04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【加筆】ナポリ日記・4 

FM2009日記 レジェンドリーグでGo!!

其の4




○これまでのあらすじ○

あらすじ?

それよりも、この日記を書き上げたら5時間以上もかかったぞ!!

その無駄な労力を、とくとご覧あれwww

誤植、重大なミスも勘弁!

とにかく、これにて公約は守られたり!!





―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Napoli(3位) VS Sampdoria(7位)

(゚Д゚)ノ ミラン戦に続いては、これまた名門のサンプドリアだな。

(´(・)`) 90年代後半から2000年代前半はやや低迷しましたが、経営陣と監督の手腕で徐々に復興を遂げつつありますね。

(*゚∋゚) リアルでは昨季、カッサーノとパッツィーニのコンビが得点を量産して話題を集めたよね。

(゚Д゚) 最終的には12位に終わってしまったが、良いフットボールをしていた時期もあったな。来季はデル・ネーリの下で欧州カップ戦出場権を目指すようだが、ローマ時代に揉めたカッサーノとの関係次第だな。

(´(・)`) ただ、カッサーノはあの頃のカッサーノではありませんし、インタビューでも「今度は上手くやれるさ」と語っていました。デル・ネーリ自身もカッサーノの人間的な成長を認めていましたし、もう問題は起きないかもしれませんね。

(*゚∋゚) カッサナータが“死語”になっちゃったのはちょっと残念だよね。

(-∀ー#) お前はヤジウマか。

(*゚∋゚) それと、自伝によれば「今までに600~700人の女性と関係を持った」らしいけど、やっぱり夜もファンタジスタなのかな。

(;゚Д゚) お前はそんな下ネタキャラだったか?

(´(・)`) 話がリアルの方向に振れてしまいましたが、このサンプドリアはスクデットを獲得した90-91年の黄金期のチーム「サンプ・ドーロ」ですね。

(゚Д゚)ノ マンチーニ、ヴィアリのコンビが栄光をもたらしたんだよな。

(*゚∋゚) マンチーニがシーズン前にレアル・マドリーへ移籍して、そのコンビを見られないのは残念だけど、うちにとってはありがたいね。

【要注目選手】

・Gianluca Pagliuca

Pagliuca.jpg

(*゚∋゚) 90年代最高のGKの1人で、GKのセリエA最多出場記録を持っているよ。

(´(・)`) アメリカW杯での雄姿を見て、監督はGKをやろうと思ったんですよね。

(゚Д゚)ノ  そうだ。彼がいなかったら、俺はGKになっていなかったかもしれない。ややエキセントリックな性格で、私生活では色々と問題も起こしているが、ピッチ上の彼は他の追随を許さないGKだった。欠点は皆無で、凡ミスもほとんどなかったしな。

・Srecko Katanec

Katanec.jpg

(*゚∋゚) 元ユーゴスラビア代表で、イビチャ・オシムの愛弟子の一人だね。

(´(・)`) マラドーナのナポリとUEFA杯決勝を戦い、敗れた時のシュツットガルトにもいたようです。現在はUAEの代表監督を務めています。

(*゚∋゚) その他は、こちら

・Toninho Cerezo

Cerezo.jpg

(*゚∋゚) 伝説的なブラジル代表の「黄金の中盤」の一人で、これぞボランチという選手だったね。気の利いたプレーでチームの舵を巧みに操り、多くのタイトルに恵まれたよ。

(´(・)`) ローマでチャンピオンズカップ準優勝、コパ・イタリア優勝2回、サンプドリアでクラブ初のスクデット獲得、サンパウロでトヨタカップ2連覇ですね。

(゚Д゚)ノ  選手としての活躍はもとより、監督としても鹿島アントラーズで6シーズンの在任中に5つのタイトルを獲得している。現在はUAEのアル・シャバブ・ドバイの監督を務めているな。

(*゚∋゚) 詳しくは、こちらを。

・Gianluca Vialli

Vialli.jpg

(*゚∋゚) 90年代のイタリアを代表するトップクラスのゴールスコアラー。アクロバティックなゴールが多く、そのプレーぶりは躍動感に満ち溢れていたよ。

(´(・)`) 代表では地元開催のW杯でスキラッチに主役の座を奪われるなど若干影が薄かったですが、クラブシーンでは多くのタイトルを獲得しています。チェルシーではプレイングマネージャーというフットボール界では珍しい職業も担いました。

(゚Д゚)ノ  俺の中では坊主のイメージが強いんだが、往時は髪がふさふさだったんだな。

(*゚∋゚) 監督って髪の毛の話題が好きだよねw

(-∀―#) 自分の心配の裏返しなんだよ。

(´(・)`) でも、監督の家系はとりあえず皆さん“無事”なんですよね。

(-∀―#) まぁな・・・。

(*゚∋゚) 本題から離れちゃったから、あとはここを参照してね。

【試合結果】

(*゚∀゚)=3  ディエゴ様の40メートル級スーパーシュートが炸裂したぞ!!

(´(・)`) その後、ネリのゴールで逆転勝利を収めましたが・・・

(*゚∋゚) こんな低調な内容だとね・・・

vsSampdoria-h_20090731231259.jpg

(-∀―#) まったくもって喜べないな。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Napoli VS AEK:UEFA杯グループステージ第2節

(゚Д゚)ノ UEFA杯も第2節を迎えた。相手はギリシャの強豪AEKだ。

(´(・)`) 歴代のギリシャ代表で構成されていますね。

(*゚∋゚) ずば抜けた選手はいないけど、なかなか粒揃いだね。

(´(・)`) ホームですし、ここは勝ちたいところですが。

(゚Д゚) あっさりと勝たせてはくれなそうだな。

【要注目選手】

・Sebastian Saja

Saja.jpg

(*゚∋゚) ギリシャ人を中心に構成するチームにあって、守護神を務めるのはアルゼンチン人の彼。サンロレンソで長くプレーしていて、2002年には南米最優秀GKに選ばれた経験もあるよ。この活躍でアルゼンチン代表にも選ばれ、7試合に出場。その後、レンタルで色々なクラブに行った後、08年からはAEKに在籍しているよ。つまり、現役の選手だね。

・Mimis Papaioannou

Papaioannou.jpg

(*゚∋゚) AEK一筋のレジェンドにして、「ギリシャ史上最高のフットボーラー」にも選ばれたことのあるスーパースターだよ。リーグ戦には483試合に出場して234ゴール。この数字は次に紹介するThomas Mavrosに抜かれるまで長く歴代1位だったよ。代表でも61試合で21ゴールを挙げてるね。

