FC2ブログ

07 | 2019/08 | 09

憐れな“皇帝”に未来はあるのか 

インテリスタのみならず、イタリア中に騒動を巻き起こしたブラジル代表FWアドリアーノの失踪事件。例の、クラブ合流日に姿を見せなかった件だ。当初は「代理人はおろか、母親からの電話にも出ない」と報じられ、“誘拐”も心配されたが、直ぐに家族とは連絡を取っていたことが判明。一向に収まる気配のない常軌を逸した行動に、改めて失望と罵声の声が飛び交った。

インテルは、その素質を惜しみ、これまで何度も更正を試みてきた。しかし、反省するのは一瞬だけ。モウリーニョをはじめとするクラブスタッフからの再三再四の“教育”にもかかわらず、派手なナイトライフや乱痴気騒ぎを自重する素振りは全く窺えなかった。匙を投げる寸前まで来ていたのは間違いない。そこに、今回の顛末。「皇帝」にも喩えらる偉大な才能を持ちながら、童(わらし)のごとき自我しか持たぬ“獣”に、手を差し伸べる者はまだいるのだろうか――。

○アドリアーノ代理人:「今のところはブラジルに残る」 麻薬組織のパーティーに参加との噂も

ブラジル代表戦の後にイタリアへ帰国せず、大きな騒動を引き起こしているインテルFWアドリアーノについて、またもショッキングなニュースが届いた。ブラジルのタブロイド『Extra』が5日、同選手がリオ・デ・ジャネイロのファベーラで、現在刑務所に入所している麻薬組織の主要人物によるパーティーに参加していたと報じたのである。

ブラジルのメディアは、アドリアーノが「泣いて飢えを訴え、『カネはすべてじゃない』と言っていた」と伝えている。モウリーニョ監督は4日、「選手としてより人として心配している」と話していたが、アドリアーノが抱える問題は、サッカーのグラウンドを越えたものになっているのだろうか?

また、ブラジルのテレビ『Globo』は5日、アドリアーノが6日月曜にイタリアへ帰国すると報じたが、その後アドリアーノの代理人リナウディ氏が『Globo』に対し、当面はブラジルに残ることになったと話している。

「少なくとも当面は、アドリアーノはイタリアへ戻らない。今のところはブラジルに残る。彼は家族と一緒にリオにおり、我々はまだいくつかのことについて決めなければいけない」

一部ではインテルとの契約解除を指摘する声も上がっているが・・・

~goal.comより~

もはや、何が彼から湧き出ても不思議ではない状況。周囲からは続々と「諦めるべき」との指摘が寄せられている。

しかし――

○モウリーニョ:「アドリを怒ってはいけない」

ブラジル代表の試合後にイタリアへ戻らず、その去就が大きな話題となっているインテルFWアドリアーノ。5日には代理人が当面はブラジルに残ることを明かしているが、4日の記者会見でアドリアーノのことを「心配している」と語ったモウリーニョ監督は、あらためてサポーターにアドリアーノのことを怒らないように訴えている。

5日、モウリーニョ監督はイタリア『スカイ』に対し、次のように語った。

「代表戦に行ってから、彼とは話していない。今、サポーターは彼に怒るのではなく、彼のことを心配しなければならない。選手としてより、人として難しい状況にあるということを理解しなければいけないよ」

~同~

なお信じる“賢父”モウリーニョ。その声は届くのか。

---------- キリトリ -----------

昨夜は難敵ウディネーゼに苦戦しつつ、オウンゴールで1点をもぎとり、勝ち点3を掴んだインテル。キエーボと打ち合いの末に引き分けた2位白黒との勝ち点差を9に広げ、残り8試合で5勝すればいいところまでやってきた。しかし、その勢いに水を差す今回の事件。さらに、イブラヒモビッチやマイコンには連日移籍の噂が流れており、チームの結束にヒビが入らなければいいのだが・・・。

一方、同じ白黒でも愛すべきボロカッスルは、シアラー新監督の元でチェルシーと対戦するも、0-2敗戦。厳しい船出となった。とはいえ、チェルシーとの力量差は歴然。これを糧に、残留目指して突き進んで欲しい。そう、昨季終盤から指揮を執り、見事残留へと漕ぎ着けたキーガンのように。
スポンサーサイト

コメント

アドリ・・・

インテリスタの中でも色々と意見はあるのでしょうがわたし個人としてはもはや潮時じゃないのかなって思ってしまいます。
こんな感じで終わってしまいそうなのが非常に悔やまれるんですがね。

去年までのマンチョにしても今年のモウリーニョにしても監督としての役割は十分果たしたんじゃないかと・・・
監督ではあるけど父親にはなれませんからね。

あくまでも

見捨てないで暖かく迎えるのか、それとも冷たく見放すのか。
対応が難しいですね・・・。
やっぱり潮時!?

ニューカッスルですが、コロッチーニは軽率でしたね。
試合を見ていたわけではないですが、
アレがなければ、あるいは結果は違っていた・・・かも!?

もはや手を尽くしましたからね

>HHH様

私も、ここまで来たらチームに残すことは害悪にしかならないと思っています。もちろん、その才能を考えたら「もったいない」になりますが、さすがにわがままが過ぎますよね。規律が崩れてしまう。

元マドリー監督のシュスターがロビーニョを息子扱いして反論されてましたが、ブラジル人に義理や人情はあまり通じないのかもしれません。

これまでも

>どらぐら様

幾度となく目を瞑り、慈愛をもって接してきましたからね。。。もう、限界かと思われます。

ボロカッスルについては、ああいうミスがあるからこそボロカッスルなんですよね(苦笑)。
┐(´∀`)┌

なんとか残り7試合、勝ち点を稼ぎ続けてほしいのですが・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)