07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【一応完成】ナポリ日記・6 

FM2009日記 レジェンドリーグでGo!!

其の6


○これまでのあらすじ○

年が明けて、いよいよ連載も折り返し地点を通過。リーグ戦とUEFA杯の「二兎追い」はいつまで上手くいくのか?!




―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Napoli(4位) VS Hellas Verona(3位)

(゚Д゚)ノ  順位がすぐ上のクラブとの対戦だ。負けられないぞ。

(´(・)`) このエラス・ヴェローナは、スクデットを獲得した1984-85シーズンがモデルになっているようですね。

(*゚∋゚) 今ではセリエCまで落ちちゃったけどね・・・。

(´(・)`) キエーヴォ・ヴェローナとの立場はすっかり逆転してしまいました。

(゚Д゚) それを再逆転するのも、成り上がりプレーとしては面白いかもしれんな。

【要注目選手】

・Domenico Volpati

Volpati.jpg

(*゚∋゚) ドメニコ・ヴォルパティは、エラス・ヴェローナで165試合に出場して2ゴールを挙げているよ。

(´(・)`) 代表歴などはありませんが、20年間に亘りプロフットボーラーを続けた息の長い選手ですね。

Hans-Peter Briegel

Briegel.jpg

(*゚∋゚) 西ドイツ代表歴を有するハンス=ペーター・ブリーゲルは、エラス・ヴェローナのスクデット獲得の立役者の一人だよ。

(´(・)`) 監督としても、なかなか有能なんですよ。詳しくはこちらご覧下さい。

Pietro Fanna

Fanna.jpg

(*゚∋゚) ピエトロ・ファンナはエラス・ヴェローナ、ユベントス、インテルなどで5つのスクデットを獲得し、W杯の優勝メンバーにも名を連ねるなど、栄光に満ちた選手生活を送ったよ。

(´(・)`) ブルーノ・コンティの後継者ともされた名ウイングだったようです。

Preben Elkjaer Larsen

Elkjaer.jpg

(*゚∋゚) プレベン・エルケーア・ラルセンはデンマークの歴史的なストライカーで、代表では69試合で38得点を記録しているよ。エラス・ヴェローナのスクデット獲得も、彼の活躍なしにはなかっただろうね。

(´(・)`) W杯ではハットトリックを決めていますね。その他は、こちらをご覧下さい。

Giuseppe Galderisi

Galderisi.jpg

(*゚∋゚) ジュゼッペ・ガルデリシは白黒やミラン、エラス・ヴェローナなどで活躍したFW。メキシコW杯にも出場しているよ。選手キャリアの晩年はアメリカで過ごしたんだ。

(´(・)`) あまり情報はありませんが、その他はこちらを参照下さい。

その他に、シーズン前にボカから獲得したパレルモがいます。

Martin Palermo

Palermo.jpg

(*゚∋゚) マルティン・パレルモはボカの歴代最多ゴール記録を持つ屈強なFWだよ。南米選手権でPKを3本蹴って全て外したのが有名だけど・・・。

(゚Д゚)ノ 俺はその試合をテレビで観ていたぞ。あれには絶句したな。

(´(・)`) あまりにも印象が強すぎたせいか、その後は代表に縁がありませんね。また、欧州でも真価を発揮できたとは言えません。ただ、ボカでの活躍を見る限り、偉大なゴールゲッターであることに疑いの余地はありませんね。

【試合開始】

(゚Д゚)ノ  冬季休暇明けで“入り”は悪かったが・・・

(*゚∋゚) 2分で失点したからね。

(´(・)`) ただ、失点で目が覚めたのか、そこからのラッシュは凄かったですね。

(゚Д゚)ノ  ああ。27分には、ディエゴ様のCKにカレカがファーで合わせて同点。35分にはカレカのアシストを受けたディエゴ様が自ら決めて勝ち越すと・・・

(*゚∋゚) 44分にはまたもやCKからジオダが決めて3-1。後半にもカッサーニのクロスにカレカがヘッドで合わせて4点目、さらには80分にアレモンが5点目を奪取して、大楽勝だった。

(´(・)`) スタジアムが沸きましたね。

(゚Д゚)ノ  3位を叩き、3位に浮上。最高の再開となったぞ。

vsVerona-h.jpg

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Genoa(15位) VS Napoli(3位)

(゚Д゚)ノ  このジェノアは・・・キング・カズがいるな!!

