FC2ブログ

06 | 2021/07 | 08

【雑談加筆】人のふり見て我がふり直せ 

本日は幾つかのニュースを紹介して終わりにさせて頂きます。
( ・ω・)∩

また仕事が忙しくなってきているので。
(;´∀`)

もっとも、昨日WBCの中継に集中していて何もしなかったからというのもありますがw

それから、心配事が一つ。駒さんはサイトを閉じてしまわれたのでしょうか?昨日から「ページが見付かりません」になってしまうので気になっています。。。

---------- キリトリ -----------

まずは、ここ数日世間を賑わせているペレの発言から。

○ペレ、ロナウドとロビーニョの薬物使用を暴露

ブラジルサッカー界のレジェンドあるペレが、世界のサッカー界に大きな論争を起こすであろう衝撃発言をしている。

ペレは自身の息子であるエジーニョが、コカイン中毒であったことを明かし、ラジオ局『Jovem Pan』に、次のようにコメントしている。

「ロナウドやロビーニョがそうしたように、かつて1、2度使用しただけで、フットボールとドラッグを結びつけることは不公平だと思う」

また、ペレは現アルゼンチン代表監督のマラドーナを「悪い例」として、批判している。

「彼は偉大な選手だったが、誰もが麻薬が彼の人生にどれほどの影響を与えたかを知っている」

その後、ペレは「良いフットボール選手の例」として、ベッケンバウアー、プラティニ、カカーの名を挙げている。

「カカーは、模範的な選手の例だろう。彼やベッケンバウアー、プラティニなど他にも多くの偉大な選手がいる」

「多くの素晴らしい選手がいるんだ。一部の悪いケースにばかり集中するのは、不公平だ」


~Goal.comより~

ペレの息子は何度も薬物で逮捕されているんですよね。過去に読んだことがあります。しかし、息子可愛さに他の人間を引き合いに出す――しかも真偽不明――のはおかしい。いつもそうなんですが、ペレは発言が迂闊過ぎます。自分の影響力を知っているくせに、それを“悪用”しているとしか思えないほどの軽率な批判で度々騒動を巻き起こす。他人を貶す前に、まず自分の行動を反省した方がいいのでは?まさに、「人のふりみて我がふり直せ」です。

---------- キリトリ -----------

○ACミラン 7月26日にアメリカのマサチューセッツで、ミラノダービーを行なうと発表

ミラン(イタリア)は現地時間24日(以下現地時間)7月26日にアメリカのマサチューセッツで、同じミラノのライバルであるインテルと親善試合を行なうと発表した。ロイター通信が報じている。

過去に1969年にもアメリカでミラノダービーを行なっているミラン。同クラブのディレクターであるウンベルト・ガンディーニ氏は「アメリカで40年ぶりのダービーを行なう」と発表。ほかにもチェルシー(イングランド)やクラブ・アメリカ(メキシコ)などが参加するリーグ形式の大会の詳細を発表している。

また、ミランは現在レンタルで加入中のイングランド代表MFデイヴィッド・ベッカムの所属先であるロサンゼルス・ギャラクシー(アメリカ)とも親善試合を行なう予定。なお、この試合の開催は、ベッカムのレンタル契約延長のための条件に含まれていた。

~ヤフースポーツより~

40年ぶりにアメリカを舞台として行われるミラノ・デルビー。プレシーズンマッチの“お遊び”とはいえ、新戦力が加わっていたり、新しい戦術にチャレンジしてたりすれば、開幕を前に有意義なテストになるはず。他にもビッグクラブが参加するようですし、興味深い試みですね。もっとも、アメリカでどれだけの客が呼べるかは分かりませんが・・・。とりあえず、インテリスタとしてはその時にイブラヒモビッチがいるかどうかが一番の関心事ですから(苦笑)。

---------- キリトリ -----------

○ビジャレアル、失業者にシーズンチケットを提供

ビジャレアルのロイグ会長は24日、今シーズンの年間シート保有者のうち、失業のために来シーズンのシートを確保できないファンに対し、無償でシーズンチケットを提供する考えを明らかにした。

