09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村俊輔の移籍報道にまつわる裏話(?) 

昨日は所用のため、ネットワークプレーに参加できなかったことをまずお詫び致します。
m( __ __ )m

これで2週連続の欠席で、チームの状態はもとより自分の存在も心配ですw
(;^ω^)

今度の土曜日こそは!!
m9(`・ω・´)

ようやく仕事が一段落して、今週はゆっくりできそうなので。たぶん明日、新しいFM日記をスタートさせます。
(゚Д゚)ノ

さて、今日は代々木公園のバングラディッシュ・フェスタ(?)に行ってきました。かなり小規模でしたが、色々な料理があって面白かったです。民芸品とかには興味を持たないタイプなんで、ひたすら食べてましたw 鹿とか羊とか鶏とか。どれも( ゚Д゚)ウマーでした♪

綺麗なお姉さんが酔っ払っ、てアスファルトの地面に寝そべったり、服を脱ぎだそうとしたりしてたのはエロスでしたがwww
(*´∀`)

かなりの注目を集める中、最終的には買い物から戻ってきた彼氏に連れられて帰っていきました。

相方が隣に居ながら、「脱げ!脱げ!」と小声で連呼し、心の中では「なんだよ、脱がないのかよ!」と思ったのは秘密ですwwwww

なんて雑談はこれくらいにして、今宵のメイン記事を。

○シュンスケ移籍報道の裏ガワ

12日にも古巣・横浜FMへの復帰が発表される予定だった中村俊輔が、一転してスペインのエスパニョールに移籍確実という新聞報道には驚かされた。速報したのはスポーツ新聞のHだ。H新聞には、中澤、闘莉王、中村俊と個人的に親しい記者がいる。このため彼らに関する記事はかなり信憑性が高い。

とはいえ、一紙がスクープとして報じただけでは、話題先行のガセネタ、いわゆる「飛ばし記事」の可能性もある。このためスポーツ紙に注目したが、同業紙のSも追随報道していた。普通、よほどのことがない限り、スクープを抜かれて「特オチ」した新聞社は他社と同じネタを扱わない。

ましてS紙は横浜FMとの関係が深く、これまでチームが優勝した際は号外を出すなど、内部情報に一番詳しくてもおかしくない。にもかかわらず「特オチ」したのは、事実を掴んでいながらクラブから「待った」がかかっていた可能性もある。関係が深ければ深いほど、チームにとってマイナスな情報は出しにくいからだ。そこを、個人的なパイプからH紙にスッパ抜かれたのかもしれない。

~中略~

今回の移籍劇だが、これにはスポンサーの思惑も絡んでいるのではないだろうか。元々、中村俊はA社と長期の契約を結んでいた。A社の顔と言ってもいい。しかし、横浜FMのスポンサーはライバルのN社である。今回の移籍にしても、中村俊の年俸の何割かはN社が肩代わりするという噂もあった。そうなれば、当然、中村俊もN社のスパイクを履く可能性が出てくるだろう。

A社にしてみれば、W杯出場を決めた日本のエースが、この期に及んでN社に鞍替えすることなど絶対に許されないことだろう。来年の大会に向け、新たなユニフォームやスパイクも開発していくとしたら、中村俊は手放してはならないA社の顔である。

で、ここからは推測に過ぎないが、バルセロナを本拠とするバルセロナはN社、地元のライバルであるエスパニョールは、それほど大手メーカーではないU社のユニフォームだ。来期、エスパニョールのユニフォームが、U社からA社に変わることになれば、中村俊の土壇場での移籍劇はA社が仕組んだ可能性も出てくるかもしれない。

時を同じくして、A社の顔でもあるカカはレアル・マドリーに移籍した。そしてN社の顔であるC・ロナウドもA社がユニフォームを提供するレアル・マドリーに新天地を求めた。W杯を控え、A・N戦争はその前哨戦として、リーガエスパニョーラを舞台に代理戦争が始まるかもしれない。

~超ワールドサッカー内、T教授の非公開講座より~

この方のコラムは、同業として学ぶところの多いものが少なくない。「日本国内有数のフットボールジャーナリスト」と紹介されているだけあって、「点」を手繰り寄せて「面」(=記事)にする技術が備わっている(たかだか記者歴5年弱の若造に言われたくはないだろうが)。往々にして感情論が先に出るH本氏とは大違いだ(氏の場合、思い込みや情熱が強すぎるきらいがある)。とまれ、1人の選手の移籍話には、多くの事情や人間・スポンサー関係がかかわっている(可能性がある)ことをお分かり頂けたのではないだろうか。