kazu_20090821162902.jpg

(´(・)`) 色々な世代が入り混じっている不思議なチームですね。

(*゚∋゚) スクデットを9回獲得しているクラブにしては、妙に弱いけどね~。

【要注目選手】

・Lorenzo Buffon

LorenzoBuffon.jpg

(*゚∋゚) ロレンツォ・ブッフォンは、現イタリア代表のジャンルイジ・ブッフォンの祖父の従兄弟だよ。

(´(・)`) 主にミランで活躍し、W杯にも出場しています。詳しくはこちらで確認下さい。

Ottavio Barbieri

Barbieri.jpg

(*゚∋゚) オッタヴィオ・バルビエリは、1919年から32年までジェノア一筋の選手生活を送り、監督としても優れた実績を残したよ。

(´(・)`) 299試合に出場し、11ゴールを挙げたDFです。

・Virgilio Levratto

Levratto.jpg

(*゚∋゚) ヴィルグリオ・レヴラットは、1925-32シーズンにジェノアに所属し、188試合で84ゴールを挙げたよ。代表では28試合で11ゴール。オリンピックでは5試合で4ゴールを決めて銅メダル獲得に貢献したんだ。

Tomas Skuhravy

Skuhravy.jpg

(*゚∋゚) トマス・スクラヴィは、90年W杯でヘディングのみでハットトリックを決めたことで有名だよ。

(´(・)`) 高さがある屈強なFWで、同W杯では5試合5得点の活躍。チェコのベスト8進出を牽引しました。

(*゚∋゚) 実は、キング・カズのセリエA初ゴールをアシストしたのも彼なんだよね。

(´(・)`) 詳しくは、こちらが詳しいのでご覧下さい。

(´(・)`) そのカズさんは・・・

(*゚∋゚) ベンチにも入れてないよ。

(゚Д゚)ノ  代表戦から戻ったばかりでかもしれんが、どうやら元々サブ扱いのようだな。

【試合開始】

(-∀―#) 警戒していたミリートに先制されたものの、すぐさまディエゴ様のゴールで追い付き、その後は押し気味だったんだが・・・。

(´(・)`) 決定力に欠けましたね。

(*゚∋゚) ロスタイムには絶対絶命のピンチをベアラに救われたし、勝ち点1で御の字じゃない?

(-∀―#) 順位を1つ下げたがな。

vsGenoa-a_20090821162937.jpg

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Roma(2位) VS Napoli(4位)

(´(・)`) いつの間にかスルスルと順位を上げていたローマとの対戦です。

(゚Д゚)ノ  アウェイでは苦戦が予想されるが、前節の躓きをカバーするためにも何とか勝ち点3を狙いたい。

【要注目選手】

・Pietro Vierchowod


Vierchowod.jpg

(*゚∋゚) ピエトロ・ヴィエルコウッドは、41歳まで現役を続け、歴代4位となるセリエA通算562試合出場という記録を残した名DFだよ。

(゚Д゚)ノ 俺にとっては、マルディーニの前に「幾つまでやるんだよ」と思った選手だな。もちろん、良い意味で。高くて強いイタリアらしいDFだった。

(´(・)`) 詳しくはこちらをご覧下さい。

Aldo Maldera

Maldera.jpg

(*゚∋゚) アルド・マルデラは、主にミランで活躍したDF・MFで、ローマには3シーズン在籍して73試合6ゴール。3人兄弟ともプロフットボーラーだったんだってさ。

(´(・)`) ドリブルからのクロスには定評があったようで、能力値もその通りに設定されています。

Herbert Prohaska

Prohaska.jpg

(*゚∋゚) ヘルベルト・プロハスカは、オーストラリアのフットボール史に残るMFで、セリエAではインテルとローマで活躍したよ。

(´(・)`) 特にローマでは移籍初年度にスクデット獲得に寄与しており、当時は外国人選手に閉鎖的だったセリエAが門戸を開放するきっかけにもなったようです。

(*゚∋゚) その他はここで。

Roberto Pruzzo

Pruzzo.jpg

(*゚∋゚) ロベルト・プルッツォはローマ史上最高のストライカーと呼ばれる選手で、10年間の在籍中に3度の得点王に輝いているよ。

(´(・)`) トッティの前のクラブ最多ゴール記録保持者ですからね。その他の情報はこちらを参照下さい。

【試合結果】

(*゚∋゚) 開始から20分は防戦一方だったね。

(゚Д゚)ノ そういう困った時こそセットプレーだな。

(´(・)`) マラドーナが直接FKを決めて1-0でリードしました。

(゚Д゚) この勢いのまま後半で逆転と思ったんだが・・・

(´(・)`) 明らかなオフサイドを見逃されてしまい、追い付かれます。

offside.jpg

ヽ(`Д´)ノ ありえん!!!