・Thomas Mavros

Mavros.jpg

(*゚∋゚) Papaioannouの記録を破ったのが、彼。16歳でギリシャ・スーパーリーグで最年少ゴール記録を打ち立てると、1970年から91年までで501試合に出場し260ゴールを記録したんだ。「神」というニックネームが、彼の凄さを物語るよね。

(´(・)`) 日本ではニコス・マフラスの方が有名でしょうが、ギリシャでマフラスといえばトマスなんでしょうね。

(゚Д゚;) 俺もてっきりニコス・マフラスのことだと思ってたぞ。

【試合結果】

(-∀―#) ディエゴ様のプル・アウェイの動きから決めたゴールは見事だったが・・・

(*゚∋゚) 終了間際にマフラスの直接FKを浴びてドロー。

(´(・)`) ホームで痛恨ですね。

vsAEK-h.jpg

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Lazio(6位) VS Napoli(3位)

(゚Д゚;) こ、このラツィオは・・・

(´(・)`) チリオのセルジョ・クラニョッティが会長に就任し、金満になった時代のラツィオですね。

(*゚∋゚) エリクソン監督で26年ぶりのスクデットを手にした時(99-00)のチームがベースなのか~。これは手強いね。

【要注目選手】

・Sinisa Mihajlovic

Mihajlovic.jpg

(*゚∋゚) 近年を代表するレフティーだよ。FKだけでハットトリックを達成した(98年のサンプドリア戦)のはあまりにも有名。「偉大なる左足」と讃えられたね。

(´(・)`) 晩年はセンターバックとしてプレーしていましたが、元々はディフェンシブハーフの選手です。ウイングやサイドバックもこなしました。エリクソンが後方からの組み立てを期待してリベロに据えたのがセンターバックになった理由で、スピードと運動量の衰えもあって、その後はどのチームでもセンターバックを務めましたが、本職でない分、マークのミスなどもありました。

(゚Д゚) 彼には守備でなく、組み立てやセットプレーのキッカーとしての役割が期待されていたからな。

(´(・)`) 怒りで我を忘れたり、数々の問題発言を残したりと、問題行動も多かったですが、フットボール史に残る名キッカーでしょう。詳しくは、こちらを。

・Alessandro Nesta

Nesta.jpg

(*゚∋゚) 17歳でラツィオからデビューした、近代最高のセンターバック。強さ、高さ、スピード、知性の全てを高次元で備え、全盛期にはどんなタイプのFWも完璧に抑え込んだよ。ディフェンシブハーフをしていたことがあり、足元の技術も正確。怪我に祟られなければ、もっともっと国際的な名声を得ていただろうね。

(´(・)`) 人格者としても知られていますし、素晴らしいフットボーラーです。

(゚Д゚)ノ そういえば、以前に「ウイニングイレブンのやり過ぎで腱鞘炎になった」というゴシップが出たが、あれは本当だったんだろうか。

(´(・)`) さすがに嘘だと思いますが、それくらい好きらしいですよ。

(*゚∋゚) 他の逸話はここを参照にしてね。

・Diego Simeone

Simeone.jpg

(*゚∋゚) そのイカツイ顔の通り、ハードマークとハードタックルで相手の攻撃の芽を摘むクラッシャーだよ。闘志溢れるプレーは、ガットゥーゾよりも迫力があったね。

(´(・)`) 代表では106試合に出場して11ゴール。意外とゴールを決めていますね。106試合出場は、ロベルト・アジャラに次いで歴代2位です。

(゚Д゚)ノ  代表といえば、ベッカムとの因縁に触れないわけにはいかないな。

(´(・)`) 執拗なマークに苛立ったベッカムが退場に追い込まれました98年フランスW杯の一幕ですね。

(*゚∋゚) 2002年の和解も話題になったよね。

(゚Д゚)ノ プレイヤーとしてだけでなく、監督としても有能で、エストゥディアンテスとリーベルプレートを優勝に導いている。将来を嘱望されている監督だな。

(´(・)`) イメージ的には「親分肌」の監督なんですが、実際はどうなんでしょうかね。

(*゚∋゚) 意外と知将タイプだったりして。

(´(・)`) その他については、こちらを。

・Dejan Stankovic

Stankovic.jpg

(*゚∋゚) 彼はインテルに在籍中の現役選手だし、有名人だからね。ここを紹介するにとどめるよ。ちなみに監督は「器用な選手だし、ミドルシュートで点も取れるが、ここぞという場面で踏ん張れない淡白さが物足りない」と、あんまり評価してないみたい。

・Juan Sebastian Veron

Veron_20090731231812.jpg

(*゚∋゚) 彼も現役選手だし、エストゥディアンテスでの活躍で再び脚光を浴びているから、敢えて紹介しなくていいよね。

(´(・)`) 父親とのリベルタドーレス杯親子制覇ですね。マラドーナも「ヨーロッパのトップクラブにもなかなかいないレベルの選手」と絶賛しています。

(゚Д゚)ノ 代表ではW杯のたびに期待を裏切ってきたため、ブーイングを浴びてばかりなんだよな。可哀想に。もう許してやれよって感じだが。

(´(・)`) そのためには、2010年に結果を出すしかありませんね。

(*゚∋゚) クラブW杯でのプレーも楽しみだよね。あとはここを参照してちょ。

・Pavel Nedved

Nedved.jpg

(*゚∋゚) 昨季の終盤に現役引退を発表した「チェコの大砲」だね。代理人は相変わらず移籍して現役続行する可能性を否定していないけど・・・どうなんだろう。

(´(・)`) 豊富な運動量、安定感のあるプレー、攻守の隙の無さ、そして爆発的なキック力。近代フットボールに必要な要素を全て保有する、近代フットボールの申し子ですね。

(゚Д゚)ノ  彼がバロンドールを獲得した時、時代が変わったと思った人間は多いんじゃないか?本人も「自分には(観客を魅了するような)テクニックがないから」と受賞の可能性について否定的だったが、最高のフットボーラーに求められるモノが変わったということだな。

(*゚∋゚) その他については、こちらを。

・Alen Boksic

Boksic.jpg

(*゚∋゚) ボバン、スーケル、プロシネツキらとともに「クロアチア」を世に知らしめた、名ストライカーだよ。マルセイユ時代の92-93シーズンには23ゴールで得点王に選ばれているね。

(´(・)`) セリエAに移ってからもラツィオとユベントスで活躍しています。怪我のため33歳で引退することになったのは残念ですね。

(゚Д゚)ノ  デカくて上手い良いFWだったよな。

(*゚∋゚) その他は、こちらで。

・Marcelo Salas

Salas.jpg

(*゚∋゚) チリのフットボーラーとしては、恐らく最も有名なフットボーラーだよ。エル・マタドール(闘牛士)との愛称が示す、軽やかな身のこなしでゴールを量産。173センチという小柄な体格だけど、全身がバネのようでジャンプ力も凄く、空中戦も得意だったよ。さすがに「ヘリコプター」と称されたチリ代表の相棒サモラーノほどじゃなかったけどね。

