FC2ブログ

06 | 2021/07 | 08

第二のマンチェスター・シティ誕生か 

さっきまで西武対ロッテの開幕戦を堪能していて、かなりの熱戦で観ている方も疲れたためw、簡単に1つニュースを取り上げて終わりとさせて頂きます。
m( __ __ )m

○UAE首長がベティス買収交渉を開始

UAEのアジュマーン首長国首長フマイド・ビン・ラシード・アル・ヌアイミ氏(77)が3月24日、ベティス買収の意思を表明した。

「アス」紙によれば、ヌアイミ氏はベティスの大株主ロペラ氏(64)に対し、約117億円での持ち株買収と名誉会長への就任をオファー。さらに中断されていたスタジアムの改築作業を完了させること、スタジアム名「ルイス・デ・ロペラ」は変えず、変更する場合は約6億5000万円の違約金を支払うことなどを約束した。何より驚くべきは、約520~780億円という莫大な選手獲得資金を用意していることだ。

これまで何度も浮上しては消えてきたベティスの買収話だが、今回はロペラ氏が乗り気と伝えられる。早ければ4月上旬にも、マンチェスター・シティに次ぐアラブ系金満クラブが誕生するかもしれない。

~フットボリスタ4月8日号 工藤拓氏のニュースより~

ホアキン、アスンソン、デニウソンらを擁し、魅力的なアタッキングフットボールを披露していたのも今は昔。毎シーズン残留争いを強いられているベティスだが、熱烈なファンに支えられ、スペイン屈指の人気を誇るクラブであることに変わりはない。そういった意味では投資の価値があると見られたのかもしれないが、ヌアイミ氏は77歳の高齢。失礼ながら、いつ違う世界へと旅立ってしまうかもしれず、“その後”についての不安は拭えない。確かに短期的にはベティスに成功をもたらすだろう。しかし、長期的にはどうか。未来を託しうる会長かどうかを、もう少し慎重に見極めるべきかもしれない。

スポンサーサイト



コメント

今度はベティス!?

「違う世界」へと旅立ってしまう前に是非とも、ということなのでしょうか(苦笑)

>約520~780億円という莫大な選手獲得資金
があるのですから、
>(スタジアム名を)変更する場合は約6億5000万円の違約金を支払う
ことなど、何てことないような!?

晩年の夢

>どらぐら様

夢を見たいんでしょうね~。確かに、私も億万長者だったらクラブを持ってみたいですしw

スタジアム名の変更をお金で解決してしまうあたり、現オーナーの資質もどうかと思うわけですがw、どうなるんでしょうかね。セヴィージャに成績で大きく遅れをとっているだけに、ファンは買収に期待しているかもしれません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)