09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不景気の影響色濃く ローダとフォルトゥナの合併破談に 

我らがインテルのカリアリ戦敗北よりも、ニューカッスルの降格決定に呆然としている暁です。

あの、全てが終わってしまい、目の前が真っ暗になった(であろう)マグパイプスの憔悴しきった姿には深い悲しみを覚えずにはいられません。

ただ、この事態を招いたのは選手たちの不甲斐なさ以外の何物でもない。経営規模の縮小で、選手の刷新は避けられないでしょうが、ボロともどもノースイーストの名門が一季でプレミアの舞台へ帰還することを祈ってやみません。

各国リーグの降格クラブについての総括は、また改めて行いますので、ひとまずこれぐらいで。

さて、今夜は以前に取り上げたオランダでの2クラブの合併話について続報をお届けします。

○リンブルフ州の2クラブの合併案、不景気の影響で破談に

リンブルフ州内のライバルクラブだけにローダとフォルトゥナ・シタルトの合併は難航したが、それでも4月2日、ようやく両クラブの幹部が合併で合意に達し、晴れて来季からスポルティング・リンブルフとしてスタートすることになった。

しかしリンブルフ州議会はフォルトゥナがまだ約6億6300万円の負債の処理が終わってないことを問題視し、当初予定されていた新クラブへの資金援助を拒否してしまった。

合意に達したタイミングも悪かった。オランダ内でもリンブルフ州は特に景気が悪い。「不景気の今、優先されるべきはフットボールクラブへの投資ではなく景気対策」という議会の声の前には、スポルティング・リンブルフの幹部もお手上げだった。

7日、両クラブは「リンブルフ州のバックアップが見込めないのなら、合併のメリットはない」として合意を白紙に戻した。今後、両クラブは単独クラブとして経営再建に臨むことになる。

ローダはケルクラーデ市から推定約3億9000万円の融資を受け、何とかキャッシュフロー不足の危機から脱した。エールディビジでは16位に終わり、プレーオフに1部残留を懸ける。

フォルトゥナ・シタルトは、来季のプロライセンスをもらえるよう、KNVB(オランダサッカー協会)と必死に話し合いを続けている最中だ。OBであるファン・ボメルの提案により、5月31日にはバイエルンとのチャリティマッチを行うことが決まった。フォルトゥナ・シタルトには「来季もプロとして生き残るならスポンサーになりたい」と申し出る企業も現れ始め、KNVBもそう簡単にはライセンスを取り上げられない様子。結論が出るまでもう少し時間がかかりそうだ。

~フットボリスタ5月27日号、中田徹氏のコラムより~

ファンの合併反対の声にも耳を貸さず、両クラブの思惑入り混じる中で進められた合併劇は、未曾有の世界同時不況という“天意”によって消滅しました。これによってそれぞれのコアサポーターはアイデンティティを守られたわけですが、さりとてフォルトゥナ・シタルトに関してはクラブ自体が消滅の危機に瀕しているのも事実。クラブOBや地元企業の思い入れ、そしてバイエルンの寛大さによって、延命処置がとられるのでしょうが、抜本的な経営改革抜きではいずれ死に体になるのは確実です。再度合併話が持ち上がるのか、それとも別の手段を探るのか。最良の“解答”をいち早く見出して欲しいものです。

---------- キリトリ -----------

【短期連載】

Football Manager 2009 プレー日記 第2弾

「マラドーナと愉快な仲間達」

※sortitout内、「Legends Datebase 2009」使用

Coming soon...

maradona.jpg

pele.jpg

platini.jpg

becken.jpg

distefano.jpg

cruijff.jpg

zico.jpg
スポンサーサイト

コメント

リアル・ニューカッスル

まさかというか、必然の(!?)降格となりましたね。
終盤の大事な試合でも退場者を出し、自らを苦しくし、
最終節もまた退場者を出す始末・・・。
名門がすぐに昇格できるか、それともこのままズルズルと行ってしまうのか。
心配ですね。

スポルティング・リンブルフ構想が破綻したのは以前、ニュースで知りましたが、
今後、どうなりますかね。
セフも関わっている問題だけに、こちらも気になります。

短期連載

面白そうですね。
私もオフ・プレイ企画として考えてました。

もっとも、私がやっても面白いのかなと思い、断念。
やはり、そこは暁さんのような方がやらないと、ね。

楽しみにしてます!

必然と言えば必然の

>どらぐら様

ニューカッスルの降格は自業自得とも言えますね。なぜ、こうなってしまったのかをきちんと考えなければならないでしょう。クラブ首脳も、選手も。会長はクラブを売る気マンマンですから、誰かしっかりとしたオーナーに買ってもらって、来季は一からやり直すべきでしょうね。

リンブルフ州の2クラブについては、そもそも経営陣主導でしたからね・・・。フットボールの神が、「それはダメだ」と言ったのかもしれません。

って、私は無神論者なんですけどねwww

いやいや

>ヒロ様

私も、ただ思い付き&昔のフットボーラーを勉強したいなと思っただけですよw
(;^ω^)

なので、短期連載は過去の名プレイヤーを紹介する企画にしようかなと考えてます。
(゚Д゚)ノ

楽しみにされるとプレッシャーに負けるタイプなのでw、暇つぶしにでも見て下さいw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。