(´(・)`) アルゼンチンのリーベルプレート時代、それからイタリアのラツィオで活躍して名を轟かせましたが、ユベントスでは怪我に泣かされて短命に終わり、以後はパッとしません。

(゚Д゚)ノ 昨年11月26日に引退を表明したな。怪我と気難しい性格が大成を阻んだ、もったいない選手だ。

---------- キリトリ -----------

(゚Д゚;) しかし、このオールスターはどうしたものか。。。

(´(・)`) とんでもないメンバーですね。

(*゚∋゚) 昔の話は知らないけど、近年のラツィオでは考えうる最高のラインナップじゃないかな。

vsLazio-a-f.jpg

(´(・)`) こうしてフォーメーションを見るだけでも壮観ですね。

( ; ゚Д゚) なぜ、うちがオッズで優勢なのか全く理解できん。。。

(*゚∋゚) 陣容では明らかに見劣りするもんね。

【試合結果】

vsLazio-a-r.jpg

1-2 LOSE!!

(-∀―#) 決定力の差か。

(´(・)`) 前半の早い時間に2点を失ったのは痛かったですね。

(-∀―#) カレカが久々にゴールを決めたのは成果だが。

(*゚∋゚) PKが決まっていれば勝てたのn

○(#゚Д゚)=(  #)≡○)(*∋゚)・∴’.

(-∀―#) ディエゴ様にも不運な時くらいあるんだよ!

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Vicenza VS Napoli

(*゚∋゚) 強豪との連戦を終えて、ちょっと一息付けそうだね。

(´(・)`) そういう油断が足元をすくわれるんですよ。

(゚Д゚)ノ その通りだ。インタビューでも楽観的な質問があったが、敵地での試合に楽なものなどない!

【要注目選手】

・Lamberto Zauli

Zauli.jpg

(*゚∋゚) 現役の選手で、「セリエBのジダン」と言われたこともあるみたいだよ。

(´(・)`) パレルモ時代が印象的ですが、プロビンチャを転々としている苦労人ですね。

(*゚∋゚) 詳しくはここで。

・Joachim Bjorklund

Bjorklund.jpg

(*゚∋゚) ヨアキム・ビョークランドはスウェーデン代表で79試合に出場している選手で、パトリック・アンデションとのコンビはスウェーデン=堅守のイメージをつくり上げたよ。現在はバレンシアのスカウトを務めているみたいだね。

(´(・)`) 335試合のプロキャリアで僅か1ゴールというのも珍しいですね。

(*゚∋゚) 前々回の日記で紹介した、ボローニャのジャニッチほどじゃないけど、まさに守備職人って感じかな。

・Domenico Di Carlo

DiCarlo_20090731232432.jpg

(*゚∋゚) ドメニコ・ディ・カルロは、主にヴィチェンツァで活躍した守備的MFだよ。選手としてはそれほど目立った活躍をしてないけど、監督としては07-08シーズンにパルマで途中解任されたものの、昨季のセリエAでは途中からキエーボを率いて残留へと導き、汚名を返上したんだって。

(´(・)`) イタリアで将来が期待されている監督の一人です。

【試合結果】

vsVicenza-a.jpg

3-1 WIN!!

(´(・)`) この試合からデナポリが復帰しました。

(*゚∋゚) カレカの2試合連続ゴールもあったね。

(´(・)`) ちなみに開始33秒で決まった先制ゴールは、チーム最速記録のようです

(*゚∋゚) そんなことまで教えてくれるんだね~。さすがは世界最高のフットボールシミュだ。

(゚Д゚)ノ  そして、前節の汚名をすすぐディエゴ様の直接FKだ!

(´(・)`) さらに、コンディションが低下したマラドーナに代わって入ったロマーノもFKを直接決めました。

(゚Д゚)ノ  敵地で久々に良い試合をしたな。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Napoli(3位) VS Fiorentina(6位)

(゚Д゚)ノ このヴィオラはルイ・コスタやバティストゥータがいた頃ではないんだな。

(*゚∋゚) 僕の好きなマンガ「ビバ・カルチョ」の時代でもないみたいだね。

(´(・)`) その時代は、監督の言っている時代とほとんど変わらないじゃないですか。ラニエリが監督で、エッフェンベルクがいた頃ですよね。

(*゚∋゚) どうやら、スクデットを獲得した1955-56シーズンのメンバーが中心みたいだよ。

【要注目選手】

・Giuseppe Chiappella

Chiappella.jpg

(*゚∋゚) 選手としてスクデット獲得に貢献するとともに、監督としてコパ・イタリア2回、カップ・ウィナーズ・カップ1回をヴィオラにもたらしているよ。

(´(・)`) ナポリやインテルでも指揮を執っていますね。

・Sergio Carpanesi

Carpanesi.jpg

(*゚∋゚) イタリア語のWikipediaにも経歴がほとんど載ってないんだけど、彼もスクデット獲得の際の主力選手だったみたいだよ。

(´(・)`) どちらかというとローマ時代が彼の全盛期のようですがね。ファンに愛されていたようですし。

・Julinho

Julinho.jpg

(*゚∋゚) 彼もまたスクデットの立役者で、フィオレンティーナのクラブ史上最高の選手とまで言われてるんだよ。

(´(・)`) 一度トップスピードに達したら誰も止められなかったらしいですね。

・Humberto Maschio

Maschio.jpg

(*゚∋゚) セカンドトップ的なプレイヤーで、アルゼンチン代表では12試合で12ゴールを叩き込んでいるよ。イタリア代表としても2試合に出場しているんだ。ちなみに、彼は上の2人と所属していた時代が違うよ。在籍期間も63~66年と短いしね。クラブにもたらしたタイトルはコパ・イタリアだけ。

(´(・)`) むしろ、引退間際に入団したラシン・クラブ(アルゼンチン)でリベルタドーレス杯、インターコンチネンタル杯の獲得に貢献しています。

【試合結果】

vsFio-h.jpg

3-0 WIN!!

