09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暁の紙屑馬券増産計画~眠れぬ夜の瞬劇~ 

第39回高松宮記念


◎スリープレスナイト
○アーバンストリート
▲ファイングレイン
×ビービーガルダン
△アーバニティ





<データ的考察>

※過去10年間が対象

○サンスポ編

・連対20頭中16頭に芝重賞勝ちがあった。残り4頭のうちオレハマッテルゼとディヴァインライトは古馬重賞で連対があり、昨年2着のキンシャサノキセキは3歳GⅠで3着の実績があった。芝重賞に出走すらなかった02年優勝馬ショウナンカンプは例外。

・連対馬のうち15頭がマイル戦で連対歴。開催最終週で馬場が傷んでくるだけに、スピードだけでは押しきれない傾向。

・連対20頭中19頭が4勝以上していた。例外は3勝のアドマイヤマックスだが、安田記念2着など古馬GⅠで実績があった。

・好ステップは11連対の阪急杯。他ではシルクロードS組が有力で、着外からの巻き返しもある。ただ休み明けの馬はやや不振。当時GⅠ2勝と断然の実績を誇ったシーキングザパール(4カ月)、デュランダル(同)、ラインクラフト(3カ月半)が2着に敗れている。

・活躍が目立つのは6勝2着5回の5歳馬。7歳以上の馬の優勝はなく高齢馬の苦戦は必至

・牝馬は1-2-3-30で、同距離のスプリンターズS(3-3-0-31)と比べると苦戦気味

結論→オーシャンSを制したアーバニティが中心。以下、阪急杯組のビービーガルダン、ローレルゲレイロ、アーバンストリート、スリープレスナイト、キンシャサノキセキ、ファイングレインまで

○1年遅れのバカ当たり編 競馬総合チャンネル内、井崎脩五郎氏のコラムより

※過去10年が対象

・前走シルクロードS、またはオーシャンSで2着以下だった馬は1-0-4-53

該当馬→コスモベル、ソルジャーズソング、アポロドルチェ、ウエスタンダンサー、キンシャサノキセキ、アイルラヴァゲイン、スプリングソング

・前走5着以下の4歳馬は0-0-1-20

該当馬→ファリダット、スプリングソング

・芝GⅠ勝ち馬を除く、7歳以上の馬は0-0-1-32

該当馬→ソルジャーズソング、トウショウカレッジ、アイルラヴァゲイン、ジョイフルハート

・阪急杯で4番人気以下かつ3着以下だった馬は0-0-1-27

該当馬→トウショウカレッジ、ファイングレイン、ヘイローフジ

★残った馬→スリープレスナイト、アーバンストリート、ローレルゲレイロ、ドラゴンファング、アーバニティ、ビービーガルダン


<調教的考察>

※評価はサンスポより

S=スリープレスナイト、ファリダット

A=S、B、C以外の馬

B=キンシャサノキセキ、ジョイフルハート、ソルジャーズソング、

C=アイルラヴァゲイン

---------- キリトリ -----------

春のGⅠシーズンの到来だ。ここ数年、王座が入れ替わり立ち替わりして落ち着かない短距離戦線だが、今年も圧倒的な本命が不在。混戦模様を呈している。その原因の一つは、スリープレスナイトの休養。昨秋のスプリンターズSを鮮やかに制し、久方ぶりの安定政権誕生かと思われたが、外傷を負い、その王威を示すことなく本番を迎えてしまった。ただ、調教は抜群の内容で、状態そのものは万全に近い。あとはレース勘だが、鉄砲は1-0-0-0と結果を残している(たった1戦だが)。昨年覇者のファイングレインに勢いがなく、他のライバルもややインパクトに欠けるとすれば、ぶっつけでも勝利への最短距離にいるのは彼女だろう。

多士済々――どんぐりの背比べとも言えるが――の相手筆頭は、中京競馬場3-0-2-2の実績を評価してアーバンストリート。前走の切れ味も見事だった。3番手には久々を楽な内容で快勝したビービーガルダンを推したい。連勝中のアーバニティが抑えで、一発があるとすれば前年このレースを勝っているファイングレインか。もっとも、前走が大敗、休養明け2走目の成績も0-0-0-2と低調なだけに、強気にはなれない。良血ファリダットはまだレースぶりが安定しないため、キンシャサノキセキは中京コース0-1-0-0だが、前走の負けすぎが気になったため、それぞれ外した。
スポンサーサイト

コメント

中京1200の傾向

 本当は私もこちらが本職だったりします。(笑

 詳しい数字は調べていただくと分かるのですが、今の中京1200の連対条件が「近2走で4コーナー2番手以内の競馬をしている馬」という事になるようです。宮記念といえば「外差し」のイメージがわいてくるのですが、年によって大きく傾向が分かれるというのが実情です。オカルトな話を蛇足すると、その年春シーズンの「キーワード」が込められている事が多いイメージもありますね(笑 まぁそういう類の話は後付けでどうにでも語れる話ですし…

 私はアーバニティの単複に合計5000Gで逝ってこようと思いますノシ

競馬の春がやって参りました

>放生月毛様

私も、本格的にのめりこんだ時期を比較すると、競馬のが先だったりしますw
(*´∀`)

さて、大変参考になるデータをありがとうございます。そのキーワードを参考に、印を打たなかったローレルゲレイロを拾えました!
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

私も、高松宮記念は外から差してくるイメージが強かったので、ちょっと勇気が要りましたけどね。
(;^ω^)

その年のキーワードですか~。サイン馬券ってヤツですね。今回も、後付で何か見付かるんでしょうか?とはいえ、たまにありますよね。偶然の一致かもしれませんが、そういう推理も競馬ならではの魅力だと思います。

アーバニティの単複は・・・飼葉代に消えてしまいましたか。また桜花賞でリベンジですね!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。