07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南米王者はエストゥディアンテス 

本日は「プロ野球スピリッツ6」発売日にて、簡単に(マテ
ヽ(´ー`)ノ

WBCモードから始めましたが・・・5を最後にやったのが数カ月前(実家に置いてきた)だったため、全然打てずに初戦で中国にサヨナラ負け。。。
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

チャイニーズ・タイペイに負けたら予選敗退だぞ、これw

難易度「強い」ごときに不覚をとるとは鈍り過ぎだ。
(;´∀`)

というわけで、今夜は簡単にいくつかニュースを。

○エストゥディアンテスが39年ぶりの戴冠

リベルタドーレス杯決勝セカンドレグが15日に行われ、エストゥディアンテスがクルゼイロに2-1で勝利し、2戦合計2-1で39年ぶり4度目の優勝を果たした。

最高潮のボルテージに達したスタジアムとは対照的に、試合は前半25分まで両チームにシュートが生まれないという静かな立ち上がりを見せた。少ないチャンスを生かせず、前半こそスコアレスで折り返した両チームだったが、後半7分にエンリケのミドルが決まってホームのクルゼイロが待望の先制点を挙げる。しかし、これに動じなかったエストゥディアンテスは直後の12分にフェルナンデスのゴールで同点とすると、28分にはボセッリが値千金のゴールを挙げ逆転。チームの声援を背に猛反撃を見せたクルゼイロだったが猛攻実らず、エストゥディアンテスが南米王者の栄冠を手にした。

~超ワールドサッカーの記事を改変~

ちなみにエストゥディアンテスのキャプテンはアルゼンチン代表のファン・セバスティアン・ベロンです。

Veron.jpg

欧州生活に見切りを付けて帰還してからは円熟のゲームメーカーとして活躍。代表にも復帰するなど充実した日々を送る中、ついには父親と同じタイトルを手に入れました。

ちなみに、同点ゴールを挙げたフェルナンデスはFM2009ではこんな感じ。

Fernandez.jpg

さらに、殊勲の逆転ゴーラは以下の通り。

Boselli.jpg

FM内での評価からいえばクルゼイロが圧倒的に優勢で、大方の見方も1戦目を0-0で凌いでホームに戻ってきたクルゼイロの勝利濃厚という風でしたが、劇的な逆転でエストゥディアンテスが優勝。クラブW杯出場を決めました。

---------- キリトリ -----------

○ルシオがインテルへ移籍

バイエルンは16日、ブラジル代表DFルシオ(31)がインテルに移籍することで合意に達したと発表した。契約期間は3年間。移籍金は両クラブの話し合いで公表しないことになった。現段階でインテル側からの発表はないものの、バイエルンのゼネラル・マネージャーを務めるウリ・ヘーネス氏がバイエルンの公式ウェブサイト上で「クラブ間で合意に達した後、ルシオとインテルの契約も合意に達した。数日中にインテルでメディカルチェックを受け、問題なければ正式に契約を結ぶことになる。ルシオはコンフェデレーションズ杯が終わった後、強豪クラブが欲しがるならばバイエルンを去りたいと話していた。彼がいなくなることは悲しいよ」と声明を出した。

~超ワールドサッカーより~

インテルはチェルシーのリカルド・カルバーリョ獲得交渉が暗礁に乗り上げており、急転直下でルシオ獲得に踏み切りました。コンフェデレーションズ杯ではブラジル代表のキャプテンとして優勝を決める逆転ゴールを決めており、31歳にして円熟の境地に達しています。若返りを図るべき状況で、このベテランDFの獲得は“退行”にもとられかねませんが、そうした不安を払拭するような活躍を見せて欲しいものです。

また、イブラヒモビッチも本人が残留宣言を出しました。背番号は新たに10となり、来季こそビッグイアー獲得目指すチームを牽引してくれると信じています。

しかし、マクスウェルをあんな「はした金」(5億円程度と推定されている)でバルセロナに売ってしまったのはどういうわけでしょうか。。。市場価格の3分の1くらいですよね。この足りない分でバルセロナの誰かを獲るつもりかもしれませんが、もったいない・・・。
スポンサーサイト

