FC2ブログ

06 | 2021/07 | 08

暁の紙屑馬券増産計画~春の終わりを告げる、深空の勝どき~ 

第50回宝塚記念


◎ディープスカイ
○カンパニー
▲マイネルキッツ
×ドリームジャーニー
△アルナスライン




<データ的考察>

※過去9年間参照

※火曜発売分を買い忘れたため、サンスポ編はなし

○1年遅れのバカ当たり編 競馬総合チャンネル内、井崎脩五郎氏のコラムより

・天皇賞・春出走組を除く前走4着以下馬は0-0-1-46

該当馬→インティライミ、スマートギア、アドマイヤフジ、ヒラボクロイヤル、エリモエクスパイア、カンパニー

・前走2番人気以下の関東馬は0-0-1-21

該当馬→マイネルキッツ、スクリーンヒーロー

・天皇賞・春6着以下馬は0-0-1-8

該当馬→スクリーンヒーロー、モンテクリスエス、コスモバルク

結論→アルナスライン、サクラメガワンダー、ドリームジャーニー、ディープスカイ


<調教的考察>

S=ディープスカイ

---------- キリトリ -----------

天皇賞・春を勝った馬が宝塚記念に出走してきた場合、実は連対率100%で、にもかかわらず井崎氏は無印とくれば、これこそ「鉄板の(゚∀゚)ヨカーン」という気もしないではないが、折角のグランプリ、昨年から「日本最強馬になりえる」と推し続けているディープスカイを頭に、相手をカンパニーに絞っての1点勝負と洒落込んでみる。

ちなみに、タラ・レバの話になってしまうが、ウオッカが出走してきたとしてもディープを頭にするつもりだった。前走はやや太め残しで、今回はきっちり減量。調教も絶好で、中距離では他の日本馬に負けるわけにはいかない。

同じく買い続けているカンパニーは、いつまで経ってもGⅠでは馬券圏内に来ないが、2-1-0-2と実績のある阪神で今度こそ。他に印を打った馬は、あくまで出走馬の個人的ランク付け。サクラメガワンダーも阪神は4-0-0-3と得意だが、GⅠでは用無しだろう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)