FC2ブログ

06 | 2021/07 | 08

【改】若手指導者がビッグクラブへ?!&ネットワークプレー簡易レポート 

凋落が叫ばれるセリエAだが、各クラブの欧州カップ戦での戦績が振るわない一方で、国内リーグでは気鋭の若手監督達が新時代のフットボールを披露している。彼らこそが、カルチョの救世主になると見る向きは少なくない。今回は、そんなイタリアで注目される監督を紹介する。

※以下、超ワールドサッカー内、神尾光臣氏の「BUONACALCIO!」より引用して執筆

ここ数年のセリエAで評価を高めている若手指導者の筆頭は、超攻撃的フットボールでジェノアを欧州カップ戦出場圏内に押し上げたガスべりーニだろう。

gaspe.jpg

また、攻撃志向の強い監督としては、ウディネーゼのマリーノの名を忘れてはならない。

marino.jpg

相次いで“討ち死に”するイタリア勢にあって、彼らはUEFA杯で最後まで奮闘した。フロントやファンの支持も高く、このまま暫くは安定政権を築きそうだ。

さらに、2年前に大きなペナルティを受けて「残留確実」と言われたレッジーナを残留へと導いたマッザーリ監督は、サンプドリアでカッサーノやパッツィーニを再生させ、ビッグクラブとも伍して戦えるチームをつくった。

mazzari.jpg

キエーボのディ・カルロ監督も、攻撃力の伴った組織的なフットボールを定着させ、一気に降格争いから抜けださせた。

dicarlo.jpg

昨季、カリアリで成功を収めたバッラルディーニ監督は、今季パレルモを率いて強豪4チームのうち3チームから勝利を収めた。

ballar.jpg

カターニャのゼンガ監督も、柔軟性ある采配で高い評価を得ており、シエナのジャンパオロ監督はセリエBのクラブと同等の戦力を率いながら、リーグ全体でも失点が少ない強固な組織を作り上げた。

zenga.jpg

giam.jpg




彼らに共通するのは、展開するフットボールが非常に挑戦的だということだ。イタリアのフットボールと言えば、とかく守備偏重で面白くないというイメージがつきまとう。ところが、上記の監督は組み立てというものを意識している。また、攻撃志向の裏で、緻密に相手のフットボールを分析して封じ込めようとする現実的な戦術眼も兼ね備えている。

例えば、今季アッレグリ監督の下でカリアリが披露したフットボールは素晴らしかった。

alle.jpg

最終ラインは勇敢に高い位置をキープし、中盤は猛烈なプレスをかけ、いざ攻撃になればスピーディーなショートパスを通し、確実に3人以上がゴール前に詰めるメカニズムができている。

キャリアの多くをセリエB以下で過ごした選手にアッレグリ監督が説くのは「失敗しても構わないから無難なプレーに終始するな」。個々の選手は大胆に勝負を仕掛け、国内でも無名だったコッスはなんと仏レキップ紙の欧州ベストイレブンに選出された。

cossu.jpg

試合展開の読みにも長けており、的確な選手交代やフォーメーション変更で、がらっと試合の流れを変えていく力がある。フォーメーションが同じ4-3-1-2のミラン監督就任の噂が立つのも、決しておかしくはない。

---------- キリトリ -----------

今回は、「監督」に焦点を当てた記事を紹介しました。

イタリアでは40代の優秀な監督が頭角を現しつつあり、アッレグリのようにビッグクラブの監督として名が挙がる人物も増えてきました。監督業というのは、とかく成功・失敗のサイクルが速いもので、彼ら全員が歴史に名を残す指揮官になるとは限りませんが、いずれにせよスモールクラブを率いて魅力あるフットボールを繰り出す彼らは、イタリアの未来に明るい灯をともす存在なのです。

---------- キリトリ -----------

昨夜もFM2009のネットワークプレーに参加させて頂きましたが、遅刻しての参加でしたし、かなり慌ただしくしていたため、レポートも画像もほとんど用意しておりません。
(;´∀`)

なにより、仕事がカツカツで取り組めそうにありません。

Skypeの過去ログを読むと、期待して頂いているようで、誠に心苦しいのですが、この仕事が片付くまでは――恐らく、5月下旬までは断続的に忙しいです――ご容赦下さい。
m( __ __ )m

簡単に感想だけ述べさせてもらうとすれば、人間同士の采配合戦は面白いということです。相手のストロングポイントをどうやって消すか、逆に自らのストロングポイントをいかに発揮するか。戦術やフォーメーションの変更、選手交代などをフルに活用し、90分間試合に集中したのは本当に久々でした。箱庭だけでプレーしていると、得てして惰性で戦いがちですからね。
(;^ω^)

実際、私のトッテナムはliberoさんのセヴィージャとホームで開幕戦を戦いましたが、試合の流れを見ながら色々と手を打ちました。

全ては書ききれないので、いくつか挙げると・・・

1)オッズ上不利を予想されていたため、割り切ってカウンターを選択したが、ロングボールの全てが背の高い相手CBに弾き返されていたのを見て、足元へ出すよう指定する。

2)右サイドのベントリーが何度か良い突破を見せていたため、途中から右サイドを狙わせた。

3)相手が途中、当初の4-4-2(両サイドハーフは高い位置)から4-1-2-2にシフトしたことを受け、両サイドハーフに相手AMのマークを指示

といったことを、流れに即しながら行いました。

もっとも、どれも「当たった」感はないんですが、途中投入のデフォーがゴールを挙げて追い付くなど、それなりに満足いく結果は出ました。

vsSevilla.jpg

お互いかなり“動いた”ため、ハイライト:ノーマル、スピード:真ん中と右端の間にしたにもかかわらず、1試合終わるのに数十分かかってしまいましたが、ラグもなく熱い戦いを楽しめました。

ただ、全体の進行という意味では要改善でしょうね。
( ・ω・)∩

次回はいつになるのか分かりませんが、週に1度は集まって(土曜日の夜とか?)、シーズンを消化できたらいいですね。

またの機会を心待ちにしております。

追伸:本田圭佑を獲得したんですが、1回目の労働許可証申請は却下されてしまいました。果たして、トッテナムに彼は来てくれるんでしょうか?!