コメント

カタカナで書かれるとピンと来ませんが、
Estudiantes(LP)と書かれるとわかりました。
ベロンの所属するクラブが優勝したんですね。

リベルタドーレス杯は、アウェーゴールがないので、
仮に引き分けでもそのまま延長戦、PK戦になってたのでしょう。
しかし、アウェーでの逆転勝ちは凄いですね。

ルシオのインテル移籍は予想外でした。
もしかしたらどこかに移籍するかも、という記事をどこかで見たかもしれませんが、
まさかインテルとはねぇ。
これでリッキーの獲得はなくなったでしょう。

バルセロナは懸念だった左SBをついに獲りましたか。
デポルのフィリペの名前が挙がってましたがダメだったみたいで、
その後どうするのか、まったくわからない状況でした。

エストゥディアンテスといえば

エストゥディアンテスといえば、キャプテンのベロンだったり2年前くらいの監督がシメオネだったりと闘争心あふれるチームが素敵ですね。

ルシオの移籍はわたしも意外でしたね~。
けどブラジルのキャプテンですしその名に恥じない戦いぶりを見せてくれるはず!

No title.

どうも暁さんとは趣味が合いそうです(笑)

プロスピ6買おうか迷ってます。買うとFMやる時間へっちゃうし・・・でも今作も面白そうだしなぁ~(;´Д`)
迷ってる私の背中を押してくださいw


エストゥディアンテスってどこ?ってくらい南米に疎い私ですが、ベロンがキャプテンのチームだったんですね。

日本で見れないのが残念ですね・・・バルサも見たかったなぁ・・・(TдT)

あまり馴染みのないクラブかもしれませんが

>どらぐら様

エストゥディアンテスはアルゼンチンの名門の1つですね。
(゚Д゚)ノ

リベルタドーレス杯といえばPK戦のイメージなので、今年も初戦の結果からそうなるかと思ってましたが、“敵地”でエストゥディアンテスが逆転勝利。ベテランが若手を引っ張る好チームです。

ルシオの獲得は予想外ですが、あまり怪我をしないイメージがあるので、カルバーリョよりは良かったかなと個人的には思ってます。ちなみに、デコとカルバーリョはもう諦めたようです。

バルセロナはマクスウェルを選びましたね。実力的には世界で10本の指に入るサイドバックですから、問題ないでしょう。シウビーニョよりは当然活躍するはず。とはいえ移籍金が安すぎるので、裏に何かある可能性が高いです。

ここ数年

>HHH様

エストゥディアンテスは、歴戦の勇士を監督に据えたり、主力として引っ張ってきたり、上手く「勝者のDNA」を注入してますよね。決してお金持ちのクラブではありませんが、上手くやりくりしているのでしょう。

ルシオは「この年になってセリエAに移籍するとは」と驚きましたが、実力は全く衰えてませんし、彼のようなセンターバックはイタリアでもだいたい活躍していますし、きちんと戦力になってくれるはずです!なにより、GKと言語が同じなのは大きい。

それはそれは

>towa様

おお、凄い趣味の合いっぷりですね!!!
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

私も、ただでさえFMをプレーする時間が減っているのに、どうしようかと思いましたが、欲求を抑えきれませんでしたwww
(*´∀`)

でも、日本で大リーガーを使ってWBCを戦えるというのだけでも十分に買う価値があると思いますし、男ならドーンと買ってしまいましょう!

南米のチームは日本で紹介されるケースが非常に少ないですよね。REUSUさんがウルグアイでプレー日記を開始されましたが、私もチリからスタートしてブラジルかアルゼンチンへと移る予定なので、その際にはなるべく歴史なども交えて語れるよう頑張ります!!

買っちゃった(笑)

背中押して頂きありがとうございます(笑)

プロスピ6、昨日買ってきちゃいました。
WBCおもしれー(´∀`)

それ以上にオンライン監督プレーもおもしろーい( ^∀^)ゲラゲラ


FM日記の更新が遅くなりそうです・・・(;´Д`)


暁さんのチリ日記も楽しみにしてます!

ここにも金持ちが!

>towa様

PS3をお持ちとは!!
(・ε・)

羨ましいっす。
(´ρ`)

監督プレー、楽しそうですよね。カード集めもコレクター心をくすぐります。でも、同居人がPS3の購入を許してくれないので、たぶん未来永劫買う機会はなさそうです。。。

WBC面白いですよね~。連休中は意外とプレーできませんでしたが、昨夜、負ければ敗退という試合で0-2から7回と8回で逆転した試合は燃えました!

FM日記の更新・・・私も今週1回できればいい方ですよ(おいおい

チリ日記はナポリ編の後になりますが、どうぞ宜しくです!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。