FC2ブログ

08 | 2019/09 | 10

ボロカッスルに救世主来る 

降格か残留か。地獄か天国か。イングランド・プレミアリーグも佳境を迎え、優勝争い以上に残留争いがヒートアップしてきた。その渦中で、名門ニューカッスルが生き残りを懸けて再度監督交代に踏み切るようだ。託されるのは、同クラブの“レジェンド”であり、イングランド史上に名を残すストライカー、アラン・シアラー。これまでも幾度となく監督就任の噂が飛び交い、そのたびに固辞してきた英雄が、愛するクラブの絶体絶命を前に、ついに立ち上がる。

○元イングランド代表のアラン・シアラー氏がニューカッスルの監督就任へ

元イングランド代表のアラン・シアラー(Alan Shearer)氏が、2008-09シーズン終了までイングランド・プレミアリーグのニューカッスル(Newcastle United)を指揮することになった。英国放送協会(BBC)と英スカイ・スポーツ(Sky Sports)が31日、報じた。

生まれ故郷のクラブであるニューカッスルでストライカーとして活躍したシアラー氏は、以前から同クラブへの復帰がささやかれており、自身も幾度かにわたり監督就任への興味を口にしていた。

ニューカッスルは、ジョー・キニアー(Joe Kinnear)監督が心臓バイパス手術を受けて療養中のため、クリス・ヒュートン(Chris Hughton)氏が暫定的にチームを指揮している。

BBCでサッカー解説者を務めるシアラー氏は、2008年11月に同クラブのコーチ就任を辞退していた。

スカイ・スポーツは、同氏の監督就任が2日に正式発表されるとしている。その場合、監督就任後の初戦は本拠地セント・ジェームズ・パーク(St James Park)で4日に行われるチェルシー(Chelsea)とのリーグ戦になる。

~AFPより~

筆者はシアラーの選手生活晩年期しか知りませんが、スピードもテクニックも上背も標準レベルながら、まるで彼の元にボールが転がってくるかのような“スムース”さでゴールを決め続ける「職人芸」には、いつも「これが純粋培養のストライカーか」と唸らされていました。そして何より、彼には90分間に亘りエネルギーを放散し続けるスピリットがありました。クラブへの愛情、フットボールへの恋慕、ピッチ上でのみ得られる歓喜への無垢なる愉悦――ここまで喜怒哀楽のはっきりしたフットボーラーを、筆者は他に知りません。報道の限りでは、私生活も非常に慎ましやかで、誰からも尊敬されています。監督にもカリスマが求められる現代、ぴったりの人物ではないでしょうか。

はっきり言ってチームの状況は最悪です。不用意な失点が止まらず、攻撃も散発的。個人もチームも、目を覆いたくなるパフォーマンスに終始しています。見れば見るほど、典型的な降格クラブだと理解できてしまうことでしょう。しかし、選手の質は決して低くありません。彼らのポテンシャルをフルに引き出せれば、残留争いに巻き込まれるようなチームではないはずです。

そのために必要なのは、選手達に自信を取り戻させること。シアラー氏は引退したばかりですから、ベテラン監督よりも遥かに選手の気持ちが良く分かるでしょうし、その熱い心によってチームに闘魂が注入されることでしょう。

現在の順位は18位で勝ち点は29。残留圏内の17位との勝ち点差は僅かに2です。残り試合数は8。まだまだ分かりません。12位でさえ、勝ち点は34に過ぎないのですから。監督経験のないシアラー氏に舵取りを任せることはリスキーかもしれませんが、ここまできたら勝敗を左右するのは戦術でなく精神力。カササギは、もっと高く飛べる。数々の栄光に“愛された”シアラーの下でなら――。

---------- キリトリ -----------

なんか、ニューカッスルを応援するブログになってる気もしないでもないですが、昔から好きなクラブなので残留を切に祈っています。

さて、ちょっとここでFM2009プレイヤーの方々にお願いというか質問なんですが、将来有望な10代の若手選手を発掘するために、どんなことをしてますか?うちのスカウトがダメなのか、設定の仕方がダメなのか、1年を通じて全く見付けられてないもので・・・。コツやこだわっていることなどあれば、教えて下さい。
m( __ __ )m
スポンサーサイト



コメント

若手の発掘

1 開始直後にエリア毎へスカウト派遣

 例えば中央ヨーロッパ、Ukおよびアイルランド、南米といった具合にエリア指定で各国を巡回させています。目的はスカウト知識の蓄積・派遣対象国の増加を狙って、といったところでしょうか。

2 スカウト条件→年齢→At most 21or25

 1~2年後に対象国を指定に切り替えれば、より効率的になると思います。4大国+南米ツートップはもちろんですが、北欧・東欧・トルコあたりも見逃せません。

アドバイス、ありがとうございます♪

>放生月毛様

やっぱり知識量が増えていかないと、なかなか見つけられないですよね~。どうしても、「0」が怖くてスカウトには得意な国を回らせかちですが、下準備をしないとダメですよね。

あとは、プレー期間を5年間に決めているため、ややスカウト活動を疎かにしているのかもしれません(苦笑)。
(;´∀`)

強くて金のあるチームだと、どうしても高くて良い選手を選んでしまいますから。

人間、堕落するのは早いですw

やはり次は成り上がりですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)