(*゚∋゚) その後もチャンスはあったけどね~。

(-∀―#) 悔しいドローだな。順位も5位に落ちてしまった。

vsRoma-a_20090821163310.jpg

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Napoli(5位) VS Inter(4位)

(´(・)`) 勝ち点で並ぶ4位インテルとの試合です。

(゚Д゚)ノ  インテルとはこれで最後の対戦だからな。張り切っていこう!

(*゚∋゚) 選手も大紹介!!

【要注目選手】

Tarcisio Burgnich

Burgnich.jpg

(*゚∋゚) タルチシオ・ブルニチはインテルだけでなくイタリア代表でも10年余に亘り主力を張ったDFだよ。

(´(・)`) ウィキペディアによると、1970年W杯の決勝で対戦したペレについての言葉が有名なようです。「試合前、自分自身に『ペレだって皆と同じように皮膚と骨からできている』と言い聞かせて臨んだ。しかし、私は間違っていた」(※私の手による訳)。

(゚Д゚) 同じ人類とは思えないくらい凄かったってことなんだろうな。

Armando Picchi

Picchi.jpg

(*゚∋゚) アルマンド・ピッキは、1960年代半ば頃までのインテルの黄金時代を支えたリベロだよ。

(´(・)`) 不治の病に侵され、僅か36歳で亡くなっています。現在、リヴォルノのスタジアムにその名を残しています。

(゚Д゚) インテルの前にリヴォルノで105試合に出場しているからだな。

Aristide Guarneri

Guarneri.jpg

(*゚∋゚) アリスティーデ・グアルネーリも前述の黄金時代に活躍したDFで、333試合に出場して3ゴールを決めているよ。

(´(・)`) ピッキとのペアは鉄壁と言われたそうです。1968年のユーロ優勝メンバーの一人ですが、代表には21試合の出場にとどまっています。

Bruno Bolchi

Bolchi.jpg

(*゚∋゚) ブルーノ・ボルキもまた黄金時代のMFで、海外のウィキペディアによると彼はパニーニ社の選手カード第1号として有名なんだって。

(´(・)`) それから、小笠原満男選手がいた頃(06-07シーズン)のメッシーナで監督を務めています。

Gianfranco Bedin

Bedin.jpg

(*゚∋゚) 同じく黄金時代に名を連ねるジャンフランコ・ベディンは、今で言うとガットゥーゾのようなMFだったみたい。

(´(・)`) 詳しくはこちらで。

Carlo Tagnin

Tagnin.jpg

(*゚∋゚) カルロ・タニンも同様に黄金時代を過ごし、中盤の一角を占めたよ。

(´(・)`) 残念ながら2000年に骨肉腫で亡くなっています。

・Sandro Mazzola

SandroMazzola.jpg

(*゚∋゚) サンドロ・マッツォーラについては父親の時にも触れたけど、父に勝るとも劣らないファンタジスタで、インテルとイタリア代表のゲームメーカーを務めたよ。

(´(・)`) グランデ・インテルの攻撃の柱でした。詳しくは、こちらを。

Jair Da Costa

DaCosta.jpg

(*゚∋゚) ジェイル・ダ・コスタは、グランデ・インテルの右の翼を担い、電光石火のスピードと鋭敏な得点感覚を誇ったよ。

(´(・)`) ブラジルが優勝した1962年のW杯のメンバーでした。

・Mario Corso

Corso.jpg

(*゚∋゚) マリオ・コルソは、「魔法の杖」と称された左足でグランデ・インテルに多くのゴールをもたらしたよ。

(´(・)`) 詳しくはこちらを。

・Didi

Didi.jpg

(*゚∋゚) ヴァルディール・ペレイラ、通称“ジジ”は、この冬に45億円でフルミネンセから移籍してきたブラジルのフットボール史に残る名MFだよ。急激に揺れて落ちる「フォーリャ・セッカ(枯れ葉)」と呼ばれるキックは、漫画にも出てくるほど有名だよね。

(´(・)`) 草場道輝の「ファンタジスタ」ですね。知られた選手ですし、その他の逸話はこちらをご覧下さい。

(゚Д゚) そして、監督は・・・

Helenio Herrera

Herrera.jpg

(´(・)`) (*゚∋゚) エレニオ・エラーラ!!!