(゚Д゚)ノ 後半になって爆発したな。

(´(・)`) 1点目はマラドーナのグラウンダーのクロスにカレカが合わせたもの、2点目はカレカのヘッドがGKに弾かれたのをマラドーナが詰めてです。2トップの大活躍が勝利を呼び込みました。

(*゚∋゚) この試合でPKをもらってるけど、なんでマラドーナはPKを蹴らなかったんだろうね。

(゚Д゚) キッカーには任命しているんだが・・・謎だな。確かに、蹴って決めたコッラディーニはPK20なんだが、ディエゴ様を差し置いてわざわざ蹴る意味が分からない。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

PSG VS Napoli:UEFA杯グループA第3節

(゚Д゚)ノ UEFA杯も3戦目か。個々の選手を眺めてみると、明らかにPSGの方が強いな。

vsPSG-a-f.jpg

(´(・)`) 後のバロンドーラーもいますしね。

(*゚∋゚) 敵地だし、しんどい戦いになりそうだよ。

【要注目選手】

・Rai

Rai.jpg

(*゚∋゚) 1990年代を代表するテクニシャンで、サンパウロがトヨタ杯を優勝した時(1992年)のエースだよ。「股間ゴール」は有名だよね。

(´(・)`) 当時、最強と謳われたクライフのドリーム・チームを破っての優勝で、「王国ブラジル」の強さを改めて思い知らされました。

(゚Д゚)ノ  ただ、PSG移籍後(93年)は大スランプに陥った。そして、結果としてこれがライーの将来を決めてしまった。94年のアメリカW杯では10番こそ与えられたものの、ほとんど何もできず。その後にようやく復調したが、レオナルドやリバウドの台頭で次第に忘れられていった。

(´(・)`) 才能の割に世界的な知名度を得られなかった悲運の天才ですね。

(*゚∋゚) 偉大な兄貴の存在が重荷になった面もあるのかな?

(゚Д゚) ソクラテスか。どうだろうな。プレーはよく似ていたらしく、もちろん影響は受けているだろうが・・・11歳も離れているし、そこに理由を求めるのは短絡的だろう。

(´(・)`) その他のエピソードはここからどうぞ。

・George Weah

Weah_20090731234005.jpg

(*゚∋゚) ジョージ・ウェアは、アフリカ人選手として初めてバロンドールを受賞した「リベリアの怪人」だよ。

(゚Д゚)ノ 俺がフットボールを始めた中学時代にミランへやってきたんだが、セリエAダイジェストに登場した際、その爆発的な走力としなやかさに度肝を抜かれたぞ。「こいつは人間か?!」と衝撃を受けたな。

(*゚∋゚) この辺のプレーなんか、信じられないよね。

http://www.youtube.com/watch?v=uuuM1LDS7Lk

http://www.youtube.com/watch?v=JxMnowDDjKc

(゚Д゚)ノ あとはこれもな。

http://www.youtube.com/watch?v=V2qtCNry5sM

(´(・)`) この柔らかさ、鳥肌が立ちますね。

(゚Д゚)ノ  Wikipediaで見ると、そんなに多くのゴールを決めたわけではないんだが、印象の強さは俺の中でずば抜けているな。メッシやC・ロナウドを見た時よりも驚いたぞ。

(*゚∋゚) 驚いたといえば、大統領選に出馬したよね。

(゚Д゚) 残念ながら落選したが、いつの日かリベリアのトップに就くかもしれんな。

(´(・)`) そういえば昨年にはバリエンテ郡山の総監督に就任しましたね。日本とも縁があります。

(゚Д゚) あれから全く話を聞かないが、どうなったんだろうな。ちなみに俺の親戚が郡山にいるぞ。って、どうでもいいな。

(*゚∋゚) その他の話はここを読んでね。

・Patrick Mboma

Mboma.jpg

(*゚∋゚) 「浪速の黒豹」ことパトリック・エムボマだよ。

(´(・)`) G大阪に加入したことも驚きでしたが、そのシーズンでのパフォーマンスが圧巻でした。

(゚Д゚)ノ 凄まじい加速、超人的な身体能力、抜群の決定力、J史上最高クラスの助っ人だろう。リフティングシュートはJの歴史に残るスーパーゴールだな。

http://www.youtube.com/watch?v=T6Eo95yq9hY

(´(・)`) これほどのストライカーが、チーム事情で仕方なくとはいえ、フランスW杯でセンターハーフをやっていたのは謎でしたね。

(*゚∋゚) G大阪での2シーズン目の途中にカリアリへ移籍し、パルマやサンダーランドに活躍の場を求めたものの、あまり活躍できなかったね。

(゚Д゚)ノ 代表では2000年のシドニー五輪で金メダルを獲得しているがな。スペインが敗れるとは思わなかったぞ。

(´(・)`) 2003年から2年強、再びJリーグでプレーしましたが、怪我などもあって2005年5月に引退しました。詳しくはここを参照下さい。

・Luis Fernandez

LuisFernandez.jpg

(*゚∋゚) ルイス・フェルナンデスは、ミシェル・プラティニ、ジャン・ティガナ、アラン・ジレスとともに「銀の中盤」を構成した名MFだよ。「銀」なのは、フェルナンデスを除いた3人にベルナール・ジャンジニを加えた4人で臨んだ「黄金の4人組」がW杯で優勝したのに対し、欧州選手権優勝にとどまったことから。

(´(・)`) FMでの高い能力が示すように、優秀なMFでしたね。指導者としても活躍しており、1994-95シーズンではPSGを率いてリーグとカップ戦を制し、翌シーズンにはカップ・ウィナーズ・カップも手中に収めました。就任時は34歳。この偉業は国中で褒め称えられました。97-98シーズンにはアスレティック・ビルバオでリーガ・エスパニョーラ2位という快挙も達成しています。

(゚Д゚)ノ 2003-04シーズンにはエスパニョールを残留させているし、監督としての手腕は素晴らしいものを持っているな。2006年のベティスでは失敗してしまったが、実力に疑いの余地はないだろう。

(*゚∋゚) その他のエピソードはこちらで。

(*゚∋゚) そうそう、RonaldinhoもPSGにいるよ。出番がなくて、「移籍したい病」にかかってるけどね。

Ronaldinho.jpg

【試合結果】

vsPSG-a-r.jpg

1-3 LOSE!!