---------- キリトリ -----------

○独り言

初めてトッテナムを使って思ったのは、リアルでの評価が高いパラシオスの優秀性。中盤でのボールカット率、献身性、素晴らしかったです。あとはベントリーの突破力。サイドの攻防で劣勢となり、ゲームを支配されたトッテナムにあって、彼の縦への強さは唯一の武器となっていました。

チームについての総論としては、よくまとまっているなと。あれだけ押されながらも1点で踏ん張った守備陣をはじめ、中盤ではパラシオスとベントナーが気を吐いていました。前線では、パブリュチェンコとキーンの2トップはイマイチ噛み合いませんでしたが、デフォーが結果を出した。突出した選手こそいませんが、残留はできるんじゃないかと楽観視しています。

そこから先は補強次第。資金も給与枠も空きがなく、理事会に泣きついてもらった1Bを移籍資金に800M、給与枠に200M分配して安物買いに走っていますw

一応、右サイドバックは良い選手を獲れましたし、上記のように本田圭も加入が決まってます。労働許可証が下りないというオチになりそうな気配がプンプンしてますがw、そうなったらそうなったで違う中盤の選手を獲ろうと思っています。

完全に独自の路線を貫いており、ゲーム中で皆様と絡みが少ない暁ですが、今後ともどうぞよしなに。
スポンサーサイト



コメント

イタリアサッカーには疎いのですが

ジェノアの躍進には驚かされるばかりです。
CL出場権を獲得する可能性も十分にありますからね。
イタリアらしからぬ(!?)攻撃志向、さらに戦術眼も優れているとのことで、
これからの彼らの活躍には要注目ですね。
私も名前を覚えなきゃ^^;

ネットワークプレーには残念ながら参加できませんが、
かなり盛り上がっているようですね。
対人プレーならではの駆け引きがあって。

月曜はお疲れ様でした!

ジェノアとウディネーゼは本当面白いサッカーをしますよね。
特にウディネーゼのサッカーと選手はお気に入りですw

そしてネットワークプレーもお疲れ様でした!
開幕戦は本当に燃えましたw
観戦していると人それぞれに戦術の個性を感じ取ることが出来て非常に面白かったです。

パラシオスは確かにいい動きをしていましたね!
バーを叩いたミドルシュートは惜しかったなぁ…


これから少しずつ問題を解決していき、出来るだけスムーズにネットワークプレーを出来るよう頑張りますので、これからもよろしくお願い致します!

No title.

4日は楽しかったですね^^
夜中までドップリやってしまった・・・w

自分の試合が長かったので、
他の試合があまり見れなかったのが残念ですが、
いろんな戦術を勉強させてもらおうと思います^^

ジェノアは凄いですよね

>どらぐら様

ジェノアはオーナーが“落ち着いて”ますし、お金も持ってますからね。継続的に上手くお金を使えば、良いチームはつくれるということでしょう。イタリアらしからぬ攻撃性に、今後はぜひ注目して下さい。ナポリももう少し安定感が出てくるといいんですが・・・。

選手名と違って、監督名はなかなか覚えにくいんですが、私も頑張って覚えようと思いますw

ネットワークプレーはかなり面白いですよ!いつか機会があれば、ぜひどらぐら様も参加くださいね♪

管理人さまさまです

>REUSU様

ウディネーゼは私も大好きです。あのクラブのポリシーは素晴らしいと思います。ジェノアや他のクラブも、もっともっと独自色を出してほしいんですけどね。

オンラインプレーについては、毎回、色々とお疲れ様です。
(゚Д゚)ノ

開幕戦の勝利もおめでとうございます!!

パラシオスはチームトップのレイティングでしたし、ニューカッスルでも獲得しようかなと思ってますw

ネットワークプレーについては、今後はいかに時短できるかでしょうね。気づいたことは私も意見しようと思います!

楽しかったですね♪

>HYDE様

先日はお疲れ様でした!かなり盛り上がって、興奮しましたね。なかなか寝付けませんでしたからw
(*´∀`)

今後はますます白熱化していくでしょうし、ブログでの交流も含めてどうぞよろしくお願い致します!!

No title.

自分も今度の土曜日にオンラインに参戦させて頂きます。色々とよろしくお願いします。

トッテナムですかぁ 羨ましい…w
自分も10年程プレイしてましたが
なかなか弄りがいのあるチームでしたw

自分はローマなのですが使いこなせるかどうか正直不安です
サイドアタッカーがびっくりするほどいないので最初はデフォの4-2-3-1とかででいくしかなさそうです…w

いつかお金が溜まったらBaleの獲得交渉に行きますのでよろしくお願いします!

6Bくらいださなきゃ無理かな・・・w

こちらこそ!!

>Yatus様

祝・オンライン参戦!
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

ますます輪が広がって、最高ですね♪

トッテナムは、プレミアで戦うなら良いチームなんですが、あのリーグだと厳しい残留争いを強いられます。金も全然ないので、嘆き節の日々ですよw
(;^ω^)

ローマも金がなさそうですが、怪我人さえ出なければ楽しめそうですね。もしくは、買収を待つとか(マテ)。

ベイルは貴重なフリーキッカーですし、高いですよwww
Ψ(`∀´)Ψ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)