(゚Д゚)ノ 説明不要の大監督だ。“カテナチオ”の創始者とも言われているな。「魔術師」という敬称が表す通り、卓越した“監督力”で多くのタイトルをもたらし、インテルではグランデ・インテルをつくり上げた。

【両者のフォーメーション】

vsInter-h_20090821164109.jpg

(゚Д゚) 早速、ジジを使ってきたな。

(´(・)`) その分、スアレスのポジションが1列下がったのは我々にとってありがたいですね。

(*゚∋゚) 前回、手痛い目に遭っているからね。

(゚Д゚)ノ  うちはほぼ変わっていないが、カペッロのコンディションがイマイチのため、クリッパを起用した。それから左サイドバックに守備力を買ってパヌッチを入れている。

(´(・)`) 加えて、相手の前の3人にはタイトマーク&ハードタックルですね。

【試合ダイジェスト】

先制したのはホームで滅法強いナポリ。パスを左右に動かしてゴールに迫ると、アレモンの意表を突くヒールパスに、エリア外から走り込んできたクリッパが豪快にネットを揺すった。

さらに、アレモンのスルーパスに反応したカレカがきっちりと決めて2-0。守備陣も冷静に相手の攻撃を防ぎ、決定的なチャンスをつくらせず、2-0で快勝!!

vsInter-h-r.jpg

(゚Д゚)ノ カペッロの代打のクリッパが結果を出してくれたな!

(*゚∋゚) ブラボー!!

(´(・)`) これで2位に浮上しました。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【1月の移籍まとめ】

transfer-january.jpg

(゚Д゚;) おいおい、レアル・マドリーはどんだけ金を持ってるんだ?!

(´(・)`) ジャイルジーニョとJose Nasazziとジトの3人で144億円ですからね。実は、この表以外にラピド・ウィーンから23億円でフランツ・ビンダーを獲得しているので、総額は167億円です。

(゚Д゚;) もはや常軌を逸してるな。

(*゚∋゚) バルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、ミランなんかも100億円以上を投下しているよ。

┐(´∀`)┌ うちはうち、よそはよそだが、羨ましいこって。

(´(・)`) もっとも、セリエAのクラブはそこまで動いてないので、影響は僅かですよ。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

2月1日

Spal(13位) VS Napoli(2位)

(゚Д゚) もう2月か~。プレー期間も残りは3カ月ちょっとになったな。

(´(・)`) ミランの状態を見る限り、スクデットに届くかどうかは微妙ですが、最後まで近い距離で追っていればチャンスはあるかもしれません。そのためにも、下位相手には取りこぼせませんよ。

(*゚∋゚) 上位は団子状態だしね~。

【要注目選手】

(*゚∋゚) 前回対戦した時も書いたけど、ほとんど知らない選手だから、レイティングの上位とゴール数の上位からピックアップしてみたよ。

・Edy Reja

Reja.jpg

(*゚∋゚) エドアルド・レヤは、選手としてよりも監督としてのキャリアが有名なイタリア人だよ。ヴィチェンツァ、カリアリをセリエAに昇格させるなど、“昇格請負人”とも言われているんだって。08-09シーズンの途中までナポリの監督を務めていたことでも知られているね。

(´(・)`) 詳しい経歴はこちらをご覧下さい。

Gianfranco Bozzao

Bozzao.jpg

(*゚∋゚) 日本語の読み方さえ分からない(ジャンフランコ・ボザオ?)選手だから、イタリア語のウィキペディアを翻訳したんだけど、Spalで228試合に出場して1ゴールの元イタリア代表DFみたい。

Riccardo Innocenti

Innocenti.jpg

(*゚∋゚) セリエAとBで300試合以上に出場したMFで、Spal時代の活躍が認められてミランで1年間過ごしているよ。

(´(・)`) ちなみに、キャリアの大半はペルージャで過ごしています。

【試合結果】

(´(・)`) 敵地でも1倍台のオッズでしたが、その支持に応える内容でした。

(゚Д゚)ノ  ディエゴ様の先制点に始まり、後半はディエゴ様のセットプレーから2ゴールだ!

(*゚∋゚) 最後の失点は余計だけどね。

(-∀―#) こいつらにそんな集中力を期待しちゃダメだ。

vsSpal-a.jpg

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Napoli(5位) VS Udinese(15位)

(゚Д゚)ノ  引き続き下位を叩くとするぞ!

