07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボロカッスルに買い手は見付かるのか 

本日FM日記を公開予定でしたが、急な取材が入ったり、所用ができたりで完成できませんでした。現在、完成度は7割まできているので、明日の午前中には必ず終わるはずです。今暫くお待ち下さい。
m( __ __ )m

さて、コンフェデレーションズカップでは愛するスペインがニュージーランドを5-0一蹴しました。実力差を考えれば当然の結果ですが、独特の気候に上手く対応できているようで何より。本番前に南アの環境を経験しているのは大きなアドバンテージになりますし、頂点に立つかどうかは別にして、良いテストができればなと思ってます。対戦国を考えると、グループステージで負ける要素はありませんしね。あとは同系のブラジルとどんな試合になるか。

ちなみに、欧州ではコンフェデの報道はほとんどなく、ビジャやアグエロの移籍報道で盛り上がっています。イブラヒモビッチとエトーのトレードは消滅したようで、レアル・マドリーを追い出される選手達の動向は未定。サビオラのリバプール移籍が決まりそうだと、一部メディアが報道していたくらいでしょうか。まだ移籍市場は開いたばかり。これからでしょう。

前置きが長くなりましたが、今夜はボロカッスルの話題のみです。他に心を惹かれるようなニュースが皆無だったので・・・。大物が出過ぎて、ちょっと不作ですね。

○“迷走”続くニューカッスル・ユナイテッド、“電子メール”でクラブ買収希望者募る

サッカーのイングランド・プレミアリーグから同2部への降格が決定した名門ニューカッスル・ユナイテッドFC。オーナーのマイク・アシュリー氏は8日、同クラブを1億ポンド(約157億円)で売り出すとチームの公式サイトで発表したが、この内容がファンの間で物議を醸しているようだ。サン(電子版)など英各紙が伝えた。

同日付で公式サイトに掲載されたクラブ売却の告知には、「(買収に)興味のある方は、ぜひご連絡を」との一文が添えられており、連絡先の電子メールアドレスが記載されている。

これを受け、同クラブには“買収希望”のいたずらメールが殺到。特に地元のライバルチームでプレミアリーグ残留を決めている、サンダーランドAFCのファンからのメールが後を絶たないという。

サンダーランドのファンからのメールは「チームを10ポンド(約1600円)で買い取るよ。買収に成功したら、監督は自分でやるつもり」、「オアシスのチケット2枚とチョコレートバー1個でどう?」など、ニューカッスルのファンにとっては屈辱的としか言いようのない内容のものばかりのようだ。

あるニューカッスル・ファンは「今回のメール騒動でアシュリーの“無能ぶり”があらためて露呈された。やつのような“道化者”はさっさとこの偉大なクラブから追放するべきだ」と怒りのコメントを残している。

1881年に創設された名門ニューカッスル。シーズン中からフロントの“迷走”ぶりが話題になっていたが、チーム関係者は早いところ適切な買い手を見つけて、プレミアリーグ昇格に向けて始動したいことだろう…。

~web-tabより~

ライバルにコケにされるだけされて、一向に買い手が見付からないボロカッスル。ポーツマスやサンダーランドでさえ新オーナーを迎えることができたというのに、ノースイースト屈指の名門を蘇らせようという男気溢れる人間はいないようだ。それほど、プレミアリーグとチャンピオンシップの間には埋めがたい溝があるのは事実だが、フットボールクラブの運営は金儲けの手段ではないはず。フットボールを愛するリッチマンが、マグパイズを飛翔させて欲しいと願ってやまない。

---------- キリトリ -----------

ちなみに、リーガ・エスパニョーラではベティスも売りに出されています。こちらは約82億円とお値打ち価格。故・野沢尚先生の「龍時」を愛する日本人の金満家あたりが買ってくれたら、素敵な物語になるのですが・・・。

そうそう、先日お伝えした国籍変更の新規定を利用した“鞍替え”が実際に起きたので、お伝えしておきます。

○シャルケ所属のMFジャーメイン・ジョーンズ(27)が独→米代表に

ドイツ協会が、同国代表MFジャーメイン・ジョーンズ(27=シャルケ)が二重国籍を持つ米国代表でのプレーを希望したことを受け入れたと明かした。3日のFIFA総会で所属協会変更の年齢制限が撤廃されたのを受けてのもの。

ジョーンズはドイツ代表で親善試合3試合に出場しているが、昨年の欧州選手権代表からは外れている。同国代表のレーブ監督も「彼の決断を受け入れる。新天地での活躍を祈る」と話し、変更は円満に行われる方向だ。

~ニッカンスポーツより~

最近はお声がかかっていなかったジョーンズ。ドイツ代表デビュー時は絶賛されていた彼も、チームの低迷とともにプレーの質が低下。ドイツ代表として南アフリカの土地を踏める可能性は極めて低くなっていただけに、よりチャンスのあるアメリカ代表を選んだようだ。
スポンサーサイト

コメント

屈辱ですよね~

ファンにとっては。
しかし、こんなオーナーがいたんじゃ、
降格してしまうのもわかるような気がします(苦笑)

国籍変更、早速ですか。
今後も同様のケースが増えそうですね。

悲しい限りです

>どらぐら様

ダメオーナーですよね~。はっきり言って、どうしようもない。
┐(´ー`)┌

とはいえ、彼しかいなかったんでしょうが・・・。

国籍変更は、今後も続々と出てきそうですね。日本も上手く活用できるといいんですが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。