(-∀ー#) 相手のクリアボールをダイレクトで打ち返したクリッパの豪快ミドルで先制したが・・・

(*゚∋゚) ロテンの凄いFKで追い付かれて・・・前半のロスタイムにライーにやられてあっさり逆転されちゃったね。

(´(・)`) 後半には1人少なくなり、またもやライーに入れられて1-3で完敗です。

(-∀ー#) とにかくシュートが枠に行かない!!貴重な左サイドバックであるカプアーノが全治2~3週間というのも痛いな。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Cagliari(10位) VS Napoli(2位)

(゚Д゚)ノ  カリアリってクラブはいつの時代も「小粒でもピリリと辛い」クラブだよな。

(´(・)`) 一応、ルイジ・リーヴァが引っ張った1969-70シーズンにスクデットを獲得しています。タイトルはこの1度だけですけどね。どうやら、その時のチームがベースになっているようです。

(*゚∋゚) ただ、リアルだと近年は例の「解雇中毒」チェッリーノ会長ばかりが目立ってるよね。

(゚Д゚) 1シーズンに3人の首を切ったこともあったよな。

(´(・)`) 05-06シーズンですね。

(*゚∋゚) それでも残留し続けてるのは凄いけど。

(゚Д゚)ノ  監督にしてみればたまったもんじゃないが、会長も全くの無能というわけではなさそうだ。

【要注目選手】

・Pierluigi Cera

Cera.jpg

(*゚∋゚) エラス・ヴェローナで17歳という年齢でセリエAデビューを果たした神童で、イタリア代表として18試合に出場しているよ。

(´(・)`) イタリア語のウィキペディアしかないので細かいことは分かりませんが、イタリアで初めてリベロの概念を体現した選手なのかもしれません。そう解釈できるような文章がありましたから。

※自信はありません。

・Angelo Domenghini

Domenghini.jpg

(*゚∋゚) アンジェロ・ドメンギーニについては、ここでばっちり分かるよ。

(´(・)`) インテルでも活躍し、代表でも68年のユーロと70年のW杯でチームに大きく貢献しています。

・Luigi Riva

Riva.jpg

(*゚∋゚) クラブに唯一のタイトルをもたらしたレジェンドだよ。イタリア代表でも活躍して、歴代最多の35ゴールを挙げてる。

(´(・)`) 引退までカリアリ一筋を貫いた偉大なるバンディエラですね。セリエAでは12シーズンを戦い、289試合156ゴール。得点王に3度輝いています。

(*゚∋゚) その他は、こちらを。

【試合結果】

vsCagliari.jpg

1-2 LOSE!!

(-∀―#) 前半が悪すぎたな。

(´(・)`) 後半は盛り返しましたが、1点どまりでした。

(*゚∋゚) カレカが1対1を決めていれば追い付いたのにね。

(-ω-#)y-~~~~ あいつの決定力の低さはどうにもならんよ。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Napoli VS Rapid Wien:UEFA杯グループA第4節

(´(・)`) グループステージの最終節になります。

(*゚∋゚) 勝たないと突破は不可能だね。

(゚Д゚)ノ  そもそも、この登録メンバーで勝ち上がるのは無理があるんだが・・・やるだけやってみるか。

【要注目選手】

・Michael Konsel

Konsel.jpg

(*゚∋゚) 守護神としてラピド・ウイーンのリーグ優勝や国内カップ戦優勝に貢献したほか、セリエAに移籍後もローマとヴェネツィアで素晴らしい活躍をしたみたい。

(´(・)`) 代表でも98年W杯で守護神を務めましたね。

(*゚∋゚) 詳しくはここで学んでね。

・Lucas Radebe

Radebe.jpg

(*゚∋゚) ヤング・リーズの躍進を支えたセンターバックで、当時はプレミアリーグ屈指のディフェンダーとして評価されていたよ。

(´(・)`) クラブの降格後も忠誠を貫き、05年に引退しました。義に厚いタイプですね。

(*゚∋゚) ここここも参考にしてね。

・Franz Binder

Binder.jpg

(*゚∋゚) オーストリア史上最高の選手の1人とされていて、記録上はフットボール史上最高の決定力を誇る偉人だよ。生涯1000ゴールといえばペレが有名だけど(1363試合で1281ゴール)、なんとフランツ・ビンダーは756試合で1006得点を決めているんだって。

(´(・)`) とんでもない記録ですね。

(*゚∋゚) ここが詳しいけど、生涯1000ゴール以上って、結構な人数がいるんだね。ペレと自称のロマーリオくらいかと思ってたよ。

(*゚∋゚) 他にも、ビアホフを一回りスケールダウンさせたような選手として知られるヤンカーもいるよ。

・Carsten Jancker

Jancker.jpg

(´(・)`) どんな紹介ですか、それ。。。

【試合結果】

vsWien-h.jpg

1-0 WIN!!

(-∀―#) 取るに足らない内容だった。語るに及ばずだ。

(´(・)`) ええ。見どころはセンターバックのフランシーニのミドルだけでしたからね。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Napoli VS Torino:コパ・イタリア1回戦

(゚Д゚)ノ  全く勝ち抜く意欲がないため、全員を控えで揃えた。

(´(・)`) 3日後のリーグ戦は監督が大嫌いな白黒とですからね。

(*゚∋゚) アウェイゲームだし、なおさら温存しておかないとね。

(´(・)`) しかし、その結果がこれですか。

vsTorino-h-copa.jpg

(-∀―#) シュートを打たれまくり、なんと6失点だと。

(´(・)`) グランデ・トリノと戦うためには、主力を並べるしかありませんね。

(*゚∋゚) どうしようもないゲームだったね~。白黒戦に響かなきゃいいけど。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Juventus(6位) VS Napoli(3位)

(´(・)`) 監督の宿敵、白黒との対戦がやってきました。

(# ゚Д゚)ノ サツガイ サツガイせよ! サツガイ サツガイせよ!

(*゚∋゚) KILL! KILL! KILL!

Σ(´(・)`;) どうしたんですか、2人とも・・・。DMC(デトロイト・メタル・シティ)ごっこなんかして・・・。

※元ネタはこちら↓

http://www.youtube.com/watch?v=6_0oDtPxi2U

(# ゚Д゚)ノ 我々インテリスタと白黒は相容れぬ関係だからな!

(*゚∋゚) 僕は面白そうだから便乗しただけだけどね。

(´(・)`) は、はぁ・・・。

(゚Д゚)ノ  こまけぇこたぁいいんだよ!!

【要注目選手】

(*゚∋゚) 監督が「白黒の選手なんて適当に紹介しとけ!」って言うから、さらっと流しちゃうよ。

(´(・)`) 読者から苦情が来ますよ、これ。ユべンティーノだって何人もいるじゃないですか。

(-∀―#) 知ったことか!

