09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【改】白い巨人のリビルド、始まる 

リーガ・エスパニョーラで失意のシーズンを過ごしたレアル・マドリーが立て直しを急いでいる。新会長にはペレス氏が復帰し、アドバイザーにクラブのレジェンドであるジダン氏が就任。ミヤトビッチ氏を解任したディレクターには、バルダーノを据えた。首脳陣を刷新した上で、新監督に前ビジャレアル監督のぺジェグリーニ氏を招聘。選手では、ミランのブラジル代表MFカカー、マンチェスター・Uのポルトガル代表MFクリスティアーノ・ロナウド、リバプールのスペイン代表MFシャビ・アロンソらの獲得も噂されている。09-10シーズンの復権に向け、R・マドリー再生計画が本格化してきた。

○レアル・マドリー、再生へ着々と

スペイン1部リーグのレアル・マドリードは1日、新会長に就任したフロレンティノ・ペレス氏が掲げる「銀河系軍団」構想の下、新監督にマヌエル・ペジェグリーニ氏、会長付き相談役に元フランス代表のジネディーヌ・ジダン氏、ゼネラルディレクターに元アルゼンチン代表のホルヘ・バルダノ氏の就任を発表した。

同クラブは声明で「レアル・マドリードとマヌエル・ペジェグリーニは、来季(2009-10シーズン)のトップチームの指揮をペジェグリーニが執ることで合意に達した」と発表した。正式な発表は本拠地サンチャゴ・ベルナベウで2日に行われる見込み。

ペジェグリーニ氏は、2008年12月に監督を解任されたベルント・シュスター氏の後任として約6か月間チームを指揮したフアンデ・ラモス氏に代わり、監督に就任する。ペジェグリーニ氏は、2004年にビジャレアルの監督に就任し、04-05シーズンのリーグ戦を3位で終えて欧州チャンピオンズリーグの出場権を獲得、07-08シーズンのリーグ戦ではチームを2位に導いていた。

~AFPより~

アンチェロッティのチェルシー監督就任と同じく、予想された通りの人事に落ち着いた新生レアル・マドリー。銀河系への回帰、そして「個」の力を巧みに生かす新監督の下で、バルセロナからの覇権奪回を目指す。しかし、もはやトップスターをかき集め、それぞれの頭抜けた力量に任せるだけでタイトルが獲れる時代ではないだけに、この“懐古主義”には多くの疑問符も付けられている。懐疑論を払拭して「白い巨人」復活なるか。お手並み拝見といこう。

---------- キリトリ -----------

その他、目に付いたニュースを1行で紹介。

・インテルのイブラヒモビッチ、「イタリアでは全てをやり尽くした」と移籍を示唆

・ミランのカカ、本人の残留希望とは裏腹にクラブは売却の意志を示す

・ジーコ監督率いるCSKAモスクワ、ロシア・カップを制覇

・グルノーブル、サンテティエンヌの松井にオファーか

・A・マドリーのフォルラン、欧州得点王(ゴールデンシュー)を獲得

なお、私にしては珍しく(?)日本代表について触れていないのは、他に書きたいことがあって、それを優先してしまったからです。
(;^ω^)

とにかく、うち(川崎フロンターレ)の王様・中村憲剛がようやく日の目を見たことが何より嬉しいです。あの正確で長短使い分けられるパス、リズムコントロールの上手さ、視野の広さ、飛び出しの鋭さは、他の選手に無いもの。彼をトップ下に置いた4-2-1-3(4-2-1-2-1)は、日本代表にとって大きな武器になることでしょう。

また、岡崎、本田圭、山田直といったフレッシュな世代が結果を残したのも、将来に向けて重要な一歩です。岡崎は完全に9番を手中に収めた感がありますし、本田圭は中村俊とは違った個性でチームにインパクトをもたらせることをアピール。山田直も代表デビュー戦とは思えぬ堂々としたプレーを披露し、クラブでも見せているパスを引き出す動きでチームの潤滑油になっていました。3選手とも伸びしろは十分あるだけに、これからが楽しみです。

もちろん、キリンカップで対戦したチリとベルギーは目も当てられないほどの酷いパフォーマンスで、「あれぐらいの結果を残して当然」という冷静な声が出てくるのは当然です。しかし、今までの日本がそうした国から大量得点を奪えていたでしょうか。2試合続けて4点を叩き込んだ――しかもセットプレーからは1点だけ――ことは素直に評価すべきです。

土曜日のウズベキスタン戦できっちりW杯出場を決めてくれることでしょう。
スポンサーサイト

コメント

また「銀河系軍団」

ですか。
今のチームでも結構タレントがいると思うのですけど(苦笑)
こうなるとオランダ5人衆のうち、何人かは放出されるんでしょうねぇ。
そして、カカがやってくるとか!?

松井はグルノーブル移籍の可能性が出てきましたが、
その方が良いのかもしれません。
祖母井さんもいますしね。
ていうか、伊藤翔はどうなるんでしょう・・・。

キリンカップに関しては評価が難しいですが、
岡崎や憲剛、本田が使えそうだとわかったのは収穫ですね。

そのようです

>どらぐら様

噂では、大半の選手を入れ替えるみたいですよ。若手と超主力級以外は売却対象とか。オランダ勢でいうと、残るのは「馬」だけとか。カカやシャビ・アロンソ、さらにC・ロナウドでも取れたら、在庫一斉処分でしょうが・・・そうした後釜なしに切り捨てるのは暴挙だと思います。

松井は終盤戦で出番が皆無でしたからね。会長には「松井の弟では?」なんて貶される始末ですし、レギュラーを任せてもらえるチームで再起を図って欲しいものです。伊藤翔は・・・J復帰の噂が出ましたが、結局まだフランスで頑張ってますよね。ただ、ベンチ入りさえしてませんし、果たして意味があるのかどうか。

キリンカップは良い景気づけにはなりましたね。あとはバックアッパーの台頭。底上げにはなったと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。