---------- キリトリ -----------

残りは、細かいニュースをいくつか。

○クリスティアーノ・ロナウド(24)年俸6年総額172億円提示される。6年契約の最終年は約47億円

マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリード移籍が決定的となっているMFクリスティアーノ・ロナウド(24)に、前代未聞の巨額契約が提示されたと12日付の英紙タイムズが報じた。契約1年目の年俸950万ポンド(約15億円)が毎年25%増額される変動制で、6年契約の最終年は約2900万ポンド(約47億円)にはね上がる。6年総額では実に1億700万ポンド(約172億円)に達するという。

同紙はフォーブス誌の長者番付で07年に6000万ポンド(約97億円)を記録したゴルフのタイガー・ウッズには及ばないとしたが、サッカー界では史上最高額となる移籍金8000万ポンド(約129億円)の衝撃度さえ上回る数字。07年にロサンゼルス入りしたMFベッカムは5年総額2億5000万ドル(当時約300億円)と言われる契約を結んだが、これはスポンサー収入などが含まれ、今回の報道が事実ならまさに破格の扱いだ。

米ロサンゼルスに滞在中のC・ロナウドは「キャリアの新しいステージとなるレアル移籍が楽しみ。この契約は歴史的」と話した。まさに歴史を塗りかえる移籍となりそうだ。

~スポニチより~

もう、「常軌を逸している」以外に何も言うことはないが、この価値に相応しい活躍を披露できるか否か。代表レベルではてんでダメな彼を見るにつけ、プレッシャーに押し潰されないか心配になってしまう。

---------- キリトリ -----------

競馬好きとしては、これも忘れてはならない超ビッグニュース。





○ほしのあきと三浦皇成、真剣交際

人気タレントのほしのあき(32)と競馬界のスーパールーキー三浦皇成騎手(19)が真剣交際していることが12日、分かった。ほしのが名付け親の競走馬ハシッテホシーノ(牝3歳)の昨年10月のデビュー戦に三浦が騎乗したのが出会い。その後、複数の仲間で食事をするうちに2カ月ほど前から交際に発展した。13歳の年の差を感じさせない人気者同士のカップル。注目度はG1級だ。

 「最年長グラビアアイドル」として大活躍中のほしのと、昨年デビューしていきなり91勝を挙げ、武豊(40)の持つ「新人年間最多勝記録」(69勝)を21年ぶりに塗り替えた三浦。13歳という年の差を超え、どちらも“本命◎”の真剣愛だ。

 出会いは昨年10月。ほしのが名付け親となったハシッテホシーノのデビュー戦。手綱を取る予定だった松岡正海騎手(24)が騎乗停止になったため、三浦に声が掛けられるという偶然から恋は生まれた。

 結果は5着だったが、レース後に記念写真を撮るなどあいさつし、その後は先輩騎手の後藤浩輝(35)やタレントの木下優樹菜(21)ら複数の仲間で食事をするなどして親交を深めた。今年3月には、ほしのが司会を務めるフジテレビ「みんなの☆ウマ倶楽部」(土曜深夜1・05)に三浦が出演した。

 周囲によると、交際に発展したのは2カ月ほど前。最近もほしのが競馬場に応援に行っている。

 JRA史上最速100勝や新人年間最多騎乗(783回)など次々と新人記録を塗り替え、NHK「トップランナー」やテレビ朝日「徹子の部屋」に出演するなど、テレビ番組にも引っ張りだこの三浦だが、競馬サークルでは「全くチャラチャラしたところのない、真っすぐでしっかりした男」と評判。一方、ほしのも32歳とは思えない童顔とFカップの巨乳を武器に「ロリエロ隊長」の異名をとっているが、抜群のトークセンスと周囲への気遣い、出演した番組を必ず盛り上げるプロ意識でお茶の間のアイドルに登りつめた。

 周囲によると、そんな仕事へのひたむきな姿勢を三浦は尊敬しており、ほしのも13歳という年の差を感じさせないたくましさにひかれている。そして2人とも、それぞれの「笑顔」にぞっこんという。

