07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暁の紙屑馬券増産計画~まずは1冠へ。阪神に絶景の桜~ 

第69回桜花賞


◎ブエナビスタ
○ダノンベルベール
▲ヴィーヴァヴォドカ
×ジェルミナル
△レッドディザイア





<データ的考察>

※過去10年間が対象

○サンスポ編

・近4年の連対馬はマイルVと距離をこなすスタミナも求められる。特に馬場改修で外回りコースになった07、08年の連対4頭は、すでに2歳時にマイル以上で実績があった。

・連対20頭のうち16頭に重賞連対経験があった。残り4頭のうち、00年チアズグレイス&マヤノメイビーは阪神JFで好走、08年レジネッタは重賞3着があった。

・連対19頭が年明け1走以上していて、ステップとしてはチューリップ賞組が5勝を含む9連対で最多。次がフィリーズレビューの4連対。フラワーC組の3連対は勝ち馬のみで、クイーンC組は1頭で2着まで。

・キャリア2戦の連対馬は皆無。00年フューチャサンデー(クイーンC)が15着、07年ニシノチャーミ-(函館2歳S)が18着と重賞ウイナーでも歯が立たなかった。

・連対17頭が前走4着以内で、これが一応の目安。巻き返しに成功した3頭はいずれも阪神JFに出走歴があった。実績なしには挽回は厳しい。また、18頭が重賞からの参戦で、オープン特別や条件戦からの参戦組の出番は少ない。

結論→ブエナビスタの評価は満点で絶対の本命。次位は阪神JF2着のダノンベルベール。勝ち馬は好成績を残すフラワーC馬ヴィーヴァヴォドカも面白い。以下サクラミモザ、ジェルミナル、ツーデイズノーチスと続く。

○1年遅れのバカ当たり編 競馬総合チャンネル内、井崎脩五郎氏のコラムより

・1枠~3枠に入った馬は0-1-4-54

該当馬→ダノンベルベール、ツーデイズノ-チス、ショウナンカッサイ、ヴィーヴァヴォドカ、アイアムカミノマゴ、ワンカラット

・前走6番人気以下、かつ2着以下の馬は0-1-1-42

該当馬→サクラミモザ、コウエイハート、レディルージュ、イナズマアマリリス、カツヨトワイニング、ルージュバンブー、ルシュクル、アンプレショニスト

・関東所属騎手が騎乗する関東馬は0-1-4-37

該当馬→ダノンベルベール、ツーデイズノーチス、ヴィーヴァヴォドカ、サクラミモザ、カツヨトワイニング、アンプレショニスト

結論→デグラーティア、ブエナビスタ、ジェルミナル、レッドディザイア


<調教的考察>

※評価はサンスポより

S=ブエナビスタ、ダノンベルベール

A=S、B、C以外の馬

B=ルシュクル、カツヨトワイニング、コウエイハート、イナズマアマリリス、レディルージュ

C=パドブレ

---------- キリトリ -----------

これまで牡馬以外に負けたことのないブエナビスタに死角は見当たらない。彼女を打ち負かした男、アンライバルドとリーチザクラウンはその後ともに重賞を勝って皐月賞の有力候補。その2頭と接戦(アンライバルドには0.3秒差、リーチザクラウンには0.1秒差)を繰り広げた彼女が、同性相手に負ける姿は想像しがたい。実際、前々走の阪神JF、前走のチューリップ賞ともゴール前は手綱を緩める楽勝だった。エスコートする安藤勝騎手は「本来はもう少し距離があった方がいい」と言うが、それでいてあのパフォーマンス。追い切りは絶好気配、枠順も勝ち馬を“量産”してきた位置とくれば、もはや逆らえないだろう。あとは相手探し。

対抗には堅実派のダノンベルベールを推す。前走は若干物足りない内容で、鞍上もこのレースに良績のない関東騎手(後藤)だが、5戦2勝3連対と未だ3着以下がないのは心強い。3番手は、巻き返しに期待してジェルミナル。前走は流れに乗れず、直線追い込んで5着。騎乗ミスとは言わないまでも、もったいない競馬だった。改めて期待したい。あとはフラワーCの勝ち馬ヴィーヴァヴォドカとキャリア2戦ながらともに上がり3ハロン34秒台で勝っているレッドディザイアまで。断然の本命馬が勝つ時は、ヒモに人気薄を連れてくることが多々あるだけに、ワンカラットあたりも押さえておくべきか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。