07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジレスに導かれ、躍進するガボン 

アラン・ジレスという小柄なフランス人フットボーラーを知っているだろうか。1982年、86年のW杯ではプラティニやティガナらと“シャンパン・サッカー”を織りなし、「バロンドール」でプラティニに次ぐ2位を獲得したこともある名MFだ。そのジレスが、アフリカで監督としての名声を高めている。

アフリカ地区のW杯予選で、モロッコ、トーゴという“大国”を連破し、グループAの首位に立ったのは、ガボンという聞き慣れぬ国だ。アフリカ中西部に位置し、人口は僅か130万人程度。フットボールにおいても“後進国”で、誇れるとすれば過去にアフリカ・ネーションズカップ(ACN)に3回出場したことぐらい。その小国が、2次予選でガーナを倒し、カメルーン、トーゴ、モロッコと同居した「死のグループ」で、まさかの2連勝。アフリカ各国に大きな驚きとインパクトを与えている。

最大の立役者こそが、アラン・ジレス監督。欧州のビッグクラブからのオファーを頑なに拒否し続けた彼は、「カカにドリブルを教えて意味があるか?ジュニーニョ(ジュニーニョ・ペルナンブカーノ)にFKを教える必要があるか?」と強調する。自分の知識や経験を深く伝えられるのは、(フットボール)発展途上の国という結論を出し、2006年3月にガボンへ。他のアフリカ諸国代表監督にありがちな、試合直前にやって来て指揮を執るというのではなく、首都リーブルビルに居を構え、徹底的にダイヤの原石を鍛えて底上げを図った。激しい競争は、FWクザン(ハル)ら欧州組を刺激し、チームは大いに活性化された。

また、ガボンサッカー協会のサポートも見逃せない。12年ACN開催(赤道ギニアとの共催)が決まり、長期的視野での強化をスタート。その証拠に、08年ACN出場を逃してもジレス続投を貫いた。1試合の敗戦で監督交代という事例も多々あるアフリカにおいては異例の出来事。ガボンの躍進は、決して偶然の産物ではない。

~フットボリスタ6月24日号の森本高史のレポートを参照に執筆~

ガボンに住み、心血注いで国を興す。ジレスは大半の腰掛け監督とは違う、真の指導者だ。最終予選はまだ4試合も残っており、トーゴ、モロッコ、カメルーンは大国の威信を懸けて巻き返しを図ってくる。このまま逃げ切れるかどうかは分からないが、彼に幸運あらんことを。

---------- キリトリ -----------

騒がせた挙句、ビクトール・バルデスは契約延長にサインしてバルセロナ残留。逆に中村俊輔は一般紙までもがエスパニョール移籍を報じています。移籍というのは、本当に虚々実々に溢れていますね。

さて、明日は等々力へ我らが川崎F対大分を観に行ってきます♪
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

待ちに待ったJリーグ再開。欧州のリーグ戦が終わってもJリーグを楽しめるってのはいいですよね。これに味を占めてしまうと、秋春制への移行を反対したくなる罠w

まぁ、あれほど騒がれた改革も今では誰も書かなくなってしまいましたし、日本という国もイタリア並みに適当なものです。
┐(´∀`)┌

それから、等々力の後は所属するフットサルチームの練習試合があるため、またもやFMのネットワークプレーは欠席です。すみません。
( TДT)

最後になりますが、先日のFM日記に頂いた沢山のコメントへレスができていません。明日必ずしますので、もう暫くお待ち下さいませ。
スポンサーサイト

コメント

アフリカは未知の可能性を秘めた大陸

前回大会でもトーゴ、アンゴラが初出場を果たしましたが、
今回はそれがこのガボンになるかもしれませんね。
さっき調べてみたら、ガーナと同組のブルキナファソも勝ち点で首位・ガーナと並んでいました。
ブルキナファソもまだW杯に出場したことがないんだとか。
ちなみにトルシエが白い呪術師と言われていたのは、
この国の監督をしていたころだそうです。


川崎が大分のリーグ戦初勝利の相手にならないことを祈ります^^;
他所のことを心配してる余裕はないのですがw
(楢崎と玉田は代表から帰ったばかり、マギヌンは怪我、小川は出場停止、バキはいまだ帰国中orz)

まだまだ潜在力を持ってますよね

>どらぐら様

欧州のトップクラブが続々とアフリカにユース施設を建設したり、アフリカのクラブと提携するのも分かる気がします。

ブルキナファソも、直近の試合こそホームでコートジボワールに負けましたが、スコアは2-3と僅差でしたし、この国も侮れませんね。

トルシエは日本代表の監督としてもブルキナファソに行ってますよね。いわゆる黄金世代のユース大会で。「あそこで過ごせれば、他のどこに行っても大丈夫」と播戸や遠藤は言ってましたが、相当劣悪な環境らしいですよ。

川崎はかなり物足りない内容でしたが、主力の多くを欠いていたことを考えれば、勝ち点3を取れただけ良かったかなと。名古屋はまさかの敗戦でしたね・・・。やはり小川の不在が響いたのでしょうか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。