(´(・)`) ホームですし、アウェイでも勝ってますからね。

(*゚∋゚) フラグを立てるわけじゃないけど、ここはあっさり通過できそう。

【要注目選手】

・Martin Jorgensen

Jorgensen.jpg

・Giuliano Giannichedda


Giannichedda.jpg

(*゚∋゚) マルティン・ヨルゲンセンとジュリアーノ・ジャンニケッダはともにまだ現役の選手だから、解説は要らないよね。

(´(・)`) こちらこちらをご覧下さい。

(゚Д゚)ノ  ともに名も無きクラブからウディネーゼが引っ張ってきて(ヨルゲンセンはデンマークのオーフスから、ジャンニケッダは当時セリエC2のソーラから)、代表選手に育てたんだよな。スカウトの目の確かさを示す好例だな。

・Johan Walem

Walem.jpg

(*゚∋゚) ヨハン・ワレムは、ベルギー代表で活躍したテクニシャンだよ。英雄シーフォの後継者として期待されたけど、なかなか見合うパフォーマンスを見せられず、94年と98年のW杯メンバーには選ばれず。

(´(・)`) 2000年のユーロも怪我で欠場でした。それでも、2002年W杯ではロシア戦で1得点1アシストを記録。チームをベスト16入りへと導きました。

(*゚∋゚) その他については、ここを見てね。

【試合結果】

(゚Д゚)ノ どこぞのバカが立てたフラグにも負けず、前半だけで3点を奪ってあっさりと勝ったぞ。

(´(・)`) 後半の内容はやや物足りませんでしたが・・・。

(*゚∋゚) しかも、カプアーノが全治3~4週間だって。。。

(-∀―#) 貴様が余計なフラグを立てたからだろ!!

vsUdinese-h_20090821164629.jpg

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Napoli(2位) VS Bari(20位)

(゚Д゚)ノ これまたボーナスゲームだな。

(*゚∋゚) 次も10位以下に沈んでいるボローニャとだし、この4試合で勝ち点を伸ばしたいね。

(´(・)`) その次がグランデ・トリノですからね。

【要注目選手】

・Gianluca Zambrotta


Zambrotta.jpg

(*゚∋゚) ジャンルカ・ザンブロッタは・・・説明不要だよね。

(´(・)`) リアルでは昨季、怪我に泣きましたから、今季に懸ける想いは強いでしょうね。その他の情報はこちらから。

(*゚∋゚) タクシーの乗車拒否に遭って合流に遅刻とかwww

(´(・)`) それぐらい、海外では自分の応援するクラブを心底愛しているってことですよ。

Igor Protti

Protti.jpg

(*゚∋゚) イゴール・プロッティはセリエC~Aで582試合に出場し、220ゴールを挙げたストライカーだよ。バーリでの95-96シーズンには得点王にも輝いてるけど、チームは降格。降格チームから得点王が出たのはこの時だけなんだってさ。

(´(・)`) セリエC~Aの全てのカテゴリーで得点王になったのも彼だけだそうです。その他はこちらから。

【試合結果】

(゚Д゚)ノ  ピオラの決定力とスキラッチの見事な移籍後初ゴールで3-0快勝だ。

vsBari-h_20090821164815.jpg

(´(・)`) 相手に枠内シュートを1本も許さないという完璧な立ち回りです。

(*゚∋゚) スキラッチのゴールは40メートル近い距離からのFKで、これは月間ベストゴールに選ばれるレベルだね。

(゚Д゚)ノ  ミッドウィークに控えるUEFA杯決勝トーナメント1回戦に向け、いい助走になったぞ。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Napoli VS Zenit:UEFA杯決勝トーナメント1回戦第1節

(´(・)`) さて、UEFA杯もいよいよ決勝トーナメントが始まります。

(゚Д゚) 相手はロシアの強豪ゼニトか・・・。

(*゚∋゚) でも、ゼニトが欧州で実績を残しているのって、ここ数年だよね。

(´(・)`) 2007年にリーグ初優勝、07-08シーズンのUEFA杯を優勝しましたが、これらのタイトルは2005年にガスプロムが経営権を握ってからです。

(゚Д゚) ガスプロムについては黒い話も聞こえてくるが、ロシアの暗部に触れるのは危険だからな。止めておこう。

(*゚∋゚) 暗部で思い出したけど、ゼニトってロシア語で「絶頂」って意味なんだよ。なんか、ちょっとエッチだよね。

(゚Д゚;) 「暗部で思い出したけど」って、まさか暗部から陰部を発想して、絶頂に至ったということか?!


