FC2ブログ

07 | 2021/08 | 09

陰鬱たる後日談 

バルセロナが2-0でマンチェスター・ユナイテッドを下し、チャンピオンズリーグ優勝を決めた数時間後、ナイジェリアで陰鬱な事件が起きた。マンチェスター・ユナイテッドのファンが運転するミニバスが、優勝を祝うバルセロナのファンの集団に突っ込んだのだ。4人が死亡し、10人が負傷するという最悪な結果となり、祝賀ムードは霧散した。一部報道によれば、ミニバスは一度集団を通り過ぎたものの、引き返してバルセロナのファンに突っ込んだという。運転手は逮捕されたが、失われた命は返ってこない。

フットボールに愛と情熱を注ぎ、生涯を捧げるのは美しい行為だ。しかし、それが他者への攻撃性を伴った瞬間、全ては汚泥へと変わる。犯人は、自らマンチェスター・ユナイテッドを裏切り、傷付け、唾を吐きかけたのだ。薄暗い塀の中で、贖えぬ罪を一生懺悔すればいい。

失われた4つの魂に、救いあらんことを。
スポンサーサイト



コメント

絶対にあってはならないこと

ですね。
亡くなられた方のご冥福を祈ると共に、
犯人への憤りを感じずにはいられません。

しかし、ナイジェリアとは・・・。
政情不安だとは聞いていますが、そういったことも影響しているのでしょうか。

フットボールは娯楽なのですから

>どらぐら様

決して、その勝敗が生死を分けるものであってはならないと思っています。犯人の凶行は決して許せません。

ナイジェリアは治安の良くない国でして、カメルーンとかもそうですね。南アフリカの未だ危険地帯ばかりで、W杯がますます心配です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)