FC2ブログ

08 | 2019/09 | 10

バンディエラよりも白い巨人を選ぶのか 

サッカー、スペイン・リーガエスパニョーラ1部レアル・マドリード(Real Madrid)のフロレンティノ・ペレス(Florentino Perez)元会長は6日、イタリア・セリエAのACミラン(AC Milan)に所属するブラジル代表のミッドフィールダー、カカ(Kaka)のレアルへの移籍で、ミラン側と合意したと発表した。

スペインのスポーツ紙マルカ(Marca)によると、ペレス元会長はACミランのアドリアーノ・ガッリアーニ(Adriano Galliani)副会長と3月16日に協議し、カカの移籍金としてレアル側がミラン側に6000万ユーロ(約82億円)を支払う方向で合意した。 

しかし、2007年のFIFA年間最優秀選手(FIFA World Player of the Year)に選出されたカカの獲得には、イングランド・プレミアリーグ、チェルシー(Chelsea)とマンチェスター・シティ(Manchester City)も興味を示しており、レアル移籍までにさらに複雑な状況になる可能性もある。

4月末で27歳を迎えるカカは現在、ACミランと2013年終了までの契約を結んでいる。

~AFPより~

まだ選挙で選出されたわけでもない元会長のペレスが、どうしてこんなことを勝手に発表できるのか。恐らく、就任が決まった暁には即座にカカ本人との契約へと移行できる確約をもらったのだろうが、チームが優勝を目指してバルセロナを追撃している今に敢えて波紋を起こす無神経ぶりに呆れてしまう。さらに、常にファンを大事にし、「クラブのバンディエラになりたい」と語ってきたカカが、いくら白い巨人からの誘いとはいえ、あっさりと首を縦に振るかどうか。この先走りが逆効果になることも十分に考えられる。

とはいえ、現在のミランにスクデットやビッグイアーを争える力はなく、恐らく戦力値からいえばR・マドリーの方が上。タイトルを切望すれば、心が動くこともないとはいえない。マンチェスター・シティの時とは訳が違う。もっとも、リーグ戦ではバルセロナの後塵を拝し、ここ数年チャンピオンズリーグではベスト16止まりのマドリーに移籍したところで、頂点に立てる保証などないのだが・・・決断はいかに。

---------- キリトリ -----------

※余裕があれば、今夜ボロカッスル日記を更新します。
スポンサーサイト



コメント

No title.

んーカカが来ても今のマドリーは駄目だと思う。
もっと根本的な問題を解決しないと。
まあこの時期になると相変わらずいろいろな噂が出ますが、自分はユニホームを着てピッチに立っているのを見るまでは一喜一憂しないことに決めましたw

またですか

誠さんも仰っていますが、
解決すべき問題が違うような気がするんですよね・・・。
別にそのまま迷走し続けてくれても構わないんですが(苦笑)

前会長が会長になる以上

>誠様

また、銀河系をつくるんでしょうかね~。そして下部組織出身者はどんどん売られていく。世界に冠たるクラブである以上、仕方ないのかもしれませんが、マンチェスター・ユナイテッドのような方向を目指して欲しいという願いもあります。

インテルも噂ばかりが先行するクラブですし、お互いゴシップには騙されないようにしましょうw

また・・・ですね

>どらぐら様

銀河系よ再び

って感じですよね(苦笑)。そういう時代でないことは、マンチェスター・ユナイテッドがよく証明していると思うんですが・・・。

バルセロニスタ的にはマドリーの迷走は歓迎でしょうがw、やっぱりスペインは白い巨人も強くないと!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)