    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
    _)                                                (_
    _)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (_
    _)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (_
    )                                                (
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
 /   , ,ィ ハ i、 、     !   /''⌒ヽ-─‐- 、     、ー'´         \ .イ   , ,ィ ハ i 、 .   |
 /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |   ゝ ,、.___,  \  >       ,       !  | ,ィ/l/ l/ uハlヽトiヽ. |
  イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│  「 ./       u \  |  ≧  , ,ィ/ハヽ\   |   |/゙>r;ヘ '-‐ァr;j<`K
  r、H   ┴'rj h ‘┴ }'|ト、  |./        ヽ |  1 イ/./ ! lvヾ,.ゞ、 ! .ry   ┴ 〉   └'‐ :|rリ
  !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ r|´゙>n-、ヽ-rj='^vヽ _レ「゙f.:jヽ ーT'f.:j'7`h |t|.   ヾi丶     u レ'
  ヾl.     fニニニヽ  u/‐'  :|r|  ー "j `ー ′ h゙リ {t|!v ̄" }  ` ̄  !リ ヾl u  iニニニヽ   /|
    ト、  ヽ.   ノ u,イl.    ヾ! v  ヾ__ v イ‐' ヾl   ヾ_  v ./'    ト、  、__丿u ,イ ト、
   ,.| : \  `ニ´ / ; ト、    ト.、u L_ フ , ' |.    ト、u ヾー `> /.|.   ,| ::\     / ; / \
-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー- ⊥:`ヽ. __ / ,' |    | :\   ̄ /,' ト、_ /〈 ::  ` ー '   ,'/   「
  /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、 , ' '>-,、.._ノ ::  `ー '   /,.イ   \::     /      |
 /     \    /     |        | ヽ-‐'´ _,.ヘ<  _::   _,. イ/ |     ,.へ、 /´\       |


Σ(´(・)`;) いつからエロキャラに・・・。

グハッΣ(゚∈゚*(○=(´∀\*)モォエッチー!!

Σ(´(・)`;) 監督まで・・・。

【要注目選手】

・Ramon Diaz

Diaz.jpg

(*゚∋゚) ここからは真面目にやるよ。日本でもお馴染み、ラモン・ディアスだね。冬にAvellinoから440Mで移籍してきたよ。

(´(・)`) マラドーナとの確執から代表での実績は乏しいですが、国内外でゴールを量産し、Jリーグの黎明期には横浜マリノスに在籍。2試合連続ハットトリックを含む32試合28ゴールでJリーグ元年の得点王に輝き、「黄金の左足」と崇められました。

(*゚∋゚) 監督人生の滑り出しもまずまず順調みたい。その他はここから。

Romeo Benetti

Benetti.jpg

(*゚∋゚) ロメオ・ベネッティは、イタリア代表で55試合に出場した優秀な守備的MFで、ミランやユベントスでタイトル獲得に貢献したよ。カペッロとのトレードで白黒に行った話も有名みたい。

(´(・)`) 当時、話題になったようですね。カペッロの方が1歳年下で「ミランが得をした」と言われていましたが、ミランでのカペッロは鳴かず飛ばず。一方のベネッティは白黒でも好パフォーマンスを続け、78年のアルゼンチンW杯に主力として出場しています。

(*゚∋゚) 明暗分かれたわけか。フットボールって、やっぱりドラマだよね~。

・Vyacheslav Malafeev

Malafeev_20090821165148.jpg

(*゚∋゚) ヴヤチェスラフ・マラフェーフは、現在もゼニトに所属しているGKだよ。うっかりミスも多いけど、ゼニトの躍進は彼のセーブがあってこそ。ロシア代表では常に2番手だけどね。

【両者のフォーメーション】

vsZenit-h-f.jpg

(゚Д゚)ノ ゼニトはクリスマスツリーか。

(´(・)`) 主力のほとんどが現実で在籍中の選手ですね。

(*゚∋゚) イゴール・デニソフとかダニーとかだね。

(´(・)`) 油断は大敵ですが、個人の能力を比較すると負ける相手ではありません。

(゚Д゚) 怪我で長期離脱していたが、現実ではマラドーナのナポリで守護神を務めていた選手だ。SSは撮っていないが、能力的にはベアラとさほど変わらないぞ。

(*゚∋゚) あとはコンディション重視のローテーションだね。

【試合ダイジェスト】

ナポリは24分、センターサークル付近からのFKにフリーで抜け出したピオラが合わせて先制すると、38分にもアレモンが絶妙な飛び出しでパスを受けて2-0。さらにマラドーナの鮮やかなシュートで3-0とすると、終了間際にはPKでダメ押し。初戦は4-0の圧勝で飾った。


vsZenit-h-r.jpg

(゚Д゚;) Σ(´(・)`;) Σ(゚∈゚*;) びっくりするほどユートピア!


