09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀愁の豪州戦とスペインからのニュース 

今宵もひたすら残業のため、スペインから届いた2つのニュースを切り貼り。
(;^ω^)

それにしても――。

昨夜は情報を遮断しつつ23時過ぎに帰宅して、オーストラリア対日本代表を観たものの、何ら進歩の見えない内容で1-2逆転負け。強いプレスや当たりにあっさりとボールをロストし、アタッキングサードで連動性して崩すシーンは皆無。ろくにボールも収められない玉田と矢野、パスミスばかりの阿部と橋本は、いい加減見切ったらどうだ。それから松井。先発を志願した心意気は買うが、コンディションは明らかに整っていない。得意のドリブルで見せ場をつくったのはファールをもらった1シーンのみ。切れ込んでのシュートは枠の遥か上だった。

攻撃の手詰まり感、迫力不足はいつものことながら、守備も無残だった。あれほど警戒していたにもかかわらず、セットプレーから2失点。しかも、要注意人物と誰もが挙げるケイヒルに決められては世話はない。高さや強さは急に育まれるものではないだけに、単純にそれで失点したなら分かる。だが、きちんとマーカーが付いていれば――あっさり振り切られた阿部の罪は重い――あるいはどうだったか。1点を守り切って勝てたのかもしれない。

最後に、いわゆるボールの動かし方について。中盤から後ろでは、選手同士が近い距離を維持し、ダイレクトやサイドチェンジを交えながら上手く回し、オーストラリアのプレスをいなしていた。ところが、アタッキングサードから先に侵入すると、途端に臆病になってしまう。ダイレクトプレーは影を潜め、無難なパスばかりで受け手に良い態勢で入らない。単独で打開できる選手はいないだけに、相手の網を掻い潜れないのは当然だ。

予選最終戦で露呈した、ひ弱さと物足りなさ。「海外組がいないから」という次元では語れない、不安ばかり募る敗戦だった。

以下、ニュースを2つ。

○各方面から批判が集まっているレアル・マドリーの会長「移籍金に文句をつける連中は無知」

マンチェスターU(イングランド)のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを、移籍金8000万ポンド(約125億8000万円)で獲得することが決定的となっているレアル・マドリー(スペイン)。その大金を積み上げて選手を獲得する強化方針に、各方面から批判が集まっているが、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長は、批判を展開しているものは無知であると語っている。ロイター通信が報じた。

ミラン(イタリア)からブラジル代表MFカカを6700万ユーロ(約89億5000万円)で、さらにクリスティアーノ・ロナウドをそれを上回る金額でマンUから引き抜くやり方が、「非道徳的」だとして批判の対象となっているレアル。しかしスペイン『プブリコ』紙の取材に応えたペレス会長は「私は単純に、この批判は無知の結果であると思っている」とコメントした。

さらに、「これは企業のプロジェクトなのだし、ある種の投資だ。そうした見方ができないものは間違っている。しかし、時間が我々が正しいことを証明してくれるし、だから私はリラックスしている」とコメント。長期的な展望に立ってみれば、移籍金の額は妥当であるとしている。

~ヤフーより~

フットボリスタでは、前会長が密約した額のままペレスが引き継ぎ、受けてしまったと書いてあったが真相はいかに。日本ツアーの再開などでどれだけ回収できるか。お手並み拝見。

---------- キリトリ -----------

○中村俊輔、エスパニョールと仮契約…2年契約・年俸120万ユーロ(約1億6千万円)とスペイン地元紙が報道

セルティックの日本代表MF中村俊輔(30)の代理人を務めるロベルト佃氏が、現地時間16日にエスパニョールと仮契約を結んだと17日付のスペイン地元紙が報じた。契約は2年で年俸は推定120万ユーロ(約1億6000万円)。あとは中村自身がサインする本契約を残すのみだという。

エルムンド・デポルティボ紙では中村ではなく同じセルティックのMF水野の写真を掲載するなど、まだ認知度は高くない?様子。だが、同紙によると、ロベルト佃氏とエスパニョールのラモン・プラネス強化部長らは16日、午前、午後の2度にわたって交渉。ロベルト佃氏とともに交渉の席に着いた中村側の現地代理人であるフェレール氏も「交渉は終わった。2年契約になった。中村本人のスペインでプレーしたいという意思が彼をスペインに来させることになった」と話した。

16日の交渉後「90%合意に達した」と話していたラモン・プラネス強化部長は翌17日にも中村側と肖像権の権利関係など、細かい詰めの話し合いを行った。現地時間17日の最終交渉が順調に進めば、早ければ日本時間の18日にも「エスパニョール中村」が誕生することになる。

~スポニチより~

もはや各紙「エスパニョールで決まり」という論調一色になってしまった。これで横浜FM復帰を決断してくれれば最高の男なのだが・・・。
スポンサーサイト

コメント

ペレスさん

言いますね~。
そこまで言うからには、結果を出さないと、後々大変なことになりますよ(苦笑)

俊輔はエスパニョール入りが決定的みたいですね。
一時は横浜M復帰が濃厚とされていましたが、
フロントの失態で状況は一変したようです。

スーパービジネスマンですからね

>どらぐら様

ペレスさんの会社は世界で3番目の規模を誇る建設会社ですからね。ビジネスマンとしての腕は世界的に認められていますし、本人にもプライドと自信があるのでしょう。ただ、これでやらかすと首を締める結果になりますけどね。

俊輔の件は、もはや大方のメディアがエスパニョール入りと報じてますし、ほぼ確定でしょうね。木村監督は恐らくかなりのお怒りだと思います。社長は責任を取って辞任するんでしょうか。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。