙い、グループ首位通過を果たさないと!!

エトーは因縁めいた勝負に強いイメージがありますし、きっとやってくれることでしょう!!

ミランの勝利に慄く

>ジャッキー様

ミラン、良い意味で予想を裏切ってくれましたね。試合は観てないので分かりませんが、アウェイでの勝利は大きい。インザーギには改めて脱帽です。

鹿島対川崎の裁定も予想外の結果でしたが、totoで川崎の勝ちに賭けてた人は配当が減って怒ってるのではないでしょうか。一部メディアは岡田主審を批判していましたが、それよりもまず、きっちりとしたルールづくりを求めたいところですね。

ヴォルフスブルクも

>どらぐら様

あっさりホームで勝ちましたね!
( ゚Д゚)

私の予想は相変わらず酷いものです(苦笑)。
(;´∀`)

長谷部もロスタイムにちょっとだけ出たとか。次は先発目指して頑張ってほしいものです。

鹿島対川崎は、驚きの結果となりました。鹿島側はコストの問題から選手の同意を取り付けたうえで「判定負け」を主張していたようですが、理事会の判断は「フットボールファンの意見を尊重」だったんでしょうね。珍しく、褒めたい気分になりましたが、ちゃんとルールをつくり直す気はあるんでしょうか。。。広島への馬鹿げた制裁(一部報道では、広島は運営側に確認してOKをもらった上でのメンバーだったとか)を見る限りでは全く信頼できず、なんだかな~という気分です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)