FC2ブログ

06 | 2021/07 | 08

注目のニューフェイス~その他リーグ編~ 

先日のリーガ・エスパニョーラ編をトリとしたが、欧州リーグは4大リーグだけではない。今回は真の最終回として、ワールドサッカーダイジェスト8月20日号にて「注目のニューフェイス」として取り上げられた4大リーグ以外の所属選手を、Football Manager 2009の能力値とともに紹介する。


Josip Tadic(ヨシプ・タディッチ)  D・ザグレブ→グルノーブル

tadic (1)

Tadic.jpg

187センチの恵まれた体躯を生かし、ダイナミックにゴールに迫る姿は、まさしくポドルスキを連想させる。スピードに乗ったドリブル突破にも定評があり、決定力不足を克服できれば、さらなるキャリアアップも不可能ではない。05-06シーズンに移籍したレバークーゼンでは、フランサの後継者として期待されながら2軍落ちの屈辱を味わったが、4年の歳月を経て逞しさを増した。2度目の国外挑戦で同じ轍を踏むことはないはずだ。


Andre Santos(アンドレ・サントス)  コリンチャンス→フェネルバフチェ

andre santos

Santos_20090828224243.jpg

フィゲイレンセ、フラメンゴを経て08年に入団したコリンチャンスで国内屈指の左サイドバックへと成長を遂げた大器。高いフィジカルを生かしたディフェンスと高精度の左足クロス、強烈なミドルが売りで、まさしくロベルト・カルロスの大型版と言っていい。セレソンは今年6月の南米予選で初招集。その後のコンフェデでラミレスとともに名を馳せた。南アフリカから帰国した翌日には疲労を押し、志願してコッパ・ド・ブラジル決勝に出場するなど、その桁外れのタフネスも魅力の一つ。


Ramires(ラミレス)  クルゼイロ→ベンフィカ

ramires_benfica.jpg

Ramires.jpg

テクニック、スタミナ、判断力、スピードのすべてを兼ね備えた万能型のMF。そのプレースタイルはトニーニョ・セレーゾを想起させるが、ユーティリティー性と運動量はセレーゾを凌ぐとも評される。昨年は北京五輪で銅メダル獲得に貢献。ブラジル国内のベストイレブンにも選出された。今年6月にはA代表にデビュー。さらに直後のコンフェデで一気にブレイクを果たすなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで進化を続けている。今や足りないのは大舞台での経験くらいだろう。

---------- キリトリ -----------

さて、チャンピオンズリーグは予備予選が終了し、本戦の組み分け抽選会が行われました。

o0410030410242014087.jpg

o0410028410242013692.jpg

我らがインテルは、バルセロナ、ディナモ・キエフ、ルビン・カザンと同じグループFです。

まさかグループステージでイブラと“再会”することになるとは。

さらに、過去にも何度か一緒になり、その寒さに苦しめられてきたディナモ・キエフ、同じく極寒の地・ロシアの新興勢力ルビン・カザンと同組で、昨季とは難易度が雲泥の差です。厳しい戦いを余儀なくされるのは間違いないでしょう。

他の組をざっと見渡すと、BとCあたりが俗に言う「死の組」かなと。特にBは曲者揃いで、ユナイテッドといえども苦労するはず。あとはEも激戦になりそうです。逆に、Hはアーセナルの一強。組み合わせに恵まれました。

チャンピオンズリーグだけでなく、ヨーロッパリーグの組み分けも行われましたが、こちらはまた改めて。日本代表のオランダ戦招集メンバーについて一言だけ残すとすれば、「ようやく岩政を呼んだか!」です。中澤、闘莉王の後を継ぐのは彼しかいないですから。

---------- キリトリ -----------

本日もちょっと体調がイマイチのため、頂いたコメントへのレスおよびJつくのWikiでの作業は明日でお願い致します。とはいえ、明日は午後から親戚が来るため、そこまで本格的に時間は使えませんが。。。土曜日はユナイテッド対アーセナル、日曜日はJつくの会議&川崎対清水&ミラノ・ダービーですし、きちんと体調を整えて臨まないと。
スポンサーサイト



コメント

CL組み分け!

本当に良い若手が多いですね~w
是非FMで育ててみたい若手ばかりですよ!(笑)

さてCLの組み分けは面白い組み分けになりましたね!
インテル対バルサ、ミラン対レアル。
インテルはイブラと、ミランはカカとの因縁の対決って感じですね!
どちらも見逃せない試合です(^^♪

ちなみに、日曜の川崎戦は勝たせてもらいますよ(^_^;)
我が清水は川崎と相性が良いので、二位に浮上させてもらいます!(笑)

アンドレ・サントスとラミレス

の2人は、コンフェデでもお馴染みですよね。
ラミレスのベンフィカ行きはフジの中継でも触れられていたような気がしますが、
アンドレの方は初耳でした^^;

タディッチは祖母井さんが見つけてきたのでしょうか。

チャンピオンズリーグの組み合わせは、あからさまですよね(苦笑)
いきなり因縁対決(バルセロナvsインテル、マドリーvsミラン)とは。
さらにロシアとウクライナのクラブをグループに入れたことで、
バルセロナの連覇を阻止したいというのもよ~くわかりました。

FMの妙味は若手育成

>キッド様

若手が伸びるのを見ている時が至福ですw
(*´∀`)

多くの方がそうでしょうが、やっぱり青田買いに励んでしまいますよね~。

今回のCLの組み合わせは、色々と想像できて楽しいです。ミラノ勢のエースとの再会は盛り上がるでしょうね~。そして、コテンパンに負けたりしてwww
(;^ω^)

日曜日は2点差以上で負けると順位が入れ替わってしまうので、負けられません!かと言って、引き分けだと鹿島の独走に拍車をかけてしまうので、ここは心を鬼にして勝たせてもらいますよ!!!

ブラジル人は

>どらぐら様

ちょっと活躍すると、直ぐに注目されてしまうので、今回の2人はもはや有名どころですよね。
(;^ω^)

揃ってコンフェデで活躍しましたから。
(゚Д゚)ノ

アンドレ・サントスは行き先がフェネルですからね。日本では取り上げられないかもしれません。。。

タディッチはどうなんですかね~。間違いなく、彼のバルカン・コネクションが生きてそうですが。

CLはどうなんでしょうね。いつも抽選の“裏”が話題になりますが・・・。もっとも、うちはともかくバルセロナは今の強さなら寒さだろうが、何だろうが蹴散らしていきそうです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)