・Stefano Tacconi

Tacconi.jpg

(*゚∋゚) ここを参照ね。

・Gaetano Scirea

Scirea.jpg

(*゚∋゚) あのバレージも越えられなかったイタリア史上最高のリベロに敬意を表して、その“枕詞”だけ書いておくよ。あとはここを。

・Claudio Gentile

Gentile.jpg

(*゚∋゚) ここを参照ね。

・Marco Tardelli

Tardelli.jpg

(*゚∋゚) インテルの監督をしたことがあるんだよね。良いイメージは全くないけど。ちなみに現役時代にもインテルに在籍してたよ。あとはここを読んでね。

・Cesare Prandelli

Prandelli.jpg

(*゚∋゚) リアルではフィオレンティーナの監督を務めているね。近年のイタリア人監督で最も優秀な一人だよ。その他はここで。

・Michel Platini

platini_20090731235714.jpg

(*゚∋゚) 誰もが知ってるフランスの将軍。現在はUEFAの会長として様々な改革に乗り出してるよ。トヨタ杯での幻のゴールはあまりにも有名だね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ミシェル・プラティニ

(´(・)`) その有名な幻のゴールはこちら。1分頃です。

http://www.youtube.com/watch?v=i8vPtzDDhkQ

(-∀―#) ピッチに寝そべる姿も、この幻のゴールの知名度を上げてるよな。

(´(・)`) あれはオフサイドではないですよね。

(*゚∋゚) 当時のルールだと、オフサイドと解釈することもできなくないらしいけどね。

・Paolo Rossi

Rossi.jpg

(*゚∋゚) 八百長疑惑でお馴染みのパオロ・ロッシね。詳細はここで。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

(´(・)`) なかなかのメンバーですが、プラティニとロッシは怪我で出場しなそうですね。

( ̄― ̄) チャンスだな。

(*゚∋゚) とか言ってると、出てきちゃうよ。

【両者のフォーメーション】

vsJuventus-a-f.jpg

(*゚∋゚) ほらね。

(´(・)`) まさかコンディションがプラティニ77%、ロッシ81%で出てくるとは。

( ̄― ̄) 早々に退場頂こうじゃないか。

Σ(´(・)`;) Σ(゚∈゚*;)  お、恐ろしい・・・

【試合結果】

vsJuventus-a-r.jpg

0-0 DRAW!!

(*゚∋゚) お互いのGKが頑張って、スコアレスドロー。

(-∀―#) 白黒のせいで4位に落ちるはめになったぞ!!!

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Napoli(4位) VS Foggia(16位)

(゚Д゚)ノ  中3日でパルマ戦があるため、ここはサブと上手く組み合わせて戦うぞ。

(*゚∋゚) フォッジャはチーム力的に1枚も2枚も落ちるからね。

(´(・)`) 油断さえしなければ、1軍半でも十分に勝てるはずです。

【要注目選手】

・Giuseppe Signori

Signori.jpg

(*゚∋゚) セリエAで3度も得点王になったことのある名ストライカーだよ。その左足は「黄金」とまで讃えられたんだ。

(´(・)`) 体格的には恵まれていませんが、傑出したゴールへの嗅覚と高精度なシュートで一時代を築きました。

(゚Д゚) ノーステップで蹴るPKは真似したもんだ。

ニコニコ動画でしか見付からなかったので、会員の方だけになります。



(*゚∋゚) その他の情報はこちらから。ちなみに彼もミハイロビッチと同じくFKでハットトリックを達成したことがあるよ。

(゚Д゚) そういえば、奥さんが滅茶苦茶太ってたよな。バティの奥さんもだが。

(´(・)`) その情報、誰が喜ぶんですか・・・。

・Roberto Rambaudi

Rambaudi.jpg

(*゚∋゚) ロベルト・ランバウディはゼーマンのラツィオで活躍した選手だよ。イタリア代表でも2試合に出場してるよ。

・Igor Shalimov

Shalimov.jpg

(*゚∋゚) イゴール・シャリモフは、ソヴィエト代表およびCIS代表として活躍したMF。現在はロシアの女子代表監督なんだって。現役時代にはインテルに在籍したこともあるよ。フォッジャでの活躍が認められて12億円で移籍したんだけど、上手くはいかなかったみたい。

【試合結果】

vsFoggia-h.jpg

1-0 WIN!!

(-∀―#) この内容で何故1点しか取れないんだ。

(´(・)`) 相手GKが8.3点を叩き出しました。

(-∀―#) 当たっていたにせよ、決定力の低さは目を覆いたくなるばかりだ。

(*゚∋゚) シュートを1本に抑え込んだ守備は評価できるけどね。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【UEFA杯グループステージの結果】

(´(・)`) ギリギリですが、3位で突破しました。

(゚Д゚;) 2回戦わないことをすっかり忘れていたぞ。

(*゚∋゚) 他チームの結果待ちだったけど、なんとか抜けられたね。

(´(・)`) そして抽選の結果、決勝トーナメント1回戦の相手はゼニトに決まりました。

(゚Д゚)ノ  相手にとって不足なしだな。

(*゚∋゚) 他のカードはこんな感じだよ。

uefacup-firstknockoutround.jpg

(´(・)`) なお、この試合に勝つと次はシュツットガルト対アストン・ヴィラの勝者と戦うことになります。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

Parma(12位) VS Napoli(3位)

(´(・)`) パルマ・オールスターとの対戦です。

(゚Д゚)ノ  なんというか、今と比べると雲泥の差だな。

(*゚∋゚) パルマラットが倒産するなんて、思ってもみなかったけど。

(´(・)`) その頃から世界経済は傾いてきていたんでしょうね。。。

(゚Д゚) 現在は過去の延長線上に過ぎないからな。

【要注目選手】

・Gianluigi Buffon

Buffon.jpg

(*゚∋゚) ご存じ「ジジ」ブッフォンだよ。現役だし、説明不要ね。

・Fabio Cannavaro

Cannavaro.jpg

(*゚∋゚) DFとしてはザマー以来となるバロンドールに輝いた名ストッパー。バロンドーラーになった後から急速に衰えちゃったけどね。

(´(・)`) もっとも、イタリアの歴史に残るDFであることに変わりはありません。

・Lilian Thuram

Thuram.jpg

(*゚∋゚) 近代的なDFの代名詞と言えるかも。本職はセンターバックだけど、サイドバックとしても一流だし、クラブシーンでも代表でも守備の中心を担ったよ。

(´(・)`) 学業も修めており、知的な選手でしたね。政治活動にも熱心なようです。

(゚Д゚)ノ  テュラムとカンナバーロのコンビは凄かったよな。。。

(*゚∋゚) 詳しくはこちらで。

・Nestor Sensini

Sensini.jpg

(*゚∋゚) 新陳代謝の激しいアルゼンチン代表で3度のW杯に出場している名DFだよ。上背はないけど、フットボールIQやポジショニングに長けていて、さらにサイドバックや守備的MFをこなすユーティリティ性も持っていたんだ。

(´(・)`) 長くセリエAで一線を張っていたため、カルチョ・ファンにはお馴染みですね。現在はアルゼンチンで監督を務めているようです。

(*゚∋゚) その他はこちらで。

・Dino Baggio

DinoBaggio.jpg

(*゚∋゚) ディノ・バッジョは強烈なミドルシュートと守備技能に長けた守備的MF。同時期にロベルト・バッジョがいたため、心ないファンからは「偽バッジョ」なんて揶揄されてたよ。