 騎手仲間やタレント仲間も2人を温かく見守っており、家族にも交際を報告済みの真剣交際。公私ともに順調な2人だが三浦にはもう1人、特別な存在がいる。競馬学校在学時の厩舎研修中から三浦に付きっきりで、ホースマンとは何かを身を持って教えてきた河野調教師だ。新人年間最多騎乗という記録も、河野調教師が馬主と交渉してチャンスを与えたからこそ。恩師に心から祝福してもらうにはまずは仕事での結果。昨年以上の活躍をするしかない。

~スポニチより~

芸能に強いスポニチらしいスクープだが、マネージャーは否定。「みんなの☆ウマ倶楽部」でも「みんなのケイバ」でも何のコメントもなく、「なかった」ものとされている。別に19歳にもなっていれば、誰と恋愛しようが勝手で、仕事さえきっちりしていればいいのでは?にもかかわらず、師匠は面白くないらしく、自分のブログで馬鹿げた文章(注)の載せる有様。親だって19歳の息子の交際にとやかく言わない。競馬界に住む方ってのは、どうしてこう世間の常識からズレているのだろうか・・・。

※注 以下、河野氏のブログより抜粋

私には寝耳に水の話でしたが、
紙面を騒がせ恥じ入るばかりです。
競馬会、最高幹部広報と土曜も合わせると
かなりの時間お話をさせて頂きました。

競馬会にも責任があると。
プライベートな事は知りませんでは済まされませんよ、と。

ましてや芸能界何年の経験か
知りもしないし知りたくもないですが、
いい年して19歳の子供相手に
一面にデカデカとスクープされる様な気遣いのなさ。
呆れて物が言えません。
何が熱愛だって感じですね。

本当の熱愛なら年上の彼女が
彼の為に気遣いするのが本当じゃないですか?

書かれる前日に知らされた位で、
全く蚊帳の外という感情しか持てません。

すぐ熱は下がるでしょう
余り騒がないでやって下さい。

---------- キリトリ -----------

そういえば、コンフェデが始まりますね。欧州では全くといっていいほど報じられていないようですが、日本では「フジテレビNEXT」で放送されます。契約している方はどうぞ。

皆様から頂いたコメントへのレスは、明日改めてさせて頂きます。すみません。
スポンサーサイト

コメント

No title.

俊輔はどうなるんでしょうね。
W杯を考えるとマリノスへの復帰かセルティックの残留がいいのでしょうが、いろいろな事情がからんでる事を考えるとエスパニョールに行っちゃうのかも知れませんね。
クリロナの年俸は額が大きすぎてもう何が何やら・・・
てか何処にそんなお金があるのかと心配してしまいます。

有名スポーツ選手の移籍

には、いろいろな人たちが絡んでいるのですね。
そういえば玉田が柏時代にトヨタのCMに出演したことがありましたが、
これもグラ移籍のための布石だったとか!?
なんてネタがありますが、案外そうだったのかも。
なんてね((*´∀`))ケラケラ

それはともかく、俊輔の今後はどうなるのでしょうか・・・。

No title.

6/21に日産スタジアムでトリコロール色の俊輔を見れると思ってたのですが・・・残念です。
でもスペインリーグでレアルやらバルサやらと戦う姿を見れると思うと楽しみでなりません。

EROい新FM日記期待してます!(・∀・)ノ

混沌としてきましたね

>誠様

俊輔は、ずっと「子供の教育を考えると日本で」と言っていましたし、年齢的にもそろそろ選手生活の終わりを見据えなければいけないですから、Jリーグ復帰の一手だと思ってましたが・・・スペインでプレーする夢にも惹かれてるんでしょうね。

ロナウドの件は、移籍金から年俸までフットボールの歴史を塗り替える数値ですよね。それを払える余裕が凄いです。

そんなことが!

>どらぐら様

日本でもそんな事例があったとは!
( ゚Д゚)

嘘のような本当の話かもしれませんね。実際、複雑に様々な事象が絡み合う現代フットボールにおいては、個人の意思だけで移籍は成立しえないのでしょう。嫌な話ですけどね・・・。

俊輔の件は、今月中に決まるとは見られているようですが、サンスポは横浜FM復帰で首尾一貫としてますし、全く分かりませんね。

浦和戦ですね

>Yatus様

「横浜FM対浦和で凱旋復帰」は既定路線と言われてましたからね~。まさか、ここにきていきなりもつれるとは思いませんでした。横浜FMサポの方は気が気じゃないでしょうね。Yatusさんのような根っからの浦和サポにとっては「してやったり」かもしれませんがw

うち(川崎)はジュニーニョが退団騒ぎで大変です。。。
(;つД`)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。