まず全裸になり
             (  : )
        ( ゜∀゜)ノ彡
        <(   )
        ノωヽ

 自分の尻を両手でバンバン叩きながら白目をむき
           从
       Д゚  )  て
        ( ヾ) )ヾ て
           < <

      人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人
    Σ                           て
    Σ  びっくりするほどユートピア!        て人__人_
    Σ         びっくりするほどユートピア!      て
     ⌒Y⌒Y⌒Y)                          て
             Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
 _______
 |__       ヽ(゜∀゜)ノ
 |\_〃´ ̄ ̄ ヽ..ヘ(   )ミ
 | |\,.-~´ ̄ ̄   ω > (∀゜ )ノ
 \|∫\   _,. - 、_,. - 、 \ (  ヘ)
   \   \______ _\<
    \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
      \||_______ |

これを10分程続けると妙な脱力感に襲われ、解脱気分に浸れる


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Bologna(暫定13位) VS Napoli(暫定3位)

(゚Д゚)ノ ボーナスゲームのフィナーレを飾るのは、ボローニャだ。

(´(・)`) 敵地ですし、前後にゼニト戦が挟まっているのは不安要素ですが・・・。

(*゚∋゚) まぁ、ゼニトとの再戦は控えでも大丈夫だし、ここに集中しようよ。

【要注目選手】

・Helmut Haller


Haller.jpg

(*゚∋゚) ヘルムート・ハーラーは、「ブロンドの稲妻」と呼ばれたドイツのMFだよ。ボローニャのスクデット獲得を支え、白黒に移籍してからも2度のスクデットをゲット。西ドイツ代表としてもW杯に3回出場しているね。

(´(・)`) 詳しくはこちらこちらをご覧下さい。

(゚Д゚)ノ FM内での顔を見る限りでは、ブロンドの稲妻というよりも猿の惑星だがな。

Σ(´(・)`;) Σ(゚∈゚*;) ちょっと、ちょっとちょっと!!

・Ezio Pascutti

Pascutti.jpg

(*゚∋゚) カタカナだとエツィオ・パスクチかな?彼はボローニャ一筋の選手生活を貫き、セリエAに296試合出場して130ゴールを挙げたよ。イタリア代表では17試合8ゴール、1962年と66年のW杯にも出場しているね。

(´(・)`) 素晴らしい記録ですね。手元には15位までの記録しかありませんが、それが156ですから、30位以内には入るのではないでしょうか。

・Giuseppe Vavassori

Vavassori.jpg

(*゚∋゚) ジュゼッペ・ヴァヴァッソーリは、主にユベントス、カターニャ、ボローニャの守護神を務め、スクデットを3回獲得しているよ。監督のジョバンニ・ヴァヴァッソーリじゃないからね。

(´(・)`) ジュゼッペ・ヴァヴァッソーリは残念ながら不治の病で1983年に49歳で亡くなりました。

【試合結果】

(゚Д゚)ノ いつものようにディエゴ様の美し過ぎるFKで先制だ!

(´(・)`) しかし、削られて直後に退場しました・・・。

(-∀―#) その代わりに入ったスキラッチがゴールを決めたのは良いことだし・・・

(*゚∋゚) 内容が悪い中でも勝ち点3を獲得できたんだから、許そうよ。

(´(・)`) あとはマラドーナの怪我の具合ですが・・・。

(*゚∋゚) 無事だったって!!!

( TДT) よかった~

Σ(´(・)`;) Σ(゚∈゚*;) 泣いてるよ・・・。

vsBologna-a.jpg

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Zenit VS Napoli:UEFA杯決勝トーナメント1回戦第2節

(゚Д゚)ノ 初戦の結果(4-0)でほぼ勝ち抜けは決まっているし、直後にトリノ戦があるからな。サブメンバー主体でいいだろう。

(´(・)`) 書き忘れていましたが、決勝トーナメントの前の選手登録時に、きちんとメンバーを修正して(グループリーグはインタートトカップの登録メンバーから変更できず、バスラーなどを起用できなかった)だいぶ選択肢が増えましたからね。

(*゚∋゚) さすがに0-4以上の大敗はないだろうし、先を見据えて主力は温存だ!