(´(・)`) タイプは全く違いますし、ディノにはロビーにない魅力がありましたけどね。

(゚Д゚)ノ  俺は好きな選手だった。

(*゚∋゚) あとはこちらを。

・Enrico Chiesa

Chiesa.jpg

(*゚∋゚) 遅咲きながら、鋭い飛び出しと正確なシュートで代表にまで上り詰めたストライカー。代表キャップは17と少ないながら、7ゴールも決めてるんだよね。

(´(・)`) スピードは衰えましたが、円熟味あるプレーでチームを牽引しています。

(*゚∋゚) 38歳でまだ現役なんだよね。凄いよ。その他はここを。

・Faustino Asprilla

Asprilla.jpg

(*゚∋゚) 性格に難があって大成したとは言えないけど、パルマ時代は超絶的なスピードとバネでゴールを量産したよ。ゾラとのコンビはシンクロ率ばっちりで、ビバ・カルチョでもピックアップされてたね。

(´(・)`) 代表でも貴重なゴールを多数決めてますね。もっとも、パラグアイの英雄チラベルと乱闘したり、拳銃を乱射して逮捕されたりと、ゴシップでも目立ってましたが。

(*゚∋゚) その他はこちら

(゚Д゚)ノ  折角だからプレーの動画を貼っておくか。プレーは本当に凄いんだぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=7m5dUKAYoaU

・Hernan Crespo

Crespo.jpg

(*゚∋゚) 「ゴールエリアの荒鷲!」ことクレスポだね。来季からはジェノアでプレーするよ。

(´(・)`) パルマを出てからイマイチ存在感が希薄ですが、それでも数少ないチャンスにきっちりとゴールを決めるあたり、その実力は錆ついていませんね。代表では、偉大なるバティストゥータを越えられず、真価を発揮しきれませんでしたが。

(*゚∋゚) 彼も現役だから、あとはここで。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

(゚Д゚;) このメンバーで何で12位なんだ?

(´(・)`) 監督がダメなんですかね・・・。

┐(´∀`)┌ マレザーニだからな。

(´(・)`) 可もなく不可もなくって感じの監督ですよね。プロビンチャを率いるのは上手いですが。

(*゚∋゚) 不調のうちに勝っておきたいね。

【両者のフォーメーション】

vsParma-a-f.jpg

【試合結果】

(*゚∋゚) 互いに鮮やかな直接FKで1点ずつを奪ってから・・・

(´(・)`) 警戒していたアスプリージャに中央突破を許し失点。

(-∀―#) ディエゴ様のFKが2度もポストを直撃する不運もあり、勝ち点を持って帰れなかったな。

vsParma-a-r.jpg

(*゚∋゚) しかも、バスラーが負傷退場したよ。

(-∀―#) これで年内の試合が終わりというのが救いだな。1月には新戦力も入るし、立て直せるはずだ。

(´(・)`) バスラーの怪我も1週間弱の軽傷でした。

(-∀―#) 上位は混戦だからな。年明けからが本当の勝負だろう。


次回へ続く!!

---------- キリトリ -----------

<編集後記>

とにかく疲れましたwww
(;^ω^)

予想以上に時間がかかったため、いったん切らせて頂きます。

また、時間のある時に加筆します。

ちなみに、予告通り次回は年内までの各国リーグ戦のまとめです。

明日は仕事→多摩川クラシコなので、恐らく日曜日になってしまうかと。ご了承下さい。
m( __ __ )m

ネットワークプレーは・・・川崎が負けたら憂さ晴らしに参加しますw

---------- キリトリ -----------

というわけで、土曜日は「最高にハイってやつだ!」となって帰宅し、そのまま寝てしまいましたw

周りに、アウェイ側に入り切れなかったFC東京サポが多数いて、しかも堂々と拍手したり、応援したりしている中で先制された時には血管が切れるかと思いましたが、最後は沈黙を強いることができて大満足です!
゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*

これで2位に浮上。鹿島は夏場に勝ち点を落とすことが多いですから、今の時期に踏ん張って追撃態勢を強めたいところです。もっとも、FC東京戦もチームのパフォーマンスは決して良くなかったので、そう上手くはいかないかもしれません。とりあえず、今週末はオールスターゲームでコンディションの調整もできるでしょうし(憲剛は非常に心配)、来週からまた良いフットボールを披露してくれるはずと信じています。

Jの話題から入りましたが、FM日記についても若干補足しておきます。

ナポリ日記では歴史物としてのテイストを前面に出しており、戦術面での工夫は全くしておりません。シンプルなフラットな4-4-2で、センターハーフの役割を「攻」と「守」に明確化しただけ。マラドーナにプレーメーカーとフリーロールを設定しているのが変り種といえば変り種ですが。

そのマラドーナについては、設定上必然的に流れたり、戻ってボールを受けたりという自由なプレーが増えるため、中へ切れ込んでシュートを打ちやすいよう、ポジションは敢えて2トップの右に据えています。試合はキーで流して観てますが、まずまず狙い通りに動いてくれて、1試合1ゴールペースを継続中。もっとも、そのゴールのうち半分近くを直接FKが占めていますが(笑)。あの決定力は、ちょっと過去にお目にかかったことがないほどです。さすがはディエゴ様。もちろん、GKと1対1であっさり止められることもありますけどね(苦笑)。

彼の活躍と、アレモン&カペッロの素晴らしい実力者コンビの躍動(ともにレイティングは7以上、カペッロはパス成功率でリーグ3位以内)が、ナポリの好調を支えています。両サイドハーフも、突破で良いアクセントになっていますし、カレカも主にアシストで奮闘している。冬の移籍で、選手層が薄い左サイドバック、左サイドハーフを補強できれば、CL圏内でのフィニッシュも十分可能でしょう。

ただ、2シーズン目をやることはないと思っていて、先を見据えた補強やスカウティングは全くしてないんですがwww

FM2010の発売を前に、チリリーグにも挑みたいですし、もう少し更新速度を上げたいと思っています。また次回、お楽しみ頂けると幸いです。
スポンサーサイト

コメント

FC東京は

グラが負かしたので、勢いに陰りが見られる・・・はず!?
川崎には、ナビ杯で王者・鹿島を撃破した勢いもありますしね。

さて、本題のナポリ日記ですが、ラツィオの面々は凄いですね。
セリエAオールスターみたいな感じ。
ミハイロビッチが元々はMFだったのは、初めて知りました^^;

ジョージ・ウェアとかエムボマとか、とんでもない選手もいたんですよね~。
ウェアは映像で見たのは初めてですが、
エムボマはJで活躍しましたし、何と言ってもあのスーパーゴールは、ものすごいインパクトでした。
あれほど衝撃的なプレーは、今後のJリーグでは生まれないかもしれません。
最近、ケネディがGKよりも高くジャンプしてヘディングしたシーンを生で見ましたが、
やはりアレにはかないませんもの^^;

やっぱりセリエは魅力的だ……った

長文のUPお疲れ様です!

