FC2ブログ

07 | 2019/08 | 09

ノッツカウンティの野望、ついに動き出すか 

以前に「エリクソンと中東の野望」という記事を書いたのを覚えているだろうか。ラツィオやイングランド代表、メキシコ代表の監督を歴任したズベン・ゴラン・エリクソンが、中東資本に買われたノッツカウンティ(イングランド4部)のダイレクター・オブ・フットボール(主にスカウティング業務とユース世代の指導を担う)に就任し、10年後を目処に「プレミアリーグで優勝を争えるクラブ」へと成長させるという壮大な計画だ。この“イングリッシュ・ドリーム”実現への一歩として、クラブは今夏、元イングランド代表DFのソル・キャンベル(34)を5年契約で獲得。さらには、元ブラジル代表DFのロベルト・カルロスにも食指を伸ばしている。

※以下、Yahooより引用。

トルコ1部フェネルバフチェの元ブラジル代表DFロベルト・カルロスが、ノッツ・カウンティに移籍する可能性が高まっているようだ。

ノッツ・カウンティは、先月25日に元イングランド代表DFソル・キャンベルを獲得したばかりだが、英紙『ニューズ・オブ・ザ・ワールド』からのインタビューでは、さらなる補強を進めることを断言している。

「キャンベルはわれわれが契約した最初のビッグネームだが、彼が最後という訳ではない。完全移籍になるか期限付き移籍になるかは別として、数週間後にはさらに4、5人のビッグネームを獲得できることを期待している」

同クラブはまた、その補強ターゲットの最右翼がロベルト・カルロスであることも明らかにしていた。

「ロベルト・カルロスは、われわれの補強リストの1番目に名を連ねる選手だ。彼とはすでにコンタクトを取っている。彼は高額の年俸を希望しているが、それは構わない。なぜなら、ここではお金は問題にはならないからだ」

---------- キリトリ -----------

隠居生活には十分過ぎるほどの年俸を貰いつつ、古豪クラブのルネサンスに力を貸せるとすれば、ピークを過ぎた“レジェンド”達がこぞって集うかもしれない。実際、「まだ1部リーグでやれる」と言われていたソル・キャンベルが加入している。

この移籍劇はイングランドで驚きをもって迎えられており、アーセナルのヴェンゲル監督は「誰もが予想しなかった移籍だ。5月の段階で、彼がノッツ・カウンティに行くと予想した人がいるだろうか。まずいないだろうね」とコメント。トッテナムのハリー・レドナップ監督も、「私のなかでは、彼はいまでもプレミアリーグのトップ6に入るセンターバックだ。だから、あのディビジョンのノッツ・カウンティが獲得するとは、とにかく仰天したよ」と語っている。

ロベルト・カルロスが続き、さらにノッツの首脳陣が断言するように4~5人のビッグネームが加わるとすれば――。新シーズンの注目を、4部リーグのクラブが一手に集めてもおかしくないだろう。

---------- キリトリ -----------

明日、今節のイチオシ試合の第三回を公開します。既に、冒頭部分とフォーメーション図の作成は済んでおり、あとは本文執筆だけです。もう暫くお待ち下さい。

今夜はフットサルがあるため、手短に終えさせて頂きました。もし何か気になるニュースが突発的に出た場合、更新するかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

No title.

お疲れ様です。^^
日本対オランダは、内容はともかく結果は0-3と自分の予想が的中して幕を閉じましたーー;

それにしてもノッツカウンティというチームは凄いことになってますね。前に「エリクソンと中東の野望」という記事を読ませてもらいましたが、なんだか早くもプレミアに登場しそうな勢いではありませんか。w

なんだかFM2010でノッツカウンティに就任してプレーしたくなってきました。^^

ノッツカウンティ

始まりましたかね、これは^^;

ビッグネームと言っても、ピークを過ぎた選手となるのでしょうが、
さすがにロベカルが来るとなると、注目を集めるのは必至ですね。

彼らの野望がうまくいくかどうか、今後も目が離せませんな。

どうもです!

>ジャッキー様

予想的中ですか~。私は身内では0-2くらいかなと話してました。まずまず惜しかったなと。

ノッツはどうですかね~。お金はありますが、イングランドはプレミアだけでなくチャンピオンシップも生存競争が異常に厳しいですから。私は10年かかってギリギリかなと踏んでいます。

FM2010では金満になってそうですし、ノッツでプレーするのもいいかもしれませんね♪

本当に他に数人くれば

>どらぐら様

ロートルばかり集めても意味はありませんが、「1部のトップクラブでは厳しくても、1部の下位クラスなら」という選手を金でかき集められれば、案外早く2部くらいまで上がってくるかもしれません。

話題性には事欠かないクラブだけに、成功するにせよ失敗するにせよ注目したいと思いますwww

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)