【試合結果】

※SS撮り忘れのため、後ほど。

(゚Д゚) この試合の結果はともあれ、あっさり2回戦に進めたな。

(´(・)`) 次はアストン・ビラ戦です。

(*゚∋゚) プレミアリーグのチームか~。どんなメンバーなのか分からないけど、イングランドってフットボールの母国だけあって昔から強いよね。怖いな~。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

長期連載かつ1回の更新に6時間はかかる辛さで筆者のモチベーションが落ちつつあるのは気になるもののw、セリエAでは優勝争いに首を突っ込み、UEFA杯も決勝トーナメント1回戦を突破したナポリ。この快進撃はどこまで続くのか?!


次回へ続く!!

---------- キリトリ -----------

<編集後記>

また久しぶりになってしまいましたが、第6回をお届けしました。

進行に全く波乱がないため、面白さに欠けますね。かと言って、無理矢理ネタを詰め込むわけにもいかず・・・中途半端なプレー日記になってしまいました。もっとも、強いチームを使って、シンプルな戦術で戦っている以上、そうそう変わったことなんて起きないんですけどね。
(;´∀`)

あまりの単調さに飽きてきていてw、今は「Jリーグをつくろう」企画についてあれやこれやと考えてばかりいます。一応、エディターの使い方も確認しました。とりあえず、次はそれを解説した方がいいんでしょうかね。あとは、大変ありがたいことにMakozさんが過去の傑作を、towaさんが現在作成中の雛形を披露して下さるということなので、直接指導を受けた後、それに則って粛々と入力作業を進めていきたいと思います。入力作業は発売後にしかできませんが、データの作成は発売前からでもできますからね。もちろん、私自身も情報収集や素案づくりに取り組みます。

最後に、予想以上に多くの方が参加を表明して下さったことに心から感謝を。まだまだ参加をお願い中です。どんな形でもいいので、参加頂ける方がいらっしゃれば、お声かけ下さいませ。

【現在の参加予定者】

筆者、soーtaさん、Yatusさん、towaさん、PIKOさん、誠さん、キッドさん、Makozさん、どらぐらさん

※名前の順番は適当です。
スポンサーサイト

コメント

レアルマドリー

レアルマドリーはこの世界でも超お金持ちなんですねw総額160億円越えの補強ってどんなんやねんってwww

セリエで3位なのでこの勢いを持続して是非ミランからスクデットを奪っていただきたいですな!


ラモン・ディアス

プレイした姿はあんまり覚えてないのですが、名前はよく覚えています。
Jリーグが始まった頃は、アルゼンチンの選手も来てくれていたんですよね。
主に当時の横浜マリノスに所属していましたな。

今は南米出身と言えばブラジル人選手が圧倒的に多いですね。

No title.

それにしても掘り下げて紹介されると知らない選手が多くて、恥ずかしながらついていけなくなってしまいますね。
なので、本当に勉強になります!

これはある種、FMの枠を飛び越えてサッカー史の教科書みたいですね。

この世界はバブルのようですw

>HHH様

しかも、冬だけで使ったお金ですからね~
(;´∀`)

夏も合わせると、恐らく300億円は下らないかとw

幸い、セリエAのクラブはそこまでバブリーではないので、なんとか上位を追いかけていきたいと思います。

なんて言いながら、もはや試合は適当に流してるんですがwww

ディアスは

>どらぐら様

「横浜マリノスには、毎試合のようにゴールを決める凄い外国人がいるな~」と思っていた記憶があります。当時はヴェルディかマリノスかという頃でしたし(あとは鹿島ですか)、母親がヴェルディの追っかけをやっていたこともありw、Jの創成期は結構試合を観てました。

ご指摘の通り、当時はアルゼンチン人が多かったですよね。今は、ほとんどがブラジル人になってしまいましたが。逆に言うと、Jクラブでも手に入れられるレベルで、しかもかなりの能力を持った選手がブラジルには山ほどいるってことですよね。さすがは世界最高の輸出国です。

私も全く知りませんよw

>DeepSS様

はっきり言って、こんな日記を書いていなければ知ることもなかったでしょうw
(;^ω^)

とはいえ、フットボールについて語るには、過去・現在・未来を全て見ていなければならないと思いますし、個人的には得るものがとても多いです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。