やっとジョージ・ウェアktkr!
自分は高校生の時のセリエAダイジェストで見ました。
ラツィオ戦の一人スルーパスや打点の超高いヘッド等規格外のバケモノっぷりに一発で惚れました。
バロンドール受賞が無ければ記録より記憶に残る選手になってたかもしれません。

あとはズデネク・ゼーマンのミラクルフォッジャが入ってるのは嬉しいですね~。
セリエと言うかユーベありきの古い慣習に風穴を開けたのは彼が初めてではないでしょうか。
近年ではレッチェでの4-3-3の攻撃的布陣でも魅力的なサッカーをしてましたね。
長続きはしませんでしたけど…


増資された移籍資金を使い、冬のカルチョメルカートで誰を獲るかワクワクしながらお待ちしております<(゚Д゚)

あまりご無理をなさらぬよう頑張ってください!
ではでは~ ノ

スーペルな2チーム

スーペルラツィオにスーペルパルマ、当時のセリエはめっちゃレベルが高かったですね~。
懐かしさ満点ですよ☆

それにしてもパルマにゾラがいると思ってたんですがチェルシーにいるのかな?

ユーベの選手紹介は大笑いさせていただきましたw

多摩川クラシコは

>どらぐら様

現地観戦の川崎サポなら狂喜乱舞せざるをえないほどの劇的な勝利でした!
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

苦言を呈したいことも多々ありましたが、勝ち切った選手達には感謝を捧げたいです。

ラツィオもパルマも、“ミルク・ダービー”として盛り上がっていた時のメンバーにプラスアルファですからね。凄まじい面子ですよ。

ミハイロビッチは、私が初めて見た時はディフェンシヴハーフというかレジスタを務めてました。彼自身も守備には自信がないらしく、後に批判された時には「俺は本職のCBじゃない」と怒ってましたよ。

ウェアはフットボールファンなら絶対に見ておきたい選手なので、力を入れて紹介させて頂きました。
(゚Д゚)ノ

私と近い世代(アラサー世代?)はきっと彼に驚いたクチですよ。

エムボマは凄かったですよね。私も、「Jリーグにこんな選手が来たのか!」と驚愕したものです。数々のスーパーゴールを残してますしね。

2人に言えることですが、ブラックアフリカンの身体能力は時に我々の想像を遥かに超えます。羨ましいですよ。

ケネディのヘディング、あれも凄かったですよね。エルゴラにばっちり写真が出てましたが、日本のGKはサイズが小さいので、ああいう事態になりがちです。世界レベルのGKがいない理由の一つはサイズでしょうね。

セリエAダイジェストといえばウェアですよね~

>Weah様

労いの言葉、ありがとうございます。
m( __ __ )m

さて、ついにウェアが出てきましたよ!

彼がセリエA・ダイジェストに出てきた時、それからその後の扱い、凄かったですね。あの旅行が当たるトトカルチョに毎回ウェアがリスト入りしていたのも覚えてますw

言葉は悪いですが、“化け物”という呼称が彼ほど似合うの選手は滅多にいませんよね。

そして、フォッジャの件、情報ありがとうございます。ゼーマンの4-3-3とラツィオ以後については知ってましたが、フォッジャから始まったのは知りませんでした。慌ててWikipediaで勉強しましたよw

冬の資金で3名ほど獲得しましたが、残念ながらビッグネームはいません。
(;´∀`)

むしろ、放出に熱心で、夏に使いすぎた分を回収してますね。

応援、ありがとうございます!そのお言葉を励みに、次回も頑張ります!!

懐かしいですよね~

>HHH様

ミルク関連企業を母体にするラツィオとローマは、セリエA黄金時代の終幕を飾るに相応しい花火でしたよね。あれほどの逸材がセリエAの特定のクラブに揃うことは、もうないかもしれません。。。

アスプリージャがいるのにゾラがいないのはおかしいんですが、確かチェルシーにいたような気がします。チェルシーでは“レジェンド”になりましたしね。

白黒なんて、あの扱いでも十分以上ですわwww

非常に勉強になります&なつかしい!

うーん、やっぱり昔のセリエは凄いw
(ひいきのチームが無いので)今のカルチョも好きなんですが、やっぱり昔は昔で面白かったですよねぇ。

キエーザとか地味に好きだった選手も出てきて嬉しいw

このdbだとゾラ様はチェルシーにいるんですね。
…私も落としてやってみようかな(;゚д゚)ゴクリ…




白黒の扱いにはクソワロタw

日曜日は「最高に鬱ってやつだ!」

ってどこかで赤い奴等が言ってました。

長文お疲れ様でした、今回も力作ですね!

だいぶ昔、サッカーよりもセッ○スが大好きなスキンヘッドのアルゼンチン人がいるという、どうでもいい噂があった事をふと思い出しました。

僕はどちらも大好物です。

セリエAの黄金期は

>REUSU様

「世界最強リーグ」という称号に相応しいクオリティーでしたよね。選手も、戦術も。今では見る影もありませんが。。。もちろん、現在のカルチョにもスターは少なからずいますけど、守備以外の戦術は遅れてますし、欧州の舞台で結果を残せていないのも事実。寂しい限りです。

キエーザは地味ながら玄人受けする好選手でしたよね。私も、ウイイレではお世話になったものですw

それにしても、ゾラは大人気ですな。小柄なファンタジスタという魅惑のワードと、人柄がそうさせるんでしょうね~。

白黒は、あれでも手をかけすぎたなと思ってますwww

赤の憂鬱

>Yatus様

雨の中で観戦されたのでしょうか?お疲れ様です。今の清水が勢いに乗っているとはいえ、ホームでの敗戦は容易に受け入れられませんよね。報道では決定力の低さが指摘されていますが、こればかりは特効薬もありませんし、我慢が続くのでしょうか。

相方の機嫌が悪くなると、日々の生活に響くので、頑張って欲しいものです。
(;´∀`)

私のFM日記は長文過ぎて、読むのが大変じゃないかと反省することがあります。そうした中で、皆様から頂けるコメントは励みになります。いつもどうもです。

しかし、Yatusさんのコメントはいつもエ●スに満ち溢れていて、大いに感銘を受けますwww
(*´∀`)

貴重な情報、ありがとうございます。某アルゼンチン人には、きっと髪型にも負けない立派な頭が下にあるのでしょうw

私は28歳にして、早くも性欲減退の気配が・・・。マジで不安です。薬には頼りたくないのに~!!
((;゚Д゚)ガクガクブルブル

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。