ロイグ会長は今回のアイデアについて、次のように語っている。

「過去に我々を助けてくれた人たちを助ける時だ。今は危機的な時期にある。ソシオたちに手を差し伸べる必要があるんだ。我々は、彼らがマドリガル(ホームスタジアム)に戻ってこられるようにしたい。仕事を失ってしまった人たちを支えるために、全員が貢献しなければいけない」

~Goal.comより~

スペインでも当然ながら世界同時不況が社会に与える影響は大きく、“娯楽産業”であるフットボールを取り巻く環境は厳しさを増しつつあります。そんな中で示した“持つ者”の奉仕心。これこそ、フットボールが生活と隣り合わせに息衝いている証でしょう。「文化の違い」と断ずるのは簡単ですが、その価値観や姿勢の差が、やがてピッチ上の結果となって返ってくる。優れたフットボーラーはフットボールを愛する人達から生まれる。「お金」を超えてクラブとファンがつくる絆こそ、豊穣の地を育む肥料となることを理解しなければ、いつまで経っても我々は強くなれません。

---------- キリトリ -----------

※何か追加するかもしれないし、しないかもしれないwww

---------- キリトリ -----------

○雑談

新PCがやってきて、FMだけでなくPESもプレーを再開しようと思っています。もっとも、もうここ1年近くほとんどウイイレに触っていないため、実力は酷いことになってそうですが。。。そんなわけで、今夜デモ版を試してみて、感触に問題なければ注文しようかなと。某掲示板のPES2009スレとかも読み漁るとします。ってか、以前のお仲間は全員現役なんでしょうか?そうでなかったら、止めておこうかなとも躊躇したり(苦笑)。誰か・・・ってか、Lたんくらいかな?教えて下さい。
スポンサーサイト



コメント

どうも、お久しぶりです。
PES2009はゲーム事態のできがひどくて仲間内だと誰も買ってないですw
日本人同士でもラグがひどくてオン対戦はほとんどできない状態だとか・・・。

そしてなんとまだみんなでPES6やってたりします。懲りないもんですね。
有志のパッチで今まで不可能だったブンデスやロシア勢が使えたりとまだまだ結構いけます。
いつもの場所で待ってますんでいつでもどうぞ!

美しい話ですね

ソシオがクラブを支え、そしてソシオをクラブが助ける。
日本では、どのスポーツでも考えられないことです。
それに近い例であれば、ホーム開幕戦に間に合わせるために、雪掻きのボランティアを買って出た山形サポが挙げられるのでしょうが・・・。

No title.

PES2009を買うのはちょっと待ったァアアアア!
無駄なお金の使い方ベスト3に入ります。その5000円はエ口動画を保存するためにHDDのグレードアップ二でも使ってください。
PES6で昔のメンバーがほとんど残って待ってますので、気が向いたら戻ってきてくださいな!

ご無沙汰しております

>月様

大変ご無沙汰しております。

わざわざコメントありがとうございます!

そうですか、2009はダメだったんですね~。危うくフライングして買うところでしたw

ラグが酷いってのは致命的ですし・・・。

そして、残念なお知らせが。実は私、引っ越したんですが、その時にPES6を友人にあげちゃったんですよね・・・。
(;´∀`)

しかも、古いPCは相方にあげる際に綺麗にしてしまって・・・残念無念です。
(;つД`)

何故か携帯に保存してあった商品コード?は残ってるんですが・・・

とりあえず、例の場所には顔出しますね!

共存共栄

>どらぐら様

地域密着、顧客密着の理想形ですよね~。フットボールが生活に根付いている証ですし、これこそが強豪国の証なのだと思っています。

もちろん、日本でも少しずつ共闘意識がはぐくまれてきているように感じますが、まだまだでしょうね。

お久しぶりです

>HなHさん

大変ご無沙汰しております。

皆様現役とのことで、安心しました。いつでも帰れる場所があるというのは、「こんなに嬉しいことはない」ですね。

PES6をまだプレーされているとのことで、皆様本当に物持ちがいいですね~。月様のところにも書きましたが、残念ながら手元になくなってしまったためプレーできませんが、例の場所には顔を出そうと思ってます!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)